面接は転職活動において避けて通れないものです。

面接でどんなことを聞かれるか・きちんと答えられるかなど不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

想定外の質問はもちろんのこと、志望動機や自己PRでさえ面接官の質問の仕方によっては伝え方を変える必要があります。

毎回同じ質問・回答を繰り返すわけにはいかないのです。面接にはアドリブ力が必要になります。

アドリブ力を高めることにより面接での質問に対して臨機応変に対応できるようになるでしょう。

この記事では面接でアドリブ回答をするコツを解説しますので参考にしてください。

予想外の質問への対処法やアドリブ力の高め方・アドリブ回答のポイントも紹介します。

Contents

女性が面接でアドリブの回答をするコツを解説

準備

アドリブ回答がうまくできるかどうか重要なポイントは「事前準備」です。

コミュニケーション能力や頭の回転もアドリブ回答には関係します。

ですがアドリブ回答をする時に最も重要なことは事前準備なのです。

定番の質問だけでなく想定外の質問にも事前準備は有効になります。

「アドリブ」に「事前準備」が必要というと矛盾を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでいう事前準備とは「自己分析」のことです。

「想定外の質問」「答えづらい質問」が投げかけられた時のためにも事前に自己分析をしてくことが有効なのです。

自分が何を基準にしているのか・何を望むのかを自己分析することで臨機応変に対応できる基盤ができます。

面接官が面接でアドリブ力を求める理由

面接

それでは面接官がアドリブ力を求める理由を解説していきます。

応募者の人間性を見るため

笑顔

面接官は応募者と会社がマッチしているか見極めようとします。

せっかく採用したのにミスマッチが起こってしまうと生産性が上がらなかったりすぐに退職されてしまったりするからです。

応募者の人間性を見ることにより採用後のリスクを減らそうと考える面接官も多くいるでしょう。

「アドリブ力が高い」つまり「自己分析がよくできている」人は入社後にミスマッチが発覚するリスクが低い傾向にあります。

「自分が何にやりがいや喜びを感じるか反対にストレスを感じるかよく分かった上で応募してきている」と判断できるからです。

柔軟な発想や臨機応変な対応ができるか

笑顔

転職採用後はその会社の理念や社風を理解して行動する必要があります。

新しい業務・新しい人間関係・新しいルールに適応しなければなりません。

立場は新人ですので失敗することや叱られることもあるでしょう。

そんな時に柔軟な発想臨機応変な対応ができなければ軋轢が生じることもあるでしょう。

そのため企業は応募者が柔軟な発想や臨機応変な対応ができるかをチェックします。

 

ワンポイント
面接官がアドリブ力を求める理由
・応募者の人間性を見る
・柔軟な発想や臨機応変な対応ができるか見る

面接はアドリブだけで突破できる?

疑問

そもそも面接はアドリブさえできれば突破できるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この章では面接はアドリブだけで突破できるかどうかを解説します。

準備不足は失敗のリスクが高い

悩み

準備や練習が不足している状態で面接に臨むことは無謀です。

どんなに頭の回転が速くコミュニケーションがうまい人でもあらゆる質問に対応することは難しいでしょう。

面接では自分の価値観・夢や過去の印象的な出来事・将来への期待など曖昧な内容も正しく伝えなくてはなりません。

自分が何を思うのかを事前に明文化しておかなければ面接本番できちんと面接官に伝えることは難しいでしょう。

選考が進むにつれてアドリブだけでは難しい

困った

選考が進むにつれてアドリブ力が求められるようになる理由は「質問が鋭く深くなってくる」からです。

面接は選考段階によって見られている点が異なります。

一次面接も最終面接も同じことしかチェックしないのであれば何度も面接をする必要はないのです。

初期の面接ではマナーや清潔感をチェックし志望動機等がずれていないかを確認します。

最終面接に近づくにつれ「本当に会社で活躍できるのか」「会社に貢献できる人材か」という見極めが行われるでしょう。

一次面接では簡単に終わった質疑応答も選考が進むにつれ深い議論になることも珍しくありません。

深い質問になればなるほどその場しのぎで答えることは難しくなります。

準備が足りていなければ「入社に対する意欲が低い」「自分自身について十分に理解していない」と受け取られかねません。

 

ワンポイント
面接をアドリブだけで突破することは難しい。

面接でアドリブ回答するポイント

ポイント

ここからは具体的にアドリブ力を高める方法について解説していきます。

まずは面接の基本を確認しておきましょう。

面接全体の流れを把握しておこう

スーツ

特に転職活動を始めたばかりの人はちょっとした出来事で焦ってしまうものです。

まずは大まかな面接の流れと注意点を覚えておきましょう。

面接は概ね以下の流れで行われます。

  1. 入室~着席
  2. 面接開始
  3. 質疑応答

入室から着席では暗い印象を持たれないよう気持ちの良い挨拶をしましょう。

面接が始まってからの面接官の質問には簡潔に分かりやすく回答していきます。

自然さを意識しつつ、自分の良さは積極的にアピールしていきましょう。

「何か質問はありませんか」と尋ねられることは珍しくありません。この逆質問に対する準備もしておきましょう。

よくある質問は対策しておこう

メモ

よくある質問を紹介しますので参考にしてください。

  • 志望動機
  • 長所と短所
  • 目標や夢
  • 転職のきっかけ
  • 残業・転勤・出張は可能か

これらの定番の質問への回答はある程度揃えておく必要があります。

ただし面接本番で丸暗記した回答を何も考えずに答えるといったことは避けましょう。

よくある質問への回答は自分の目的価値観を常に意識してください。

緊張しないように対策しよう

会話

緊張は「不慣れ」「準備不足」「執着」から生まれます。

「慣れ」や「準備不足」への対策は事前に第三者と転職について話しておくことがおすすめです。

一度声に出して人に説明することで面接での緊張は大幅に軽減されます。

不安であれば転職エージェントを頼ってください。

面接のシミュレーションなども行えます。

「執着」とは「その会社しかない」と思いすぎることです。

真剣になることは良いことですが失敗できないと思うとどうしても緊張してしまいます。

仮に不採用でも他にも素敵な会社があるはずと良い意味で開き直ってしまいましょう。

 

ワンポイント
面接でアドリブ回答するポイント
・面接全体の流れを把握しておく
・よくある質問の回答を準備しておく
・緊張しないように対策する

予想外の質問への対処法は?

疑問

面接の質問は決まったものばかりではありません。予想外の質問を投げかけてくる面接官もいるでしょう。

すべての質問を予想して回答を揃えておくことは不可能です。

その場合はどうすれば良いのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この章では予想外の質問への対処法を解説します。

考える時間をもらおう

ポイント

面接官は頭の回転の速さだけを見ているのではありません。予想外の質問に即答できなくても構わないのです。

ただし無言になってしまうことは避けましょう。

「その質問について、少し考えてもよろしいですか」など一言確認をすることがコツです。

不自然な間が生まれることは避けましょう。

正直に「わからない」と伝えよう

胸に手を当てる

企業の細かい情報や難解な問題を問われて分からなくなることはよくあります。

その時に分かったふりをすることは危険です。

話の矛盾や取り繕おうとする雰囲気は相手に伝わります。

知ったかぶりをすることで「いい加減な性格なのかな」という印象を与えかねません。

このような場合は正直に「わかりません」と言うようにしましょう。

わかる範囲があればその範囲で答えることも一つの手段です。

そこから面接官と一緒に深掘っていけるパターンも実際にあります。

面接のアドリブ力の高め方は?

職場

面接でのアドリブ力の高め方を解説します。

アドリブ力はポイントを意識して生活することで少しずつ養われていくでしょう。

面接に慣れるなど対策をしながらアドリブ力を伸ばしていきます。

面接に慣れておこう

女性

まずは面接に慣れておくことです。

事前に面接に慣れるには次の3つの方法があります。

  • 一人で声に出してシミュレーションする
  • 友人と転職について話す
  • 転職エージェントを活用して面接の訓練をする

このような方法で面接に慣れておいてください。

より実践的におこなうのであればプロである転職エージェントに頼ることもおすすめです。

自分では気づかなかったところを指摘してもらえるので参考になるでしょう。

相手の意図を考える習慣をつけよう

仲間

日常会話の中でもアドリブ力を高めることができます。

相手がなぜその質問をしているのか常に考えるようにしましょう。

「明日の予定は?」と聞かれた時に相手が食事に誘おうとしているのであれば「特にないよ」で構いません。

しかし会話のきっかけとしていた質問であればこの返答は好ましくありません。

こういった気づき経験の積み重ねが面接でも生きてきます。

良い転職をするために普段から意識しておきましょう。

 

ワンポイント
面接のアドリブ力の高め方
・面接に慣れる
・相手の意図を考える習慣をつけておく

面接でアドリブ力を発揮するためのポイント

女性

高めたアドリブ力を面接で発揮できるようにしておきましょう。

この章では面接でアドリブ力を発揮するためのポイントを紹介します。

話す内容全てを暗記しない

女性

面接ではすべての質問に対して回答を準備しておくことは不可能です。

同じ内容の質問であっても面接官の聞き方や与えられた時間によって回答は変わってきます。

そのため話す内容を全て頭に入れておくといった対策はあまり意味がありません。

予想外の質問をされた場合に答えに詰まってしまいます。

面接では答えを丸暗記せずにアドリブ力を発揮しましょう。

そのコツは「自分の価値観・目的はしっかり言語化しておくこと」です。

何を話すことになっても自分の価値観や目的がはっきりしていれば臨機応変に答えることができます。

完璧に話そうとする必要はない

悩み

どんなに事前準備をしてアドリブ力を高めていたとしても、初めてされる質問に完璧に答えることは難しいです。

面接官の質問に対して完璧に話そうとする必要はありません。

面接官は完璧な回答を求めているのではなくあなたのパーソナリティを見たいのです。

回答の内容のみで判断されるわけではありませんので、完璧に話すことにこだわりすぎないようにしましょう。

転職の事前準備で面接のアドリブ対応を対策しよう

メモする女性

転職の面接に挑むために事前準備はしっかりと行いましょう。

面接の流れと基本の企業情報について知っておくことは必要です。

想定外の質問に対応するためにも自己分析をしておきましょう。

「なんとなく」で済ませずに自分の価値観や考えを言語化しておいてください。

完璧に答えることよりも自分の人間性を知ってもらうことを目的にしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

アドリブ力をある程度高めることは一人でも可能です。

とはいえ他人から客観的な意見フィードバックを得られた方が遥かに効率よく進めることができます。

自分に対して質問をたくさん投げかけることも一定のスキルが必要です。

効率良く面接準備をしたい人は転職エージェントを活用しましょう。

アドリブ力や面接での振る舞いを強化するには最適です。

履歴書などのアドバイスがもらえたり、あなただけの強みをプロの客観的な視点で見つけてくれたりとメリットも多くあります。

転職や退職・給与などの聞きづらいことについても質問できるのも魅力です。

転職についての不安や疑問は転職エージェントにご相談ください。

上手く活用して転職を成功させましょう。

まとめ

スーツ

転職活動では面接は避けて通ることはできません。

ある程度定番の質問が分かっているとはいうものの臨機応変に対応できるアドリブ力が必要になってくるでしょう。

アドリブ力を高めるためには毎日の生活で相手が何を考えているのか意識することが大切です。

面接で適切に対応するためにもアドリブ力を高めておきましょう。

転職で困ったことがありましたら転職エージェントを頼るのも一つの手です。

客観的な視点からアドバイスを貰えるでしょう。

転職エージェントに相談することで不安を取り除き転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら