職務経歴書は履歴書とセットで提出を求められる書類です。

業務経験やスキルを確認するためのもので、これまでどのような仕事に携わってきたのかを記述します。

転職後どのように活躍できるのか判断する基準になることもあるでしょう。

職務経歴書は希望する職業に合わせて用意してください。

この記事では販売職志望者向けの職務経歴書の書き方を解説します。

アピールすることや販売職に求められる能力も紹介しますので参考にしてください。

Contents

販売職の職務経歴書の書き方

職務経歴書

もし販売職の経験があるのであれば職務経歴書には実績目標を数字で明記するのが良いでしょう。

客観的な数字は伝えたいことを正確に伝えることができます。

販売の実績に自信がない場合は自己PRや資格欄を充実させるのも一つの方法です。

販売職の職務経歴書の書き方について迷うことがありましたら転職エージェントに頼る方法もおすすめです。

職務経歴書の対策はもちろんのこと求人情報や面接など転職活動のサポートが受けられます。

職務経歴書を書くときに気をつけること

注意

採用担当者は多くの職務経歴書を見て判断をしています。

そのためポイントをおさえていない職務経歴書は目を引くことはないでしょう。

この章では職務経歴書を書くときに気をつけることについて解説していきます。

良い印象を与え面接に繋がるような職務経歴書を作成しましょう。

採用担当者が見ていること

書類

採用担当者は今まで経験した仕事内容仕事への取り組みを見ています。

どのように仕事に取り組んだかを確認することができれば、採用後どのように会社に貢献してくれるのか判断できるでしょう。

職務経歴書を書く時には仕事の成果や実績に加えて仕事への取り組みもアピールするのも手です。

仕事への取り組み姿勢を見せることで仕事への考え方を伝えることもできるでしょう。

採用後の活躍をイメージしてもらうことで面接であってみたい人材だという印象を伝えることができます。

販売スタッフ・店長の書き方

スタッフ

販売スタッフや店長の書き方のポイントを挙げます。

  • お店の規模やスタッフ数
  • 工夫した取り組み
  • 売上の具体的な数字

どのように勤務していたかイメージしてもらうために売り場のスタッフ数を書きましょう。

どれくらいの規模の店舗だったかということが分かればなお良いです。

工夫した取り組みも具体的なエピソードを交えて伝えます。

店長やフロアリーダーを経験していた場合は達成した売上の数字も記述しましょう。

具体的なエピソードや数字を書くことにより、職務経験が正確に伝わります。

未経験やキャリアが浅い場合の書き方

悩む

販売職の経験がない方やキャリアが浅い方は前職の経験が販売職にどのように活かせるかを考えてみてください。

販売職は顧客とコミュニケーションをとる仕事です。

相手への気配りが感じられるエピソードがあればそれを伝えましょう。

  • 「営業として顧客一人一人と会話しニーズに合わせた商品を提案してきた」
  • 「営業事務として営業担当者が動きやすいように資料を整えていた」

このようにコミュニケーション能力や気配り力をアピールできると良いでしょう。

 

ワンポイント
職務経歴書を書くときに気をつけること
・具体的なエピソードや数字を書く
・経験が販売職にどのように活かせるか考える

職務経歴書を書くときにアピールする点

ポイント

職務経歴書を書くときにアピールする点も見ていきましょう。

前職までの経験を活かせることや自分の強みをアピールすることが大切です。

もし職務経歴書の記述で困ったことがありましたら転職エージェントを頼ってください。

客観的に判断して適切なアドバイスを貰えます。

販売・接客の経験や適性をアピール

笑顔

販売業では顧客とコミュニケーションをとる能力が重要になります。

接客することに加えてクレーム対応などもしなければならないでしょう。

そのため顧客対応クレーム対応の経験がある場合はアピールポイントになります。

販売・接客の経験は採用担当者も注目します。

レジ打ちや商品管理など業務内容や成果は具体的に記述しましょう。

業界知識や専門知識の豊富さをアピール

販売員

販売業では顧客に商品を説明する必要があります。

そのため業界の知識専門知識があるということは大切なアピールポイントです。

もし業界の知識や専門知識がある場合は積極的にアピールしましょう。

得意な分野を活用するのも手です。

業界に関係のある資格を持っているのであればそれも伝えてください。

マネジメント経験をアピール

マネジメント

販売業への転職では売上管理人材育成といったマネジメント能力が期待される場合もあります。

店長候補やフロアマネージャーの求人ではマネジメント業務の経験もアピールポイントになるでしょう。

マネジメント経験をアピールする場合は予算に対する売上実績や育成した人材の数を具体的な数字で伝えます。

採用後にどのように会社に貢献できるかをイメージしながら記述してみてください。

職務経歴書を書くときの注意点

注意点

職務経歴書を書く時に気をつける注意点を紹介します。

職務経歴書は分かりやすく簡潔に書くことが基本です。

多くの情報を盛り込んでいても読みづらければ最後まで読んでもらうことは難しいかもしれません。

相手が読みやすいかどうかを念頭に置いて職務経歴書を作成してください。

仕事の背景を説明する

女性

職務経歴書は経験や実績を伝えながら最後には志望動機に繋げることが理想です。

経歴を説明する際に仕事の背景を盛り込むとより具体的にイメージすることができるでしょう。

アピールしたい職歴の会社概要は所在地や従業員数・事業内容を書きます。

採用担当者はどんな会社に勤めていたのかを知りたいので会社名だけを伝えるのは十分ではありません。

どのような規模の会社で活躍していたのかは重要な情報です。

設立年月や上場の有無があるとなお良いでしょう。

複数の実績はわかりやすく書く

女性

職務経歴書は分かりやすく書くことが基本です。多くの情報を盛り込んでも読まれなければ意味がありません。

伝えたいことを選び採用担当者からの注目を集めることのできる実績を記述しましょう。

もし複数の実績を伝えたい場合には分かりやすく書くことがポイントです。

複数の情報をただ羅列するのではなく見やすく整理しましょう。

箇条書きにする場合は先頭に「・」を付けるなど工夫してください。

その場合は1項目が長くなりすぎないように注意します。3行以上になる場合は内容を見直しましょう。

実績の数値・その他の貢献例を記載する

スタッフ

実績を記載する場合に大切なことは具体的な数字です。

それに加えてどのように売上に貢献できたかという貢献例があると良いでしょう。

数値と貢献例を分けて記載することでより具体的なアピールをすることが可能です。

数値を達成するためにどのように貢献できたかを伝えることで採用後どのように会社に貢献できるのかを伝えることができます。

 

ワンポイント
実績は具体的に書くようにしよう。

項目別ポイント

ポイント

この章では項目別のポイントを紹介します。

各項目には採用担当者の興味を引くことができるようなポイントを入れてください。

応募先の企業で求められる人材を考えながらそのイメージに合う経験やスキルを記載しましょう。

客観的な事実をまとめ項目ごとに簡潔に記述します。

職務経歴書の基本は分かりやすいことです。

読み手が正しい情報を受け取ることができるよう意識して作成してください。

経歴を棚卸する

リスト

職務経歴書を書く前に必ず経歴を棚卸ししてみましょう。

これまでの仕事の経験を整理して自分で内容を確認してください。

いつどこでどのように仕事を経験してきたのか整理してみましょう。

ノートや付箋を使って実際に書き出すと分かりやすくなります。

仕事の経歴の整理ができましたら次は仕事の成果も書き加えてください。

どの仕事でどんな成果をあげてきたのかが分かれば自分の強みやアピールポイントもピックアップできます。

職務経歴書は職務要約から書く

書く

職務要約にはこれまで経験してきた仕事を簡潔に記述します。

分かりやすい職務要約は採用担当者に経歴やスキルが正しく伝わるでしょう。

端的に説明するため要約は3行程度にまとめてください。

長い文章は要約にはふさわしくありません。

その中で一番アピールしたい強みや経験をピックアップしましょう。

自分の実績の中で最も応募先の企業にマッチする物を選び、その部分に文字数を多く配分します。

資格・免許、語学力など記載する

資格や免許については取得の年月日とともに記載するのが良いでしょう。

特に応募先の職種に関わる資格は漏れがないように注意します。

資格や免許は応募者の強みスキルを簡単に読み取ることができる項目です。

採用担当者に情報が正しく伝わるようにしましょう。

資格・免許欄にまとめることによってスキルがあることをアピールできます。

レイアウト・枚数に留意する

メモ

職務経歴書は2枚でまとめるのが良いとされています。

1枚では自己PRやスキル・経歴を全て伝えるのは難しいでしょう。

ですが3枚以上になると採用担当者が負担に感じてしまいます。

だらだらと増長した文章は印象も良くありません。

また職務経歴書が2枚だからといって無理に2枚に収めるようなことはやめましょう。

フォントや行数にも気を配ります。

職務経歴書は見やすいことが基本です。1行40文字程度の配置が好ましいでしょう。

採用担当者がストレスを感じないようなレイアウトを心がけてください。

採用担当者がチェックする点

注意点

職務経歴書で大切なことは採用担当者が知りたい情報を書くということです。

どんなに輝かしい功績でも採用担当者が求める経験でなければ目を引くことはありません。

採用担当者が何をチェックするのかを意識してください。

採用担当者は職務経歴書を見て書類選考を通過させるかどうかを判断します。

そのためまずは求人の条件を満たしているのかどうかをきちんと提示しましょう。

応募条件を満たしていない応募者は多くの場合面接には進めません。

さらに採用担当者は「退職理由」や「応募動機」もチェックします。

面接で質問された時に矛盾が無いようにしておきましょう。

自己PRや意欲についても確認する採用担当者は多いです。

 

ワンポイント
応募条件を満たしているかどうか確認しよう。

経験をアピールするには

販売員

販売職の職務経歴書では経験をアピールすることが重要です。

前職までの経験を活かせる部分も多いので採用担当者は販売や接客の経験を見ます。

販売や接客の経験をアピールするためには自分の働いていた環境を具体的に書いてください。

店舗の規模やスタッフ数などを数字で伝えます。

業務内容や実績についてもアピールするポイントを絞って記載してください。

  • 「グループ内のコンテストで表彰されたことがある」
  • 「ホールスタッフの教育を担当していた」

このような経験がありましたら積極的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
経験をアピールするために店舗の規模やスタッフの数を記載しよう。

職務経歴書を簡単に作成するには

女性

職務経歴書には正しい書式というものがありません。

ですがある程度のフォーマットはありますのでそれに沿って書くのも良いでしょう。

テンプレートやフォーマットに関しては転職エージェントにご相談ください。

応募する企業にふさわしい職務経歴書の書き方を教えてもらうことができます。

内容を精査して採用担当者に注目されるような職務経歴書に仕上げましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談

履歴書や職務経歴書で不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

第三者の視点から的確なアドバイスを受けることができます。

転職のプロの意見を取り入れることでより分かりやすく読みやすい職務経歴書に仕上げることができるでしょう。

職務経歴書は自分の経験や強みをアピールできる書類です。

採用担当者に注目してもらえるような職務経歴書を完成させて転職を成功させましょう。

まとめ

笑顔

職務経歴書は採用担当者に正確な情報を伝えることがポイントです。

分かりやすく簡潔に必要な情報を記載しましょう。

長文で多くの情報を盛り込む必要はありません。

伝えたい実績やこれまでの功績・どのように取り組んできたかなどを分かりやすく紹介してください。

もし書き方で不明な点があれば転職エージェントに頼りましょう。

転職のプロの意見を聞きながら採用担当者に正しく情報を伝えることのできる職務経歴書を作ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら