歯科事務は歯科医院での受付などを行う、歯科で働く事務職です。

患者さんの受付なども行い、歯科の窓口を一手に担う存在でもあります。

受付以外にも幅広い業務を担当していますが、具体的に何をするのかイメージが掴めないという人もいるでしょう。

今回は歯科事務の仕事内容を解説します。

歯科事務の仕事内容

まずは歯科事務の仕事内容を大きく4つに分けて解説します。

受付

受付

まず歯科事務が行う業務が来院した患者さんの受付対応です。

患者さんから保険証や診察券を預かり、診察までの間にそれぞれを確認します。

初診の患者さんの場合はまず保険証を預かり、問診票の記入をお願いします。

記入された問診票をもとにカルテや診察券を作成するのも歯科事務の仕事です。

受付は歯科医院の窓口でもあり、看板ともいえます。

受付での対応が悪いと医院全体のイメージを落としてしまうことにもなりかねません。

そのため、明るくハキハキとした対応を心がけましょう。

会計

電卓

診察を終えた患者さんの会計も歯科事務が行います。

患者さんが自己負担する診察料をカルテを元に計算し、支払いをしてもらいます。

診察料の負担額の割合は保険証の種類によって異なるため注意が必要です。

これから継続的に診察に来てもらわなければならない場合は、次回の予約手続きを会計後に行いましょう。

サポート

歯科事務は事務作業だけでなく、治療に必要な器具の片付けや消毒なども行います。

また、患者さんのカルテ作成も診察をサポートするために大切な業務です。

カルテは歯科医師や歯科衛生士の指示を受けて作成します。

その他、歯科医師や歯科衛生士の仕事がスムーズに行えるよう、仕事全般のサポートを行います。

ただし歯科事務は直接患者さんに対し医療行為はできません。

たとえば歯石の除去やレントゲン撮影などは歯科事務は行うことができない医療行為です。

アシスタントとしてできること・できないことはそれぞれ覚えておきましょう。

レセプト

レセプトも歯科事務が作成します。

レセプトとは「診療報酬明細書」というもので、実施した治療や検査などを点数化した明細書です。

これは患者さんの自己負担以外を各支払機関に請求するために必要になるものです。

記入漏れやミスがあれば差し戻しされてしまうため、ミスなく記入する必要があります。

これは点数をもとに計算するため、単純にそれぞれの単価をもとに計算するものではありません。

計算方法になれるまでは大変かもしれませんが、慣れると効率良く計算できるようになるでしょう。

 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

歯科助手とはどういう仕事なの?

歯科医師と歯科衛生士

歯科助手は歯科事務と同じような業務を行うため、同じと捉えている人もいるかもしれません。

この2つの違いは診療の補助を行うかどうかです。

歯科事務のみを行う場合は、受付・会計・カルテやレセプトの作成などまでが業務の範囲になります。

歯科助手の場合はそれに加えて歯科医師や歯科衛生士の治療のアシスタントも行うのです。

治療に必要な器具の洗浄・消毒などに加え、治療中の歯科医師や歯科衛生士に器具を渡す行為も行います。

また、必要に応じて受け付け業務以外に患者さんとのコミュニケーションをとることもあります。

個人クリニックなど小規模の歯科医院では歯科助手と歯科事務は歯科助手が兼任しているものです。

そのため、歯科事務といっても実際は歯科助手の募集ということもありえるでしょう。

歯科助手のアシスタント行為は資格がなくてもできる範囲に限られます。

しかしスキルを磨くことで他の歯科医院に転職しても十分働くことができるでしょう。

 

ワンポイント
歯科事務のみの場合はサポート業務を行わない場合もある。

歯科医院受付の4つの業務

歯科事務の行う受付業務だけでみても、4つに分けることができます。

それぞれどのような業務なのかを解説します。

来院者の受付対応業務

看護師

まず行う受付業務は来院した患者さんの対応です。来院した患者さんから診察券と保険証を預かります。

なお、保険証は来院した月の初めだけ確認します。

1ヶ月の内に何度か来院する患者さんに対して毎回保険証の提示を求める必要はありません。

もちろん月が変わればその月の最初の来院時に再度提示してもらう必要があります。

また、歯科医院は予約制のことが多いため、事前に予約をしてから来院する患者さんがほとんどです。

時には予約なしで急患の患者さんが来院する場合もありますが、その場合でも保険証を預かることに変わりはありません。

また、急患や初診の患者さんの場合は問診票を記入してもらうことも忘れないようにしましょう。

その問診票を元にカルテを作成します。

電話対応業務

電話をする女性

歯科医院にかかってくる電話の対応も受付業務の1つです。

患者さんから予約の変更や新たに予約をお願いされるなどの電話を対応します。

電話対応の際には、誰に対しても聞き取りやすい話し方を心がけましょう。

来院時の受付であれば対面のため表情も伝わりますが、電話の場合は声だけで印象が左右されてしまいます。

電話口で印象を悪くしないためにも、ハキハキと丁寧な言葉遣いで話すことを意識しましょう。

また、時には歯科医師個人への電話がかかってくることもあります。

その場合は相手の氏名と要件を事前に確認し、メモを控えておきましょう。

個人宛ての電話の場合は、緊急のものとそうではない場合があります。

緊急の場合は歯科医師に相談して指示を仰ぎ、そのまま取り次ぐか後から折り返すなどの対応をします。

伝えそびれなどがないようにメモを取ることは忘れないようにしましょう。

予約管理業務

パソコン作業をする女性

患者さんの予約管理も受付として行う必要のある業務です。

予約は来院前の事前予約や、診察後に次回の予約を取る場合もあります。

その他、患者さんから予約日時の変更の連絡があればそれも歯科事務が対応します。

予約に変更を希望された場合は、他の患者さんの予約も確認し、歯科医師と相談した上で調整しましょう。

患者さんによって治療内容は様々であり、診察にかかる時間も異なります。

予約管理を失敗すると、歯科医師が治療する時間が足りず、次に予約している患者さんを待たせてしまうことも起こりえます。

そのため予約の調整をする際には必ず歯科医師との確認を怠らないようにしましょう。

診察券・保険証の管理業務

来院された患者さんから預かる診察券と保険証の管理も受付として行う業務です。

保険証は患者さんの身分証明証でもあるため決して紛失しないように注意しましょう。

診察券は通院している患者さんの場合は、来院時に預かり、診察後の会計時に返却します。

この際に次回予約をする場合は予約時間を診察券に記入する場合もあります。

初診の患者さんの場合は、診察中に診察券を発行し、診察後の会計時に渡しましょう。

会計管理についての業務

電卓とペン

患者さんの受付全般を行う歯科事務は、会計管理もあわせて行います。

保険診療の場合、保険証の種類をきちんと確認することが大切です。

「後期高齢者医療被保険証」なら基本的には1割負担など、種類によって自己負担の割合が異なるため注意しましょう。

またインプラントなど、治療内容によっては保険適用外となる場合もあります。

その場合は自費診療として全額自己負担となるため、治療内容も確認した上で会計処理を行いましょう。

自費診療保険診療の分類は歯科医療の発展とともに変化していくものです。

治療内容が保険適用されるのかどうかは常に意識しておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
保険証の種類や自費診療・保険診療などは事前に把握しておこう。

カルテの管理・レセプト作成の業務

歯科事務の扱う書類の中でも、カルテとレセプトの扱いは特に注意が必要です。

それぞれどのような業務なのか解説します。

カルテ管理

資料を持つ女性

カルテは患者さんの治療内容などを記載する大切な書類です。

歯科で行った医療行為を全て記載するもので、カルテの取り扱いは歯科医師法などでも厳密に定められています。

歯科医師もカルテを見て治療内容を確認するため、渡し間違いなどをしないようにしましょう。

紙のカルテを管理する場合は五十音順に整理し、予約して来院する患者さんのものは事前に用意しておきます。

電子カルテの場合は名前で検索するだけで良いなど、使いやすくなっている場合もあります。

どちらの場合でも個人情報が記載されるもののため、持ち出しや流出しないよう保管方法には注意が必要です。

レセプトの業務

先述した通り、レセプトは患者さんの負担分以外の医療費を各支払機関に請求するために必要なものです。

治療内容などを点数化した明細のため点数計算などの知識が必要になります。

医療費を患者さんが加入している保険に請求する際、その請求にあわせて審査機関にレセプトを提出するのです。

レセプトには提出期限があり、患者さんが診察を終えた翌月10日までに提出しなければなりません。

専門性と正確性が求められる上に場合によっては作成する時間も限られることもあります。

この業務が正確に行えると歯科事務として重宝されるでしょう。

 

ワンポイント
カルテ・レセプトは大事な書類のためそれぞれ扱いには十分注意しよう。

歯科事務の給料

給料

地域差や勤務する医院によっても異なりますが、歯科事務の平均的な給与は正社員の場合約20〜26万と言われています。

歯科事務は勤務する医院の診察時間が決まっているため、残業代はつきにくい傾向にあります。

パートやアルバイトの場合は時給約1,000〜1,200円ほどです。

事務職としては平均的な金額といえるでしょう。

また、給料に含まれている手当などは勤務する医院によって様々です。

歯科事務として転職を考える際には募集要項で確認しておきましょう。

 

ワンポイント
募集要項で諸手当や福利厚生をしっかりと確認しよう。

歯科事務として働くメリット

歯科事務として働くメリットを解説します。

活躍の場が多い

患者と話す看護師

歯科事務の仕事は基本的にどの歯科であっても同じであり、カルテやレセプトなども書き方や計算方法は決まっています。

そのため、一度身につければ他の歯科に転職してもそのまま活かすことができるのです。

さらに歯科医院は増加傾向にあり、歯科事務としての転職先は多くあるといえます。

身につけたスキルや知識は全国共通で活かせるため、活躍の場は多いでしょう。

少数先鋭の環境で働ける

歯科医院は小規模なところが多いため、職場の人数も少ない傾向にあります。

そのため少数精鋭の環境で働けるというメリットもあるのです。

職場の人数が少ない分従業員同士の連携や協力が大切になります。

それにより自然と良好な関係を築くことができるでしょう。

またスキルアップを目指す際にも互いに刺激しあえるような関係になることも期待できます。

業務の幅の広さ

歯科事務の受付業務でも見たとおり、受付業務だけでみても多くの業務を担当します。

その中にはカルテやレセプトなどの専門性の高いものも含まれており、それらの知識が必要です。

さらに歯科助手として歯科事務を兼任している場合は治療のサポートも行います。

医療行為は行わないとはいえ、器具の消毒・洗浄なども適切に行わなければならない大切な業務です。

事務以外のことも行うため、事務以外の形でも歯科医療に関わりたい人にとってはメリットといえるでしょう。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

歯科医療事務管理士について

パソコン作業をする女性

歯科事務になるために必ず必要な資格はありませんが、持っていると有利になる資格があります。

それが歯科医療事務管理士の資格です。

JSMA(技能認定振興協会)の歯科医療事務管理士技能認定試験に合格することで取得できます。

これは誰も受験することができる試験で、年に6回実施されます。

試験内容は知識を問う学科とレセプトの作成を行う実技の2つに分かれています。

学科では医療保険制度など歯科事務に必要な知識をマークシート方式で答えます。

独学でも受験可能ですが、通信講座もあるためしっかりと勉強して臨みたい場合には通信講座を受講するとよいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

自己PR

歯科事務はデスクワークが中心の事務職とは異なり、多くの業務を担当します。

専門知識も必要であり、転職の場合は経験者が治療のサポート業務もこなせる経験者が優遇されがちです。

しかし未経験者でもチャンスは十分にあります。

そのチャンスを逃さないためには、転職活動中の面接対策や事前準備が大切です。

歯科事務への転職で不安や疑問がある場合は転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは転職に関する悩みや不安を相談できる心強い存在です。

前向きな気持ちで転職活動に臨めるよう、転職エージェントをぜひ利用してみてください。

まとめ

ガッツポーズ、女性

今回は歯科事務の仕事内容について解説しました。

歯科事務はデスクワークより受付やサポート業務などが多い事務職です。

カルテなどは専門的な知識も必要ですが、基本的には資格がなくても転職できます

さらに身につけることのできる知識やスキルはどこの歯科でも活かすことのできるものばかりです。

もし出産や育児などで歯科事務を一度離れても復職しやすいという特徴もあります。

歯科事務の場合は未経験でも募集していることもあり、挑戦するチャンスは多いでしょう。

未経験で挑戦する場合は、資格などを先に取得すると実務にも活かせますし、仕事への意欲もアピールできます。

転職の前にはアピールできる要素を増やして挑戦してみてください。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら