携帯ショップの仕事内容はメイン業務である接客・店舗運営・店舗で開催するスマホ教室講師など多岐に渡ります。

新しいテクノロジーがどんどん取り入れられるため、人と接することが好きで好奇心の強い人に向いている仕事です。

未経験の方でもチャレンジしやすく他の業界でも通用する接客術を磨けます。

転職が初めてという方にもおすすめの業界です。

携帯ショップの仕事内容を解説

携帯ショップ仕事内容は携帯端末の販売にかかわる仕事を中心にアフターフォローを行い、ユーザーの快適な利用環境を維持することです。

また、店舗運営にかかわる仕事や携帯ショップ主催のスマホ教室講師などをすることも多いです。

携帯端末の販売

スマートフォン,木目

携帯ショップの仕事内容で最も重要なのが携帯販売員としての接客です。

  • 端末の販売
  • 新規購入や機種変更を希望するユーザー向けの端末提案、アドバイス
  • 端末ごとの機能やプラン内容の説明
  • 契約手続き など

ユーザーが携帯ショップで端末を購入する場合、基本的には通話・メールなどの通信にかかわる契約も行います。

端末の販売とあわせて通信契約に関する手続きやサービス内容の説明も重要な仕事です。

アフターフォロー業務

携帯電話を販売・契約した後のアフターフォロー業務も携帯ショップの重要な仕事です。

  • 端末のメンテナンス
  • 料金プランの見直し
  • 端末が故障、破損してしまった場合の一次対応
  • 修理の受付、スケジュール調整
  • 代替端末の手配、貸与の手続き など

アフターフォローは突発的に必要になることも多くユーザーは不安や焦っていることも珍しくありません。

そうしたユーザーの気持ちに寄り添いながら適切なアフターフォローを行うのも携帯ショップの重要な仕事です。

店舗の運営

女性,オフィス,ビジネス

店舗運営でも特に重要な業務の1つが日々の在庫管理です。

技術の進化やトレンドが激しく入れ替わる業界なので、携帯ショップで取り扱う端末も激しく入れ替わります。

特に人気メーカーが新世代の端末をリリースした時など新規契約・機種変更希望のユーザーが殺到するため、細やかな在庫管理が求められます。

また、携帯ショップは店舗運営上のイベントごとも多いです。

例えば、ショップによっては割引キャンペーンやプレゼントキャンペーンなどを打ち出すこともあります。

その際、キャンペーンごとに店舗レイアウトを考えるのも携帯ショップスタッフの仕事です。

さらに、ユーザーにメルマガを送ったりSNSをつかって告知したりするなどの運営も対応業務に含まれます。

スマホ教室の講師

最近携帯ショップで増えているのがショップ主催のスマホ教室です。

その講師は携帯ショップのスタッフが担当することも多くあります。

スマートフォン初心者向け教室のニーズが増えていて、専門用語や基本的な使い方からレクチャーすることが多いようです。

例えば、電話のかけ方やタップの仕方など、使い慣れている人にとっては当たり前のことをわかりやすく解説することが求められます。

また、講座ごとにレジュメの用意も必要なので、わかりやすい資料作りができるスキルも活かせます。

携帯ショップで働くために必要な知識は?

本,ひらめき

携帯ショップの販売員として活躍するために活かせる知識は下記の例が挙げられます。

  • 挨拶や正しい敬語などマナー・礼節
  • 店舗で取り扱う携帯端末、料金システム、ネットワークに関する知識
  • 店舗レイアウトに使用するPOP作成のためのPCスキル
  • レジュメ作成を行う時に使うオフィスソフトの知識 など

特に重要なのが新しい知識に対する好奇心です。

携帯ショップのスタッフは毎日のように最新情報に触れる機会があります。

新しい情報に対し先入観なく興味を持てる好奇心は携帯ショップで活躍するために有効なスキルです。

携帯ショップに向いている女性の特徴

携帯ショップのスタッフに向いている人の特徴として新しいテクノロジーに対する好奇心が挙げられます。

また、接客業なので人と接することを楽しみながら臨機応変に対応できる柔軟性も強みになります。

新しい携帯やスマホに興味がある

女性,スーツ,スマートフォン

携帯ショップの仕事内容は新発売の携帯・スマートフォンといったガジェットに興味がある方に向いています。

なぜなら、携帯ショップでは端末の不具合やシステム上のトラブルについて対応しなければならないことが多いからです。

各端末の機能やネットワークの仕組みなど様々なケースに対応できる知識が業務上求められます。

最新ガジェットのトレンドを追いかけたい方であれば好きなことでお金を稼げる仕事です。

人と接することが好き

女性,笑顔,オフィス

携帯ショップは老若男女とコミュニケーションの機会がある職場です。

総務省統計によるとモバイル端末普及率は96.1%、スマートフォン83.4%、タブレット端末69.1%となっています。

※2019年時点 出典:総務省「通信利用動向調査」より

つまり、日本で暮らしているほぼ全員が携帯ショップを利用する可能性があります。

例えばキッズスマホを使う小学生やスマホ初心者のシニア世代、最近日本で暮らし始めた海外の方などが訪れるかもしれません。

人と接する仕事が好き、人を選ばずコミュニケーションを取るのが苦にならない人であれば向いている仕事といえるのではないでしょうか。

臨機応変な対応ができる

携帯ショップの仕事は臨機応変な提案力が求められることも少なくありません。

例えば、料金プランの相談に来たユーザーには利用状況と各種料金システムを照らし合わせて最適なプラン提案が求められます。

テレワークで自宅回線を使っているユーザーであればセキュリティ強化、子どもと共有で使っているのであればフィルタリングのチェックなど。

ユーザーの利用状況に応じて臨機応変な提案ができる接客術はノルマを達成する上でも強力な武器となります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

携帯ショップの1日の流れ

時計,眼鏡,手帳

携帯ショップのスタッフはシフト制勤務を採用する店舗がほとんどです。

<10:00にオープンする店舗の1日事例>

  • 9:00~9:30 出勤
  • 9:30~9:50 オープンの準備、店舗内外の清掃や在庫のチェックなど
  • 9:50~10:00 朝礼、前日夜からの業務引き継ぎ確認、当日の来店予約確認、1日の目標確認
  • 10:00 オープン
  • 10:00~12:00 窓口対応・店頭での接客業務
  • 12:00~13:00 お昼休憩
  • 13:00~16:00 窓口対応・店頭での接客業務
  • 16:00~16:15 小休憩
  • 16:15~17:30 バックヤードでの事務作業、店舗在庫の発注、イベント企画、店舗レイアウト用品の準備
  • 17:30~18:00 夜勤務スタッフへの引き継ぎ、翌日の業務準備
  • 18:00 退勤

 

ワンポイント
お昼休憩はその日出勤しているスタッフがローテーションで時間をずらしながら入ることもあります。
その場合、休憩時間は11時台や13時台に前後します。

携帯ショップで働くメリット

携帯ショップの求人は未経験OKの案件も多く転職ハードルも比較的低いです。

また、接客業で役立つスキルを得ることができ、清潔感を保つために制服を貸与してくれる企業もたくさんあります。

未経験OKな求人が多い

女性,スーツ,新卒

携帯ショップの求人は業界経験のない人でもチャレンジできる案件が多いです。

転職市場でも未経験可の求人が多く安心してチャレンジしやすい業界の1つといえるでしょう。

しっかりした転職先選びができればマニュアルや研修制度が充実していて先輩や上司から積極的に学べる環境で成長できます。

制服が付与される

携帯ショップは各キャリアのブランドイメージを保つために身だしなみの規定が比較的しっかり定められている業界です。

制服も貸与されることがほとんどですが、スカーフなどの小物類だけ自前で用意する場合スーツを自分で用意する場合もあります。

また、ヘアカラーやネイルに関する決まりもシビアなことがあるので事前に確認しておきましょう。

接客技術が身に付く

女性,スーツ,ビジネス

携帯ショップの仕事は接客技術おもてなしの心構えを学べる仕事です。

携帯ショップに来る人の中にはスマートフォンが壊れたなど余裕がない人もいます。

特に機械やネットワークに疎い人の場合、なぜトラブルになっているのかまったくわからない人も多いです。

そのような場合でも解決の糸口になる情報を引き出し解決に導くのが携帯ショップのスタッフの役割です。

ユーザーと対話を重ねながら解決につながる情報を引き出していく中で高い接客技術が身につきます。

 

ワンポイント
携帯ショップは未経験可の業界で他業界でも活かせる接客術を身につけられます。

携帯ショップで働くデメリット

携帯ショップのスタッフは土日祝日に出勤が求められることも多いです。

また、業界のトレンドサイクルも比較的早いので覚えるべき業務知識がたくさんあり、時にはクレーム対応を求められることもあります。

土日祝日に休みが取りにくい

カレンダー,時計

携帯ショップのスタッフは土日祝日に休みを取りづらいのがネックです。

土日祝日には平日昼間に働いている人が携帯ショップでの用事を済ませるために集中する傾向があります。

特にコロナ禍以降は店舗で1度に対応できる人数が限られています。

携帯ショップへの転職を考えるなら土日祝祭日は来店予約がすぐに埋まってしまう忙しい日と認識しておいた方がよいでしょう。

覚えることが多い

携帯ショップではユーザーごとに違う相談、悩みの解決に対応する必要があります。

そのため自店舗で取り扱っている各ガジェットの機能や各種料金プラン、ネットワークに関する知識が求められる大変さがあります。

また、携帯ショップは最先端というイメージ戦略から新しい技術が取り入れられることも多いです。

例えば、店内ディスプレイにデジタルサイネージを取り入れている携帯ショップも最近はよく見かけるようになりました。

今後も取扱ガジェット・店内備品に限らず新しい技術の登場ごとに覚えることがあり、その都度対応が求められます。

クレーム対応をすることも

女性,スーツ,ビジネス,お辞儀

携帯ショップではクレーム対応の機会もあります。

特に故障やシステムトラブルで携帯ショップに来ている人は「とにかく早く直してほしい、解決してほしい」と思って焦っています。

不安な気持ちからついクレームになってしまうことも珍しくありません。

そのため、ユーザーにペースを乱されず冷静に状況をヒアリングし解決の糸口を探る接客スキルが必要です。

もし不安であれば大手家電量販店ショッピングモールにある携帯ショップに勤務する方法もあります。

こうした店舗は端末の新規契約に特化していることがほとんどです。

クレームに発展しやすい端末の故障や料金の説明に対応する機会は多くありません。

接客業未経験からでもチャレンジしやすい職場です。

 

ワンポイント
携帯ショップは接客業ということもあり業務内容やお休みの日が他業種と異なります。

携帯ショップの給料

給料

携帯ショップ勤務は接客業の中でも比較的高い収入を得られる仕事です。

例えば、実際に転職サイトで公開されている求人例として下記が挙げられます。

  • 10:00~20:00の間でシフト制(実働8時間)、月給20~24万円スタート(※勤務地による)、昇給あり、賞与年2回
  • 9:30~20:00の間でシフト制(実働8時間、残業月18時間程度)、月給24万円程度からスタート、昇給年2回、賞与年2回

その他、資格手当や残業手当といった各種福利厚生も充実している傾向です。

時給制の場合もありますが、それでも平均的な時給は接客業の中で高い水準からスタートできます。

実働時間と給与を照らし合わせて考えてみるとコストパフォーマンスに優れた業界の1つです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

携帯ショップの需要

スマホ,トーク

結論、携帯ショップの需要は今後無くなることはありません。

日本国内だけ見ても携帯端末やスマートフォンなどをあわせたモバイル端末の普及率はすでに100%に近い数字です。

そのため、携帯ショップを利用するユーザーがいなくなる可能性は低いと考えられます。

ただし、活躍できる人材のレベルアップはさらに求められるでしょう。

大手キャリア3社の他、格安スマホを提案する新規参入業者も増えていて企業間の競争が激しくなると考えられるからです。

 

ワンポイント
ショップ店員としての転職先選択肢は比較的多いものの、次を見すえたスキルアップが求められます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,説明,ビジネス

携帯ショップのスタッフとして転職をお考えなら転職エージェントに相談してみてください。

携帯ショップは接客スキルや最新ガジェットに関する知識を得ることができます。

キャリアアップの第1歩として最適な仕事で、その次の転職まで見すえたキャリア形成におすすめです。

転職エージェントは携帯ショップのスタッフとしてスキルを積んだ後のキャリアアップまで見すえた転職戦略を提案できます。

転職エージェントの利用で先の先まで考えた転職にぜひ、チャレンジしてみてください。

まとめ

女性,スーツ

携帯端末・スマートフォンは今後業界全体の競争が激しくなると予想されます。

そのため、携帯ショップ店員として活躍するには磨き上げた営業力や接客スキルが重要です。

携帯ショップで培った営業力や接客スキルは他のサービス業でも活かせます。

携帯ショップスタッフへの転職を検討するならその次のキャリアアップまで考慮した転職プランを検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら