元々スポーツが好きで、選手にはなれなくてもスポーツと関わる仕事を希望している人もいるのではないでしょうか。

その候補の一つとして人気なのがスポーツメーカーの営業です。

しかしこれらの仕事はただ「部活でスポーツをやっていた」というだけでは就けません。

スポーツメーカーの営業とはどのよう仕事をするのでしょうか。仕事内容と業界の現状を紹介します。

スポーツメーカーの営業の仕事内容を解説

ミーティング

スポーツメーカーの営業とはどんな職業なのでしょうか。

スポーツメーカーの営業担当者は、相手の企業や小売店舗に自社商品を買っていただくための営業をします。

またお客様からの質問に直ぐに答えられるようにしなくてはなりません。

当然頭に自社商品の特徴や内容を入れておくことは必須です。

更に購入後どんなメリットがあるのか、スポーツ用品を顧客に販売する企業や店舗様に提案していかなくてはなりません。

本社の都心部・地方都市・地方郊外によって、その地域のニーズに合わせた提案力・マーケティング力も変わってきます。

売り上げが落ちている取引企業やスポーツ用品小売店に、スポーツ業界関係のイベントや催事場を作って盛り上げることも。

大変ですがやり甲斐のある仕事だといえるでしょう。

スポーツメーカーの営業の仕事

ビジネスウーマン

スポーツメーカーの営業職の仕事内容を具体的に紹介します。

BtoBが中心

BtoBとは「企業×企業」そしてBtoCとは「企業×個人」です。

スポーツメーカーの場合、企業間で取引するBtoBが中心となります。

スポーツ用品メーカーと小売店やそれをまとめている企業との取引を行うことが多いです。

一方で、個人店など直接販売しないで販売する企業もお客様として扱います。

ここで注意しないといけないのが「企業×企業」ということです。

何故かというと大口のお客様なので一回の取引金額が数千万円〜億単位になる場合もあり得ます。

それは企業と企業の信頼の上で成り立っているのです。

万が一信頼を失うような失態をして一つの企業が抜けたら本社で大問題になってしまう可能性もあります。

商社営業との違いは

商社営業は物を仕入れて売るのが仕事です。例えば原油・食物・衣類・貿易に関係するものが挙げられます。

商社営業が扱う商品は自社商品ではなく仕入れ商品です。

そのため商品のクレームの責任は商社営業には当てはまりません。

反対にメーカー営業は自社で全て商品を製造しているのでトラブル・クレームの責任が発生します。

同じ営業として新規営業とルート営業は変わりません。

しかし商社とはメーカーで作った良い商品を世界に広めていくのが主な仕事です。

そのためスポーツ用品メーカーも良い商品を作って商社と協力するという方法もあります。

BtoBの間に商社を入れて世界にさらにグローバルに事業展開していく事も可能です。

商社営業とスポーツ用品メーカー営業の双方でメリットがあるため、お互い協力していく事も可能です。

やりがいは?

おしゃれなオフィスで働く社員

どうしてもスポーツ用品メーカー営業となると数字ノルマに追われることもあります。

お客様のいる場所に何回も足を運ぶことにもなるでしょう。

スポーツ用品のクレーム処理も業務の一つです。

更に実際に選手やお客様からの意見を聞いて使用してどうだったか、改良の余地があるのではないかということも考えなくてはなりません。

その案を会社に持ち帰り、上司・制作・デザインそれぞれの部所と会議します。

その頑張りはスポーツ用品を通してスポーツ選手やお客様の喜びになって帰ってくるのです。

スポーツはスポーツ用品がないと実力を発揮できなかったり、安全性を確保できなかったりします。

オリンピック・パラリンピックもスポーツ用品メーカーの頑張りがあるからこそ感動と成功があるのです。

 

ワンポイント

スポーツメーカーの営業の業務はかなりハードです。

その分やりがいと達成感も大きな仕事といえます。

スポーツメーカーの平均年収

計算する女性

日本を代表する主なスポーツ用品メーカーの平均年収を見てみましょう。

  • 株式会社シマノ…827万円

シマノは自動車部品と釣り用具、アウトドアを中心に作っている会社です。

  • 株式会社アシックス…701万円

シューズやウェアを制作しているスポーツ用品メーカー。

  • グローブライド…683万円

スポーツ用品の中でも主に釣具制作の顔を持つメーカーです。

  • 住友ゴム重工…669万円

タイヤブランドメーカーですが、靴・ゴルフクラブ・テニスラケットなど幅広いスポーツ商品をつくっています。

  • ゴールドウィン…648万円

スキー・アウトドアの用品とスポーツアパレルも作っているメーカーです。

  • ミズノ…632万円

サッカーシューズやウェア等幅広く作っています。

  • デサント…615万円

スポーツウェア専門メーカーです。

  • 遠藤製作所…569万円

車や自動二輪のエンジンギアやゴルフクラブヘッド制作を行います。

  • ゼット…531万円

野球用品とトレーニングウェアの製造販売を行うメーカーです。

  • ヨネックス…494万円

テニス・バトミントン・ゴルフのスポーツ用品のメーカーになります。

この10社の平均年収は636.9万円です。企業平均年収としては比較的高い業種だといえるでしょう。

スポーツメーカーの求人状況

テニスラケットと青空

スポーツ用品は時代によって改革を求められています。日本は本格的に少子高齢化社会に突入している状況です。

スポーツ用品メーカーもいままでの戦略での高度成長期のような考えでは生き残っていけなくなりました。

アフターコロナやオリンピックを控えてこれからも求人は増えていくことが予想されます。

ただ求人内容が以前からかなり変わることは間違いないでしょう。

少子高齢化でシニア層向けのスポーツ用品や健康用品の需要も増えていきます。

更に家族でのBBQやアウトドア、そしてよりグローバル社会を目指して世界に進出していかなければなりません。

要するに顧客のニーズが変わればそのニーズに応える必要があるため、求人の門がより狭く厳しくなるのは確実です。

 

ワンポイント

スポーツメーカーといっても、アウトドアや健康器具なども製造している会社が多いです。

今後もジャンルは広がり続けることが予想されます。

業界の現状と将来性

ランニングする男女

スポーツ業界・スポーツ用品メーカーは先述の通り少子高齢化社会とどのように向き合っていくのかが重大な課題になっています。

シニア層も楽しめるスポーツ・スポーツを活かした「健康」を取り入れていくことにシフトしていくことでしょう。

家族でアウトドア、BBQなど幅広いジャンルに目を向けることも必要です。

そして一番は世界に目を向けることになります。

ただ世界に足を伸ばすのなら母国語以外の言語も必要です。世界のスポーツ市場規模は大きいです。

そこに足を踏み入れるのならそれ相応の努力と覚悟が必要になります。

アウトドアの人気

キャンプ

アウトドアは今年まで若年層からシニア層まで人気でアウトドア用品も年々売れ行きが増している状況です。

アウトドアとスポーツは関係ないように感じるかもしれません。しかしアウトドア用品もスポーツメーカーが開発しています。

アウトドアは様々ありますが、2020年から特にキャンプの人気が急上昇しました。

人のいなさそうな山や海でテントを張ってキャンプをしたいという人が増えています。

家族や一人で、テントは使わずに自宅の庭や車庫前でBBQをする人も出てきている状態です。

この人気は今後も加熱するでしょう。

海外展開への期待

日本が少子高齢化社会に直面しており今後さらに人口が減少する可能性が大きいです。

となればシニア層の健康スポーツ用品や健康用品の需要にも限界があります。

この限界を越えるにはグローバル世界に視野を広げるしか手はありません。

しかし世界のシェアはアメリカとEUで世界のスポーツ市場のシェアを支配しています。

更には追随しようと急成長しているのが中国です。

夏期・冬季スポーツ・オリンピックスポーツの推進を中国政府が投資して進めています。

2021年現在、アメリカ・EUに追い付くのは時間の問題とされているのが現状です。

日本は2021年のオリンピック・パラリンピックで自国のスポーツ用品メーカーをアピールしていく計画を立てています。

スポーツメーカーが求める人材

応援のポーズをするビジネスチーム

日本の少子高齢化の限界を考えて世界への展開を試みるスポーツ用品メーカーは増えつつある状況です。

そこで求められるスキルはまず世界に対するチャレンジ精神語学力が挙げられます。

更に世界のブランドメーカーを学ぶ意欲、世界や日本の企業で他者から学ぶコミュニケーションや共に作り出す協調性も必要です。

スポーツが好きな人

スポーツ用品を扱うなら、やはりスポーツが好きであることは必須でしょう。

今までスポーツ用品メーカーにはアスリートや学生時代スポーツ系部活で頑張った人、スポーツが好きな人が集まっていました。

しかしながら、ただ好きなだけでは通じない状況になってきています。

もちろん、スポーツが好きな人の方がスポーツメーカーの営業には向いています。

その上で好きなスポーツを学んだ上でどんなことができるのか、スキルや構想が必要なのです。

たとえばスポーツが好きで学び、世界に通用できるように語学力を磨いて二カ国語を話せる、といったアピールがあれば有利になります。

スポーツが好きという気持ちをどう活かせるのか、企業にお客様にどう貢献できるのか考えてみましょう。

自社製品に愛着を持ってくれる人

自社メーカー製品に愛着を持ってくれるのはとても良いことですし、働く上でも必要です。

ただ愛着を持っているだけで終わってしまってはいけません。

マーケティング戦略で「ブランディング」というものがあります。取引先の企業にブランディングするのです。

ブランディングは「企業の商品の愛着でイメージUP」させるもの。

マーケティングの「自社商品が売れる為の戦略」を足すことで独自の価値観と信頼感が付くのです。

企業×企業といっても人間と人間なので信頼関係で成り立っているということです。

ただ愛着を持つだけではなく、その先を考えられる人が必要になります。

コミュニケーション能力がある人

会話をするビジネスウーマン

営業をする上でコミュニケーション能力は必須です。

しかし、アピールするならコミュニケーションを使ってどうしたいのか・何をするのかを伝えましょう。

「私の長所はコミュニケーション能力があります、グローバル社会に対応出来る様に◯◯語をマスターしました」

「私は聞き上手です。お客様の悩みやこんな要望を上手く聞いて信頼関係を積み重ねていけます」

このようにコミュニケーションを使ってどのようになれるのかが大切です。

 

ワンポイント

スポーツそのものやその会社の製品が好きという気持ちはその会社に入る上でも何よりも大切なことです。

しかし、その上でどのようなビジョンを見ているのかをアピールしなければ採用は通りません。

自分は何ができるのか、会社に入って何をしたいのかを考えましょう。

スポーツメーカー営業への転職

笑顔でジャンプするビジネスウーマン

大人になって就職したものの、やっぱりスポーツ系の仕事が諦められないという方もいるのではないでしょうか。

そこからスポーツメーカーを目指す人も少なくありません。

ただスポーツ用品メーカーといってもたくさんの種類があります。

開発している商品や何に力を入れているのかも違うのです。企業分析を行い、下準備もしっかりとしましょう。

自分に合った転職先を選ぶことが大切です。

企業がどんな人材を求めているのか確認する

企業が求める人材とは、ずばり世界に対応出来る人材です。

日本はアウトドアブームやオリンピック・パラリンピックがありますが、情勢が悪化すればいずれブームも終わるでしょう。

そのためグローバル社会に目を向けたスポーツ用品メーカーは企業が争うように次々と海外支社を作りました。

現在のスポーツ用品メーカーのどの企業も、転職最初から海外支社に転勤できる人材を求めています。

グローバル社会に自分自身成長、世界を見てみたいという人には向いているといえるでしょう。

転職したい企業を絞り込む

スポーツメーカーは様々な会社があるので、ある程度絞り込みましょう。

大企業になれば募集の殺到を避けるために募集を非公開にしているスポーツメーカーもあります。

新卒を多く雇用して転職希望の枠を小さくしているスポーツメーカーもあります。

まずは独自で調べてみましょう。絞りこみ方は様々あります。

Twitterや Facebookなどで調べる他、スポーツジムやスポーツのイベントなどに参加するのもオススメです。

意外なところで繋がりができるかもしれません。

ハローワークや求人誌、スポーツ系に強い求人誌も多いです。

調べて自分自身の条件に合うスポーツ用品メーカーを絞り込みましょう。

転職のためのコツ

内定通知書

転職を成功させるコツは事前準備をしっかりとすることです。

就きたい仕事の業務内容だけでなく、自己分析も大切な要素になります。

志望動機の書き方

先述の通り、スポーツが好き・コミュニケーションに長けているというだけではアピールとしては弱いです。

さらにその先に何があるのか、自分が貢献できることをアピールしましょう。

スポーツ用品メーカーなので、スポーツのことに関しては触れておきます。

その上でキャリアプランをしっかりと具体的に書きましょう。

どんなスキルが有利になる?

発想力や健康用品や健康スポーツ用品などを売り込む営業力が必要です。

そして今大企業のスポーツ用品メーカーは世界を相手にしています。

外国語のスキルや海外は日本とかなり違いますのでメンタルの強さも立派なスキルだと思います。

転職エージェントを活用する

転職をより確実に成功させるなら、転職エージェントやサイトを活用することをおすすめします。

リクルートエージェントなど大手のエージェントで探すことも可能です。

しかし転職エージェントの種類は様々あり、特定の業種に特化したサイトも多いです。無論、スポーツ業界も例外ではありません。

たとえばアズール&カンパニーはスポーツ用品外資系企業の求人を中心扱っています。

また、スポナビキャリアはスポーツ選手・体育系に特化しているエージェントです。

就きたい業種に合わせたエージェントを選ぶのも転職のコツといえます。

 

ワンポイント

スポーツメーカーは世界で活躍できる人材を求めている企業が増えている状況です。

世界進出を視野に入れている企業を受ける場合、語学の勉強などもしておくと良いでしょう。

勉強している最中だったとしても大きなアピールポイントになります。

転職での疑問は転職エージェントに相談しよう

相談

転職する上で雑誌やパソコンに掲載されている情報だけでは分かりにくい部分が多いです。

実際にその業界や転職事情に詳しい人に会って話を聞いてみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな時にオススメしたいのが転職エージェントです。

登録すれば無料でプロの転職エージェントコンサルタントのサービスを受けることができます。

転職エージェントは以下のようなサービスを受けることが可能です。

  • 最新業界情報を教えてもらえる
  • キャリア相談に乗ってくれる
  • 非公開求人を教えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書を添削してくれる
  • 面接対策の指導をしてもらえる
  • 希望企業の検索・応募・面接日時調整を代行してくれる
  • 年収代行をしてもらえる

これらすべてを無料で行えるエージェントがたくさんあります。是非活用しましょう。

まとめ

ラケットを持つ笑顔の女性

スポーツ用品メーカーの営業職について紹介しました。

企業同士で取引するBtoBは信頼関係がなければ成立しません。スポーツメーカーもその架け橋となるのが営業職です。

そのため仕事内容はかなりハードですが、その分仕事を成功させたときの喜びや達成感はかなり大きいといえます。

無論入社できても辛い時もある筈です。しかし前向きな考えと日頃の努力の積み重ねが乗り越える近道となります。

転職を成功させて、是非大好きなスポーツに関わる仕事に就きましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら