日本には様々な雇用形態が存在していますが、それぞれに定義が存在しています。

転職活動をする上で雇用形態の選択というのは大変重要なポイントです。

雇用形態について詳しく知ることで理想の転職を実現できるようにしていきましょう。

雇用形態の種類や定義を解説

笑顔の女性

正社員・契約社員・パート・アルバイトなど日本では雇用形態が複数存在しています。

雇用形態の名前は知っていても、その違いや定義については詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。

現在転職を考えている方にとってこうした情報は転職先を考える上で重要です。

今回の記事では日本国内の雇用形態の種類やそれぞれの定義について解説していきます。

女性が雇用形態を決める時のポイントは?

お任せ

女性が雇用形態を決める際に考えるべきポイントは、労働時間だといえるでしょう。

労働時間は家庭や育児などに直接的に影響を与えます。

仕事をすることで生活に割く時間が削られるため、自分のライフスタイルに合った労働時間を選ぶ必要があるでしょう。

正社員はフルタイムで働くのが一般的ですがこの場合、1日8時間程度働くこととなります。

そのため家庭の事情などでフルタイム働くのが難しいという場合には正社員で働くのは困難となるでしょう。

求人の中には時間を短縮して正社員として働けるものもありますが、まだ一般的ではありません。

また、他にも福利厚生や各種制度なども雇用形態を決める上で気にすべきポイントです。

自分が無理せず働ける環境を考える上で、雇用形態というのはとても重要だといえます。

今回の記事を通して、自分の働き方に合った雇用形態を考えていきましょう。

雇用形態の種類「正社員」

法律家に相談

まずは正社員について解説していきます。

他の雇用形態との比較をするためにも正社員の定義をしっかりと理解しておきましょう。

正社員の定義

正社員という雇用形態は期間に定めがない雇用契約を指します。

そのため長期雇用が前提であり、定年退職まで同じ会社で働くことが可能です。

長期的に働くことを見越して、福利厚生や研修制度が充実しています。

賞与や退職金が支給されるケースが多く、成果が認められれば昇進したり役職に就いたりすることも可能です。

また、正社員はフルタイムで働くことが基本であるため1日8時間・週に40時間労働をすることとなります。

労働時間がある程度決まっているのも正社員の特徴だといえるでしょう。

正社員のメリットやデメリット

正社員は雇用期間の定めがないため、長期的に同じ会社で働くことができ安定した生活を送ることができます。

また、賞与や退職金などの制度があるため、給与面でもメリットがある働き方です。

加えて長期的に働くことで昇給や昇格も望めるためモチベーションにも繋がります。

福利厚生や研修などが手厚いため安心して長期的に働いていくことが可能です。

その反面、フルタイム勤務であり場合によっては残業を行うこととなるためプライベートの時間に制約があるのがデメリットだといえます。

また、転勤や配置換えなどもあり自分が働きたい場所や部署で働けるとは限らないというのも正社員の悪い面です。

正社員に対して兼業や副業を禁止している会社も多いため、複数の場所で働きたい方には不向きな働き方であるといえるでしょう。

 

ワンポイント
・正社員はフルタイムで働くのが基本で、雇用期間の定めがないため長期的に同じ会社で働くこととなる
・賞与や退職金などの制度が充実している他、福利厚生や研修制度も手厚いのがメリット
・フルタイムであるため労働時間が長くなる他、転勤や配置換えがあるため自分の希望通りに働けるとは限らないのがデメリット

雇用形態の種類「契約社員」

資料を見る女性

次は契約社員について解説していきましょう。

正社員とは具体的にどのような部分が違うのか、ここで詳しく理解していただければと思います。

契約社員の定義

契約社員は正社員とは違い、雇用期間が予め決められています。

雇用期間は労働者と企業が合意することによって定められるもので、契約期間が終了するとその時点で退職することとなる雇用形態です。

また、契約期間は企業と相談して延長することが可能となっています。

仕事内容や勤務時間などに決まりはないため雇用条件によって働き方は様々であり、時短での勤務も可能です。

正社員よりも多様な働き方ができるのも特徴の1つだといえます。

契約社員のメリットやデメリット

スーツ

契約社員は正社員よりも自分で働き方を調整しやすく、ワークライフバランスを取りやすいのがメリットだといえます。

また、転勤も無いため理由があって同じ場所で働き続けたい人にも最適な雇用形態です。

しかしながらその反面、契約更新が行われなかった場合はその時点で職を失うこととなるというデメリットがあります。

他にも給与が時給制であるため労働日数が直接的に給与に影響を与えるのも契約社員の悪い点だといえるでしょう。

また、福利厚生が正社員よりも充実しておらず昇給昇格ができる機会も少ないのが契約社員です。

 

ワンポイント
・雇用期間が予め決められている
・契約社員より働き方が調整しやすく転勤がないことがメリット
・契約更新が行われなかった場合は職を失うこととなる他、時給制であるため労働日数が給与に影響するというデメリットがある

雇用形態の種類「パート」「アルバイト」

笑顔の女性

次はパート・アルバイトについてご紹介していきます。

多様な働き方の中でも自由度が高いとされるパート・アルバイトですが、この雇用形態にはどのような定義があるのでしょうか。

また、メリット・デメリットも併せて解説していきます。

パート・アルバイトの定義

パート・アルバイトはその会社で働いている正社員に比べて労働時間が短い労働者のことを指す言葉です。

企業はパートタイム労働法によって労働条件や昇給などを詳しく書面で定めることが義務付けられています。

条件に合えば社会保険や有給休暇の取得も行えますが、正社員とは違い時給制で働くこととなるのが特徴です。

契約社員に近い雇用形態だといえるでしょう。

パート・アルバイトのメリットやデメリット

パート・アルバイトは自分の生活に合わせて働く日数や時間を決めやすいのが大きなメリットだといえるでしょう。

また、募集されている求人数も多いためすぐに仕事を見つけることができます。

正社員などに比べて仕事を掛け持ちしやすく自由に働ける傾向にあるのもメリットの1つです。

しかし、時給制で働くこととなるため勤務日数が少なくなればそれだけ給与も減るのが明確なデメリットです。

他にも正社員や契約社員などとは違い福利厚生や手当などが対象外となることが多いのも悪い点だといえるでしょう。

正社員とは違い雇用が安定しにくいため、長期的に働くのには向いていないという面もあります。

雇用形態の種類「派遣社員」

スーツを着た女性

次にご紹介する雇用形態は派遣社員です。

通称「派遣」と呼ばれるこの働き方ですが、今まで紹介してきた雇用形態とはどのような違いがあるのでしょうか。

派遣社員の定義

派遣労働者は今まで紹介してきた雇用形態と違い、人材派遣会社を通して派遣先となる会社で働くというものです。

今まで紹介してきた雇用形態は全て直接雇用でしたが、派遣社員は派遣会社を通していることから間接雇用に分類されます。

パート・アルバイトなどと同じく時給制で働くこととなりますが、雇用主と就業先が違うという点が派遣社員の大きな特徴です。

業務指示をするのは就業先ですが給与を支払うのは派遣会社となっています。

派遣社員のメリットやデメリット

パソコン操作をする女性

派遣社員として働く上でメリットとなるのが派遣会社によりサポートをしてもらえるという点です。

自分だけでは職場に対して伝えるのが難しい問題に関しても派遣会社に相談すれば派遣会社から職場に話をしてもらうことができます。

また、パート・アルバイトよりも時給が高く設定されている点も明確なメリットだといえるでしょう。

加えて派遣会社で事前に求人を確認して応募することができるため、派遣先の環境や仕事内容を就業前に知ることができるのも良い部分です。

逆にデメリットとなるのが派遣として働ける期間です。

これには制限があり、同じ派遣先で働けるのは3年までと定められています。

そのため長期的に同じ職場で働きたい方は向いていないといえるでしょう。

もし期限が来てしまった場合は職場に直接雇用を交渉することも可能です。

しかしながら派遣として働いていきたい場合にはこの方法を使うことはできません。

福利厚生は派遣会社の制度を使用することができますが、正社員ほどの手厚さは望めないという側面もあります。

 

ワンポイント
・人材派遣会社を通して派遣先の企業で働くのが派遣社員
・派遣会社が仕事のサポートを行ってくれるため安心して仕事を行えるのがメリット
・働ける期間が3年までと定められているのがデメリット

希望の雇用形態の求人の探し方

スマートフォンを使う女性

次は希望する雇用形態の求人の探し方を解説していきます。

どのように求人を探すと自分が望む求人を見つけることができるのでしょうか。

以下のような方法の活用を考えてみていただければと思います。

求人サイトで雇用形態を確認しよう

求人サイトを活用する場合には雇用形態に注意して探すと良いでしょう。

サイト内で検索する場合には検索キーワードに自分が希望する雇用形態を入れるとその条件に合った仕事を見つけることができます。

また、求人の中にも雇用形態が明記されているためそれを確認するようにしましょう。

自分の条件に合った仕事を自ら見つけたいと思っている方はサイト内の検索や条件設定などといった機能を活用すると効率的に探せます。

転職エージェントに相談しよう

転職エージェントに相談するというのもおすすめの方法です。

転職エージェントは転職活動のプロフェッショナルであるため、しっかりと自分に合った条件の求人を紹介してもらうことができます。

その際非公開求人を紹介してもらうことができるため求人サイトなどには無い自分に合った仕事を見つけることもできるかもしれません。

自分で探すのではなく転職エージェントが自分に合う求人を見つけてくれるため自分で探すことが難しい方におすすめです。

そういった方は転職エージェントを活用していくと良いでしょう。

女性が雇用形態以外で意識しておきたいこと

準備

次は女性が転職をする際、雇用形態以外で意識すべきことをご紹介していきます。

以下のような点に気をつけることによって自分にとって理想の職場を見つけやすくなるでしょう。

業務内容

業務内容というのは仕事をする上で1番意識すべき重要なポイントです。

短期の仕事でない限り、1年以上に渡って仕事をすることとなるため、業務内容が自分に合っているかは必ず確認するようにしましょう。

また、同じ職種であっても会社によって業務の幅が異なります。

自分に最適な業務内容はどれかということを明確にするように意識しましょう。

福利厚生

福利厚生も意識すべきポイントの1つです。

雇用形態によって福利厚生は異なりますし、企業によってもどの程度福利厚生が充実しているかは様々となっています。

例えば雇用保険や健康保険の他に住宅手当や家族手当が用意されている会社もあるため確認しておく必要があるでしょう。

家庭がある方はこうした福利厚生も仕事のしやすさに大きく影響を与えます。

正社員は福利厚生が手厚いことが期待できるため、求人をチェックする際には業務内容と併せて福利厚生も意識するようにしましょう。

他の雇用形態でも福利厚生は安心して働いていく上で大変重要です。

必ず確認するようにしましょう。

女性の働きやすさ

オフィス

仕事を選ぶ上で女性が働きやすい環境であるかを考えるのも大切です。

例えばその職場でどれだけの女性が働いているか、女性がどれくらい役職に就いているかというのも確認するようにしましょう。

女性が多い職場はそれだけ女性が働きやすい職場であると予想されます。

また、残業の有無も働きやすさに影響を与えるため事前にチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
・業務内容が自分に合っているかを確認する
・福利厚生がどの程度充実しているかを意識して求人を見る
・その企業でどれだけ女性が活躍しているかを確認し女性の働きやすさをチェックする

転職相談は転職エージェントを活用しよう

注意点

転職活動をする上で困っていることがあるという方は転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職エージェントは転職のプロの視点からあなたの転職活動をサポートしてくれます。

自分だけでは対策がうまく行えないという方でもエージェントに相談すれば適切な対策を教えてもらうことができるでしょう。

また、非公開求人の紹介や面接対策なども行ってくれます。

転職活動をスムーズに行っていくためにも転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

笑顔の女性

今回は雇用形態の種類や定義を解説しました。

雇用形態によってメリット・デメリットは様々です。

必ずしも正社員が良いというわけではないため、自分に合った雇用形態を選択するようにしましょう。

今回の記事を参考にして、転職活動を成功させていただければと思います。

また、転職を考えている方は転職エージェントの活用を検討してみてください。

転職エージェントは理想の転職先を見つける大きな助けとなるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら