人材コーディネーターとは人材派遣や人材紹介を行う会社で企業とスタッフ橋渡しをする仕事です。

企業とスタッフのマッチングやスタッフが就業した後のフォローを主に担当します。

気配り力や対人コミュニケーション力が必要とされ、女性にも合う仕事といえるのではないでしょうか。

この記事では人材コーディネーターの仕事内容や必要なスキル、やりがいや年収までしっかり解説します。

人材コーディネーターの仕事内容

会議 女性
人材コーディネーターは人を必要とする企業と仕事を必要とするスタッフ架け橋です。

企業とスタッフにはそれぞれ働き方や業務内容などの要望があります。

まず様々なスキルや経験を持つスタッフに登録を促し、仕事を紹介フォローするのが主な仕事です。

人材コーディネーターの具体的な業務内容を見ていきましょう。

派遣スタッフ登録面談業務

登録を希望する人と面談を行う業務です。

派遣会社では、基本的に企業からの求人案件を獲得するだけでは企業からの報酬が発生しません。

登録しているスタッフは実際に就業していることが条件です。

求人案件は契約期間や必要なスキルも様々な条件のものがあります。

条件がマッチする登録済みのスタッフが就業中のこともあるため新しいスタッフの登録が必要です。

ただし単にスタッフの人数を確保すればいいわけではありませんし、スタッフ側にも希望条件があります。

登録時に面談を行い、保有スキルや適性などを確認するのは、人材コーディネーターの大切な業務です。

またこの面談では登録を希望するスタッフの勤務条件の希望などもヒアリングを行います。

マッチング業務

握手 女性
企業からの求人案件にマッチしているスタッフ候補者を挙げる業務です。

案件によっては、急ぎの場合もあるのでスピード感が重要になる業務といえます。

登録スタッフがうまくマッチングすればスムーズな就業に繋がるため、売上に直結する大切な業務です。

スタッフフォロー業務

実際にスタッフが就業を開始した後にフォローをする業務です。

フォロー担当者を別途置く場合もありますが、人材コーディネーターが担当するケースもよくあります。

定期的にスタッフの派遣先を訪問し面談を行う営業担当連携してフォローを行うことが多いでしょう。

スタッフが長期的に就業していることは派遣会社の売上に繋がるため、企業との信頼関係も強まります。

そのためスタッフの就業後のフォローも登録面談やマッチングとあわせて大切な業務といえるのです。

派遣スタッフ登録面談業務の内容

ヒアリング
登録面談業務は、企業が必要とする人材を派遣するためのスタートともいえます。

人材コーディネーターはこの業務について、具体的にどのような事を行っているのでしょうか。

予約受付業務

ホームページや電話で登録面談の予約の受け付け、あるいは基本情報をシステムに入力する業務です。

氏名や住所のほか職歴や資格などの簡単なヒアリングは、この段階で行っています。

派遣登録面談業務

面談で詳しい職歴や資格スキルなどをしっかりとヒアリングします。

マッチングにあたっては、具体的にどのような仕事の経験があるのかが非常に重要です。

そのため働く姿がイメージできるようなレベルまで、人材コーディネーターが仕上げていきます。

また面談の際はあわせてスキルチェックも行うことがほとんどです。

パソコンスキルや適性テスト等を実施して、本人への説明やシステムへの結果入力を行います。

お仕事紹介業務

ビジネス
就業を希望する特定の案件があれば、その仕事の詳細を伝えることもコーディネーターの業務です。

希望する案件がなければヒアリングしたうえで、合いそうな仕事をいくつか紹介することになります。

データベースへ登録情報の入力業務

面談終了後に、ヒアリングした職歴の詳細やマッチングに役立ちそうな追加情報入力します。

別の担当者が情報を見て判断することもあるため、具体的にわかりやすく記載するのがポイントです。

 

ワンポイント
登録面談ではリラックスした雰囲気で職歴やスキルを詳しくヒアリングします。

マッチング業務の内容

ファイル 悩む
派遣会社の売上が発生するスタートラインともいえるのがマッチング業務です。

さっそく業務内容を詳しく見ていきましょう。

求人内容の確認業務

社内で共有されている求人案件の中からマッチしそうな案件をピックアップします。

事前にコーディネーターが求人内容チェックし、不明点があれば担当部署へ確認しておく業務です。

登録スタッフへお仕事の紹介業務

一般的に求人内容に合いそうな複数の登録スタッフに電話をかけてお仕事を紹介します。

登録スタッフからの質問などに対応し、この案件への就業を希望するかどうかを確認する業務です。

スキルシート作成業務

スキル パソコン

営業担当者とコーディネーターが打ち合わせを行い、候補となるスタッフの中から1名に絞ります。

企業に紹介するスタッフが決定したら、スキルシートの作成にとりかかる業務です。

スキルシートとはスタッフの職歴などをまとめた書類で、企業側に提示するために使用します。

職場見学事前対策業務

派遣の場合は法律で禁止されているため、派遣先での面接などは行われません。

ただし必要に応じて、事前に職場見学顔合わせは行われることがあります。

スムーズに職場見学などに臨めるように、事前にスタッフの方と練習やアドバイスも担当する業務です。

 

ワンポイント
求人案件とスタッフの希望をしっかり確認してマッチングすることが大切です。

スタッフフォロー業務の内容

電話 仕事
就業後のスタッフのフォローをしっかり行うことは、安定的な長期就業に繋がり非常に大切です。

人材コーディネーターが、どのようなフォローを行うのか順にご紹介していきます。

電話フォロー業務

定期的な職場への訪問や対面でのフォローは営業担当者が行うことが多いです。

そのため人材コーディネーターは基本的には電話で悩みや困っていることがないかフォローします。

メールフォロー業務

派遣先の規則や勤務時間の都合で電話の連絡が難しい場合も実はしばしばあるのです。

そのような場合には、メールでフォローを行います。

来社フォロー業務

スタッフから希望があった場合や相談内容によっては、来社してもらうほうがスムーズです。

ケースバイケースで、電話やメール以外にも来社して対面でのフォローを行うこともあります。

 

ワンポイント
安定した就業のサポートにはアフターフォローも大切な業務です。

人材コーディネーターに必要な資格とスキルは

時間 勉強
人材コーディネーターとなるために必須となる資格はありません。

未経験から人材コーディネーターの仕事をスタートする人が多い傾向です。

国家資格の「キャリアコンサルタント」があれば知識があることの証明にはなります。

資格を持っていることで転職に非常に有利という訳ではないものの一定の評価を得ることは可能です。

資格よりもそれまでの経験が重視されるため、資格がなくても活躍する人はたくさんいます。

また人材コーディネーターに求められる主なスキルとは以下のようなものです。

  • コミュニケーション力
  • 交渉力
  • ストレス耐性

人材コーディネーターのメイン業務は仕事を探している方との面談になります。

まずはこれまでどのような職歴やスキルを身に付けているか確認が必要です。

あわせてどのような条件で仕事を探しているかを詳しく聞いていきます。

その際は相手が話しやすい雰囲気を作り、本音を引き出せるような力が求められるのです。

また人材コーディネーターは仕事を探している人だけではなく企業の要望も考慮しなければなりません。

企業とスタッフの両者が納得できるように交渉して、マッチングしていく力も求められるでしょう。

さらに人材コーディネーターという仕事は思うように交渉やマッチングが進まないこともあります。

そのような時には強くストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

意識して気持ちを切り替えて、うまくストレスと付き合うような努力も必要とされます。

人材コーディネーターになる方法

オフィス 女性
人材コーディネーターは人材サービス会社に勤務していることがほとんどです。

資格は必要でなく未経験でも積極的に採用する企業もあるため、比較的応募しやすい職種といえます。

面談など人と深く接する機会が多い仕事となるため、そうした職務経験があれば役立つかもしれません。

上でご紹介したような交渉力コミュニケーション力といったスキルをアピールすることも有効です。

ただし募集はたくさんありますが、大手企業で正社員の求人となると競争率は高くなります。

正社員登用制度がある企業に応募し、契約社員などから正社員を目指すというのもひとつの方法です。

なお新卒や第二新卒などの場合は、営業などから異動によって人材コーディネーターになる道もあります。

人材コーディネーターの仕事を知り、役立つスキルをアピールすればチャンスは豊富だといえるでしょう。

人材コーディネーターの年収は?

お金 計算
企業規模などにもよりますが、人材コーディネーターの年収相場は300万円~500万円といわれています。

一般的には、同じ派遣会社の営業に比べると給与水準はやや低めに設定されていることが多いようです。

キャリアコンサルティングの関連資格を持っていると優遇されたり手当てが付く可能性もあります。

またはひとつの企業で継続して働いて役職がつくようになれば給与のアップも期待できるでしょう。

また事務系の派遣以外に医療系など特定の職種に特化した人材サービス企業も存在します。

高い専門性が求められる業界で知識や経験を積み、転職により給与アップを狙うことも可能です。

人材コーディネーターの仕事のやりがい

ガッツポーズ
人材コーディネーターという仕事のやりがいはスタッフと人を必要とする企業架け橋になれることです

スタッフごとに「○○の仕事がしたい」「短時間勤務で働きたい」など様々な要望があります。

同時に企業にも「○○の業務ができる人がほしい」などの要望があるのです。

コーディネーターとして双方が納得できるマッチングをするのは簡単ではありません。

だからこそマッチングがうまくいった時には大きな達成感が味わえるでしょう。

人と深く関わるため思い通りに進まないことも当然ながらあります。

また担当したスタッフがイキイキと働く姿を長期的に見守れる点もやりがいを感じるポイントです。

さらに人材コーディネーターとして面談等でのコミュニケーションや企業との交渉を多く経験します。

このような経験を通じて、自分自身のコミュニケーション力や交渉力の成長も実感しやすいでしょう。

 

ワンポイント
スタッフの仕事探しに直接役立ち、働く姿を見守れる事が大きなやりがいです。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オフィス 指さし
「転職エージェントは転職すると決めた後に使うもの」と思っていませんか?

転職するかどうか迷っている段階でも気になる職種などがある際は、転職エージェントに相談しましょう。

人材サービス業界も含め業界事情に詳しいキャリアアドバイザーのカウンセリングが無料で受けられます。

自分で仕事内容などを調べたけれど向いているか不安を感じる時にも客観的なアドバイスが可能です。

また転職エージェントでは非公開求人も扱っています。

転職サイトの検索だけでは出会うことができない優良求人に応募することも可能なのです。

転職活動スタート後の応募書類添削や面接対策も徹底的にサポートします。

転職活動は身近な人には相談しにくいと感じることもよくあるのではないでしょうか。

豊富な知識とノウハウを持つプロのサポートがあると心強いです。

また転職活動は現在の仕事と両立して進める必要がありますので効率よく行うことも大切になります。

気軽に相談することから第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

デスク 大理石
人材コーディネーターの主な仕事内容や必要なスキル、やりがいや年収まで解説してきました。

コーディネーターは主に派遣会社等の人材サービス会社で企業とスタッフの架け橋になります。

具体的には登録を希望するスタッフの面談やマッチング、就業後のフォローが担当業務です。

人と深く接するためコミュニケーション力交渉力のほかストレスへの強さも求められます。

スタッフの仕事探しに直接役に立ち、イキイキと働くこと支援できる事が大きなやりがいです。

少しでも興味があれば仕事内容や企業ごとの仕事の流れを知り自分に向いているかを考えてみてください。

転職活動においては、自分では予想もしていなかった企業との出会いが天職ということもあります。

プロのサポートも気軽に利用しながら効率良く転職活動を進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら