営業職種の中で、ルートセールス(ルート営業)の仕事は、一般的な営業と違って比較的楽な仕事というイメージです。

高いコミュニケーション能力や丁寧な対応がスキルとして要求されることから、女性向きともいわれています。

そこで、ルートセールスが、どのような人に向いているのかについてまとめてみました。

営業職への転職を考えている方の参考になるように、ルートセールスの特徴やメリットなども考察しています。

Contents

ルートセールスに向いている人の特徴は

転職

性格や行動には人それぞれの特徴があります。どのような人がルートセールスに向いているのでしょうか。

ここでは、仕事に向いている人の特徴と、必要とされるスキルにスポットを当てました。

コミュニケーションが苦にならない

頑張る女性たち

最も大事なことは、人とのコミュニケーションが苦にならないことです。

ルートセールスでは、すでに取引のある顧客を訪問して、新しい営業提案をすることが主な業務になります。

顧客の状況や要望を聞いて理解し、こちらの提案を伝えることができるコミュニケーションが大事なのです。

ストレスなく人と触れ合える人や、人の意見をよく聞き自分の考えが伝えられる人は、ルートセールスに向いています。

顧客の立場に寄り添い、ニーズに合わせた提案ができれば、新しい商談も生まれてくるでしょう。

コミュニケーションは一方通行の会話では成り立ちません。お互いの主張を受け止める柔軟性が必要です。

物腰の柔らかい姿勢で対応すれば、相互理解が深まり信頼関係を築くことができます。

コミュニケーションが苦にならない人は、ルートセールスに最も必要なスキルを持ち合わせているのです。

丁寧な人

丁寧な対応ができる人もルートセールスに向いています。

商品などの取り扱いも含め、顧客の要望や意見を丁寧に受け止めて整理しておくことが次の行動につながるのです。

ルートセールスでは、決まった顧客と長いお付き合いを続けることになります。その時々の行動の積み重ねが大事です。

長いお付き合いを続けていると、いろんなことが起こります。

トラブルやミスで重大な損害が生じたときも、丁寧で誠実な対応が解決の糸口になるでしょう。

提案した資料を要求に応じて見直したり、会見のお礼をメールするなどの日々の気づかいも大事です。

古い友人が多い

昔からの古い友人や知人が多いということは、その人には長い間人を惹きつける魅力が備わっているということです。

人としての魅力は営業を続けるうえで大変大きな力を発揮します。

古い友人と長く付き合っていれば、順風満帆な時ばかりではなかったでしょう。

お互いに信頼できているからこそ継続できたのです。

時間をかけて築き上げた信頼関係はなかなか壊れません。

ルートセールスでも、顧客との付き合いは長期間に及びます。

ビジネスライクな関係だけでなく、人としての付き合いができることも重要なスキルなのです。

信頼関係を築くことができる

営業は顧客から信頼を得ることが重要です。

特にルートセールスでは、信頼関係の構築が新しいビジネスにつながる可能性を広げます。

ルートセールスは、すでに取引のある顧客をフォローしながら、業績を伸ばしていきます。

契約を継続させることも、新しい提案を商談に結び付けることも、信頼関係なしではうまくいきません。

「信用できる」と思われるからこそ、正直な気持ちを意見や要望に乗せて打ち明けてくれます。

正直で素直な接し方は、日頃から相手の気持ちを考えて行動することで自然に身に付くスキルです。

イベントなどの企画立案が好き

ルートセールスを続けていると、顧客からイベントの話が持ち上がることがあります。

店舗の一角を使った商品説明会や展示販売会などです。

イベント企画などを計画することが好きであれば、顧客の主催するイベントなどに柔軟に対応できます。

自主的に企画立案して営業活動に変化を持たせることも可能です。

イベントの成功は、達成感を顧客と共有することだけでなく、その後の信頼関係にも影響します。

会話をすることで得るコミュニケーションに加えて、心の一体感も生まれてくるのです。

企画立案のスキルは、商品企画や営業戦略にも生かせます。

自分が立案したアイデアを実現して、商品の性能をアピールすれば、業績に直結しモチベーションも上がるでしょう。

屋外で仕事をすることをためらわない

深呼吸するビジネスウーマン

ルートセールスは基本的に外回りで、決まったルートで顧客訪問し営業活動を実施します。

移動も社用車や自家用車の利用がほとんどです。

社外にいる時間が長いので、外にいることが気にならない人や外出が好きという人は、ルートセールス向きといえます。

ワンポイント
ルートセールスに向いている人は、積極的に良い信頼関係が構築できる人ですね

営業に向いてない人の特徴

営業に向いてないと感じている人も多いでしょう。

営業職のイメージだけで判断しないで、自分の性格や行動が本当に合っているかを考えることが大事です。

ここでは、営業職に向かない3つのタイプを挙げてみました。

コミュニケーションが不得手

人と話をすることや人の話を聞くのが苦手な人は、営業には向いていません。

誰しも初対面の人と話すのは緊張するものですが、緊張しすぎて無口になってしまうと、顧客のニーズを聞き出せなくなります

特に顧客との長い付き合いを必要とするルートセールスなどの職種では、人とのコミュニケーションスキルが重要です。

自分では考えられない

言われたことや与えられた仕事は忠実にこなせても、自分で考えて仕事を開拓することが苦手な人は営業には不向きです。

営業の仕事は、自社の商品価値を顧客に提供し満足して買ってもらって初めて成立します。

そのために、どのように広告宣伝すれば有効で効率が良いかを常に考えることが必要です。

数字や人間関係にストレスを感じる人

数字や人間関係にストレスを感じてしまう人は、営業職には向いていません。

営業の仕事では、いつも数字と向き合います。納期や商品管理、販売計画や市場の実態調査なども数字との戦いです。

むしろ数字が好きな人でないと業務が立ち行かなくなってしまいます。

顧客との話し合いや、納期などの折衝をする場面でも相手は人間です。

相手との関係に悩んで考えすぎるようでは、仕事がうまく進みません。

ルートセールスとはどんな営業方法?

営業職も営業の方法や特徴でさまざまなカテゴリーに分けられます。ルートセールスもそのうちの一つです。

ルートセールスとは、すでに取引のある顧客に出向いて、契約の継続や新規商談を獲得する営業方法です。

具体的には、購入していただいた商品の問題点や改善点をリサーチする他、新しい商品やサービスを提案して業績に繋げます。

あらかじめ決められたルートに従って顧客を回るので、新規に顧客を開拓する必要はありません。

一般的な営業職でイメージされる、体力的に厳しかったり、訪問先で断られて精神的ダメージを受ける職種とは異なります。

ルートセールスでは、顧客との信頼関係が大切です。

頻繁にコミュケーションをとって状況を確認するなど、丁寧な対応が求められます。

すでに両社のパイプができているので、営業未経験の人でも必要とされるスキルを体得すれば、十分やっていける職種です。

ワンポイント
ルートセールスは取引のある顧客との営業。信頼関係を構築して契約を継続したり、新しい提案をしたりします。
こまめなコミュニケーションと丁寧な対応が必要ですが、営業未経験でもこなせる職種ですよ。

ルートセールスは楽なの?

やる気を見せる女性

ルートセールスは、一般的な営業と比べると体力的にも精神的にも楽です。

初対面の顧客に飛び込み営業をかけることも、多岐にわたる顧客との折衝や調整などのわずらわしさもありません。

取引のある顧客との関係を継続するので、対応する窓口もほぼ1人に固定されます。

十分な会話や人となりを見て信頼関係を築くことが可能です。

一方、一度信頼をなくすと大きな市場を失ってしまうリスクもあります。

今までの契約が無くなり、新規提案も受け入れてもらえません。

細やかで丁寧な対応とコミュニケーションで信頼関係を維持する必要があります。

信頼関係を維持する場面では、女性特有の細やかで丁寧な対応と気遣い、高いコミュニケーションが好まれます。

女性向きの職種といっても良いでしょう。

ただし、その裏にはセクシャルハラスメントなどの危険が隣り合わせにあることも、忘れてはいけません。

ワンポイント
ルートセールスは一般的な営業より楽で女性向の仕事ですが、リスクもありますので気をつけましょう。

ルートセールスのメリット

スーツを着た女性
女性向きといわれるルートセールスのメリットを、ピックアップしてみました。

営業する仕手先が決まっている

ルートセールスでは、すでに取引のあるメーカーとビジネス関係になります。

ほとんどが店舗やメーカーなどの法人となるので、個人に営業することはほとんどなく、新規顧客を開拓する必要もありません。

訪問する顧客については、あらかじめアポイントを取ってルートを決めています。

大きく計画が狂うことはありません。

一般営業より成果を上げやすい

初対面で営業をかけることはありません。すでに取引の実績がある顧客が営業の相手です。

日頃の対応で顧客ニーズもわかっているため、新しい提案もスムーズに受け入れられ、成果を上げやすい環境にあります。

一般営業の場合は新規顧客にアポイントを取るところから始めますが、断られることが多く中々営業に持ち込めません。

信頼関係を築きやすい

ルートセールスは、顧客の営業窓口が決まっていて、同じ人とずっと関わっていくことになります。

コミュニケーションも十分に取れ、顧客との付き合いというより、仲間同士のような関係が築けるのです。

信頼関係があれば、新しい提案や新商品などの案件にも繋げやすくなります。

安定した契約の継続はもちろん、新規契約などの成果を上げることが可能です。

営業ノルマの負担が少ない

営業といえばノルマがつきものです。一般的な営業では、新規契約数と売上にノルマが課せられます。

ルートセールスのノルマは、新規提案から得た契約と、すでに取引のある契約の継続の2重構造です。

仮に営業ノルマが課せられても、新規契約のみが対象となり負担が少なくなります。

残業が少ない

顧客が固定され、効率良く業務をこなすことができるため、残業時間を減らすことができます。

ルートも顧客の業務時間を考えて効率よく設定すれば問題ありません。

よほどのトラブルでもない限り、予定外の残業で帰宅時間が遅くなることはなく、仕事とプライベートは両立できます。

精神的に楽

ルートセールスでは、新規に顧客を開拓する必要がありません。

初めてルートを回る時以外は、初対面の人との交渉をすることなく業務に集中できます。

対人関係が苦手でも、一般営業のようにアポイントが取れなかったり、断られたりする可能性がないので安心です。

ノルマについても負担が軽減され、精神的なダメージは少ないといえます。

精神的に安定し、達成感が得られるので、苦しむことなく仕事が続けられるのです。

自分のペースで仕事ができる

ルートセールスの場合は、ほとんどの移動は社用車で少人数なので、比較的自分のペースで仕事ができます。

効率良く仕事がこなせれば、自分の時間を持つ余裕もできるでしょう。

家事や育児と両立させたいと考える女性にとっても、働きやすい職種と言えます。

ルートセールスのデメリット

悩む女性

メリットがあれば、デメリットもあります。

転職を決めるときは、自分のリスクマネージメントのために、メリットの項目よりも注意して確認しましょう。

同業他社との市場争いが激しい商材がある

特に、日用品や生活必需品を商材とする場合は、多くの同業他社が存在します。

すでにセールスに入っていても、他社は虎視眈々と市場を狙っていて油断はできません。

自社商品との契約が存続するように、こまめに連絡を取って丁寧な対応を心掛ける必要があります。

顧客と性格的に合わない場合やハラスメントへの警戒

顧客の担当者の中には、性格的に合わない人や生理的に難しい人がいるかもしれません。

ルートセールスの担当になった場合には、契約を継続してもらうために我慢して付き合う必要があります。

横柄な態度や、ハラスメント行為などにも十分注意しましょう。

他の営業と比べて収入が低め

ルートセールスの職種の基本給が、一般営業よりも低く設定されていることがあります。

完全歩合制の場合だと、契約数で金額が上下するため、収入が安定しません。

転職を決める際には、事前に転職エージェントなどに相談をして、労働条件などを確認しておきましょう。

顧客がなくなれば契約先もなくなる

ルートセールスは、新規開拓営業より体力的精神的には楽ですが、日頃から良い信頼関係を継続する必要があります。

信頼が確保されていれば問題ありませんが、トラブルなどで一度信用を失うと、ほとんど修復できません。

従来契約や新規提案も水泡に帰すことになり責任は重大です。

普段からの丁寧なコミュニケーションで誤解が生じないようにしましょう。

また、顧客の倒産などで契約の取り消しがあると、仕事にも給与にも大きな影響を受けることになります。

事務作業が多い

事務作業が思ったより多いのもルートセールスの特徴です。

新規提案の資料作りや見積書の作成に加えて、報告書の作成、営業日誌なども忘れずにメモしておく必要があります。

また、他の営業手法に比べて商品の発注頻度が高いので、注文や納品の事務処理作業は必然的に増えるのです。

事務作業などの雑務に追われ、肝心な顧客訪問が思ったようにできないのでは本末転倒。

パソコンなどのスキルを磨いて、効率よく事務作業をこなせるよう工夫することが大事です。

ルートセールスは個人営業で多いのか法人営業で多いのか

改札に居る女性

ルートセールスは、基本的に法人が相手です。

個人のお客さんの消費のマインドは、ネット販売などに移行しているので、営業で回ることは少なくなりました。

法人が相手だと、長期の継続案件が多く契約規模も大きいのが特徴です。

ルートセールスのメリットも十分生かせることから、法人営業が増えています。

他の営業手法の違い

悩む

ルートセールス以外にも、数種の営業手法があります。簡単に特徴を説明しルートセールスと比較してみました。

反響営業との違い

反響営業とは、反響があった相手にだけ営業活動を展開する手法です。

カタログやネット媒体で興味を持った顧客に営業活動を行うため、成約の可能性が高い手法と言えるでしょう。

ルートセールスとの違いは、まだ取引の無い顧客への営業活動をすることです。

飛び込み営業との違い

顧客1人1人に営業活動を行う、一般的な営業手法です。

新規開拓のために、住宅や会社を突然訪問することが多く、会うことも話すこともできない場合があります。

問答無用で断られることも多く、体力的にも精神的にも消耗が激しい営業手法です。

ルートセールスはすでに契約ができている顧客を訪問するためストレスはありません。

テレアポとの違い

テレアポは、電話を使った飛び込み営業といえます。顧客1人1人に電話をかけて営業を行う手法です。

突然の電話に困惑して、いきなり電話を切られることや苦情だけで商品の説明が満足にできない場合もあります。

ルートセールスとの違いは、飛び込み営業と同じく未契約で初めての顧客に営業をかけることです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう!

面談する女性

最近では、ルートセールスの募集と表示して求人しても、入社すると新規開拓ばかりさせられる事実もあるようです。

転職を考え始めたら、ひとりで判断せず、転職エージェントに相談して事情を確認することをお勧めします。

実際に求人企業をリサーチして、採用状況や社内の雰囲気、労働環境などの情報をもとに紹介してもらえるので安心です。

女性に理解がある転職エージェントをうまく利用することで、転職後の問題を事前にキャッチできます。

求人紹介だけではなく、結婚や出産などのイベントと仕事の両立についても相談に乗ってもらえるので、心強い味方です。

営業職は厳しいノルマに追われるつらい仕事というイメージがあります。

自分に合っているのか、やっていけるのか、不安になる人も多いでしょう。

転職エージェントは、営業以外にも多くの業種や業界を知っているので、求人のカテゴリーも豊富です。

自分に合った転職先を見つけてもらいましょう。

また、転職エージェントは、一般に公開されない非公開求人の情報も持っています。

非公開求人とは、条件が良い物件で募集人員が少ないことから応募が殺到するのを避けて非公開にしている求人情報のことです。

大手企業や優良企業が多いといわれています。この非公開求人に応募できるのはエージェントの紹介のみです。

 

ワンポイント
転職エージェントに相談すると、求人企業の実態がわかります。非公開な情報も教えてもらえて便利です。効果的に活用しましょう

まとめ

キャリアウーマン

営業職はきつい仕事というイメージがありますが、ルートセールスは精神的肉体的ストレスが少なく女性の強みを生かせる職種です。

女性特有の高いコミュニケーション能力や柔らかい物腰が顧客に安心感を与え、話を聞いてもらえる雰囲気を作ることができます。

会話がないと始まらない営業の世界では、相手の警戒心を解くことができる資質は大きなメリットです。

ルートセールスでは、顧客との信頼関係を築いて、長期契約や新規提案を実現させます。

長い付き合いになるので、互いのコミュニケーションや絆がさらに重要です。

細かい気遣いや丁寧な対応で互いの信頼関係が築ければ、継続的に成果を出せるので、女性でも十分活躍できます。

転職を考えるとき、敬遠しがちな営業職ですが、ルートセールスも選択肢に入れて検討してみてはいかがでしょう。

転職エージェントをうまく活用して情報収集し、自分のライフプランに合った仕事を選びましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら