日本型の労働慣行であった終身雇用制度は終わりつつあり、働き方は多様化しています。

女性の活躍の場も広がり、様々なキャリアデザインが描けるように社会全体が変化しています。

目まぐるしく変化する社会の中での女性のキャリアデザインの設計方法を考えてみましょう。

Contents

20代女性のキャリアデザインの設計方法を解説

笑顔

人によって違いがあるものの多くの人は半世紀にも及ぶ長い時間、仕事をしています。

約半世紀という長い期間をどう働くか、どう生きるかは本当に大切な人生の選択です。

人生を有意義に過ごすためにもキャリアデザインの設計は必要です。

ただ、ライフプランを含めて考えると正確に将来の自分のあり方を見通すことは難しいでしょう。

まずは結婚・出産・子育ての終了といった人生の節目や、10年を1単位として設計してみましょう。

ありたい自分の姿からキャリアデザインを描き、それを達成するために必要な方法やスキルを1つずつ洗い出すことが大切です。

キャリアデザインの必要性は?

ポイント

キャリアデザインは仕事だけではなく、自分の人生そのものを描くことを指します。

仕事においてはスキルを磨いたり実績を積み重ねて役職や年収を上げていくことを目指す人もいるでしょう。

しかし人生は仕事だけではなく、プライベートも大切なものです。

仕事とプライベートのどちらも自分らしくあるために、キャリアデザインを描くことが大切になります。

前述の通り、働き方においてはグローバル化により戦後日本の雇用制度の基本であった終身雇用制度が見直されつつあります。

日本を代表する大企業でも終身雇用制度を廃止の方向で労働組合と交渉している傾向にあるのです。

またグローバル化が進み価値観が多様化したことで、個人単位でも働き方を見直す人が増えています。

誰もが自分らしく働くことを目指す中で、企業側も雇用のあり方を見直すなど、労働環境の変化が起こっているのです。

目まぐるしい変化の中でより自分らしく生きてゆくためには、キャリアデザインが欠かせません。

 

ワンポイント
自分らしく生きるためにキャリアデザインは重要。

20代女性のキャリアデザインが重要視される理由

考える女性

キャリアデザインはいつでも何歳でも描き始められます。

しかし今後の人生を考える上では、社会人として歩み始めた20代のうちに考えておくことが重要です。

終身雇用や年功序列といった日本型の雇用形態が変化しつつあります。

成果主義を打ち出す企業もあり、従業員1人1人の個人の能力が重視されつつあるのです。

以前であればエスカレーター式に自然とキャリアアップできたかもしれません。

しかし実力が重視される場合は自分で階段を上っていく必要があるのです。

20代であれば新しいことへどんどん挑戦し、それを自分の力に変えていく余力がまだまだあります。

またもし失敗しても取り返す時間があり、失敗から学ぶことでさらなる成長へと繋げられます。

成長余力のある20代のうちからキャリアデザインを考えることで、なりたい自分像の実現に近づけるのです。

 

ワンポイント
20代のうちから将来のなりたい自分を描いておこう。

キャリアデザインの目的は?

自分らしくあるためにキャリアデザインは欠かせませんが、具体的にどのような目的があるのでしょうか。

キャリアデザインの目的を解説します。

自己実現のための「軸」を見つける

オフィスにいる女性

キャリアデザインを描く上でまず大切なのは自己実現のための「軸」を見つけることです。

どんな人生を送りたいのか、その中で仕事の位置づけはどうありたいのかといった人生の基本をまず決めましょう。

最初は漠然とした方針から始めてもかまいません。

「世のため人のため」でも「満足感の得られる人生」でもよいので方針を立てて動き出しましょう。

働いていれば、転勤や疾病などの自分だけではどうしようもない変化が訪れることもあります。

予期せぬアクシデントが身に降りかかったら、どうしても人は慌ててしまうものです。

しかし軸があればそれに沿って自然と前向きに考えることができるでしょう。

行動を明確化すること

まずはその人生の目標を実現するために必要なことを書き出します。

デザインシートで目標と現状を書き出し、目標を達成するために必要な項目や身に着けるべきスキルなどを確認しましょう。

どんなスキルを・いつまでに・どの様にしてと逆算しながら具体的に決めることが大切です。

その行動計画を意識しながら行動し、達成後の姿を描くことで楽しみながら取り組めるでしょう。

キャリアデザインに必要なこと

自分のなりたい将来像を描くためには、まずは自分を知ることが大切です。

キャリアデザインをする上で自分を知るために必要なことを解説します。

Will:なりたい自分

転職活動をする女性

まず考えたいのは「自分はどうなりたいのか」という最終的な目標です。

仕事で実現したいことやプライベートのことも含め、自分が最終的に目指したい姿を考えましょう。

もしなりたい自分が浮かばない場合は、逆に「なりたくない自分はどんな姿か」という視点で考えてみましょう。

これにより、なりたくない自分の姿を回避するためにどうすればよいかを考えることができます。

Can:自分ができる得意な分野

紹介する女性

自分の将来像を描けたら、次は今の自分を分析しましょう。

今の自分のスキル・キャリア・状況を書き出して整理してみると客観的に自分を捉えることができます。

それにより今自分ができることが明確になります。

今の職場でどんな仕事をしているのか・その中で何が得意なのか・持っている資格なども書き出しましょう。

これまでの経験で楽しかった仕事や、逆に苦手だった仕事なども書くと自分の得意不得意も分かります。

また今の自分がどんな価値観を大事にしているのか・こだわり・影響を受けたものも確認してみましょう。

周囲の人に今の自分の印象を聞いてみるのも、より正確な第三者からの目線で自分を見つめ直すことができます。

それらを書き出して客観的に考えると、自分でも気づけなかったような事柄が見つかることもあります。

Must:なすべきこと

今の自分を把握したら、なりたい自分を叶えるために今の自分に何ができるかが見えてきます。

さらに今のうちから学んでおくべきことや、今の自分に足りない部分も分かるでしょう。

それらの分析を元に、自分はこれから何をすべきなのかを考えていくことができます。

例えば取得したい資格があれば、そのために必要な経験や知識は何かが明確になります。

転職を考える時は勿論ですが、自分のキャリアアップのためにも日々自分を磨くことが必要です。

日々の仕事や暮らしの中で、自分がしたいことや今なすべきことを確認しておきましょう。

 

ワンポイント
なりたい自分を描くには今の自分を知ることが大切。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

キャリアデザインの書き方

キャリアデザインの目的や必要性が分かっても、具体的にどう書けばよいか迷う人もいるでしょう。

続いて、キャリアデザインの書き方を解説します。

「経験」「スキル」「性格」「目標」を書き出そう

メモ帳

まずはデザインシートを使用して考えていきましょう。

デザインシートは様々なテンプレートが無償で手に入れられますし、自作することもできます。

これまでの自分の経験・持っているスキル・性格(客観的に判断する)・なりたい自分の姿・実現時期などを書き出します。

それを元に5年先、10年先の自分のあり方を検討しましょう。

将来像を明確にしよう

メモ

自分の将来像が漠然としか描けてない、という人もいるかもしれません。

しかしキャリアデザインを実現させるためには、将来像を明確に考えることが大切です。

毎日を意識せず何気なく生きてゆけば、生涯何気ない人生になります。

自分のなりたい姿を明確にすることで、具体的に何に取り組めばよいのかがはっきりするでしょう。

自分の取り組むべきことが明確になると、行動も起こしやすくなります

動き出しが早いだけで、その分自分に必要なスキルや経験値をより多く得られます。

なりたい自分になるために将来像を明確にしておきましょう。

「結婚」「出産」も考慮しよう

ノートをとる女性

女性の場合は「結婚」「出産」によっても働き方や生活スタイルは大きく変わります。

仕事だけでなくプライベートも大切にしたいのであれば、これらも考慮しておきましょう。

どちらも自分1人だけでするものではないため、自分の意思だけでコントロールすることは不可能です。

そのため何歳で結婚、何歳で出産とガチガチに固めて考えてしまうことはおすすめしません。

しかし、これらも「何歳までに」結婚、出産など、ある程度アバウトでよいので決めておきましょう。

そうすることで、いざという時に柔軟に考える準備ができます。

キャリアデザインシートの例

キャリアデザインは人それぞれ異なり、人それぞれにキャリアデザインシートの書き方も異なります。

キャリアデザインシートの記入例を紹介します。

自分の現状の姿からなりたい自分を考える

パソコン

まずは働き方を軸に考えたキャリアデザインシートの記入例を紹介します。

自分の現在の姿・強み弱み・将来なりたい自分を書き出し検討しましょう。

例えばこれまでの仕事で何がよかったか・具体的にどんな分野がよかったか・逆に自分が苦手なことも検討します。

そして今後なりたい自分の姿をその理由まで突き詰めて考え、できるだけ詳細に書き出しましょう。

これは会社の研修や従業員のスキルアップのためにも使われています。

上司や同僚に見てもらうなど、第三者の目が入ればより正確なものになるでしょう。

今後の目標や理想の姿を起点にして考える

今後実現したい目標や、最終的に自分がなりたい理想の姿を最初に設定し、そこから深掘りしていきましょう。

まず最終地点を明確にし、そこから逆算して何をするべきなのかを記入します。

あまりにも先のことを想像しにくい場合は3年後・5年後・10年後などに区切って目標を設定しましょう。

その目標に向かって今すべきことや将来的に必要なことなどの行動計画を考えます。

将来の理想を考えた時、ワークライフバランスも一緒に考えたい人もいるでしょう。

その場合は仕事だけでなく家庭も含めて考えることが大切です。

家族も含めたデザインシートの作成

家族があれば全体のデザインシートも作成しましょう。

縦軸に自分・夫・子供を記入し横軸には年齢、期間を記入し、各人の活動項目や目標を記入します。

項目としては、仕事・家庭・遊び・勉強・それらの大まかな配分割合などです。

単に「仕事」でなく「パソコン1級合格」など具体化した自分の家庭の日々のモットーも記入するとよいでしょう。

目標を達成するための方法は具体的にかつ実現可能なもの、それの積み重ねで目標に到達できるものが望ましいでしょう。

また、シンプルなものにすることで何をすべきかが分かりやすく、より実現に近づけます。

キャリアデザインを設計するメリット

自分の人生設計のためにキャリアデザインを考えることは重要であり、若いうちから考えたいものです。

しかしキャリアデザインをわざわざ設計しなくてもよいと思う人もいるかもしれません。

ここではキャリアデザインを設計するメリットを解説します。

モチベーションの向上

笑顔

毎日元気でいきいきと働いている人は、大まかでも自分の将来のデザインができており不安もないでしょう。

しかし目の前のことをこなすだけで将来を考える暇がないという人もいます。

また将来像を持たずにただ漠然と日々を過ごしていると、仕事へのモチベーションも上がらないでしょう。

しかし目指すべき目標があれば、そこに向けて頑張ることができます。

ゴールが明確に見えている方が、余計な遠回りをせずに、一直線に全力で走ることができるのです。

目標を設定することはモチベーションの向上に繋がり、前向きに仕事に取り組めるようになるのです。

キャリアに対する不安が減る

従来の日本の労働慣行・終身雇用制の元では、将来の姿はある程度予想がつくものでした。

そのため転職やキャリアアップについて深く考える必要がありませんでした。

しかし従来の雇用形態が変化しつつある中では、自分の将来は自分で考えることが大切です。

自分の望む働き方ややりたい仕事などに向けて努力することは、自分への自信にも繋がります。

そして努力をして成功体験を積み上げていくと、明確に自分に力がついていくことが実感できます。

自分を見つめ直し、キャリアアップやスキル向上などを目指せば不安はなくなってくるでしょう。

 

ワンポイント
明確な目標であれば何を頑張ればよいのか分かりやすくなる。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

キャリアデザインの設計は自分を見つめ直す作業が必要です。

転職活動にあわせて自分を見つめ直し、キャリアデザインも設計すると転職先も考えやすくなります。

自分のことは自分が1番分かっていると思っても、いざ書こうと思うと意外と書けないと悩む人も多くいます。

自分なりに考えたキャリアデザインが、本当に自分が望んでいるものだろうかと悩む人もいるかもしれません。

その場合は転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

自分のことだからこそ気づけない長所・短所などもあります。

転職エージェントに相談すれば、自分では見つけられなかった強みや隠れていた理想を見つけることもできるでしょう。

1人で考えていて悩んでいるという人は、転職エージェントに相談してみてください。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

OKマークを出すビジネスウーマン

ここまで20代女性のキャリアデザインの設計について考えてきました。

社会環境の変化により女性の生き方も働き方も大きく変わりつつあります。

自己実現するためには、大まかでよいので自分の生き方・働き方・楽しみ方など自分のあり方を決めることが大切です。

そのために必要な項目を洗い出し、必要なスキルの向上に努めましょう。

時には社会の変化にあわせて、キャリアデザインの修正が必要です。

しかし軸となる考え方が確立されていれば、柔軟に対応していくこともできます。

キャリアデザインの作成や修正時には必要に応じてエージェントに相談しましょう。

第三者への相談でより客観的に自分を捉えることができ、キャリアデザインの実現に近づけるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら