女性ならば美容関係の仕事を希望する人が少なくありません。

美容クリニックなどは全国にたくさんあり、そこで働いているのはほとんど女性です。

もちろん、お客様が女性ですから、女性スタッフの需要が高いのは当然です。

ただ、これから転職を考えている人は、美容カウンセラーのための資格を取得しておく方が有利です。

美容業界に限らず、それぞれの業界でいろいろな資格があります。

美容カウンセラー向けの資格に限定しても、いくつかの資格があります。

それぞれの資格の違いやメリットをどう活用するかを考えて選ぶことをおすすめします。

転職にどの程度有利になるのかがわかれば、自分自身のスキルアップにつながりますし、意欲も出てきます。

自分が美容関係の仕事をやりたいと思うなら、資格取得は重要な検討項目と考えましょう。

Contents

女性の美容カウンセラーに資格は必要か解説

受付事務の女性

美容クリニックなどで働く女性に美容カウンセラーの資格が必要でしょうか。仕事をするためだけなら資格は必要ありません。

もちろん、美容クリニックで手術などの処置を行う人は医師の免許を持っていなければなりません。

しかし、美容カウンセラーは直接お客様への処置ができる立場ではありませんから、法律などで規定された資格はありません。

ただ、美容カウンセラーの仕事は多岐にわたっており、知識や経験の違いによってお客様の満足度も変わってきます。

資格を示すことで信頼を得やすいことは間違いないでしょう。

また、資格の検定過程で評価されるコミュニケーション能力は美容カウンセラーにとって重要なスキルです。

多くの女性が、精神的なストレスが肌荒れの原因となることがあり、そのケアも美容カウンセラーの役割です。

 

ワンポイント
 美容カウンセラーに必要なスキルを知る。

絶対に必要な資格はない

なるほど、女性

絶対に必要な資格はありませんが、持っておいた方がいい資格はあります。

それは免許としての資格ではなく、自分の美容に関するスキルを客観的な視点で評価するためのものです。

自分は人当たりがよくて、何でも知っていると思っていても、それをお客さんにどう説明すれば納得してもらえるでしょうか。

化粧品の詳細な内容やスキンケアの方法などを説明しても、他の美容カウンセラーとの違いに気づいてもらえません。

自分のスキルを示すと同時に、さらに上の美容カウンセラーを目指すための資格と考えてください。

それが自分のスキルアップにつながっていきます。

どのような仕事でも現状に満足せず、自分を高める気持ちを持っていれば、お客様に伝わります。

美容カウンセラーのための具体的な資格をいくつか紹介しましょう。

美容カウンセラーに役立つ資格「スキンケアカウンセラー」

笑顔で上を向く女性

スキンケアカウンセラーとはスキンケアに関する幅広い知識を持ち、それをお客様に的確に説明できると評価された資格です。

また、個人差のある肌の状態に合わせて、どのような化粧品を選べばいいのかを判断できるスキルも習得しているでしょう。

もちろん、独学で勉強して知識を得ることはできますが、資格を持っていることでお客様に安心と信頼を与えられるのです。

美容カウンセラーは、スキンケアで困っている女性や化粧品の選択で悩む女性に的確なアドバイスをしなければなりません。

もちろん、化粧品の知識だけではなく、お客様に信頼してもらうための適切な話術なども必要です。

スキンケアカウンセラーの資格の特徴

スキンケアカウンセラーの資格はどのような特徴があるでしょうか。

スキンケアのスペシャリストとして、幅広い知識と判断力でお客様に納得してもらえるサポート力を有する人材です。

スキンケアは高級な化粧品を購入して使用すればいいという、単純なことではありません。

同じ化粧品が、ある人にとっては効果的でも、別の人には肌荒れの原因になってしまうケースもあります。

そのようなケースに対応するためには、個人の肌の状態に合わせた化粧品の選び方が重要になります。

化粧品やスキンケア、医学などのいろいろな知識を持っていなければなりません。

どんな業務に活用できる?

困るビジネスウーマン

スキンケアカウンセラーの資格を持っていると、どのような業務に転職しやすいでしょうか。

美容クリニックや化粧品販売店など、スキンケアに関する仕事なら、どこでも対応できるでしょう。

ただ、注意しておかなければならないのは、資格を持っているだけで特別待遇を受けられるわけではないことです。

お客様を相手にする仕事ですから、話し方や商品の説明、使用後のサポートなど、職場での仕事はかなり幅広くなります。

スキンケアのことだけをアドバイスするのではなく、お客様の悩みを聞いて、解決方法を提案できる営業力も求められます。

特に美容クリニックを訪れるお客様は自分の肌を改善したいと願っていますから、その期待に応えなければなりません。

資格を持つことで、仕事の幅が広がり転職先の選択肢が増えると考えましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

美容カウンセラーに役立つ資格「日本化粧品検定」

化粧品と女性

日本化粧品検定という資格を紹介しましょう。文部科学省の推奨となっていますが、検定試験を実施するのは別の団体です。

検定試験では化粧品や皮膚の医学的な知識、スキンケアの方法などが選択問題として出題されます。

転職希望者だけではなく、学生のうちから検定試験を受ける人も少なくありません。

日本化粧品検定の資格の特徴

パソコン作業をする女性

日本化粧品検定に対する信頼度は高いとみられますが、それだけで転職に有利と考えてはいけません。

検定合格者の大半はスキンケアカウンセラーなどの仕事を希望しており、化粧品業界では持っていて当たり前のレベルでしょう。

どんな業務に活用できる?

日本化粧品検定では化粧品やスキンケアに関する知識を習得していると評価されています。

ただ、その知識を活用してもオールマイティに仕事ができるわけでありません。

スキンケアカウンセラーとしての仕事のごく一部にすぎません。

ただ、自分がスキンケアについてスキルアップを図っているとアピールすることはできます。

具体的な業務よりも、転職での評価アップと考えてください。

現場で働くスキンケアカウンセラーは、美容クリニックでの仕事をすべて理解しておかなければなりません。

化粧品販売店や化粧品売り場で働く女性が、どのような業務をしているかを想像してみるといいでしょう。

スタッフがたくさんいて、分業作業となっているわけではなく、少人数で店内を切り盛りしています。

化粧品販売から、お客様のカウンセリング、悩み相談など柔軟に対応する能力が求められます。

また、カウンセリングのスキルとして聞き上手であることが重要といわれます。

ストレスが皮膚の状態につながりますから、化粧品を適切に選ぶことと同じようにカウンセリングのスキルがなければなりません。

 

ワンポイント
 スキンケアマイスターはスキルアップになる。

美容カウンセラーに役立つ資格「スキンケアマイスター」

スキンケア

スキンケアマイスターも美容カウンセラーに役立つ資格であり、日本コスメティック協会が実施している検定試験です。

化粧品などのグッズの知識だけではなく、スキンケア、サプリメント、美容医療などの幅広い分野の知識が出題されます。

この資格を持っているだけで転職できるわけではありませんが、基本的な知識を持っておくことは重要です。

スキンケアマイスターの資格の特徴

パソコン、女性

スキンケアマイスターの資格はWeb試験で行われており、誰でも気軽にチャレンジすることができます。

合格判定も即座に行われます。事前にテキストなどで勉強しておく必要があります。

もちろん、何度でも試験を受けることができます。

どんな業務に活用できる?

スキンケアマイスターは、スキンケアを始めとする化粧品に関する知識が必要となります。

ただ、検定合格は問題を解くだけですから、しっかりと勉強して知識を頭に入れておけば合格します。

そのため、スキンケアマイスターの資格だけでは転職時のアピールは弱いと考えなければなりません。

 

ワンポイント
 コミュニケーションのスキルや営業経験が役に立つ。

役に立つスキル・経験は?

会議、女性

美容カウンセラーに役立つスキルや経験はどのようなことでしょうか。そのためには実際の仕事内容を知ることが重要です。

美容クリニックなどの仕事はたくさんあります。すべての仕事が美容カウンセラーの仕事といっていいでしょう。

まずはお客様の悩みを聞くカウンセリングから始まり、肌の状態や体調などを確認します。

実際に化粧品を提案するまでに、お客様の信頼を得るように努めなければなりません。

具体的なスキルを考えてみましょう。

コミュニケーション能力

カウンセリングを行う場合にはコミュニケーション能力が高くなければなりません。

お客様は自分の肌の状態を正しく把握しているとは限りませんし、悩みやストレスが肌荒れにつながっているケースもあります。

別の病気や服用している薬の影響も無視できません。コミュニケーション能力が高い人は、上手に情報を引き出すことができます。

語学力

美容カウンセラーには語学力も必要です。

もちろん、英語を話す必要はありませんが、化粧品などのスキンケアを説明する場合にはカタカナ言葉がたくさん出てきます。

それらをわかりやすい言葉に置き換えられる人が、美容カウンセラーとしての能力も高いといえるでしょう。

単なる知識として頭に入れるのではなく、それを自分の言葉としてお客様に提供することが重要です。

エステ・美容関係の経験

現職がエステ・美容関係であれば、スキンケアカウンセラーとしての能力は十分持っていると評価されます。

転職には有利でしょう。資格を持っていることよりも経験が重要な役割を果たすことを業界関係者は知っているからです。

もちろん、その経験を活かした接客やアドバイスができなければなりません。

現職で自分が学んできた経験をどう活用するかは自分次第でしょう。

営業の経験

お客様に化粧品をすすめる場合には、ある程度のセールストークが求められます。

つまり、営業力です。化粧品の知識と経験に裏打ちされた営業活動であれば、お客様の信頼を得ることができます。

逆に中途半端な知識だけで強引な営業をしていると、お客様はすぐに離れていくことでしょう。

 

ワンポイント
 資格取得のメリットを有効活用する。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

美容カウンセラーの資格取得のメリット

ファイル、女性

美容カウンセラーの資格取得にはどのようなメリットがあるでしょうか。

絶対に必要な資格ではありませんが、客観的なスキルを示すことができます。

スキンケアの知識を持っていると説明しても、お客様の信頼を得ることはできません。示した資格で知識があると評価されます。

もちろん、資格だけで美容カウンセラーの仕事ができるわけではないことを認識しておきましょう。

効率よく仕事をすすめられる

美容カウンセラーの資格を持っていると、基本的な知識はすでに頭に入っています。

肌の状態に応じて、どのような化粧品やサプリメントが効果的なのかを判断する能力があるといえるでしょう。

そのスキルを活用することで、仕事を無駄なくスムーズにすすめられます。

対応したお客様だけではなく、職場内での評価も高まると期待できます。

スキルアップができる

資格を取得することは、美容カウンセラーの仕事に対して真剣に取り組んでいる姿を示すことです。

これまで知らなかった知識を身に付けた証が資格と考えてください。

自分がスキルアップしたいなら、積極的にいろいろな資格にチャレンジしましょう。

転職に有利になる

資格を持つことは転職でも有利になります。

資格は履歴書に書きますから、面接時に言葉で説明する前に書類審査で好印象を与えることができます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

資格を活かして美容カウンセラーに転職しよう

エステを受ける女性

どのような資格でも持っているだけではだめです。転職に有利になるように資格を活用しなければなりません。

履歴書に書くことは当然ですが、その資格でどのような知識を得られたのかを説明できるようにしましょう。

試験問題は幅広い分野になっています。資格取得をきっかけとして、もっと勉強したいという気持ちを高めてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話対応をする女性

美容カウンセラーへの転職をしたいと思っても、どの資格をどうやって取ればいいのかわからないかもしれません。

そのような時には転職エージェントに相談してみましょう。

悩んでも解決策を見出すことは難しいですが、転職エージェントには経験豊富なスタッフが適切にサポートしてくれます。

適切なアドバイスを受けて、自分の希望先への転職を実現させてください。

相談することで、これまで気づかなかった自分の長所を見出すことができます。

美容カウンセラーへの漠然としたあこがれだけの人もいるでしょう。

そのような人は、具体的にどのようなスキルを持っていなければならないのかも教えてもらうといいでしょう。

転職エージェントに相談することで、これまで気づかなかったことが見えてきます。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

指を指す女性

美容カウンセラーへの転職を目指している人は、資格を取得しておくことで有利になることは間違いありません。

ただ、それぞれの資格にどのようなメリットがあるのかを把握しておくことが大切です。

女性のあこがれともいえる化粧品業界で働くためには知識だけではなく、様々なスキルが求められます。

資格取得はその一つにすぎません。

資格を持っていることで自分のスキルを具体的にアピールできますから、何歳でも遅くありません。

チャレンジしてみてください。資格取得を目指すことでやる気が高まると多くの人が実感しています。

資格取得の勉強を通じて、美容カウンセラーの仕事が誰かを幸せにできるとわかってきます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら