面接で周りからどう思われているかを聞かれることがあります。

面接官はこの質問で何を知りたいのでしょうか。

今回は、この質問に対する答え方を徹底的に解説しました。

Contents

面接で周りからどう思われているか聞かれた時の答え方を解説

考える

面接の際に「あなたは周りからどう思われていますか?」と尋ねられたら、どのように答えたらいいのでしょうか。

正直に答えた方が良いのか、何か特別な答え方があるのか、迷ってしまうところでもあります。

ここでは、この質問をされたときにどのような意図があるのかを踏まえ、適切な答え方を解説していきます。

注意点やNG回答例も載せましたので参考にしてみてください。

面接官の質問の意図を知ろう

面接

まずはこのような質問をされたときに、面接官がどのような意図で質問しているのかを知っておきましょう。

それにより自分の良さを生かした回答のヒントがつかめる可能性が高まります。

面接官はこの質問をすることで、応募者が自分をどのように把握しているのかを判断しています。

また、その人が仕事に向き合う姿勢がそこから垣間見え、自社の社風に合う人間なのかを見ているのです。

自己評価とのズレがないか

周りからどのように評価されているのかを聞くことで、本人が語る自己評価との間にズレがないかを確認しています。

例えば極端な例では、「私の強みはスピード感です」と言った人が「おっとりしていると言われます」と答えたらどうでしょう。

自分では早く仕事をしているつもりでも、周囲から見たらゆっくりしているように見えるのではないかと勘ぐってしまいます。

このように、本人の自己分析が的確であるか、自己PRの内容が思い込みでないかどうかをこの質問から判断しているのです。

仕事に向き合う姿勢を知りたい

オフィス

面接という特別な場ではなく、職場という普段の場で応募者がどのようにふるまうのかをこの質問を通して知ろうとしています。

仕事をしているときの素の姿を、面接官はその場で直接見ることができません。

そのため、応募者の周りの人というフィルターを通して、応募者の普段の姿を知りたいと思っているのです。

それを知ることで、日頃から仕事に対してどのような姿勢で臨んでいるかを判断したいと考えています。

社風と合う人なのか知りたい

周囲からどのように見られているかを聞くことで、応募者が周囲とどのように関わっているかも見えてきます。

その質問によって応募者の人柄を知り、自社の社風に合うかどうかを判断することができます。

例えば事務職と一口に言っても、一つのことに集中して取り組む職場か、周りと連携を取りつつ進める職場かなどは様々です。

その職場によって重視する部分が違い、その雰囲気や特色に合った人を採用したほうが長く働いてくれる傾向にあります。

そのため、自社に入社したら雰囲気になじんで長く働いてくれるかどうかをそこから判断しているのです。

 

ワンポイント
面接官はこの質問で応募者の考え方を知り、自社の社風に合う人物かどうか判断しています。

周りからどう思われているかの回答ポイント

人差し指

周りからどう思われているか聞かれたら、どのように答えるべきでしょうか。

ポイントとしては、まずは結論から話し、具体的なエピソードで補足するようにしましょう。

応募企業に合った内容で回答するのも重要です。

結論から話そう

面接に限らずビジネスの場では、まず結論から話すのが基本ルールです。

そうすることで相手がこれから話す内容を理解しやすくなりますし、話し手側も話の筋道が立てやすくなります。

まずは一言で「私は周りから○○と言われます」と結論を伝え、そのあとに具体的な説明をするようにしましょう。

最初に結論を述べた方が、相手も話の内容に興味を持ちやすくなります。

具体的なエピソードと併せて話そう

就活

周りからどう思われているかを話すには、実際に人からそのように言われたエピソードを話すのが一番伝わりやすいでしょう。

ただ人から言われた言葉だけを述べるのではなく、その前に自分のどのような行動があったかも順序だてて説明しましょう。

実際のエピソードがあれば周りの人との関わり方も伝わりやすくなりますし、話の内容に説得力が増します。

また、内容に整合性があるか、本人の思い込みでないかという点についてもそこで証明することができます。

ただし、具体的に話したいからといって、話の内容が冗長にならないよう注意しましょう。

できるだけシンプルにわかりやすく出来事を伝えられるのがベストです。

応募企業に合った内容で答えよう

自分では長所のつもりで話した内容でも、応募先企業の社風に合っていなければ印象が悪くなってしまう可能性があります。

例えば、一つのことに集中できるという長所があっても、マルチタスクを求められる職場ではふさわしくないと判断されるでしょう。

応募先企業で求められているスキルは、求人情報などの「求める人材」などの項目で確認できることが多いです。

その人材像と自分が重なるような良さを見つけ、その点について周りの人の言葉を引用してアピールできればベストです。

 

ワンポイント
結論から話して具体的なエピソードで説得力を増し、企業の社風に合うことをアピールしましょう。

良い情報だけでなく悪い情報も話そう

OKとNGのプラカード

面接であればもちろん自分のいい面を見てほしいものですが、もし悪い部分がある場合はその点も伝えた方が良いでしょう。

そもそも短所のない人間はいません。どんなに仕事で成功している人でも、短所はあります。

そのような短所があったとしても、仕事に支障がないかどうかを面接官は知りたいのです。

ただし、あまりにも包み隠さず悪い面ばかりを伝えてしまうと、悪い印象が強くなってしまうので伝え方に注意が必要です。

悪い情報を話す際は、それを自分の長所に変えるために努力していることをセットで話す必要があります。

そうすることで、自分の短所と正面から向き合い、改善する意欲のある人という印象を与えられ、向上心をアピールできます。

周りからどう思われているかの回答時の注意点

悩む

この質問に回答する場合の注意点として、嘘はつかないようにしましょう。

また、ビジネスにおいてマイナスになる印象の話は避けた方が無難です。

詳しく見ていきましょう。

嘘はNG

いくら自分を良く見せたいからといって、嘘をつくのはNGです。

そもそも軽率に嘘をついても、多くの場合は面接が進むにつれ矛盾が出てきてしまい、嘘だと見抜かれてしまうでしょう。

もしそこでバレなかったとしても、自分を偽って入社した会社に長く居続けられるものではありません。

結局は自分の首を絞めることになりかねませんので、くれぐれも嘘をつくのは避けましょう。

ビジネスの上でマイナスになる印象は避けよう

仕事をする上で明らかにマイナスになる印象は避けた方が良いでしょう。

例えば、「人との会話が苦手」「自己中心的」「ネガティブ」などは仕事をする上ではマイナスの印象となります。

たとえ改善する意欲を見せたとしても、「いずれ問題を起こすのではないか」という印象をぬぐい切ることはできません。

もし人からそのように指摘される場合は、言い方を変えて伝えた方が良いでしょう。

例えば「ネガティブ」であれば、今後起こりうる問題を想定しているという点で「危機管理能力が高い」と言い換えることができます。

このように言い方を工夫して、できるだけマイナスの印象を与えないように注意しましょう。

 

ワンポイント
嘘をついても百害あって一利なし。また、マイナスの印象は避けて発言しましょう。

周りからどう思われているかの回答例をチェック

キャリアウーマン

それでは、実際にどのように答えたらよいのか、具体的に回答例を見ていきましょう。

言い換えをする場合は、どのように言い換えたらよいかも参考にしてみてください。

「コミュニケーション能力が高い」と言われる例

私は、周りの人からは「コミュニケーション能力が高い」と言われます。

現在の職場で職員同士の間で意見の相違がある場合には、私が折衝をすることが多いです。

両方の意見をしっかりと聞くことで、交換条件を成り立ちやすくし、お互いの落としどころを見つけることができるのです。

一方で「おせっかい」と言われることもあります。

人によっては、私が面倒ごとにわざわざ横から首を突っ込んでいるように見えるのでしょう。

最近ではおせっかいと思われないように、まずはその人が助けを必要としているのか見極めてから話しかけるようにしています。

「おっとりしている」と言われる例

心を落ち着かせる女性

私は、周りの人からは「落ち着いた性格だ」と言われます。

私の周囲は仕事が忙しいこともあり、常にバタバタしています。

そんな中でも、できるだけ周りに振り回されたり気持ちを乱されないように、意識して気持ちを落ち着けているからです。

もちろん、急がなければならない仕事の場合は気持ちが焦ることもあります。

しかし、そのような状況でもミスがないように細心の注意を払っているため、周囲からは落ち着いていると思われるようです。

時には「おっとりしている」と言われることもありますが、仕事が遅いとは思われないように、計画的に進める努力をしています。

「ネガティブ」と言われる例

私は、周りの人からは「危機管理能力が高い」と言われます。

仕事がうまくいっているときでも、もしかしたらこんな問題が起こるかもしれないと常に予測しているからです。

そのため、何も問題が起こらないときは「ネガティブ」ととらえられることもあります。

しかし、いざ問題が起こったときに、私があらかじめ準備していた対処方法で事態が収まることが実際に何度もありました。

そのことで、周りの人からは危機管理能力を評価されています。

周りからどう思われているかのNG回答例

バツ

逆に、良くない答え方というのはあるのでしょうか。

まず、短所を話した後に改善の意欲を見せないという答え方は避けましょう。

これでは悪印象ばかりが後を引いてしまいます。

もう一つは、企業の求める人材像に即していない答え方もNGです。

下手をすると、的外れな返答をするコミュニケーション能力の低い人と思われてしまうので注意しましょう。

少し極端ですが、実際にNG回答例を用意してみましたので参考にしてください。

短所を改善する意欲を見せない例

「私は人から「時間にルーズだ」とよく言われます。

悪気があってやっているわけではないのですが、ついつい寝過ごしたり、気が付いたら思ったより時間が進んでいるんです。

おかげで友人からは、いつも30分早い集合時間を伝えられているみたいです。」

これでは、時間にルーズであることをあきらめて受け入れてしまっていると思われます。

自社に入社したら頻繁に遅刻したりトラブルを起こすに違いない、と思われてしまうのでよくありません。

求める人材像に即していない例

リーダーシップが求められる職場で、このような回答をしたらどうでしょうか。

「私は人から、『協調性がある』とよく言われます。

できるだけ周囲と足並みをそろえて出過ぎた真似をせず、職場の和を大切にしているからです。

また、上司に言われた仕事はしっかりとやり切り、毎回高い評価をいただいています。」

本人は長所をアピールしているつもりなのですが、企業の求める人物像には全く即していません。

周囲の顔色を窺って自分の意見を言えない人、言われたことしかできない人と思われてしまうのでよくありません。

事前に複数人から自分の印象を聞いておこう

話をする女性

今までの経験から「人にこう思われている」という確証がない人は、ぜひ周りの人に自分の印象を聞いておきましょう。

例えば身近な家族や友人に、自分のいいところと悪いところを挙げてもらうのがおすすめです。

第三者の意見を参考に、人からどう思われているのか、自己分析と大きな違いがないかなどをチェックしてみましょう。

また、あまり親しくない人からの意見も聞いてみることをおすすめします。

その方が、仕事での付き合いの距離感に近い場合もあり、オフの自分とは異なる面が見えてくる可能性があるからです。

 

ワンポイント
あらかじめ周囲の複数の人に、自分のいい印象や悪い印象を聞いておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

カウンセリング風景

面接でどんなことを聞かれるか、どのように答えたらいいかという疑問を解決するには、転職エージェントに相談してみましょう。

実際にキャリアアドバイザーがあなた自身のことをヒアリングし、自己分析や面接対策をサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で利用できますので、どんな悩みでも気軽に相談できます。

一人で不安を抱えながら悩み続けるよりも、プロに相談して確実に転職を成功させましょう。

まとめ

ポイント

面接で「周りからどう思われているか」を聞かれた場合は、いい面と悪い面を答えましょう。

その上で悪い面を改善する意欲を見せることがアピールになります。

嘘をついたり、企業の求める人材に合わないような答え方は避け、自分の良さを伝えられる答え方を研究しておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら