販売士検定は販売職の転職に有利な資格だといわれています。

そのため現在販売職へ転職を考えている方の中には販売士検定の取得を考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は販売士検定を転職に活かそうと考えている方に向けて解説を行っていきます。

販売士検定を取得するメリットや資格の将来性なども併せてご紹介するので、資格取得の検討材料にしていただければ嬉しいです。

販売職の転職に有利な販売士検定を解説

ガッツポーズをする女性

販売士検定は顧客のニーズに合わせて商品を販売する能力を問われる資格です。

この資格を取得することで販売職として仕事をする上で必要となる知識を身に付けることができるでしょう。

それだけでなくこの資格取得に向けて勉強することで店舗を管理・運営したり商品を企画したりする際にもその知識を活かすことができます。

販売職としての転職に有利なだけでなく、そこからのキャリアアップにも役立てることができる資格なのです。

販売職を始めとした小売業のプロとして働く上で、販売士検定で問われる知識は必要不可欠です。

今回は販売職の転職に有利であるといわれる販売士検定について解説をしていきます。

販売士検定の特徴

考える

販売士検定にはその知識の専門性別に3級から1級まで存在しているため、どれを受験するか選ぶ必要があるのです。

ここでは販売士検定の3級から1級までのそれぞれの特徴について解説していきます。

以下の特徴を理解して自分に合ったものを選択して受験すると良いでしょう。

3級の特徴

3級では販売員として重要となる接客マナー販売技術などについての知識が問われます。

そのため売場の販売員として働く方には最適な資格です。

接客業務の基本的な部分に関しての知識が問われるため、接客に対しての知識を深めたい方に最適だといえるでしょう。

3級は2月と7月に試験が行われるため、年に2回受験することが可能です。

2級の特徴

考える女性

2級はそこから更に専門的な知識が必要となり、3級の知識にプラスして従業員の指導・育成仕入れ・在庫管理などの知識も問われます。

販売員としての知識に加えて店舗を管理する立場として働く知識を習得したいという方に最適です。

店舗管理の職種へ転職しようという方は2級を取得すると良いでしょう。

2級は3級と同じく2月と7月に試験が行われるため、年に2回受験することができます。

1級の特徴

1級ではそこから更にランクが上がり、商品企画からマーケティングまでの幅広い知識が問われます。

人事・労務・財務管理などといった企業経営に関わる知識も求められるため、経営者・店長などとして働きたい人に最適です。

この1級を取得した人材は販売士のプロフェッショナルだといえるでしょう。

1級は2級までとは違い、2月のみしか受験することができないため、受験する機会は年1回となっています。

販売士検定の試験内容や合格率

考える人

次は販売士検定の試験内容合格率について解説していきます。

先述した項目では3級から1級までの出題内容について述べてきました。

次はこの資格の試験全体ではどのようなことが問われるのかと、具体的な合格率の数字についてご紹介します。

試験内容

販売士検定では3級から1級まで以下の科目が出題されます。

  • 小売業の類型
  • ストアオペレーション
  • マーケティング
  • マーチャンダイジング
  • 販売・経営管理

全て共通の科目が出題されますが、級によってレベルや出題数・試験時間などが異なるため注意が必要です。

1級と3級では出題する内容も大きく違うため、受験する級に応じて対策も変わってくると考えられます。

それぞれの級でどういった問題が出題されるのか参考書などで確認して自分に合った級を受験するようにしましょう。

合格率

次は販売士検定の合格率についてご紹介します。

合格率は3級と2級は大きな違いはありません。

どちらも65%前後となっており、対策を行えばそこまで難しい資格ではないと考えられます。

参考書などで出題される内容を学習して試験に臨みましょう。

しかし1級の合格率は25%前後となっており、難易度が急激に上がっていることが分かります。

1級を受験しようと考えている方は、十分に勉強期間をとる必要があるでしょう。

 

ワンポイント
・試験内容は1から3級まで共通だがレベル出題数・試験時間などが異なる
・合格率は3級と2級は65%前後、1級は25%前後

求人例から販売士検定の資格が役立つ仕事をチェック

パソコン

次は求人例から販売士検定の資格が役立つ仕事について解説していきます。

以下のような職種では販売士検定の資格が役立つと考えて良いでしょう。

販売員

百貨店や小売店などの販売員は接客・レジ打ち・金銭管理・在庫管理・店舗レイアウトなどの業務を行います。

その業務の中では販売士検定を受験するにあたって培った知識が役立つことでしょう。

特に販売士検定を取得するにあたって学ぶストアオペレーションの知識は販売員として仕事を行っていく上で大変効果的です。

ストアオペレーションは販売職で欠かせない販売の手順を体系化することを目的としたものとなっています。

そのためこの知識を習得しておくことによって、販売員としての業務を効率的に行っていくことが可能です。

企画・開発

販売職以外にも商品企画・商品開発といった職種では、新商品の企画や既存商品の改良の企画、トレンド分析などが主な業務に含まれます。

こういった職種においても、販売士検定で得た知識というのは大きく役立つのです。

例えば販売を促進していくための企画を考えたり商品の予算策定をしたりする際にはマーチャンダイジングの知識が役立つことでしょう。

マーチャンダイジングとは自社の商品をどうやって消費者に届けるかの活動・企画・管理を表す用語となっています。

日本語では商品化計画とも呼ばれますが、消費者のニーズに合わせた商品を作ったり最適な時期に発売したりするために必要となる知識です。

販売職からのキャリアアップとして企画・開発といった職種に就くのも良いでしょう。

販売士検定を取得するメリットは?

悩むビジネスウーマン

次は販売士検定を取得することの具体的なメリットをご紹介していきます。

以下のようなメリットがあるということを知ることで、自分がこの資格を取得すべきかが明確になることでしょう。

接客や店舗経営の知識が身に付く

販売士検定を取得することで販売員として働くのに必須である接客の知識が身に付くだけでなく、店舗を経営する知識も身に付けられます。

小売店の店長や経営者に転職したいという方はこうした知識を身に付けておくと効果的に業務を行っていくことが可能です。

また、どうすればより顧客のニーズに合わせた店舗作りができるかということを学ぶこともできます。

販売士検定の取得にあたって身に付けることとなる知識は店舗を経営していく上で大変役立つのです。

は販売士検定を取得しておくことで販売職からのキャリアアップを狙うことも可能となるでしょう。

転職で有利になる

キャリアウーマン

販売職も含まれる小売や流通業界への転職を考えている方は販売士検定を取得しておくことで転職活動で有利になると考えられます。

そうした業界へ転職するために、転職活動を行おうと考えている方はこの資格の取得に向けて今の内から勉強をしておくと良いでしょう。

受験する機会が限られているため、事前にその時期に合わせて取得できるように対策を練っておく必要があります。

具体的に資格を転職活動で活用するためにスケジュールを立てることで、資格取得に向けた道筋を考えることが大切です。

転職活動というのは多忙になりやすいためスケジュール調整は必須だといえるでしょう。

転職までの期間に間に合うように資格を取得することが重要なポイントとなります。

 

ワンポイント
・接客や店舗経営の知識が身に付くため販売職などの業務に活かせる
・資格を取得していることで販売士としての知識を証明できるため転職活動で有効

販売士検定の転職への活かし方

人差し指を指す女性2

転職で有利になるということは先述した通りです。

しかし販売士検定が具体的にどのような形で活かせるのか分からないという方もいるでしょう。

そうした方に向けて、どうすれば転職活動に活かしていけるのかを解説していきます。

何級から履歴書に書ける?

もし3級しか販売士検定を取得していない場合であっても、履歴書に書いた方が良いでしょう。

この資格は小売・流通業界において大きな効果を発揮する資格です。

特に販売員や小売店の店長に転職しようと考えている方は3級であっても販売の知識があることを証明できるため大変有効となります。

3級であっても履歴書に書いて自身の販売士としてのスキルをアピールすると良いでしょう。

もし2級以上を取得できれば更に専門的な知識があると証明することが可能です。

もし販売士としてより専門的な知識を習得していることをアピールしたい場合には、3級ではなく2級の取得を目指すと良いでしょう。

資格を最大限アピールしたい時は転職エージェントを活用しよう

転職

資格をアピールする際に有効なのは転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは転職活動のサポートを様々な面から行ってくれます。

そのサポートの一環として自分に合った求人を選んでくれるというものもあるため、資格が有効となる求人に応募することが可能です。

自分の資格やスキルを最大限アピールしたいと思っている方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
・3級から履歴書に書いて良い
・転職エージェントを利用することで資格をアピールできる求人を紹介してもらえる

販売士検定の注意点

スーツの女性

販売士検定を取得したいと考えている方は取得にあたって注意するべきことがあるため、ここで解説していきます。

事前に注意点を認識しておくことで後から問題が発生しないようにしておきましょう。

5年ごとに更新が必要

販売士検定というのは更新が必要な資格であるため、注意しておきましょう。

更新は5年ごととなっており、期限が切れるまでに更新講習会資格更新通信教育講座を受講する必要があります。

もし更新を忘れていた場合も期限切れから1年以内であれば遅延更新の制度があるためそれを利用することで資格を継続することが可能です。

しかしその場合には更新講習会での資格更新は行えないだけでなく、更新料が通常よりも高くなってしまいます。

資格を取得したら5年ごとに更新することを忘れないようにしましょう。

資格があるだけでは意味がない

販売士検定を取得したからといって、それだけで転職活動が成功するわけではありません。

もちろん転職活動には有利になりますが、この資格の本当の価値は習得した知識の方にあるといっても過言ではないでしょう。

小売業で大いに役立つこの知識は、資格取得までの過程で身に付けることが可能です。

転職後の業務ではその知識が大きな効果を発揮することでしょう。

転職活動でも資格をアピールするのではなく、その知識をアピールするとさらに効果的です。

自分の身に付けた知識・スキルを活用してキャリアアップを目指していきましょう。

販売士検定の資格の将来性

ポイント

販売士検定は日本商工会議所による検定試験で30年以上もの歴史があるため高い知名度を誇っている資格です。

そのため販売職のみならず営業職であっても、この資格の取得を奨励している企業は多くあります。

歴史があるため多くの企業に認知されており評価がされやすいのも特徴です。

幅広い職種に活かすことのできる資格であるため、資格取得を目指して勉強をしてみてはいかがでしょうか。

今後長い間活用することのできる資格であり、幅広い業務でその知識が役立つと考えられます。

 

ワンポイント
・販売士検定は歴史ある資格のためこれからも多くの企業で評価される資格だといえます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

現在、転職活動に対して悩みを抱えているという方は転職エージェントへ相談してみましょう。

転職エージェントは書類選考から面接選考まで幅広いサポートを行ってくれるため、安心して転職活動を行っていくことができます。

他にも先述したように条件に合った求人を紹介してくれるため、自分に合った求人を見つけることも容易です。

もし転職活動をうまく進められないという方や時間が確保できないという方はエージェントを活用していきましょう。

そうすることで転職活動にかかる時間を効率化していくことができるはずです。

転職活動をスムーズに進めていくために転職エージェントを上手に活用していきましょう。

まとめ

OK

今回は販売士検定について解説してきました。

ここまでご紹介してきた販売士検定のメリット将来性などを踏まえて、資格取得を検討していただければと思います。

また、転職活動で不安を抱えている方は転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

自分だけでは分からない転職のプロフェッショナルの視点から、あなたの転職活動をサポートしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら