転職活動をする中で面接という関門は避けて通れません。

しかし、交通機関の遅延や体調不良、道に迷うなどの理由で大事な転職面接に遅刻してしまう場合もあります。

今回は、そんな面接に遅刻する場合の対処方法を詳しく解説していきます。

Contents

面接に遅刻する場合の対処法を解説

駅のホームで時計を見る女性

転職活動において、面接は合否を左右する大切な局面といえます。

社会人のマナーとして、面接会場には開始予定時刻の10分前には到着しておきたいところです。

しかし、時には天候の影響で交通機関が遅延したり、体調不良や現職の事情で遅刻することもあります。

そんな時は一体どうしたら良いのでしょうか。

一番やってはいけないのが、何も連絡しないことです。

やむを得ない理由で面接に遅刻したとしても、謝罪の連絡をしないままでは無断遅刻になってしまいます。

また、間に合わないからといって連絡をせず面接を欠席することも社会人としてのマナーに反します。

企業側も面接のために様々な業務を調整し時間を作ってくれているので、絶対に無断欠席はしないようにしましょう。

大切なのは、状況にあわせて臨機応変かつ冷静に対応することです。

面接には遅刻しないことが基本ですが、遅刻をしたからといって必ず不採用になることはありません。

遅刻することがわかった時点で速やかに連絡すること、これが遅刻する時にとるべき行動です。

遅刻しそうなことが分かった時にまず連絡しよう

スマホで電話しながら困る女性

遅刻することが判明した時、もしくは遅刻しそうな時は速やかに応募先企業へ連絡を入れましょう。

ただし、電話に出た社員に伝えれば良いというものではありません。

実際に面接を執り行う企業の採用担当者へ取り次ぎを頼み、直接伝えるようにします。

その際に必ず伝えておきたいポイントを説明します。

確実に到着できる時間をつたえること

まず連絡する際に伝えておかなければならないのが、いつ到着できるかです。

現在の状況から計算し、確実に応募先企業へ到着できる時間を伝えましょう。

ここで計算を怠ると、再度の遅刻となってしまうので注意が必要です。

印象をよくしようと早めの時間やぎりぎりの時間を伝えることはNG行為です。

余裕を持った時間を伝えたうえで、その時間より早めに到着できるように急ぎましょう。

メールと電話のどちらがよいのか

駅のホームでスマホを持つ女性

応募先企業へ連絡を入れる際は手軽なメールと緊張感のある電話、どちらが良いのでしょうか。

これは電話で直接連絡をする方を選びましょう。

メールでは採用担当者が多忙だと確認しないこともあり、無断欠席や無断遅刻扱いになる可能性もあります。

また、文面で伝えるよりも直接声で謝罪を伝えた方が採用担当者の印象も良くなります。

もし電話が出来ない電車内などにいる場合は、取り急ぎメールをした後に電車を降りてから電話で連絡しましょう。

その際、現在電車内で電話が出来ないためのメールである一文を添えると、採用担当者も納得してくれます。

ぎりぎりになりそうな時も連絡する

面接時間に間に合うか間に合わないかの瀬戸際で、危険な賭けをすることは絶対にやめましょう。

間に合わないかもしれない、という懸念が出た時点ですぐに応募先企業へ連絡を入れます。

その際も、到着予定時刻を余裕をもって見積もることを忘れないようにしてください。

ここで見栄を張って早めに伝えてしまうと、結局遅刻をしてしまう可能性が高くなります。

的確な状況判断力は社会人として持っておきたいスキルのひとつです。

 

ワンポイント
 遅刻しそうな時やぎりぎりに到着しそうな時は、必ず電話で直接応募先企業へ連絡しましょう。

電話連絡する際の重要ポイント

スマホで通話中の女性

遅刻をする時、遅刻をしそうな時は応募先企業の採用担当者へすぐに電話で連絡をする必要があります。

ここでは、電話連絡をする際の重要ポイントを解説します。

遅刻すると分かった時点で電話連絡

たとえ少し早めであっても、遅刻をすることが判明した時点で速やかに電話連絡を入れるようにしましょう。

面接予定時刻を1分でも過ぎれば遅刻となるのです。

目安としては、面接予定時刻の10分前~5分前の間に到着できないことがわかった時点で電話連絡を入れます。

それが面接の1時間前だとしても、遅刻をする可能性が高ければ必ずすぐに電話で連絡をします。

人身事故や天災・悪天候で交通機関がストップしてしまった場合は、いつ再開するかもわかりません。

ここで注意しておきたいのが、企業によっては電話に出るのが事務員で採用担当者ではないケースです。

採用担当者の状況にもよりますが、出来る限り電話を取り次いでもらい、直接遅刻することを伝えましょう。

その際、採用担当者へ伝えておくべきことは、

  • 遅刻する旨
  • 遅刻する理由
  • 到着予定の時刻・もしくは面接日変更の依頼
  • 誠意のある謝罪

となります。

採用担当者は他の業務を調整して面接時間を作ってくれています。

その時間を無駄にしてしまわないよう、早めの連絡と誠意のある謝罪冷静な対処を心がけましょう。

もし転職エージェントを介して面接を設定している場合は、まず転職エージェントへ連絡を入れるようにしてください。

転職エージェントから企業の採用担当者へ連絡をして面接時間や日程の再調整を行います。

到着予定時刻は余裕をもって

時計を見る女性

採用担当者に遅刻の連絡を入れる際は、あわせて到着予定時刻も伝える必要があります。

その際、少しでも印象をよくしようと早めの到着予定時刻を伝えてしまわないよう注意しましょう。

伝えた到着予定時刻に間に合わなければ、再度の遅刻と見なされて余計に印象が悪くなってしまいます。

現状を把握し、応募先企業に到着できそうな時刻を算出してから、そこに10分から15分を加算した時刻を伝えます。

伝えた到着予定時刻よりも早めに到着することを目標としましょう。

面接日の変更をお願いする場合はさらにお詫びをする

人身事故や悪天候、体調不良や家庭・現職の事情により大幅に時間がずれて当日中の面接が難しくなった場合はどうでしょうか。

そういった場合はまず電話連絡をして、採用担当者に指示を仰ぐようにしましょう。

場合によっては面接日の変更をお願いできることもあります。

もし面接日の変更を承諾して貰えたのなら、必ず重ねてお詫びをしましょう。

採用担当者や面接官を担当する社員は面接の為に何度も業務を調整してくれています。

面接日を変更してくれた事へのお礼と共に、時間を何度も調整してもらったことに対して気持ちを込めたお詫びを伝えましょう。

 

ワンポイント
 遅刻の電話連絡は速やかに行い、到着予定時刻は余裕をもって伝えるようにします。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

遅刻した後の面接における注意点

お辞儀する女性

遅刻の連絡をした後に到着した応募先企業で面接をする場合、注意しておきたいことがあります。

それは謝罪の仕方です。

採用担当者や面接官の予定を狂わせてしまったことに対する謝罪を、面接前と面接後の二度にわたって伝えるようにします。

電話で連絡したからといって遅刻が許されるわけではありません。

しっかりとお辞儀をしながら気持ちのこもった謝罪を伝えましょう。

その際のお辞儀は必ず最敬礼の一番深い角度である90度を保つようにします。

お辞儀のマナーとしては先言後礼が基本です。

「この度は面接に遅刻をしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」という言葉を発し、語尾のあたりでお辞儀をします。

謝罪の言葉に「貴重なお時間を割いて頂いたにも関わらず」と相手の状況を慮る一文を入れると更に印象が良くなるでしょう。

謝罪に限らず、お辞儀は社会人としてのマナーの基本です。

面接において、社会人マナーは身だしなみと並んで重視されるポイントのひとつです。

面接での社会人マナーに自信がない時は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントであれば、曖昧になりがちな面接の社会人マナーを基礎から応用まで教えてくれます。

遅刻の対応は社会人としてのトラブル対応能力が問われる

考え事をする女性

面接には遅刻をしないことが基本ですが、やむを得ない事情で遅刻をしてしまうことがあります。

やむを得ない遅刻の対処法は、社会人として予期せぬトラブルに遭遇した際の対応力が問われます。

仕事にトラブルはつきものです。

遅刻の対応はそんなトラブルに対する冷静な判断力が必要となります。

遅刻をしそうな時は焦らずに状況判断をして速やかに応募先企業へ電話連絡を入れましょう。

必ず不合格になるとは限らない

遅刻をしそうな時に「遅刻をしたらもうだめだ」と思い込んで無断遅刻無断欠席をするケースがあります。

これは遅刻への対応として一番やってはいけない対処方法といえます。

覚えておきたいのは、遅刻をしたからといって必ず不合格になるとは限らない、ということです。

遅刻をして不合格になるのは、その対応が社会人としてのマナーに反していた場合がほとんどなのです。

ですから、遅刻をしそうな時も恐れずにまずは連絡を入れることをおすすめします。

やむを得ない事情で遅刻することを採用担当者は責めたりしません。

むしろ、予期しないトラブルに対するあなたの臨機応変な対応力を見ています。

こういった場合にこそ、焦らずに状況判断をする冷静さが必要となります。

誠心誠意の対応をすることで評価を上げる

謝罪をする女性

遅刻をすることがわかった場合に必要なのは、誠心誠意の対応です。

応募先企業へ、遅刻をすることと誠意のある謝罪、そして到着予定時刻の伝達を速やかに行います。

自分の評価ばかりを気にしてぎりぎりに到着するのではなく、先方の事情を考えた行動こそ誠心誠意の対応といえます。

トラブルに見舞われても、誠意のある行動や対応をすることで遅刻でマイナスになった評価を上げることが可能です。

遅刻したら必ず評価が下がることは忘れてはいけない

勘違いしてはいけないのが、誠意のある謝罪や対応をしたからといって遅刻が許されているわけではないということです。

電話をしたから、謝罪をしたから犯したミスを許してもらえるほど社会は甘くありません。

大事なのは、遅刻で必ず評価が下がっていることを念頭に置いて行動することです。

くれぐれも丁重なお詫びの気持ちを忘れることのないよう、気を付けましょう。

 

ワンポイント
 面接に遅刻をしても誠心誠意の対応力を見せることで不合格を免れる可能性があります。

面接に遅刻したときに意識すべきこと

遅刻しそうな女性

もしやむを得ない事情で面接に遅刻してしまった場合は、とにかく誤魔化さないようにすることを意識します。

遅刻の理由や謝罪、そして感謝の気持ちを偽らずに正直に伝えるようにしましょう。

まず、面接の開始時に相手の予定を狂わせてしまったことへの謝罪を最敬礼のお辞儀と共に伝えます。

そして、遅刻の理由を偽りなく正直に話して、再度お辞儀をしましょう。

こういう時に誤魔化そうと嘘を吐くと、後から必ずばれてしまいます。

そうなると、社会的な信用を失ってしまうのはあなたです。

無事に面接が終了したのなら、面接をして貰えたことへ対する感謝の気持ちを伝えます。

更に、遅刻したことへの謝罪をもう一度お辞儀と共に伝えましょう。

こういったトラブルに関するお詫びの対応は咄嗟に出来ない場合もあります。

もし臨機応変に対応できる自信がない時は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントであれば、様々な状況に合わせた面接の対策サポートをしてくれます。

遅刻してしまったパターンの面接対策も行えますので、利用してみることをおすすめします。

遅刻した場合は後で謝罪のメールを送る

ノートパソコンを見ながら謝罪する女性

やむを得ず遅刻をしてから面接を行った場合は、終わった後に必ず採用担当者へ謝罪のメールを送るようにします。

面接後すぐに送る必要はありませんが、面接当日中には送れるようにしましょう。

面接に遅刻したことへの謝罪と、面接を行ってくれたことに対する感謝の気持ちを書いて送ります。

更に、どういった点で応募先企業の魅力を感じたかも添えると評価が上がる可能性が高まります。

転職エージェントを介して設定した面接であれば、謝罪メールに関して転職エージェントに相談することが可能です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

謝罪の例文をご紹介

時計を見て困るビジネスウーマン

万が一、転職面接に遅刻してしまった場合に参考になる謝罪の例文を紹介します。

道に迷ってしまった場合

「現在御社の近くには来ているのですが、地図を確認しても道がわからず、迷ってしまいました。

私の準備不足がこのような事態を招いてしまったこと、深くお詫び申し上げます」

このように、応募先企業までの道に迷ってしまった場合は見栄を張らず正直にその旨を伝えるようにします。

企業までの道のりなどは準備段階で確認しておくべきことであるため、準備不足に対する謝罪を合わせて伝えましょう。

交通機関が遅れた場合

改札に居る女性

「現在電車(バス)で御社へ向かっているのですが、〇〇により▲▲線が遅延しており、到着が遅れてしまいます。

〇時〇分頃には到着できるかと思いますが、本日その時間に面接を受けさせていただくことは可能でしょうか」

電車やバスの遅延は一人の力でどうこうできることではありません。

現在どんな交通手段を使い、なぜ遅刻することになるのか、その要因を伝えるようにします。

もし電車やバスが止まってしまい、到着予定時刻を伝えられない場合はそのこともあわせて連絡しましょう。

電車やバスの遅延には遅延証明書が発行されます。

面接で提示を求められることはないかもしれませんが、いざという時に必要になる可能性もあるので貰っておきましょう。

前の企業の面接が長引いた場合

「〇時に面接のお約束を頂いておりましたが、他社での面接が長引いてしまい、お約束の時間に間に合いそうにありません。

大変申し訳ございません。

〇時〇分頃の到着となるのですが、その時間から本日面接を受けさせていただくことは可能でしょうか」

ここでも理由は誤魔化さず正直に伝えたうえで、謝罪と到着予定時刻を伝えます。

もし夕方や夜間の面接の場合は、当日中の面接が難しくなることもあります。

その場合は「よろしければ別の日に面接をさせていただくことは可能でしょうか」と伺いを立てるようにしましょう。

寝坊してしまった場合

ベッドでスマホをみて驚く女性

「大変お恥ずかしい話なのですが、起床時間が遅くなってしまい、面接時間に間に合いそうにありません。

貴重なお時間を割いていただいているにも関わらず、このような理由で遅刻をすることになり大変申し訳ございません。

〇時〇分頃到着する予定なのですが、その時間にお伺いして本日面接を受けさせていただくことは可能でしょうか」

寝坊とはっきり伝えるのも良いですが、「起床時間が遅くなった」という表現の方が丁寧さがあります。

自己都合で面接に遅刻することへの謝罪をしっかり伝え、到着予定時刻から面接が可能か伺いを立てましょう。

 

ワンポイント
 どのような理由であれ、遅刻をした際は謝罪と共に理由を正直に伝えるようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面談をする女性

面接は転職活動における最大の関門といえます。

書類選考で良い評価を貰っていても、面接で企業と直接顔を合わせると不採用になる人の方が多いのです。

転職面接では身だしなみに加え、社会人としてのマナーを見られています。

身だしなみやマナーひとつで合否が変わるため、実際の面接を想定した面接対策は必須といえます。

面接対策がうまくいっていない場合は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは必要な社会人マナーから、よくある質問に対する回答作成など様々な対策をサポートしてくれます。

面接で不採用になることが多い方にこそ利用して貰いたいのが転職エージェントです。

まとめ

駅に居るビジネスウーマン

転職面接でやむを得ず遅刻する場合は、必ず応募先企業へ電話連絡を入れるようにしましょう。

その際、遅刻の理由と謝罪を誠心誠意伝えることを心がけます。

面接通過率が低くて悩んでいるときは転職エージェントに相談して転職サポートを受けてみることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら