今の職場で一生働き続けることに疑問を感じている人もいるでしょう。

女性の場合は結婚や出産を機にキャリアについて考えることも多くあります。

またこの仕事でキャリアを積みたい気持ちはあるけれど、別の職種にチャレンジしてみたいという人もいるかもしれません。

この記事ではそんな女性に向けてセカンドキャリアの考え方について解説します。

セカンドキャリアを充実させるための準備についても紹介しますので参考にしてみてください。

Contents

女性のセカンドキャリアを解説

キャリアの文字

一般的にセカンドキャリアというと60歳、65歳の定年を過ぎてからの生活や仕事についてイメージする人も多いでしょう。

そもそもセカンドキャリアとは第二の人生での職業という意味を持つ言葉です。

アスリートなどが引退したときにセカンドキャリアという言葉を用いたことから広まったともされています。

ただ、最近では女性が結婚や出産を機に退職し復職するタイミングのことをセカンドキャリアと呼ぶことも多くなりました。

とくに20代、30代の女性が復職を考える際にセカンドキャリアを考えることも多くなっているでしょう。

結婚や出産だけでなく新しい働き方に向けて仕事や生き方をチェンジすることもセカンドキャリアです。

30代はこれからの生き方を考える女性が増えてくる時期でもあります。

これからどんな人生を生きたいかを考えたときにセカンドキャリアを意識しはじめる人も増えてきます。

女性のセカンドキャリアをどう捉えて行けばよいのかについて考えていきましょう。

セカンドキャリアを考えるべき理由

笑顔の女性

女性がセカンドキャリアを考えることは人生において大切なことです。

セカンドキャリアを考えることがなぜ大切なのかについて解説します。

終身雇用が衰退したから

時代の流れとともに終身雇用制度が衰退しています。

新卒で入社した会社で定年まで勤め上げることが当たり前だったのはひと昔前の話です。

フリーランス、副業など新しい働き方が増えるなかで女性の働き方にも変化がみられるようになりました。

年金や退職金が減額される可能性も示唆されていることで老後をどう生きるかを若いうちから考える人が増えています。

この考えが若い世代がセカンドキャリアを考えるきっかけになっているといえるでしょう。

老後の資金は若いうちからしっかりと自分で蓄えておくという思考を持つ人が増えています。

会社に依存するのではなく自分で生き方を自由に決めることができる働き方が選択できる社会が求められているともいえるでしょう。

平均寿命が延びたから

道標

セカンドキャリアを考える理由のもうひとつは平均寿命も関係しています。

人生100年時代ともいわれている現代において、60歳、65歳定年は早いとの声も聞かれます。

100年生きると考えれば定年後の人生は40年近くあることになるでしょう。

会社を定年してからも生きていかなければなりません。

そう考えると残りの人生を生きるための資金をどう蓄え、どう稼いでいくのかを考えなくてはならないでしょう。

こうした状況もセカンドキャリアを考えるきっかけとなっています。

少しでも若いうちから老後について考えて人生設計をしておくことで老後への不安を解消したいとのぞむ人が増えているのです。

とくに女性は結婚、出産によって人生が大きく変わることもあります。

そのため人生設計にセカンドキャリアを含めておくことは重要なポイントとなります。

女性はセカンドキャリアをどう考える?

笑顔の女性

セカンドキャリアは女性だけが考えるものではありません。

もちろん男性も転職や独立などでセカンドキャリアを考えるタイミングがあるでしょう。

男性と女性が異なるのは、女性の場合は結婚、出産がそこに大きく影響を与えるという点です。

生涯独身という人であっても出会う人によって人生が大きく左右されることはあるでしょう。

女性がセカンドキャリアを考える場合はとくに人生で出会う人、ライフイベントなども含めて考える必要があります。

どんな仕事をしたいかという点だけでなく、どう生きていきたいのかという点も含めてキャリア形成することが大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

女性のこれからの生き方とは

ノートとメガネ

人生はすべてが計画とおりに進むとは限りません。

そうであっても人生プランを設計している人と流れに任せて生きている人とでは多く差が生じることはあります。

自分がどう生きたいのかを明確にして生きることで人任せでなく自分の足でしっかりと歩む人生が送れるでしょう。

多くの女性はこれからの人生をどう生きたいと考えているのでしょうか。

第2の人生、第2の職業

女性の社会進出が当然となった現代において、女性がキャリアを積むことも当然のことになってきています。

第2の人生というと老後というイメージを持つ人も多いでしょう。

ただ、女性にとっての第2の人生は意外と早くやってきます。

結婚、出産後は女性にとっての第2の人生です。

結婚や出産を機に退職した場合、そこから復職した場合のキャリアをセカンドキャリアと呼ぶこともあります。

セカンドキャリアについてキャリアブレイク期間中に考えて行動できるかどうかで第2の人生が決まることもあります。

退職して職を退いたとしても復職や転職を希望している場合には復職後のキャリアについて考えておくことが大切です。

働いていない期間をマイナスと捉えるのではなく、キャリアブレイク=休憩と捉えてみましょう。

休憩している間に次のキャリアのために何ができるのかを考えて行動できればスムーズに転職することもできるでしょう。

60歳を過ぎても働きたいと考えている女性が多い

チャレンジの文字

老後を考えたとき60歳を過ぎても働いていたいと考えている女性は多くいます。

人生100年時代において60歳はまだまだ折り返しを過ぎた時期です。

生活を維持していくために経済的な安定、健康維持を求めている女性も多くいます。

加えて働くことが好き、仕事が生きがいという女性も多いのが現実です。

こうしたことから早い段階でセカンドキャリアを考えはじめる女性が増えています。

働くことに生きがいを感じる女性が増えるということはよいことです。

女性が働きやすい社会になりつつある現代だからこそセカンドキャリアについて真剣に考えてみるのもよいでしょう。

 

ワンポイント
これからを生きる女性にはセカンドキャリアを考えることが重要です。

セカンドキャリアの3つのタイミング

考える女性

女性がセカンドキャリアを積むタイミングは3つあるといわれています。

具体的には、出産、子どもの成人、定年の3つのタイミングです。

具体的にみていきましょう。

出産後のタイミング

出産後に同じ職場に復帰するセカンドキャリアを選択する女性も多くいます。

産休や育休の制度がしっかりとしている職場であれば復帰視野類でしょう。

職場復帰したタイミングでこれまでと違う部署に移動したり時短勤務を開始したりする女性もいます。

子どもがある程度成長するまでのキャリア形成としてさまざまな選択肢があることも確認しておきましょう。

さらには転職や独立する女性もいるでしょう。

子育てをしながら自由に働ける環境を求めてフリーランスに転身する人もいます。

出産後のセカンドキャリアにはさまざまな種類があることがわかります。

子どもが成人した後のタイミング

ステップアップの文字

子どもが成人したタイミングでのセカンドキャリアは2パターンに分かれることが多くあります。

1つは出産後から成人までは一切働かずに成人後に社会復帰するパターンです。

この場合は出産前に働いていた会社に復職することはかなり難しいでしょう。

つまり転職活動をする必要があるということです。

このパターンでは正社員よりもパートや派遣、フリーランスとして復職する女性が多い傾向にあります。

2つめは子どもの成人を機に時間が自由になったことでバリバリとキャリアアップを目指すパターンです。

独身時代と同じ仕事に戻る人もいるでしょう。

子育てをしながら新たなスキルを身につけて新しい仕事をスタートさせる人もいます。

いずれも子育て中にいかに自分のスキルを磨くかがセカンドキャリアのポイントになるといえるでしょう。

定年後のタイミング

定年後のタイミングでセカンドキャリアを積む人もいます。

多くの場合は定年退職した会社に再雇用されて働くケースになるでしょう。

ただ再雇用の場合には収入が減る可能性は高くなります。

そこで定年をきっかけにして新たな仕事に転職することを考える人もいます。

なかには独立したり企業したりする人もいるでしょう。

定年しても社会とのつながりを保っていたいと考える女性は多くいます。

それだけでなく経済的な安定を求めてセカンドキャリアを考える人もいるでしょう。

定年後のセカンドキャリアはそれまでの働きぶりやスキルによって左右されることもあります。

定年までにセカンドキャリアについてしっかりとプランニングしておくことも大切です。

 

ワンポイント
セカンドキャリアを考えるタイミングは大きく分けて3つあります。

セカンドキャリアを考えるときに必要な視点

指を指す女性

セカンドキャリアについて考えるとき、どのような点にポイントをおけばよいのでしょうか。

とくに女性はライフイベントによってキャリアに影響が生じることが多くあります。

セカンドキャリアを考えるときに必要な視点について考えてみましょう。

自分を主軸にする

セカンドキャリアを考える場合には大切なのは自分軸です。

自分がどう生きたいのかというように自分を中心にしてキャリアを考えることが重要になります。

会社の考え方を取り入れることも大切です。

ただ、仕事や会社のことばかりでは自分の気持ちが見えにくくなってしまいます。

自分を客観視することでセカンドキャリアを幅広く捉えることができるでしょう。

キャリアビジョンを明確にする

キャリアビジョンは明確にすることが大切です。

曖昧でぼんやりとしたイメージでは具体的にどのような行動を取ればよいのかがわかりにくくなります。

明確なビジョンを持つことでそのために今何をするべきなのかがはっきりと見えてくるでしょう。

キャリアアップに向けた資格取得や転職活動など行動を明確にすることが大切です。

自分の価値と未来を可視化

赤ちゃんを抱く女性

セカンドキャリアは人生プランにも影響します。

仕事に関してだけがセカンドキャリアではありません。

趣味として行っていたことが仕事につながることもあるでしょう。

大切なのは自分の価値と未来を可視化することです。

自分にはどのようなスキルがありどのような未来を希望しているのかを可視化しましょう。

自分としてはただの趣味と思っているスキルでも他人からみると特別なスキルであることもあります。

視野を広く持つことで自分の市場価値を具体的に捉えることができるでしょう。

セカンドキャリアを充実させるための準備

パソコン作業をする女性

女性がセカンドキャリアを充実されるためには入念な計画と準備が必要です。

セカンドキャリアを充実させるために必要な準備について解説します。

ライフプランを考える

セカンドキャリアというと仕事というイメージが強いでしょう。

ただセカンドキャリアを考える上で、もっとも大切なことは人生です。

自分がどんな人生を送りたいのかというライフプランを明確にすることが必要となります。

とくに女性はライフイベントによって人生が左右されることが多くあるでしょう。

そのためライフイベントのタイミングと仕事のキャリアプランを並行して考えておくことも大切です。

結婚したいのかどうか・子どもが欲しいのかどうか・何歳まで働きたいのかなど具体的に考えてみましょう。

やりたい仕事を具体化する

仕事においてのセカンドキャリアは、自分が何をしたいのかに重点をおいて考えましょう。

やりたい仕事を具体化することでセカンドキャリアが見えてくることもあります。

やりたい仕事が明確になればそこに必要になるスキルが見えてきます。

何をしたいのかわからないという場合は、新しいことにチャレンジしてみることもおすすめです。

日々の生活の中に新しい環境や新しい行動をプラスしてみましょう。

セカンドキャリアにつながる何かをみつけることができる可能性が高まります。

必要なスキルを明確にする

セカンドキャリアが明確になったらそのために必要なスキルも明確になるでしょう。

やりたい仕事をするために必要なスキルが何であるのかをしっかりと把握しましょう。

転職を希望している場合には、転職先の業界でどのようなスキルが求められているのかを調べるのもひとつです。

求人を検索してみると応募資格の欄に必要なスキルが記載されていることもあります。

セカンドキャリア形成のために資格の取得を目指すことも大切な準備のひとつです。

今の自分に不足しているものを考える

道標

セカンドキャリアを積み上げていくためにはキャリアアップも考える必要があります。

次のステップに進むために今の自分に不足しているものはないかを考えてみましょう。

不足しているものがある場合はそれを補う努力をすることも準備のひとつです。

資格を取得すること、これまでのスキルをさらに磨くことなども大切なポイントになります。

 

ワンポイント
セカンドキャリアを充実させるためにはしっかりとした準備が必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

20代女性がやっておくべきことは?

笑顔の女性

セカンドキャリアを若いうちに考えておく人が増えています。

早ければ20代の段階ですでにセカンドキャリアを考える人もいるでしょう。

20代女性がセカンドキャリアを考える際にやっておくべきことについて解説します。

やりたいことを明確にしてライフプランを考えておく

20代となるとこれから結婚、出産というライフイベントを経験していく段階です。

人生を大きく左右する可能性もあるライフイベントであるためライフプランをしっかりと構築しておくことが大切になります。

とくに仕事もしっかりと続けていきたい女性はライフプランとキャリアプランを並行して考えましょう。

すべてがプランどおりにいくとは限りません。

ただ、何も考えずにタイミングに任せているとキャリアを諦めなくてはならないことになる可能性もあります。

結婚や出産でキャリアを諦めるのではなく、このタイミングをキャリアブレイクと捉えて前向きに過ごすことをおすすめします。

子育てや家庭のこと以外で自分がやりたいことも明確にしてライフプランを考えておきましょう。

必要なスキルを明確にし身につけておく

ライフプランやキャリアプランにあわせて必要なスキルを身につけていくタイミングも考えておきましょう。

仕事を続けていく上でスキルは重要なポイントです。

とくに新しい職種に転職する場合には新たなスキルを身につける必要も出てくるでしょう。

自分が何をしたいのかが明確になれば自ずと必要なスキルも見えてきます。

見えてきたスキルを確実に自分のものにするためにもライフプランのなかにスキルアップのタイミングも組み込んでおきましょう。

 

ワンポイント
セカンドキャリアはできるだけ早いうちに考えておくことがおすすめです。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

STEPの文字

セカンドキャリを構築するタイミングで転職を検討する人もいるでしょう。

同業種に転職するのか異業種に転職するのかで転職活動の方法が異なります。

とくに未経験の職種に転職する場合には新たな知識やスキルを身につける必要があります。

自分だけで業界研究や企業研究、スキルについて調べることが難しい作業です。

働きながらであればなおさら難しくなるでしょう。

セカンドキャリア形成のための転職を検討しはじめたら転職エージェントを活用することをおすすめします。

企業研究や業界研究、面接対策や面接練習、スキルについてなど豊富な知識や情報を提供してもらうことができるでしょう。

まとめ

履歴書とリクルートの文字

女性の働き方が変化するなかで転職を考える人も増えています。

セカンドキャリアのために転職を検討する人もいるでしょう。

少しでも若いうちにセカンドキャリアを構築しておけばライフプランとあわせて仕事のキャリアも構築していくことができます。

自分の価値を明確にすることでこれまで考えてもいなかったセカンドキャリアを構築することも可能になります。

自分を客観視するために転職エージェントを活用することもひとつの方法です。

転職のプロである転職エージェントは自己分析や能力診断も行ってくれます。

ライフプランについても相談に乗ってもらうことができる点は転職エージェントの魅力です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら