転職面接で言葉に詰まった経験はありませんか?

あなた1人に対して複数の面接官が相手なので、緊張して言葉が詰まるのは仕方ないことです。

しかし、せっかく面接に辿り着いても言葉が詰まってしまえば内定を勝ち取ることは難しいかもしれません。

そこで当記事では、言葉に詰まった時に有効な対処法や言葉が詰まった時のNG行動を解説します。

Contents

女性が転職面接で言葉に詰まった時の対処法を解説

笑顔の女性

転職面接で言葉に詰まることはよくあるものです。

その原因として頭が真っ白になった、想定外の質問がきた、急に体調が悪くなったなどが考えられます。

一度言葉が詰まってしまうと、軽いパニックに陥りそれ以降の質問もうまく回答することができないでしょう。

想定外の事態が起きても、できるだけ早く頭を切り替えることが重要です。

言葉に詰まったら適当に濁すのではなく、簡単な回答を思い浮かべて乗り切りましょう。

そして後の質問まで引きずらないよう、「ミスしてしまった」と考えないことがポイントです。

面接官の質問には2つの種類がある

お任せ

転職面接における質問では、定番の質問から緊張をほぐすための質問まであらゆる内容が質問されます。

面接官はその場の思い付きで質問しているわけではなく、ある程度前もって準備しているのです。

では具体的にどのような内容の質問をされるのでしょうか。

大きく分けて2つの種類があるのでそれぞれみていきましょう。

正解のある質問

正解のある質問とは答え方に「型」がある質問と捉えましょう。

具体的には志望動機や転職理由が考えられます。

志望動機は会社に対する志望度の深さと直結する質問です。

なぜあなたがこの会社を志望したのか、会社に対する熱意を読み取ることができるでしょう。

また、転職理由はなぜ前職を辞めようと思ったかが問われています。

前職に対する不満などネガティブな回答は避けましょう。

どのような質問であれ、転職面接において前職に対する不満を述べるのはNGです。

面接官に悪い印象を与えしまいますから十分注意してください。

意見を求めている質問

具体的には面接の最後で質問される「当社の課題点は何ですか?」というような質問です。

意見を求めている質問には正解がありません。

自分たちの会社に関心があるのか、どれほど企業研究や業界研究を行ってきたかチェックしています。

たとえ面接が上手くいかなかったと感じても、意見を求められる質問で十分逆転できる可能性があるのです。

志望度の高さをアピールするため、その企業が力を入れていることなど事前に調べておきましょう。

 

ワンポイント
面接官の質問には「正解のある質問」と「意見を求めている質問」の2種類がある!

面接官が見ているのは?

法律家に相談

転職面接では質問の意図を捉え的確に回答することが何よりも重要です。

しかし、面接官が見ているのは回答内容だけではありません。

質問に対するあなたの対応力も同時にチェックしています。

定番の質問だけでなく、あえて答えにくいような質問をされることもあるでしょう。

それは、回答しようとする姿勢や無意識のうちに現れているあなたの行動、仕草を評価しているのです。

面接での対応力は仕事にも直結します。

とはいえ、予想外の質問がきたら誰でも慌てるものです。

では、面接で困難な場面が訪れ言葉に詰まった場合はどのように対応すべきなのでしょうか。

続けてご説明します。

面接で言葉に詰まった時に取るべき行動は?

資料を見る女性

入念に面接の準備をしても、いざ本番になると頭が真っ白になることはよくあります。

では本番の面接で言葉が詰まった時にはどうすればいいのでしょうか。

一度言葉が詰まるとパニックになり、その後の質問にまったく集中できない状態に陥るかもしれません。

そこで、次にお伝えする4つのポイントを心掛けてみてください。

確認質問をしよう

質問の意味がよくわからない場合は、「その質問は〇〇ということでしょうか」と確認しましょう。

質問内容を自分で解釈し、聞かれたことと全く違う内容を答えるのは避けたいところ。

質問の意味が分からない時は素直に確認質問をしてください。

確認することは恥ずかしいことでも間違ったことでもありません。

考える時間をもらおう

トラブル

言葉に詰まったら「少々お時間頂けますか」と伝えて、改めて質問の回答を考えましょう。

面接では沈黙状態が続くことは避けたいところです。

あなたが何も話さずにいると面接官としても困惑してしまいます。

言葉に詰まったからといって直接採用に影響することはないでしょう。

したがって、言葉に詰まったら「少々お時間頂けますか」と素直に伝えましょう。

一度考える時間をもらうことで心を落ち着かせることができます。

考える素振りを見せよう

言葉に詰まったら考える素振りを見せましょう。

適切な回答が思いつかないからとはいえ投げやりな回答をするのは良くありません。

あなたの印象が悪くならないよう、考える素振りを見せて意欲をアピールしましょう。

ただし、考えている最中に視線をキョロキョロさせるなど落ち着かない仕草を見せるのはNGです。

このような仕草は無意識のうちに出ている可能性があります。

動画を撮影しながら面接練習するなど、普段から注意してください。

言葉に詰まっても一生懸命さが伝わるようにしよう

言葉に詰まったとしても一生懸命さが伝わるようアピールしましょう。

場合によっては明らかに回答が難しい質問をされる時があります。

そのような質問は、正確な答えよりもあなたの対応力をチェックしているのです。

上手に答えられなくでも大丈夫だと自分に言い聞かせましょう。

ただし、難しい質問だからとはいえ投げやりな回答をするのはNGです。

難しいなりに一生懸命考えたことが伝わるよう、熱意をアピールしてください。

 

ワンポイント
言葉に詰まったら確認質問をしたり考える時間をもらったりして乗り切ろう!

面接で言葉に詰まった時のNG行動

NG

面接で言葉に詰まってしまうのはしょうがないことです。

しかし、うまく受け答えできない場合でも対応1つで面接官に良い印象を与えることができるでしょう。

そのためには言葉に詰まった時のNG行動を知っておく必要があります。

具体的に3つのNG行動をご紹介します。

そのまま沈黙する

言葉に詰まった時、そのままずっと何も話さず沈黙してしまうのは避けましょう。

面接官が気を遣ってフォローするという事態は避けたいところです。

しっかりした回答をしようと一生懸命考えた結果として沈黙することもあるでしょう。

しかし、沈黙状態が長く続いてしまうと面接官に回答を放棄したと捉えられる危険性があります。

すぐに言葉が出てこなければ答えるための時間をもらいましょう。

「えっと」や「あの」などの言葉

困るビジネスウーマン

言葉に詰まったとしても「えっと」や「あの」といった発言は避けましょう。

このような言葉は、話し出す前に数秒の考える時間を生むため便利な言葉です。

しかし面接官の立場からすると、意図的に考える時間稼ぎをしていると捉えられる危険性があります。

考える時間が欲しい時は、質問を受けた後に「少々お時間頂けますか」と伝えてください。

話す前に「えっと」や「あの」が出てしまう人は口癖になっています。

大切な面接の場で癖が出てしまわないよう、普段の会話から意識してみてください。

「わかりません」はNG

笑顔でばつの札をあげる女性

どのような質問に対しても「わかりません」と答えるのだけは避けましょう。

「わかりません」は回答を放棄したこととイコールです。

つまり意欲が低い、志望度がそれほど高くないという悪い印象を与えることにつながります。

したがって、難しい質問がされたら分かるところまで答えましょう。

どうしても答えられない時は?

悩む

どれだけ一生懸命に考えても答えられない時はどうすればいいのでしょうか。

具体的な対策と答えられない時の例文をご紹介します。

非を認めて向上心が見える対応をしよう

難しい質問に対して「分かりません」という回答は絶対にNGです。

また、何も話さず黙り込んでしまうということも避けましょう。

その上でどうしても答えられなければ、現段階で分かるところまで答えてください。

何も答えないより、一生懸命考えて回答を導き出すという姿勢が評価されるかもしれません。

また、どうしても答えられない時用の回答パターンを事前に作っておくことをおすすめします。

答えに苦労しながらもその状態を乗り切ろうとする気持ちがあることをアピールしましょう。

難しい質問がされたときの回答例

○○については○○だと思います。しかし私の勉強不足のせいで現段階ではここまでしか回答できません。

もう少し深く業界研究をすることで、○○について詳しく学ぶことができると感じました。

したがって、私のこれからの課題は業界研究を深く丁寧に行うことです。

その結果として、○○についてより詳しく知見を深め御社とともに成長したいと思います。

 

ワンポイント
言葉に詰まっても黙り込むことは避け、一生懸命考えていることをアピールしよう!

答えづらい質問は事前に対策しておこう

オフィスにいる女性

面接ではあなたがどうしても答えにくいような質問をされることもあるでしょう。

本番の面接で焦らないよう、あらかじめ答えづらい質問がくるものだと想定しておくことが重要です。

ここでは、特に言葉が詰まりがちな志望動機転職理由について対策方法をご紹介します。

志望動機に具体性がない場合

志望動機は会社が一番気になる質問です。

志望度の高さと直結する質問ですから、中身の濃い回答をする必要があります。

自分では良い内容の志望動機だとしても、客観的にみればイマイチということはよくあるもの。

したがって、自己分析や業界研究を徹底的に行ったうえでもう一度志望動機を見直してみましょう。

意外な見落としがあるかもしれません。

具体性がない志望動機は面接官も深掘りしてきます。

本番の面接で質問されて困らないよう、あらゆることを詳しく調べておいてください。

転職理由がネガティブな場合

本当の転職理由がネガティブな場合は非常に答えにくいかもしれません。

面接官としても、また同じような理由で辞めるのではないかと疑心暗鬼になるでしょう。

したがって、転職理由はポジティブなものに変換して伝えてください。

具体的には、前職での経験を活かしてスキルアップしたい、未経験の職種にチャレンジしたいなどが考えられます。

転職面接で嘘をつくことはNGですが、すべて正直に話す必要もないのです。

ネガティブな転職理由はうまく言い換えて、ポジティブな内容で伝えてください。

言葉に詰まっても前向きな姿勢を見せよう

指を指す女性

言葉に詰まったとしても、一生懸命答えようとしている姿勢を見せることがポイントです。

基本的にどのような質問に対してもスラスラ回答することがベストといえます。

目の前の応募者はしっかり準備して意欲が高い人だ、と良い評価をもらえるでしょう。

しかし、言葉に詰まりながらも頑張って答えようとする姿勢も、高評価に繋がることがあります。

難しい質問だと感じた時は仕方ないと割り切り、頑張っている姿勢を面接官にアピールしてください。

また、自分では適切な回答ができていないと思っても意外に高評価をもらえている場合があります。

もし言葉に詰まったとしても最後まで諦めないでください。

 

ワンポイント
言葉に詰まっても諦めない!前向きな姿勢をアピールしよう!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコン、女性

あなたの希望を叶えたうえで転職を成功させるには、転職エージェントに相談することが近道です。

転職エージェントは転職のプロですから、最適なアドバイスであなたを転職成功に導いてくれるでしょう。

転職の悩みは1人で抱えないでください。

また、転職活動では第三者の視点で客観的に評価してもらうことが大切です。

特に面接時の適切な対応の仕方を1人で身につけるのは至難の業。

転職のプロであるエージェントを頼って客観的にチェックしてもらいましょう。

また、エージェントを活用することであなたの希望にあった転職先が見つかることにもつながります。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れてください。

まとめ

ガッツポーズ、女性

どれだけ入念に準備しても、極度の緊張などのせいで言葉に詰まってしまうことはよくあります。

しかし言葉に詰まったとしても決して慌てず、大丈夫だと自分に言い聞かせてください。

一度深呼吸することで心を落ち着かせ、冷静になることができます。

また、言葉に詰まったとしても「分かりません」という回答は避けましょう。

回答に時間がかかるようなら「少々お時間頂けますか」と考える時間をもらうことも1つの手です。

また、答えにくい質問については事前に回答を準備しておくことが大切です。

面接対策を1人で行うのは難しいので、エージェントを活用しながらうまく乗り越えてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら