実績をアピールすることは、転職活動において非常に重要です。

そして自分を最大限にアピールする絶好のチャンスでもあります。

実績が少ない方でもアピールの仕方次第で、企業に対して良い印象を与えることは可能です。

今回はどのように自分をアピールしていったら良いのかを詳しく解説していきます。

Contents

女性が転職時に実績をアピールする方法を解説

考え事をする女性

実績をアピールする時には実際に自分に何ができ、どのように企業に貢献できるのかをはっきり伝えることが大切です。

自分の今までの経験スキル・成果などを簡潔かつ正確に伝えられるようにしましょう。

面接は緊張してしまいがちな場面です。

しかし事前にしっかりと準備をしておけば自分を最大限にアピールすることができます。

専門的なスキルだけではなく、コミュニケーション能力語学力も企業が重要視するポイントの1つです。

また今ではリモートでの面接も多く、自宅でも簡単に面接が行える時代になりました。

事前にどのような質問されるのかを考えておくことで焦らずに挑めるでしょう。

今回は自己PRを上手く伝えられなかったり実績が少なかったりする人でも効果的に自分の強みを伝えられる方法を解説していきます。

実績をアピールする上で意識すべきポイントは?

面談をする女性

実績をアピールする際には自己分析をすることが大切です。

自己分析は自分にとってどのような経験をしてきたのか、どんなスキルを持っているのかを見返すチャンスでもあります。

企業が経験やスキルを重要視するのは、それらが企業にとってメリットがあるものか、業務を全うする能力があるのかを知るためです。

自分のこれまでの経験や習得してきたスキルによって企業にどれだけ貢献できるのかをアピールすることがポイントです。

企業がどういった人材を求めているのかを意識しながらアピールすることが大切だといえます。

企業にとってメリットがあると思わせるのが重要

ビジネスウーマン

自己PRする際には企業のニーズに合ったアピールポイントを考えながら表現していくことが大切です。

例えば、応募する企業が重視している場合は協調性やコミュニケーションも効果的にアピールしていく必要があります。

また責任感の強さをアピールすることで良い評価を得られるでしょう。

スキルがどれだけあっても、業務遂行能力が高くなければ会社への貢献度は低くなると人事担当者は考えます。

ここでは企業にメリットがあると思ってもらう方法を解説していきましょう。

仕事に対する工夫や努力をしてきたか伝えよう

効率が良い仕事をするには優先順位を決めて仕事をしていくことが大切ですが、そう簡単に行かないのが仕事の難しいところでしょう。

しかしそうした工夫や努力というのは転職活動において大きく評価されます。

効率良い仕事に向けて工夫するなら、まずは目標決定タスク管理などの徹底を心がけることが大切です。

小さな目標と大きな目標を設定すると自分のモチベーションを保ちながらタスク管理も習慣づけられるでしょう。

多くの企業が求めている工夫や努力というのは人によって違いはあります。

しかしほとんどの場合は自分でも聞いたりやったりしたことがあるためインパクトに欠けます。

面接官には斬新なアイデアや印象が残る実績や功績をあげればインパクトを与えられるでしょう。

また、その際企業が求めている人物像を考えながら話すと自社にマッチした人材だと思ってもらえるはずです。

どのような実績をあげたのか具体的に伝えよう

笑顔

実績で重要なのは営業成績や達成率だけではありません。

今までの業務のデータを用いれば、その数字を使って課題や成果指標を達成してきたことを分かりやすく述べられます。

業務によって課題や目標は異なりますが、今まで努力してきた成果や自分の活躍を伝えることが大切です。

そうすれば自分の強みを活かしながら次の会社でどのように貢献したいのかをアピールでき、熱意も伝わります。

協調性や行動力についても、業務を通してどのように変化したのか分かりやすく伝え、印象的な自己PRを心がけましょう。

企業は性格・考え方・価値観なども、能力と同じくらい重要視しています。

そのため自身の内面についても自己PRに盛り込んでいくと良いでしょう。

 

ワンポイント
・仕事の工夫や努力は転職で評価される
・実績をあげた際の具体的なデータを提示すると分かりやすくなる

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

どんな実績を書けばいいの?

オフィス 指さし

実績を書く際には応募先の求める人物像に合致した実績を書くようにしましょう。

応募した職種やその企業の価値観に沿った実績を強調することが大切です。

そのためには企業研究を念入りに行い、どういった実績をアピールするのが効果的なのかを明確にする必要があります。

また、実績を選考書類に書く際にはその書き方にも注意が必要です。

長文で伝わりにくくならないように注意しながら記載するようにしましょう。

要点を箇条書きやテーマに区切りつつ3行程度にまとめれば伝わりやすくなります。

採用担当者が見やすく読みやすい形に仕上げることを心がけると高評価に繋がるでしょう。

また、文字の書き方に関しては誤字脱字がないか、綺麗に書けているかなどに注意して提出することが大切です。

書類選考ではビジネスマナーや国語能力が十分であるかもチェックされます。

選考書類を書く際には文字の書き方・見やすさ・分かりやすさなどを意識し、説得力のある履歴書・職務経歴書に仕上げていきましょう。

実績をアピールする自己PRを伝える時のポイント

ポイント

実績をアピールする自己PRは採用に大きく影響するため最大のチャンスであるといえます。

そのため、伝わりやすいように結論から話すことを心がけるようにしましょう。

どんな質問をされても良いように自己PRを伝える際に考えるべきポイントをまとめました。

結論から話そう

面接官に自分の実績をアピールする際には結論から述べるようにしましょう。

結論から述べることで自身の強みが伝わりやすくなり、実績の裏付けやアピールポイントが明確になるからです。

実績の詳細から話しても結果的にどうなったのかが伝わりにくくなってしまうのです。

企業側は求人を出したことで多くの応募者を選考しなければなりません。

印象に残らなかったり悪い印象を受けたりするとその時点で選考から弾かれる可能性もあるため注意しましょう。

実績を裏付けるエピソードを伝える

やる気を見せる女性

結論を述べる際に重要なのは実績を裏付けるインパクトあるエピソードを伝えることです。

転職の場合、前職に対しての質問が必ずといっていいほどあります。

そのため実績があればあるほど話しやすくなります。

しかしながら話が長ければ良いというわけではありません。

結果的にどうなったのかという部分への関心が薄れてしまいますので適度な長さにまとめて話せるように事前に対策を行っておきましょう。

また、実績をアピールする際にはしっかりと裏付けをすることが大切です。

実際に経験したエピソードだけでなく、営業職や事務などを行ってきた方は数字や達成率を持ち出すことで更に伝わりやすくなります。

 

ワンポイント
・結論から話すと伝わりやすくなる
・実績を示す具体的なエピソードを盛り込むと良い

実績が少ない時の対処法

準備

業務経験が浅く実績が少ない場合でも、仕事を通じて考えたり工夫したりしてきたことをアピールできます。

企業は仕事で何を経験してきたかだけでなくあなた自身がどのように仕事を行ってきたかも知りたいと考えているのです。

もし実績が少ないという場合でも業務で何を工夫したのか、何故それをしようと思ったのかということを伝えるようにしましょう。

そうすればあなたの強みをアピールできます。

実績がない・少ない場合

実績がない又は少ない場合には、自分で業務を行う中で得た学びや身についたことをアピールしましょう。

例えば会社の業績が悪かったため実績があげられないという方は、その中でも自身が評価された経験をアピールするようにします。

自身の頑張りが顧客から評価されたなどの具体的なエピソードを書くと効果的です。

実績がなくても前向きな表現をしてみると印象も変わるでしょう。

ルーティンワークで実績を提示しにくい場合

メモ

ルーティンワークが主な業務であった場合でも作業をする上でやり方や時間配分などは人それぞれ違うものです。

単純作業だからこそ実績を提示しにくいと思われている方も少なくありません。

しかし同じやり方であっても仕事の効率を上げるための努力やモチベーションの保ち方などを話すことができます。

自分が今までルーティンワークでどのように作業をしてきたのかを話しましょう。

他にも仕事の効率化を目指した結果、業務がどう変化したのかを話すと面接官に良い印象を与えることができます。

正社員の経験がない場合

アルバイトや派遣などを多く経験してきた場合でも、実績がない訳ではありません。

例えばコンビニであれば、レジ打ちや接客などの仕事内容や業務での努力などを話すことができます。

業務委託などの派遣やアルバイトで明確な結果を残していれば成果主義の企業で採用してもらえるかもしれません。

未経験の場合でも入社できる可能性は十分にあります。

また、正社員の経験がないのであれば、どうして正社員の経験がないのか説明しなければいけません。

高校や大学を卒業した後に何故就職しなかったのかを説明する必要があります。

予めどのような事情だったのかを整理しておくようにしましょう。

 

ワンポイント
実績がない・少ない場合でも自身の努力や工夫を伝えることで好印象を与えられます。

職種別の実績自己PR例

会話

次は職種別の実績自己PR例をご紹介していきます。

営業職

前職では、化粧品メーカーでの営業職を6年経験しました。

最初の1年間は成果を出すことができず悩んでいましたが、上司との面談や商談の同席を経て売り上げを20%伸ばせたのです。

直近2年間では後輩に指導してきました。

先輩にしてもらったように自分も同席し後輩が売り上げや商品の細かな納期などを顧客に相談できるようサポートしてきた次第です。

事務職

前職では引越し業者の事務職を4年間経験しました。

パソコンが得意で経理業務はスムーズに行えていたように思います。

しかし電話での対応が苦手でお客様への対応に関してうまくできず、悩んでおりました。

そこで解決策として自作の電話応対マニュアルを作り、それを見ながら電話をするようにしました。

すると、自然に話せるようになったのです。

結果的にその電話応対マニュアルが正式に会社に認められ、今では会社全体で使用されるマニュアルとなっております。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

成果や実績別の自己PR例

笑顔で上を向く女性

次は成果や実績別に自己PR例をご紹介していきます。

自らの工夫であげた成果

前職では自社商材の営業だけではなくサービスの拡大を視野に入れ、業務を行ってまいりました。

顧客の導入済みツールを活用し粘り強く提案を繰り返し、競合他社との差別化と顧客のニーズに合わせた計画の調整に取り組んだ次第です。

その結果、受注率の高い営業活動ができました。

売り上げの実積

前職では電話営業だけでなく訪問営業も行いました。

新規契約できた顧客をリスト化して直接訪問しながら顧客のニーズに合わせた提案を行いました。

その結果売り上げだけでなく顧客からの信頼も得ることができ、売り上げの前年度比20%アップに貢献できたのです。

これにより、これからも顧客からの信頼や売り上げの向上に尽力していこうとモチベーションが上がりました。

顧客

顧客に寄り添い、どのような悩みがあるのか、どのように困っているのかを中心に本質的な課題を解決できるように努力しました。

常に情報収集し顧客の成果に貢献しつつ改善を行い、顧客のニーズに最適なプランを提案できるようになったのです。

その後の経過相談を行いながら社内でも評価を頂き、新規契約の受注を前年度よりも30%アップさせることに成功しました。

実績や正社員経験がなくても実績にできるアピールポイントを探そう

ポイント

実績がないと考えている方でもアピールできるポイントは必ず見つかります。

そのためには今までの自分の経験や習得してきたスキルを振り返ることが大切です。

自己分析を徹底的に行えば、自分の強みを明確にできます。

その強みから今までの経験をどのような形で実績としてアピールできるかを考えていきましょう。

正社員経験がない方であってもアルバイト経験や学生時代の経験などから自分のアピールポイントをしっかりと考えましょう。

企業はあなたの成果だけでなく、内面も知りたいと思っています。

どのようなところが自分の長所なのかを考え、具体的に伝えられるようにしていきましょう。

 

ワンポイント
自己分析を行うことで実績としてアピールできるポイントを見つけられます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性

転職活動の中で悩みを抱えている方には転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントでは非公開求人の提供も行っています。

また、面接対策選考書類の作成も行ってくれるため、転職に悩んでいるなら転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

自分だけでは転職対策にも限界があります。

転職のプロフェッショナルである転職エージェントはあなたを様々な方面からサポートしてくれることでしょう。

転職をスムーズに進めていくためにも転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

まとめ

転職

自己PRでは自分の強みをしっかりと把握しつつ、企業に自分の熱意を伝えることが大切です。

実績がないと考えている方でもこれまでの経験を振り返れば必ず見つけられます。

自分のアピールポイントを明確にするには転職準備が必要不可欠です。

もし転職活動を自分だけでやっていくのは心細いという方は転職エージェントを活用してみましょう。

様々なサポートやアドバイスを行ってくれるため、安心して転職活動を行っていけるはずです。

この機会に是非転職エージェントの利用を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら