人材業界は求職者と企業を結ぶ業界です。

就職活動や転職活動のサポートをすることが主な仕事になります。

そんな人材業界への転職している場合、志望動機にはどのような内容を記載するとよいのでしょうか。

この記事では人材業界に転職する際の志望動機の書き方について解説します。

とくに女性向けの書き方について紹介しますので参考にしてみてください。

人材業界の志望動機の書き方

リクルートの文字

求職者のサポートをして企業に対してもよい人材を紹介することが人材業界の仕事です。

人材業界に転職する理由をしっかりと採用担当者に伝えることで採用率を上げましょう。

人材業界の志望動機の書き方について解説します。

成し遂げたいことに基づいて書く

志望動機で重要なのはその業界や企業で自分が何を成し遂げたいと考えているかを明確に示すことです。

希望している企業で自分がどのような働きをしたいのかを書きましょう。

人材業界は大きく分けると次の4つにわけられます。

  • 人材紹介ビジネス
  • 人材派遣ビジネス
  • 求人メディアビジネス
  • 人材コンサルティングビジネス

人材紹介と人材派遣は大きな意味では同じです。

ただし仲介する方法が紹介型であるか派遣型であるかという点に違いがあります。

自分はどのような求職者に対してどのように企業を紹介したいのかを明確にしておきましょう。

最終的には求職者が企業で活躍できるようにサポートしていくことがこの職業の目的でもあります。

その点についても自分なりに考えて具体的な行動を示すことも大切です。

自身の適性に基づいて書く

笑顔の女性

転職活動では自己分析と能力診断が重要です。

自己分析によって導き出した自分の強みをしっかりとアピールしましょう。

ここが強みですとアピールするだけでなく、その強みが仕事においてどのように役立つのかを書くこともポイントです。

人材業界で求められるスキルは、コーディネート力とコンサルタント力です。

この点に注目しながら自分のスキルがアピールできると採用担当者の印象に残りやすい志望動機になるでしょう。

人材業界の志望動機に書く内容

ネームプレート

志望動機には具体的にどのような内容を書けばよいのでしょうか。

5つのポイントをおさえて解説します。

人材業界を選ぶ理由

なぜ人材業界を志望しているのかを明確にしておくことは大切です。

志望動機が魅力的でも業界に対する志望動機が抜けていては採用担当者に疑問を与えてしまいます。

ほかの業界でもできるのではないかと思われてしまうと採用率を下げてしまうことになりるでしょう。

業界比較をしっかりと行ったうえで、なぜ人材業界でなければならないのかをしっかりと明記しましょう。

業界比較をする場合には、比較するポイント=1番重視する部分と考えます。

さらに重要なポイントと関連性の薄い業界は省きましょう。

比較を行う場合にはメリットだけでなくデメリットについてもきちんと把握することが大切です。

デメリットを理解してたうえでなお人材業界を志望しているという思いは強いアピールポイントになります。

なぜその企業なのか

志望動機で重要なのはどうしてその企業でなければならないかを強くアピールすることです。

業界を志望した理由を明記したうえで、そのなかでもさらにこの企業を選択した理由を明記しましょう。

業界内では似たような仕事が行われています。

そのため企業ごとの違いをきちんと把握できていないと、ほかの企業でもよいのではないかと思われてしまうでしょう。

志望動機ではその企業にしかない特徴や強みをしっかりと盛り込んだ内容を記載するようにします。

公式ホームページなどで企業理念や社長の考え方、中長期ビジョンなどをチェックしておきましょう。

企業情報がよい志望動機を作成するためのポイントになります。

志望する職種はどれか

リクルートの文字

人材業界と一言でいってもたくさんの職種が存在します。

入社したらどのような職種を希望しているのかを明確にしておくことも志望動機では大切なポイントです。

人材業界に興味があり、仕事に対して情熱を持っているかをアピールすると同時にそこに具体性を持たせましょう。

企業側は入社して活躍してくれる人材を求めています。

とりあえず頑張りますでは企業側には薄い印象しか与えません。

具体的にこんな仕事をこのように頑張りますと明示できる人に採用担当者も興味を持つでしょう。

業界研究と同時に企業研究、職種研究も行うことをおすすめします。

余裕があればキャリアプランを明示してよいでしょう。

貢献する方法

志望動機の結論には最終的にどのように貢献できるのかを明示することが大切です。

スキルをアピールして意欲を伝えたとしても入社後に活躍しているイメージができなければ採用担当者の印象に残りにくいでしょう。

入社後に活躍できそうにない応募者に対しては採用担当者も興味を持ちません。

志望している業界者企業がどのような人物像を求めているのかをよく理解しておくことも大切です。

その人物像に対していかに自分を近づけることができるかが志望動機のポイントになります。

入社後の展望について述べる

志望動機には志望した理由だけを書くと思っている人もいるでしょう。

ただ志望動機には入社してからの展望をプラスすることをおすすめします。

ただ入社したいですといういうだけでは自分の希望を伝えているだけにすぎません。

企業にとって自分を採用した際のメリットを提示することが大切です。

入社してから自分がどのような働きをしてどのような展望を持っているかも明確にしておきましょう。

 

ワンポイント
人材業界に転職する場合の志望動機は具体的な志望理由やエピソードを盛り込むことが大切です。

志望動機のポイント

職務経歴書

志望動機に盛り込むとプラスになる項目にはどのようなものがあるのでしょうか。

志望動機に必要な要素求められる人物像について解説します。

志望動機に必要な要素

志望動機に必要な要素は次のとおりです。

  • 業界を志望した理由
  • この企業を選択した理由
  • 自分の強み
  • 企業への貢献度
  • 将来展望とキャリアについて

おおよそこれらの要素をおさえておけば志望動機の基本はクリアしたことになります。

人材業界ではコミュケーション能力やコンサルティング能力が求められます。

こうした点についてアピールできると採用担当者の印象に残りやすいでしょう。

求められる人物像

会議をする女性

志望動機を作成する前に企業が求めている人物像を把握しておくことが大切です。

企業がどのような人材を求めているのかを理解しておけばそ志望動機も作成しやすくなります。

求められている人物像に少しでも自分を近づけるように志望動機を作成しましょう。

ただし、嘘をついてしまうと後から自分が困ることになります。

自分の特性やスキルがどのように企業に役立つのかを明示するよう心がけましょう。

志望動機を魅力的に伝えるときのポイント

履歴書

人材業界の志望動機で多く聞かれるのが次の項目です。

  • 誰かの役に立ちたい
  • 雇用の創出で社会貢献したい

こうした志望動機はNGではありませんが魅力的とはいえません。

採用担当者は多くの求職者の志望動機を目にします。

ありふれた言葉を何度もみていると印象に残りにくくなるでしょう。

志望動機を作成する場合には、いかに自分らしさをアピールするかがポイントになります。

自分にはこのような強みがある、それが企業にとってこのようなメリットになるという内容を明記しましょう。

ありきたりな文章ではなく具体性のある内容にすることも志望動機を魅力的に伝えるポイントです。

志望動機を魅力的に伝える例文

内定通知書

志望動機を魅力的に伝えることで採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。

具体的にどのような志望動機が魅力的に映るのか例文をみていきましょう。

企業の特徴や強みを書く

私自身、転職をした際に転職エージェントのサポートを受けることでとても助けられた体験があります。

そのなかでも貴社を希望した理由は常に求職者の立場に立って新しいサービスを提案し続けておられるからです。

業界ランキングでも上位の規模ながら新しいチャレンジを続ける企業理念に強く感銘を受けております。

企業にどのように貢献するか書く

名刺交換の風景

私はこれまで営業職として働いてきました。

多くのクライアントさまと接するなかで企業や個人の転機にもなる人材業界で働いてみたいという気持ちを持つようになりました。

営業職の求人に特化した御社であるからこそ、私がこれまで経験してきたことを生かせるのではないかと考えております。

自分が経験したからこそわかることを求職者に伝え寄り添いながら転職成功に導けるエージェントになりたいと考えています。

学生時代の経験を書く

私は学生時代に就職活動でかなり苦労しました。

そんなときに力強くサポートしてくださったのが転職エージェントの担当者でした。

新卒では事務職に就きましたが、いつか人材業界で働いてみたいという気持ちは常に心にありました。

学生時代、右も左もわからなかった私をサポートしてくださったエージェントがいたおかげで今の私があると思っています。

私もそんな人の人生を下支えできるような人材に成長したいと考えております。

前職で培ったコミュケーション能力を活かして明るく求職者をサポートできるエージェントになって参ります。

志望する理由をわかりやすく書く

メモを取る女性

人材業界では人という無形の商材を扱うため自分の成長がお客様への貢献度につながると考えております。

自分が成長することでお客様にお伝えできることに説得力が増し、お客様に貢献できることはとても魅力的です。

前職のアパレル業ではお客様のご要望に沿ったご提案をすることが多くありました。

人材業界ではお客様のご希望を伺いながらお客様のご存知でない知識や情報をご提供することを心がけていきたいと考えます。

お客様とともにお客様の人生を構築していくことができるエージェントになりたいと考えております。

 

ワンポイント
志望動機の例文を参考にしながら自分の志望動機を再考してみましょう。

志望動機を伝えるときの注意点

チョイスの文字

志望動機を伝える場合にはいくつか注意しておきたい点もあります。

何気なく書いたことがNG表現であった場合、不採用につながる可能性が高まります。

具体的には次の点に注意して志望動機を作成しましょう。

  • 業界を志望した理由
  • 企業を志望した理由
  • 結論から書くこと
  • スキルや強みは具体的に書く
  • 抽象的なことばかり書かない
  • 再現性のある内容を書く

このように志望動機は理想を書く場所ではありません。

具体的な内容をわかりやすく明示することが重要なポイントとなります。

夢ばかりを語るような内容になっていないかを再度確認してみましょう。

 

ワンポイント
採用担当者の印象に残る志望動機を作成するためにも注意点はしっかりおさえておきましょう。

志望動機のNG例

考える女性

志望動機のNG例についてみておくことも大切です。

簡単にNGの例文を紹介しておきます。

人材業界は人と企業をつなぐ夢のある業界です。

私はこの業界で社会貢献することを目指して志望しました。

日本の雇用を創出して経済を支えることもできるでしょう。

多くの業界で人手不足が言われるなかで人材業界が頑張れば社会を盛り上げることができると考えています。

適材適所を見極めることで人材不足も解消することができます。

御社は幅広い業界へのマッチングを行っている点が強みです。

この点にひかれて私は御社を希望しました。

御社のパイプを生かして多くの人の人生を支えたいと思っています。

この例文の何がNGかがわかれば志望動機の基本は理解できていることになるでしょう。

  • 具体性がなく、抽象的なことばかりをあげている
  • 結論から述べていない
  • 自分の強みをアピールできていない
  • 自分がどのように貢献できるか具体的にアピールしていない
  • 企業の特性への理解が薄い

おおよそこのような点がNGとなる理由です。

 

ワンポイント
志望動機ではよい例だけでなくNG例についてもチェックして自分の志望動機にNGな点がないかを確認しましょう。

人と柔軟に関われることをアピールしよう

面接の風景

人材業界はどのような職種であっても人との関わりが強くなる業界です。

このような業界でアピールしたいのはコミュニケーション能力になります。

どんな人とも柔軟に関係を築くことができる点は大きなアピールポイントになります。

具体的にどのようなスキルがあり、具体的なエピソードなどがあればぜひ志望動機に記載しましょう。

人材業界が求める人物像をしっかりと把握して人間力、雑談力、コミュニケーションスキルをしっかりアピールしましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンとコーヒー

人材業界への転職を希望している場合は転職エージェントの活用がおすすめです。

他業界への転職でも転職エージェントの活用はおすすめできますが、特に人材業界は活用しておくメリットが豊富にあります。

なぜなら転職エージェントこそ人材業界の仕事だからです。

自分の転職相談をしながら実際の仕事を目にすることができることは大きなメリットになります。

実際に働いている人の意見を聞くことができる点もメリットです。

人材業界への転職こそ転職エージェントの利用がおすすめです。

まとめ

桜と女性

人材業界への転職を希望している際の志望動機の書き方について解説しました。

人材業界は今後規模を拡大する可能性が高い業界ともいわれています。

そのため志望者が多い業界でもあります。

つまりありきたりな志望動機では他者と差をつけることが難しくなるでしょう。

ライバルと差をつける志望動機の書き方についてしっかり把握して採用面接を突破しましょう。

志望動機の書き方で迷ったら転職エージェントの活用がおすすめです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら