転職の面接は何度経験しても緊張してしまうものです。

緊張のあまり話の内容を忘れてしまわないかと心配する方も多いのではないでしょうか。

ですが「それならメモを取っておこう」という考え方は注意が必要です。

面接中のメモ取りは基本的にNG行為になります。面接官にマイナスな印象を持たれてしまうかもしれません。

ただしタイミングマナーを守れば面接官にプラスの印象を与えつつメモを取ることができます。

この記事では転職面接でメモを取る時のマナーを解説しますので参考にしてください。

メモを取る時の注意点やメモすべき内容・タイミングも紹介します。

Contents

女性の転職面接でメモを取る時のマナーを解説

メモ

転職面接で大切なのは面接官とのコミュニケーションです。

自分の話をよく聞いて受け答えしてもらえれば誰でも嬉しいと感じます。

それは面接官にも同じことがいえるでしょう。

メモだけに集中せずに面接官とコミュニケーションを取りましょう。

メモを取るときのマナーを解説していきますので参考にしてください。

転職面接でメモすべき内容は?

メモ

転職面接中に採用の流れや就職した際の勤務条件などを説明されることがあります。

こういった大切な内容は面接中にメモを取っても面接官にマイナスの印象を与えることはあまりないでしょう。

それでは実際にどのような内容をメモするべきか見ていきます。

「就業規則」をメモしよう

メモ

労働時間や休日・賃金など就業規則は確認すべき重要な内容です。

「就業規則」から企業のスタンスがわかります。その内容をメモに取っておけば他社との比較にも活用できるでしょう。

「就業規則」を曖昧に覚えたまま働き始めると「思っていた条件と違っていた」ということにもなりかねません。

このようなギャップが職場の不満に繋がり、再び転職をする必要が出てくることもあります。

トラブルを避けて転職を成功させるために就業規則をメモしましょう。

「勤務形態」をメモしよう

メモ

テレワークをはじめフレックス勤務・裁量労働制など面接先の企業がどんな勤務形態をとっているのかメモしておきましょう。

日勤・夜勤・交代制・非常勤などの働き方も勤務形態に含まれます。

希望する働き方とマッチングしているのか検討する材料となるでしょう。

「選考や内定までの流れ」をメモしよう

メモ

転職活動では内定をもらうまでの流れもメモしておくと良いでしょう。

1次時面接後に筆記試験や2次面接・最終面接などがある場合もあります。

今後の流れをメモすることで事前のスケジュール調整試験の準備に役立ちます。

面接後に企業側から次回のスケジュールの確認があった際すぐにレスポンスができれば相手も好印象を持つでしょう。

そのためにも流れを確認しスケジュールの調整を行っておきます。

 

ワンポイント
メモすべき内容
・就業規則
・勤務形態
・選考や内定までの流れ

メモを取っても良いタイミングは?

面接

メモを取っても良いタイミングは「就業規則」「勤務形態」「選考や内定までの流れ」といった重要事項が会話に出た時です。

それ以外の時は基本的にメモを取ることはNGと考えてください。

それでは具体的にどのような場面がNGか見ていきましょう。

面接前半はメモを取らない方が良い

バツ

基本的に面接前半はメモを取らない方が良いと考えてください。

面接前半は応募者自身についての質問が中心となるためです。

履歴書や職務経歴書の内容をメモで確認しながら話したいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、あなた自身の経歴ですから覚えていて当然と面接官は思っています。

そこでメモを取るのはマイナスの印象を与えるだけでしょう。

面接前半は経歴や志望動機など自己PRをする貴重な時間です。

企業が関心を持つのは以前の仕事で培った経験やスキルになります。

履歴書や職務経歴書だけでは伝わらないあなたの魅力を面接官に伝えましょう。

面接前半ではメモを取るよりも自分に興味を持ってもらうことが大切です。

逆質問の答えをメモするのはNG

良くない

面接の最後に聞かれるのが「なにか質問はありませんか?」という逆質問です。

面接官はあなたのやる気や企業への関心度を逆質問の内容から見極めようとしています。

面接を通してあなたがどんなことを理解してどう感じたのかを知りたいと思う面接官もいるでしょう。

「わからないことがある時には確認できるタイプなのか」などを確認することもあります。

この時間は面接最後の自己アピールチャンスです。「この企業で働きたい」という熱意を伝えることに集中しましょう。

 

ワンポイント
面接前半や逆質問の回答の時にはメモを取らないほうが良い。

メモを取る時の注意点

ポイント

メモを取る際にはいくつか注意点があります。

マナーを守り悪い印象を持たれないように注意しましょう。

一言声をかけよう

面接

メモを取る時に忘れてはならないのが「メモを取ってもよろしいでしょうか?」という一言です。

面接時ではなくても、会話の途中で相手が前触れもなくメモ帳を出して書き始めたら良い印象は持たないでしょう。

転職面接においても日常で気をつけるべきマナーを大切にしてください。

また面接官の中には内部情報を外に持ち出されることを嫌う人もいます。

メモを取る許可をもらう気持ちを忘れないようにしましょう。

面接官が質問している時はメモを取らない

ダメ

メモをとるタイミングとして避けたいのは面接官が質問をしている時です。

あなたが面接官の話を聞き逃さないようにと思ってメモを取っていても、面接官は「きちんと話を聞いているのか?」と不安に思うかもしれません。

面接官の話が終わったタイミングで手早くメモを取りましょう。

メモを見ながら面接を受けない

女性

メモを見ながら面接を受けないことも大切です。

例えば「何かを購入する時に店員がメモ帳を見ながら商品の説明をした」というシチュエーションを考えてみてください。

メモ帳を見ているのですから当然こちらを見ていません。

そのような説明の仕方に信憑性を感じることはないでしょう。

転職面接も同じことがいえます。

採用後に「こんな活躍をしてみたい」という意欲があったとしても、メモを見ながら話したのでは面接官に上手く伝わることはありません。

メモを見なくても受け答えができるように事前の準備をしっかりして面接に挑みましょう。

転職面接でメモを取ることの印象

メモ

転職面接でメモを取ることについてどのような印象を与えるのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

この章では転職面接でメモを取ることで与える印象について紹介します。

一生懸命さや熱心さを感じてもらえる

やる気

面接時にメモを取ることで「仕事に対して熱心だな」「一生懸命に取り組んでいる」と面接官に感じてもらえることもあります。

その際にも一言かける・面接官の話を妨げない・手早くメモするといった基本のマナーがポイントになります。

ただし一生懸命さをアピールしようとしてメモを取りすぎるのは逆効果です。

何事もバランスが大切といえるでしょう。

またプラスの印象を感じてもらえるかどうは企業の業務内容や面接官によって異なります。

もし不安があるようでしたら転職エージェントに相談することをおすすめします。

面接の会話に集中してない印象を与えてしまう場合も

困る

一言かけて許可をもらったからといってメモにばかり集中しないようにしましょう。

応募者がメモを取っている間は面接官もマナーとして話を止めることになります。

時間を取らせていることを忘れないようにしましょう。

何より会話に集中していないというマイナスイメージを与えてしまいます。

作業中に集中しすぎてしまうタイプの人はメモを取ることを控えるほうが良いかもしれません。

メモをとることに関して不安がありましたら転職エージェントにご相談ください。

転職面接でメモ帳はどんなものを選ぶべき?

メモ帳

メモ帳はシンプルな物を選びましょう。大きすぎず取り出しやすいものがおすすめです。

リング形式のメモ帳はカバンやポケットから取り出す時に引っかかってしまうことがあるので注意してください。

カレンダーがついているものはスケジュール確認をすることもできます。

転職活動用のメモ帳として準備しておくと役に立つでしょう。

メモ帳はあくまでも転職用のものです。ファッションアイテムではないので派手なものは避けたほうが良いでしょう。

色は控えめなものが好印象を与えます。

 

ワンポイント
メモ帳はシンプルで控えめなものを選ぶ。

転職面接でマイナス印象を与えないためにできること

笑顔

面接中にメモを見ながら話すのはNGと解説しましたが、面接前の準備としてメモを活用することは有効です。

上手く利用すればマイナス印象を避けられるでしょう。

この章では転職面接でマイナス印象を与えないためにできることを紹介します。

事前に質問に対しての回答を用意しておこう

女性

面接の準備として想定される質問の回答をメモに用意しておきましょう。

転職面接ではいくつか定番の質問があります。

  • たくさんの企業の中から応募した企業を選んだ理由
  • 長所と短所
  • 短所をカバーするための工夫
  • 今までの業務内容と成果
  • 採用になったらチャレンジしてみたいこと

このような定番の質問にはある程度回答を準備しておくのが良いでしょう。

回答を準備しておくことで気持ちに余裕ができます。

実際の面接では説得力のある話ができるでしょう。

回答を箇条書きにしておくのがおすすめ

チェック

事前に用意する回答は箇条書きにしてメモしておくのがおすすめです。

箇条書きの利点はシンプルさになります。

話すべきポイントがはっきりして相手にも伝わりやすい返答ができるでしょう。

メモに書くことで自己分析ができると志望理由や長所・短所などを俯瞰的に見ることができます。

書くことで内容を覚えられますし面接前の予習にもなるでしょう。

用意した文章をそのまま読むのは印象が悪くなる可能性がある

メモを活用する際の注意点は面接時に用意した文章をそのまま読まないようにすることです。

仕事をしていると社内外の人に言葉で説明をする場面が多々あるでしょう。

その際に用意された文章を読むだけでは相手の信用を得ることは難しくなります。

また突然の要求や質問を受ける機会もあるでしょう。

転職面接での会話は実際に業務を任された時の対応力を見せる場でもあるといえます。

メモに書かれた内容をそのまま丸暗記した受け答えでは対応力を見せることはできないでしょう。

とはいえ面接は完璧さを求める場ではありません。

面接官の反応を見ながら真摯に答える方が面接官にも思いが伝わります。

面接官が聞きたいのはあなた自身の言葉だということを覚えておきましょう。

 

ワンポイント
マイナス印象を与えないためにできること
・質問に対しての回答を用意しておく
・回答を箇条書きにしておく
・用意した回答を自分の言葉で相手に伝える

転職面接中はメモを取ることより面接官との会話を意識しよう

会話

転職面接中はメモを取ることより面接官との会話を意識しましょう。

メモを取る時には顔が下向きになり相手の目を見て話すことができません。

そのような態度はマイナス印象を与えてしまいます。

面接官とアイコンタクトを取りながらコミュニケーションすることが大切です。

相手と会話しているということを意識しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

転職面接でメモを取るということはマイナス印象を与えるリスクがあります。

基本のマナーを押さえていても企業によっては快く思わないケースも見受けられます。

そんな面接での不安を解消してくれるのが転職エージェントです。

転職活動の悩みは転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

相手にプラスイメージを与えながら自己アピールできるノウハウを教えてくれるはずです。

面接での不安を解消して転職を成功させましょう。

まとめ

笑顔

転職面接でのメモの取り方について様々なポイントをご紹介させて頂きました。

重要な事柄をメモする姿勢は大切です。メモを取っていれば今後の転職活動に役立つこともあります。

一方でメモをとることにより面接官にマイナスな印象を与えることもあるようです。

マナーを守って良い印象を与えながらメモをとることを心がけてください。

面接で不安がありましたら転職エージェントを頼るのも一つの手です。

自分の良さを伝えて転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら