転職エージェントを利用すると転職に関する疑問や悩みを相談できます。

面談で自分の希望する転職先を紹介してもらったり、面接や職務経歴書など転職に関するあらゆるアドバイスをもらえるのです。

今回は転職エージェントとの面談の内容や目的と面談当日の流れ、面談前に準備しておくことなどを紹介します。

Contents

転職エージェントの面談内容を解説

パソコン

転職活動は自分一人で行うこともできますが、転職の疑問や不安を解消できずに抱えたままとなってしまう場合もあります。

そうした疑問や不安を相談したり、転職のサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用して転職活動をする場合、転職先の希望条件などを伝える面談が大きなカギを握ります。

この時に自分の希望やアピールポイントをしっかりと伝えられるかどうかで、紹介される案件も変わってしまうでしょう。

転職を成功させるためにも、転職エージェントとの面談の準備もしっかりと行いましょう。

転職エージェントの面談の目的や流れを知ろう

ここでは、転職エージェントの面談の際の目的や、面談がどのように進められていくのかを解説します。

どんなことを聞かれるのかについても説明していきます。

面談の「目的」

ポイント

転職エージェントとの面談の目的は、求職者の希望する案件を紹介することです。

そのために求職者の現状や、どんな業界や職種を希望しているのかなどの希望条件を担当の転職エージェントが把握します。

転職を考えている理由や職務経歴書を見ながら、転職エージェントと自分のキャリアを見つめなおすよい機会となるでしょう。

さらに、転職エージェントに相談することで自分では気づけなかったアピールポイントに気づくこともあります。

企業にアピールできる強みや、考えていなかった職種に活かせるキャリアに気づくことができる場合もあるでしょう。

また、より良い転職をするために、サポートしてくれる転職エージェントとの人間関係を深めるための場でもあります。

面談の「流れ」

面接する女性

転職エージェントの面談では、まず求職者の担当になる転職エージェントと自己紹介をお互いにします。

そのときに、転職エージェントの略歴や得意とする業界、職種などを知ることができます。

それを知ることで、自分の希望する分野は得意なのかどうかを先に把握し、転職活動に役立てることができるでしょう。

自己紹介の後に行うのが、求職者の現状転職を考えている理由の確認です。

この時、経歴・今までに経験したことのある職種・具体的な仕事内容を職務経歴書と照らし合わせて確認されます。

さらに今までの職歴でのキャリアや実績などを詳しく聞かれることが多いです。

続いて、希望する転職先の条件転職時期についての希望があるかといったスケジュールについて確認されます。

条件が多い場合などには希望条件の優先順位を決めていくこともあるでしょう。

ヒアリングした職歴や希望条件などをもとに、求職者にあった転職先の求人案件を紹介してくれます。

なお、紹介された求人案件に必ず応募しなければいけないということはないので安心してください。

どんなことを聞かれるの?

転職の理由に繋がることもあるため、在職中の場合は現職での仕事の問題点や悩みなどを聞かれる場合もあります。

求職者の現状を把握するために、他社のエージェントに登録しているか、現在仕事をしているかを聞かれることもあります。

他社のエージェントに登録している場合は、求人のエントリー状況などを知っておくことで求人紹介の重複を避けるためです。

さらに転職を考えている理由・今までに経験した職業・業務内容・実績などを詳細に聞かれます。

これらを詳細にヒアリングすることで、転職先で活かせる強みアピールポイントを探っているのです。

転職先の条件として、職種だけでなく年収や福利厚生、勤務地や勤務時間、休日などの希望も聞かれます。

しかし、現実にはすべての条件が揃う職場はそう多くありません。

これは譲れないという条件を事前に考えておくか、転職エージェントと一緒に話しながら決めていくこともできます。

また、将来的にどんなキャリアを目指しているのかといったキャリアプランを聞かれることもあります。

求職者の思い描くキャリアプランを実現するために最適な案件を紹介するためには重要な情報となるでしょう。

面談前に準備しておくものはある?

転職エージェントとの面談前に準備しておく書類がいくつかあります。

面談をスムーズに進行させるためにも、準備しておきたいことについてもご説明していきます。

履歴書や職務経歴書

履歴書

履歴書と職務経歴書は事前に準備し、担当の転職エージェントに面談前に郵送しておくことがおすすめです。

事前に郵送することで転職エージェントが自分の経歴を面談前に把握できます。

面談の際の経歴などの説明を最初からしなくてもよいので、面談がスムーズに進めることができるでしょう。

また、転職先で実現したいことや希望条件などを職務経歴書に記入して郵送するか、事前に伝えておきます。

そうすることで、面談当日に求人票を見ながら相談もでき、求人案件も紹介してもらうことができます。

郵送しない場合でも履歴書と職務経歴書は事前に準備し、当日忘れずに持参しましょう。

その他準備しておくこと

面談前に転職の希望条件聞いておきたいことなどは事前に整理しておきましょう。

聞きたい内容はノートに書き出しておくことをおすすめします。

事前に整理しておくことで面談後に、聞き忘れたということにならずに済むでしょう。

面談当日に書類を渡されることもあるため、大きめのサイズのバックがおすすめです。

また、転職活動のアドバイスなどをメモするために、筆記用具もバックに入れておくと安心です。

 

ワンポイント
面談をスムーズに進めるためには事前準備が大切。

転職エージェントとの面談当日のポイント

転職エージェントとの面談の際に、言いづらいことや、どこまで話した方がいいか悩むという人もいるでしょう。

面談当日に意識したい3つのポイントをご紹介します。

本音で話そう

面接

転職エージェントに話しづらい内容や、複雑な内容で説明しづらいことがあるかもしれません。

その場合でも正直に話すことが大切です。

転職エージェントは、求職者から聞いた話をすべてそのまま企業に伝えるわけではないからです。

また、自分が話さないことで本当に希望している条件のそろった案件を紹介してもらえない可能性もあります。

自分の希望する仕事に就くためにも、転職のパートナーである転職エージェントに本音を話すことは重要なことです。

ネガティブな内容も伝えよう

考える

過去の退職理由が給料面での不満や、人間関係の問題などネガティブな理由の場合もあるでしょう。

それを正直に伝えると、転職活動にマイナスになってしまうのではと考えているかもしれません。

しかし、これらも正直に伝えることで企業との面接の際どのように説明したらよいかアドバイスをもらうことができます。

転職活動の状況を共有しておこう

転職エージェントに自分の転職活動の現状を伝え、他社のエージェントにも登録している方はその旨を伝えておきます。

他社のエージェントに登録しているからといって不利になることはありません。

先述した通り、求職者が他社に登録していることを知っておくことで二重に求人紹介することを避けることができます。

転職活動の状況を伝えることで、その時困っていることを相談したり状況にあわせたアドバイスを受けることもできるでしょう。

また、自分で求人を見て応募したものがあればそれも伝えておくようにしてください。

面談で転職エージェントに相談したいこと

不安に思っていることやわからないことは、面談で転職エージェントに話しておくことが必要です。

転職活動中の悩みや不安を転職エージェントと共有しておくことで、適切なアドバイスをもらうことができます。

転職が初めての人

新入社員のイメージ

転職が初めての方には、担当の転職エージェントから転職に関する全般の情報を説明してもらえます。

転職活動の流れや転職市場の現状・面接対策・履歴書や職務経歴書の上手な書き方などわからないことは何でも相談できます。

初めて転職する場合は転職の基本的なことから聞くことのできる、心強い存在になるでしょう。

職歴が多かったり在籍期間が短い人

職歴が多い場合や、職場の在籍期間が短い場合に転職エージェントに相談したいという人もいるでしょう。

これまでの職歴などを口頭ですべて説明すると時間がかかる場合は、職務経歴書に記入して相談することをおすすめします。

その際、転職で活かせる職歴・経験・実績があればそれらをピックアップしておくとよいでしょう。

それにより転職エージェントは職務経歴書を見ることでアピールポイントを把握することができます。

また、職歴が多いなどの場合は面接などで企業側からその理由を質問されるものです。

求人案件に応募する際の書類の書き方や、面接での経歴を説明する際のアドバイスを受けることもできます。

アピールできることや実績がない人

悩み

アピールできる特技や実績がないと悩んでいる人もいるでしょう。

その場合は転職エージェントに相談することで自分では気づいていない強みを発見できる場合があります。

自分一人で考えていると強みだと感じていなくても、第三者の視点でみると十分アピールできるという場合もあります。

それにより自分だけでは気づけなかった強みや個性を知ることができるでしょう。

また、それらのアピールポイントを企業へアピール方法もアドバイスしてくれます。

 

ワンポイント
転職エージェントに相談したい内容は事前にまとめておこう。

転職エージェントとの面談で注意すべきこと

転職エージェントとの面談は面接ではないので、緊張せずに自然体でのぞんでいただいて構いません。

悩みや不安も遠慮せずに相談できますが、注意しなければいけないこともあります。

不平不満を言うだけは避けよう

バツ

面談の目的は求職者の実績や強みを転職エージェントと共有することで、希望が叶う転職先を紹介しサポートすることです。

希望する転職に関係するような不満であれば話しても構いませんが、不平不満ばかり話すのは避けましょう。

不満ばかりを聞いても転職エージェントはそこから転職を成功に導くことはできません。

転職エージェントにしっかりとサポートしてもらうために、自分も前向きに考えて取り組むことが大切です。

ウソをつくのはNG

転職活動を有利に進めるために、経歴や実績などにウソをつくのはNGです。

転職エージェントからの信頼を失うだけではなく、今後のサポートを断られることもあります。

ウソをついて希望の職種に転職できたとしても、業務をこなせなかったりウソがばれて内定を取り消されることもあります。

それによりまた転職しなければならない状況になってしまうこともあり得るでしょう。

場所や時間は自分の都合に合わせてくれる?

面談

転職エージェントとの面談場所は、会社内の個室やパーテーションで仕切られたスペースなどがほとんどです。

近くに転職エージェントの支店がない場合や、会社まで面談に行くのが難しいという場合は電話での面談になることもあります。

面談を受けられる時間や面談にかかる時間は会社によって異なり、平日の夜や土日でも面談を受け付けている会社もあります。

時間は平均的に1時間から1.5時間が目安です。

ただし、具体的な転職方針が決まっていない場合にはさらに時間がかかることがあります。

今後の転職活動を話し合う大切な場なので、時間には余裕を持って面談の予約を入れるようにしてください。

もし急用や体調不良などで面談をキャンセルしなくてはならないという場合は事前に連絡しましょう。

なるべく前日までには電話かメールでキャンセルの連絡をするようにします。

キャンセルの連絡を早めにすると、改めて面談の日程の予約を入れることができる登録会社もあります。

当日の、体調不良でのキャンセルの場合も必ず連絡を入れましょう。

登録会社によって、後日に面談の日程の予約を入れることができる場合と、できない場合があります。

面談に遅刻してしまう場合はキャンセル時と同様に早めに電話をし、2~3分の遅れでも連絡しましょう。

20分や30分と大幅に遅刻してしまうということもあるかもしれません。

大幅に遅れた場合は、次の時間に他の登録者の予約が入っていればそちらに影響してしまうこともあります。

そのため改めて面談を予約することになることが多いです。

また、転職エージェントによっては出張面談を実施しているところもあります。

しかし基本的には電話での面談や会社まで出向くケースがほとんどです。

 

ワンポイント
落ち着いて話せるように面談の時間は余裕を持って予約しよう。

転職エージェントとの面談に関する疑問

転職エージェント

ここまで転職エージェントとの面談の流れや注意点などを解説してきました。

その他の面談に関してよくある疑問を説明します。

まず面談の回数は何回あるのか、という疑問を持つ人もいるでしょう。

登録会社にもよりますが、基本的には登録時に1回というケースが多いです。

中には、就職が内定した後に細かい条件などの交渉のために面談を行う会社もあります。

また、面談時の服装についても気になるところです。

面談は転職先の企業での面接ではないので、スーツを着用する必要はありません。

服装の決まりはないところが多く、スーツでも可能ですし、普段の服装で構わないというところがほとんどです。

ただし、普段の服装といっても転職に関する話をするため最低限のマナーを考えた服装を心がけましょう。

 

ワンポイント
服装はビジネスマナーを意識した身だしなみを心がけよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

転職エージェントは、転職に関するあらゆる相談に乗ってくれる存在です。

職種などがまだ具体的に決まっていない場合は、今までの経歴を見て一緒に考え、アドバイスしてもらうこともできます。

さらに面接対策の相談やアドバイスもしてくれます。

非公開の求人情報も保有していますので、その求人情報を紹介してもらうことができます。

転職エージェントに相談することで転職の不安や悩みを解消することができるため、ぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

笑顔

転職エージェントとの面談は、自分に合った転職先を紹介してもらうためにとても大切です。

不安に思っていること・悩み・聞いておきたいことなどは遠慮せずに質問しましょう。

面談の際、不満を吐き出すだけで終わったり伝え忘れたりすると、最適な案件を紹介してもらうことが難しくなってしまいます。

面談をスムーズに進めるためには、事前準備をしっかりと行うことが大切です。

転職エージェントとの面談を有意義なものにして、転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら