今回は事務職の中の1つである貿易事務に未経験者が転職する方法について解説していきます。

貿易事務というのは貿易に関する専門知識が必要とされるため、未経験からの転職は難易度が高いとされている職種です。

今回は未経験で転職を成功させるために向いている人の特徴や役に立つ資格などをご紹介します。

貿易事務への転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです。

貿易事務に未経験から転職する方法

スーツの女性

貿易事務というのは事務職の中の1つであり、その名の通り貿易に関わる企業で事務業務を行う職種です。

貿易に関わる企業は海外企業への輸出入が主な仕事であるため、貿易事務でもそうした取引の事務作業を行うこととなります。

そのためこの職種では一般事務などとは違い、貿易に対しての専門知識が必要となります。

未経験で転職するためには、事前に貿易に関する知識を学んでおくようにしましょう。

また、それだけではなく海外とのやり取りになるため英語の読み書き・会話ができる必要があります。

語学力も高めておく必要があるでしょう。

未経験からの転職は求められるスキルや知識が多くなりますが、不可能ではありません。

自分の能力を磨くことで未経験からも転職することが可能となるでしょう。

貿易事務の仕事内容

スーツの女性

次は貿易事務の仕事内容についてご紹介していきます。

主にどのような仕事を行うのかを知っておけば、転職活動にも役立てることが可能です。

貿易事務の仕事は働く場所によって大きく異なります。

ここでは働く場所別に仕事内容を解説していきましょう。

商社・メーカーの仕事

商社・メーカーで働く場合には海外との交渉・出荷・納品管理・取引の受発注・輸送手配などが主な業務となります。

それに併せて事務書類の作成なども行うため、輸出入に関するインボイス・パッキングリストなどの書類作成の知識も必要となるでしょう。

海外との交渉では英語で会話したり文書作成できたりする必要がありますので転職する前にスキルを磨いておく必要があります。

商品・メーカーで貿易事務として働く場合には輸出入に関しての専門知識が重要となるでしょう。

フォワーダー(通関業者・海貨業者)の仕事

パソコン操作をする女性

海外への運送手配や輸出入申告をメーカーなどの輸出入者の代わりに行うのがフォワーダーの仕事です。

貿易業において荷主と輸送会社の間を取り持つのがフォワーダーという業者だといえます。

また、船会社を利用する業者をNVOCCとも呼ぶため覚えておきましょう。

業務内容としては船会社へのブッキング・税関への輸出入申告・輸出入貨物の管理などを行うこととなります。

こちらの仕事でも海外とのやり取りが必須となるため、ビジネス的なコミュニケーションを行える程度の英語力が必要となるでしょう。

船会社・航空貨物代理店の仕事

船会社や航空貨物代理店で働く場合には輸送に関わる仕事をすることとなります。

積み込み・荷下ろし・輸送のスケジュール調整・港との交渉・荷主の対応などが主な業務内容です。

他にも運賃の見積もり・入金といったお金に関わる業務も行うこととなります。

通関や書類の作成・荷主との調整などはフォワーダーの仕事であるため船会社・航空貨物代理店の貿易事務はそうした業務は行いません。

こうした企業の貿易事務では外部の会社との窓口業務を担当することとなるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

貿易事務の年収・将来性は?

笑顔の女性

次は貿易事務の年収や将来性について解説していきます。

どちらも転職する上で考えるべき重要なポイントであるため、ここで詳しく確認しておきましょう。

高スキルが求められる貿易事務

貿易事務は貿易に関する専門知識や専門的な書類の作成方法など、高いスキルが求められるのが貿易事務です。

その他にも海外とコミュニケーションを取るためには英語での会話が必要となります。

そのため語学力も同時に必要となるでしょう。

貿易業はこれからも変わらずに行われていくことが予想されるため、貿易事務の需要は将来的にも高いままであると予想されます。

しかし様々な業種でAIやクラウド化が進んでいるため、今後貿易事務でも単純作業をする機会は少なくなるかもしれません。

そうなった場合は貿易事務の仕事というのはスケジュール調整やクライアントとの折衝業務に絞られていくことでしょう。

求められるスキルはコミュニケーション能力やマネジメント能力の比重が大きくなる可能性があります。

しかし貿易事務はその専門性により、今後も現場で広く必要とされていく存在だと考えられるため今から目指しても問題ないでしょう。

貿易事務の年収と労働時間

貿易事務の年収は400万円前後となることが多いようです。

事務職の中ではその専門性から高めの年収となっており、一般事務から他の事務職へ移りたいという方にも最適な選択肢だといえます。

労働時間は一般的な企業と同じく朝9時から夕方18時までとなるところが多いようです。

働く時間帯が特殊な職種ではないため、他の職種から転職しても働きやすい環境だといえるでしょう。

 

ワンポイント
・貿易事務は貿易の専門知識や語学力などの高いスキルが求められる
・年収は400万円前後が多い
・労働時間は朝9時から18時の会社が多い

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

貿易事務の未経験求人の探し方は?

メモ

貿易事務の未経験求人を探す際には、どういった方法をとれば良いのでしょうか。

ここでは2つの選択肢をご紹介していきます。

求人サイトをチェックしよう

貿易事務の未経験者向けの求人を探す際には求人サイトをチェックすると良いでしょう。

求人サイトでは条件を設定して検索を行うこともできるため、自分の理想の条件の求人を見つけやすいと考えられます。

もし自分の中で条件がしっかりと決まっている場合には求人サイトを利用すると良いでしょう。

業務概要と共に必要スキルなども明記されていることが多いため、求められている人物像も把握しやすいと考えられます。

転職エージェントを活用しよう

また、求人を探す際に転職エージェントを活用するのも1つの手です。

また、自分で条件を提示すると転職エージェントにその条件に合った求人を紹介してもらうこともできます。

条件が固まっていない場合でもあなたのスキルや経験を加味して最適な求人を紹介してくれるはずです。

転職エージェントでは非公開求人を紹介してもらうこともできるため、積極的に活用すると良いでしょう。

 

ワンポイント
・求人サイトでは自分で条件に合う求人を探すことができる
・転職エージェントでは自分に合う求人を紹介してもらえる

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

未経験から貿易事務を目指すには

考える女性

次は未経験から貿易事務を目指すための方法をご紹介していきます。

高いスキルが求められる職種であるため、未経験から貿易事務を目指すのにはそれ相応のハードルが存在すると考えられるでしょう。

そのハードルを超えていくためには以下のようなことに気をつけるとスムーズに転職を成功させられると思われます。

是非参考にしてください。

貿易事務に関わる職種

最初から貿易事務として働くのはハードルが高いと考えている方は貿易事務に関わる仕事に就くというのも手でしょう。

後述しますが、貿易事務のアシスタントという職種もあるため、そうした職種に携わると貿易の知識も身に付けることが可能です。

まずは貿易事務以外の職種で貿易業界に飛び込むということも考えてみると良いでしょう。

未経験から始めるには?

パソコンを使う女性

未経験から貿易事務に転職したいと考える方は貿易の専門知識を身につけ、その知識を転職活動で証明することが必要となります。

その際に活用すべきなのが資格です。

資格取得に向けて専門知識を身につけられるだけでなく、転職活動でその資格を持っていることをアピールすることもできます。

未経験であっても資格を取得することで自身の業務への適性を企業にアピールすることができるでしょう。

その際に役立つ資格が「貿易実務検定」です。

貿易で使われる専門用語や輸出入についてを詳しく学ぶことができます。

未経験から貿易事務へ転職したい方はこの資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

また、貿易事務は英語力も重要となる職種です。

英語力があるということを企業に示すためには、TOEFLTOEICといった試験を受けるのが良いでしょう。

これらの試験で高スコアを記録すればビジネス英語の能力が高いということを示すことができます。

貿易事務への未経験転職には資格や試験を上手に活用していきましょう。

貿易事務に向いている人の特徴

笑顔

次は貿易事務として働くのに向いている人の特徴を解説していきます。

以下のような特徴を持っている方は貿易事務の適性があると考えて良いでしょう。

自分が以下の特徴に当てはまるかどうか考えながら読んでいただければと思います。

海外との取引を楽しめる

貿易事務は海外と取引をすることとなるため、コミュニケーションも英語などの外国語で行うこととなります。

そのため、そうした母国語以外での交流を楽しむことができる方はこの職種に向いているといえるでしょう。

海外の人とコミュニケーションすることが好きな方には貿易事務として働いてみてはいかがでしょうか。

デスクワークが苦にならない

パソコン作業をする女性

貿易事務はデスクワークが主な業務となるため、パソコンの前で仕事をするということに抵抗がないという方が向いているでしょう。

もしじっとしていることが苦痛だという方は貿易事務での仕事は向いていないと考えられます。

もし他の事務職に就いたことがあるという方はこの点は問題ないでしょう。

他の職種であってもオフィスワーク業務を主に行ってきたという方であれば心配ありません。

仕事を長期的に続けていく上でも自分がデスクワークに向いているかどうかじっくりと考える必要があります。

調整がうまい

貿易事務は取引先との調整などを行うことが多い職種であるため、そうした業務が得意である方はこの職種が向いているといえます。

顧客との折衝を行ったことがあるという方は貿易事務でもその経験を活かすことができるでしょう。

もしそうした経験を持っている方は転職活動でもその点をアピールすることで有利になると考えられます。

女性に向いている職業

貿易事務は正社員以外にも派遣社員として働くということも可能な職種です。

また、事務作業が基本となるため繁忙期などを除けば残業もそこまで多くないためプライベートの時間を確保しやすいと考えられます。

もし子育てや家庭の時間を確保しなければいけないという方でも、貿易事務は働きやすいといえるのではないでしょうか。

以上のことから女性にとって働きやすい職種であるといえます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

貿易関連の資格は必要?

オフィスにいる女性

貿易事務として働く上で資格というのは必ず取得しなければいけないわけではありません。

しかしながら先述したとおり、資格があれば転職活動が有利になるのは確かです。

特に未経験者の場合には資格を取得することで自身のスキル・能力を証明することができるでしょう。

貿易関連の資格には先述した「貿易実務検定」や「通関士試験」などがあります。

転職の際にアピールポイントとして使えるだけでなく、資格に向けた勉強で専門知識を学ぶことも可能です。

貿易の専門知識は貿易事務として働く上で不可欠だといえます。

もし専門性を高めていきたいのであれば資格の取得を考えてみましょう。

 

ワンポイント
資格は必ず取得しなければいけないわけではないが、取得すれば貿易に関する専門知識を有することの証明にはなる。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

最初は「アシスタント職」で経験を積む

スーツの女性

求人の中には貿易事務のアシスタントをする職種があります。

そうした職種では貿易事務の書類チェック・作成が主な業務となるため、働きながら貿易の仕事を学ぶことが可能です。

最初から発注や折衝といった業務を行うのは難しいため、そうした事務作業に特化した求人を選ぶというのも1つの手段です。

もし未経験から直接貿易事務へ転職するのが難しいという方はこうしたアシスタント色で経験を積むことも視野に入れると良いでしょう。

 

ワンポイント
貿易事務のアシスタントに転職することで貿易の専門知識を学ぶことができる。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ポイント

もし転職活動に不安を感じているのであれば転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは自分だけでは難しい転職対策を、プロの視点でサポートしてくれるため転職活動を効率的に進めることができます。

安心して転職活動を進めていくためにも、転職の相談は転職エージェントにすると良いでしょう。

非公開求人の紹介なども行ってくれるため、理想の転職先を見つけたい方にも最適です。

この機会に是非転職エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

笑顔

今回は貿易事務未経験者が転職を成功させるための方法などをご紹介してきました。

この職種は専門性が高いため、未経験者の方は事前に貿易に関して学ぶ必要があるでしょう。

そんな時に便利なのが貿易に関する資格です。

転職活動を成功させるために資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

また、転職に関して相談があるという方はこの機会に転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントを利用すれば転職活動が格段にやりやすくなるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら