企業によっては、ノルマを販売職に課すという決まりがあります。

販売職を行なう上で課せられるノルマについての特集です。

販売職にノルマがある理由と、ノルマ達成に向けて実践しておくとよいポイントについても解説します。

販売職のノルマ達成のポイントを解説

洋品店の画像

販売職に就いている人にとってノルマを達成することが命題になっています。

その設定方法は企業によりけりですが、多くの場合がかなりノルマに悩まされ辛い日々を過ごしている様子です。

今回は、販売職でノルマを達成させるためのポイントを解説します。

併せてノルマ達成に向けた心得、辛いと感じた時の対処法などにもスポットを当てた特集です。

販売職にはなぜノルマがあるの?

バッグ店の画像

販売職にノルマが課せられていることが多いのはなぜなのでしょうか?

ノルマの設定をする理由にはいくつかあげられます。

まずは、会社経営を黒字で安定させるのに最低限の売上が必要だからです。

会社は利益を上げることが目的なので、数値の目安を設定しておかなければ、黒字か赤字かの判別がつかなくなります。

会社存続のために必要な利益を目算しておく意味があるのです。もう1つは、販売員の評価のために使用します。

ほとんどの会社はノルマを高めに設定しているはずです。

低く見積もってしまうと、それ以上の働きをしないスタッフも出る恐れがあります。

目標をやや高めにすることで、モチベーションを維持させることができるからです。

売れる販売職の特徴

メジャーの画像
販売職が抱える悩みは、売り上げや顧客が増えないという問題が顕著でしょう。

真面目に接客をしているはずなのに、商品・サービスの購入に至らないのには、何か原因があるのでしょうか?

実は、顧客が買いたくなるような接客方法にはコツがあるのです。では、売れる販売職に目立つ特徴について解説しましょう。

お客様が話しやすい雰囲気を意識する

最初に顧客が店に入るかどうかを決めるには、店の雰囲気や漂う空気感を察知しています。

何となく冷たい雰囲気の店では、張り詰めているようで警戒して入りずらく考えてしまうでしょう。

まずは店内に入っても話しやすい調和のとれた雰囲気作りをすることが大切です。

商品に興味を持って注目してくれるためのレイアウトやディスプレイを心掛けてみましょう。

自由に店内を動けるスペースがあること、そして、つかず離れずに絶妙な位置でスタッフが配備されているでしょうか?

お客様との会話を楽しむ

エプロンをつけて微笑む店員

顧客との会話を楽しめている販売員は売れるポイントを知っています。

なぜなら自分自身が商品のファンであり、その良さを話したいと考えているからです。

販売職として大切なことは、商品・サービスに関して一番のファンであると自覚していることではないでしょうか?

その商品・サービスが世の中に普及することへ誇りを持っていて、なによりもユーザーのように自分も楽しめています。

自分が楽しめなければ、顧客にどう伝えればよいのか分からないはずです。

顧客と会話を楽しみながら、自然と商品ついての価値や利用する良さなどを伝えるよう心掛けてみましょう。

モチベーションの管理が得意

販売職を続けていく中で、自分のモチベーションをうまく保つことは大切です。

売上などが好調な場合はよいのですが、どうしても不調な時もあるでしょう。

もしそのような状況で気持ちが落ち込んだら、どうやって上げればよいのかを知っていれば、再び現場に立つ気になれます。

気持ちの切り替えができる趣味や娯楽など何でもいいのです。

自分なりにモチベーションを上げていく方法や習慣を決めておき、それを素直に実行していくようにしましょう。

 

ワンポイント
売れる販売職は雰囲気作りを大切にしている。

モチベーションを上げるには

コーヒーの画像

先述にもしてあるように、販売職は商品・サービスが売れるかどうかで気持ちの高揚感が変わっていきます。

バランスよく心を整えて仕事ができるような工夫が必要です。

ここでは、販売職にてモチベーションを上げていくための心得や考え方について解説していきましょう

将来のビジョンを明確にする

販売職としてモチベーションを向上させたいのに、目先のことだけを繰り返していては進歩がありません。

将来的ビジョンを考えておく必要があります。

自分が今後取り組みたいことを広い視野でとらえて、長期的スパンの計画を練るようにしましょう。

注意点は高すぎず低すぎない目標であることです。

途方もなく漠然としたビジョンではモチベーションは一時的なもので終わります。

実現可能でありながらややハードルが高い目標を立てて毎日を過ごしてみましょう。

その上で、将来の自分が何をしたいのかを考えていくと、やる気に満ちてくるはずです。

自分が「できること」から始める

ガッツポーズする女性の画像

現状の中で、常に自分は何ができるのかを考え行動してみましょう。

具体的には、目の前の課題を1つずつクリアしていくことに専念してみるとよいでしょう。

はやる気が出てから行動しようと考えます。しかしそれではサボることのほうが楽なので、結局何もしようとしません。

とにかく自分の気持ちがどうであれ、未回収なことを1つでもやり切ることで徐々にモチベーションが向上します。

ノルマ達成のために実践すべきこと

店先の画像

多くの販売職の企業ではノルマを課しています。

販売員はノルマを達成するために、毎日の目標や計画を立てて行動しているはずです。

では、ノルマ達成のために、各販売員がどのようなことを常に心得て実践する必要があるのでしょうか?

販売職のノルマ達成に向けた取り組みについて解説していきましょう。

商品知識を身につける

ノルマ達成の重要なポイントになることは、同業他社との商品の違いを把握しておくことから始まります。

その際は、顧客の目線に立ってどのようなメリットとデメリットがあるのかを考察しましょう。

もし商品・サービスについて質問を受けたとしたら、的確に正しい回答ができるようにします。

顧客には不明点を知りたいという欲求があるので、その期待に応えることで信頼してもらえるからです。

自社製品の知識を十分に理解していない販売員では、顧客から不審に思われてしまい、ニ度と来店してくれなくなります。

商品知識の把握はノルマ達成のための第1条件だと自覚しておきましょう。

目標を達成できた日を振り返る

ノルマの達成に必要なことは、常に自分の言動を振り返りながらブラッシュアップを図る姿勢です。

1日の仕事を終えてから、その日はどのような状況だったのかを反省するようにしましょう。

とくに目標が達成できた日に関しては、それまでと何が違っていたのかを克明に思い出して記録しておくことです。

営業日報などを必ず記入する店舗や会社は多いはずです。その意味をしっかり見直して活用し直してみてはいかがでしょうか?

お客様目線を意識して接客する

同じ目線の画像

高いパフォーマンスで接客するためには、常に顧客の目線や立場で考えて行動することです。

顧客には、販売員にして欲しいこと・して欲しくないことの分別があります。

その気遣いを察している販売員は、ノルマを達成する傾向があるのです。

来店した顧客が何かを相談したい素振りであれば、声をかけやすい雰囲気で落ち着いた態度を見せることです。

逆に、無理に売ろうとして余計な声をかけてはなりません。

あるいは店員の慌ただしい動きが目立っていては、顧客は相談しづらいと判断し、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

原則としては、常に落ち着いた態度で静かに業務をこなしていることが大切です。

チームワークを大切にする

ノルマを達成している販売職の特徴は、チーム制を重視して複数で目標達成に向かっている点です。

ノルマと聞かされると、個人に割り当てられた課題という印象があります。

その方式については各店舗や企業によって差が生じますが、できるだけ同じ店舗内の全員が達成する仕組みを作るべきです。

個人主義が横行すると、個人ごとに売り上げの差が生じてしまうことや、コンプライアンス上の問題も浮上します。

精神衛生上でも悪い連鎖が起こり全体に響いてしまうでしょう。

ノルマを達成できる有能なスタッフは、達成できそうにないスタッフと連携し、助け合うような職場であることが理想です。

 

ワンポイント
ノルマ達成する人の特徴は商品知識があり顧客目線である。

ノルマが達成できず辛い時の対処法

スーツ店の画像

販売職のノルマは基本的にやや高めな設定がされているため、実際に結果として達成できなかったということもあり得ます。

しかしあまりにもノルマが高く辛いと感じて辞めてしまう人も後を絶ちません。

では、ノルマが達成できなくて辛いと感じた時の対処方法について解説していきましょう。

接客方法を見直す

とてもシンプルなことですが、まずはそれまでの自分の接客方法を見直す姿勢が大切です。

他の販売員の中でも、特に優秀な人がどのようにして達成させているのかを徹底的に研究する必要があるでしょう。

毎日どのように仕事をしているのか観察をしながら気づいた点を取り入れることです。

分からないことがあれば、素直に教えてもらい原因を追及して改善する努力をしましょう。

転職を検討しよう

販売職といっても、商品・サービスの内容はさまざまです。

その企業ならではな顧客アプローチの仕方がある場合も考えられます。

社風やしきたり・ポリシーもあるので、それに則ってやらなければいけないということも考えられます。

もしかしたら、その販売形態自体が自分の適性に向いていないのかもしれません。

ノルマ達成についての改善の余地がないのであれば、自分の適性に準じて天職を検討することも方法の1つです。

ノルマのない企業の求人の探し方

ショッピングバッグの画像

原則として販売職にはノルマが課せられているという印象があります。

しかし必ずしもすべても販売職にノルマがあるわけではありません。

求人サイトなどを見れば、ノルマを問わない販売職も最近は増えてきています。

では、ノルマの設定がない企業の求人を探す方法について紹介しましょう。

実際に働いている人に聞く

一番信ぴょう性が高い方法は、実際にノルマがない販売職に就いている人物から、詳しい業務内容について確認することです。

知り合いなどにそのような人物がいれば、話を伺ってアドバイスを受けることができるはずです。

他にも、求人サイトで調べてみて、実店舗に顧客として訪ねてみるのもよいでしょう。

店の雰囲気や店員の行動などを観察しておくだけでもヒントが見えてくることがあります。

転職エージェントを活用しよう

求人サイトでは不十分な場合や知り合いもいない時は、転職エージェントに登録して活用してみることをおすすめです。

転職エージェントで抱える案件はほとんどが優良企業といえます。

その中で自分が最優先したい条件を担当アドバイザーに相談してみれば、好条件な案件が見つかる可能性もあるでしょう。

ワンポイント
ノルマのない販売職もあるので転職エージェントなどに登録して活用してみる。

販売のノルマが辛くて転職する時の注意点

婦人服の画像

販売職でのノルマを理由に転職をするのであれば、いくつかの注意点があります。

まずは転職理由を明確にすることです。

ノルマがきついことが最大の理由なら、新しい職場がどの程度のノルマ設定なのかを調べてから面接試験に臨みましょう。

理由を明確に決めないと、また同じことを繰り返しかねません。

もう1つは、自分の将来を具体的に考えておくことです。将来の自分はどのような状態でいたいのかを想像してみましょう。

ショップ店員をそのまま続けたいのでしょうか?

それともマネジメントができる管理職として収入を上げたいのかなど、転職を決心した今だからこそ、深く考えていく時です。

 

ワンポイント
ノルマの規定について詳しく調べた上で求人案件を決めよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性アドバイザーの画像

転職活動では下準備をいかに行うかが決め手となります。

今までの自分を洗い出していかにして苦労を乗り越えてきたのかを思い返してみましょう。

面接試験では必ず志望動機を聞かれます。

上手な表現に自信が持てそうになければ、転職エージェントへ登録して相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職の専門家です。

面接試験のノウハウはもちろんのこと、転職上の悩みについても担当アドバイザーが聞いてくれます。

まとめ

女性店員の画像

販売職のノルマについては賛否両論です。

ある程度のノルマが課せられているほうが、やりがいがあり実力で収入をアップさせることができると思う人もいます。

その反面、ノルマが辛いため精神的に追い詰められているタイプの人もいるのは事実です。

どちらにしてもいえることは、ノルマを課すこと自体は違法行為ではありません。

その店舗や企業の方針に準じてやっていくのが筋道です。どうしても無理であれば転職を考えるべきではないでしょうか?

また、ノルマ制そのものが違法とはいえませんが、ノルマによる過剰なパワハラや不当な解雇などは違法にあたります。

万が一の場合は悩まず、しかるべき措置をとることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら