女性の転職では資格があると有利になることがあります。その一つがVBAエキスパートです。

VBAはマイクロソフトオフィス製品用に開発されたプログラミング言語になります。

ExcelやAccessへ自分の思う通りの指示を出すことができるためMicrosoft Office製品を使用した仕事の効率をあげることもできるでしょう。

VBAエキスパートはマクロやVBAを使用して業務を支えるスキルが有るかどうかを証明する資格です。

事務職などパソコンを使用する仕事では特に重宝されるでしょう。

この記事では転職でVBAエキスパートが活かせる職種を解説していきます。

女性が仕事に活かす方法やVBAエキスパートのメリット・デメリットも紹介しますので参考にしてください。

VBAエキスパートが活かせる職種を解説

パソコン

VBAエキスパートが活かせる職種を解説します。

VBAエキスパートはExcelやAccessなどのマクロやVBAのスキルを証明する資格です。

マクロやVBAのスキルがあれば業種や業界を問わず様々な職種で活躍できます。

ExcelやAccessなどのMicrosoft Office製アプリケーションを使用している会社は多いです。

アプリケーションに自分が思った通りの指示を出せるVBAを使うことにより、効率のアップが見込めます。

社員名簿や勤怠管理のような事務職業務など主にオフィス内業務での活躍が期待できるでしょう。

特に事務職や経理職でVBAエキスパートの資格が活かせます。

事務

事務

事務においてはExcelやAccessを効率化できることが強みになるでしょう。

事務の業務は数値やグラフを扱う機会が多いです。

数値やグラフを扱う場合はExcelやAccessなどのアプリケーションを使用します。

これらのアプリケーションを使いこなすことができれば業務の幅も広がるでしょう。

VBAやマクロを上手く扱うことにより業務の効率化も可能になります。

毎日の数値入力を自動で入力させるようなプログラムをVBAで作成することも可能です。

入力ミスをチェックするプログラムなどを作成する人もいらっしゃるかもしれません。

工夫次第で効率がアップするため事務職ではVBAエキスパートの資格を活かすことができます。

経理

パソコン

経理は会社のお金の出入りを管理する仕事になります。

1日ごとのデータ管理や伝票整理・月単位のお給料の計算・1年単位の決算書の作成などが主な業務です。

そのためパソコンを使う機会も多くなります。

データ管理にはExcelやAccessを使用するためVBAエキスパートの資格が役立つでしょう。

アプリケーションを効率良く扱うことができれば経理の仕事の効率も上がります。

必要なデータのコピーを自動化したりテンプレートを呼び出したりするツールを開発すれば毎日の業務も楽になるでしょう。

日々の決まったアクションを自動化できれば効率アップに繋がります。

VBAエキスパートの資格は経理でも活かせるでしょう。

 

ワンポイント
VBAエキスパートが活かせる職種
・事務職
・経理

VBAエキスパートのメリット

パソコン

VBAエキスパートのメリットも紹介していきます。

VBAエキスパートはExcelやAccessを使用する業務に役立つ資格です。

そのため転職時にもアピールできます。また資格の取得に手当を出す企業もあるようです。

それでは詳しく3つのメリットを挙げていきます。

転職に役立つ

仲間

採用担当者は採用後に活躍できる人材を求めています。

そのため応募された書類の中から業務に役立つスキルを持っているかどうかチェックするのです。

VBAエキスパートは事務や経理に役立つスキルを証明する資格になります。

この資格を提示することにより採用後も効率良く働けるイメージを与えることができます。

VBAエキスパートは転職を希望する際、アピールポイントのひとつになるでしょう。

給料アップに繋がる

お金

VBAエキスパートの資格を取得しているということは仕事に貢献できるスキルがあるということです。

資格に対して手当を出す企業も少なくありません。

VBAエキスパートの資格を取得することで給料アップに繋がるかもしれません。

業務効率化が可能

女性二人

VBAやマクロはExcelやAccessをより使いやすくすることができます。

今まで手動で入力していた項目を一部自動化したり社内で使用しているルールに従って書式を変更したりすることが可能です。

自分の使用する用途に合わせて機能を追加したりもできますので業務の効率化を行うことができます。

 

ワンポイント
VBAエキスパートのメリット
・転職に役立つ
・業務の効率化ができる

VBAエキスパートのデメリット

悩み

VBAエキスパートの資格を取得するにあたってのデメリットも紹介します。

VBAエキスパートの資格を取得したという事実だけで業務を万全にこなせるわけではありません。

あくまでもVBAエキスパートはスキルを認定するものであり、そのスキルをどう活かすかは取得者次第です。

「資格があればなんとかなる」というわけではありませんので注意しておきましょう。

また活用できるのはあくまでもOffice製品のアプリケーションに限ります。

それでは具体的なデメリットを見てみましょう。

試験の費用がかかる

VBAエキスパートはExcelやAccessのマクロ・VBAのスキルを証明する資格です。

試験はExcelとAccessの能力別4科目で構成されます。試験費用は13,000~15,000円程度必要です。

この資格はスキルの証明にはなりますがそれだけでパソコン技術の全てを解決するものではありません。

またこの資格を有していなくても独学でマクロやVBAを使いこなす人も多くいます。

資格がある人だけが行う業務があるわけではないため「お金を払ってまで取得しなくても」と考える方も多いようです。

ですが新しい知識を得ることは自分自身の成長にも繋がります。

うまく仕事に活かすことができれば業務を効率化することも可能ですので自分への投資だと考える事もできるでしょう。

実務に直結しない

パソコン

VBAエキスパートの試験は選択式の問題が多いです。

試験に合格するためには選択式の問題を上手く解くという勉強の仕方になってしまいます。

ですが実際の業務ではケースごとの選択式問題を解決するわけではありません。

そのため必ずしもVBAエキスパートの試験勉強が業務に直結するわけではないのです。

ただし積み上げた知識は決して無駄にはなりません。

資格取得を目指して勉強した知識を上手く業務に活用していきましょう。

 

ワンポイント
VBAエキスパートのデメリット
・取得には試験費用が必要
・実務に直結しないこともある

VBAエキスパートの仕事への活かし方

オフィス

実際にVBAエキスパートをどのように仕事へ活かすのかも解説します。

大きなポイントは「事務職や経理職を選ぶ」ことです。

日々の数値処理業務を効率化するためにマクロやVBAを活用できます。

作業しやすいように一部の集計や処理を自動化することから始めるのが良いでしょう。

毎日使用するアプリケーションだからこそ、少しプログラムで効率化するだけで仕事がしやすくなるのです。

VBAの知識をさらに活かしてプログラマーやSEを目指すという方法もあります。

転職について詳しく知りたい方は転職エージェントにご相談ください。

資格を活かせる転職先を一緒に探しましょう。

VBA取得前に意識したい「資格=実力にはならない」ということ

キーボード

企業では様々な社員が様々な業務を行っています。

VBAエキスパートの資格を持っている社員でもそれは変わりません。

大切なことは業務には多くの社員が関わっているということです。

資格があるからといって会社内で実力が認められるわけではありません。

特に転職をしてすぐの新しい職場では新人の立場です。

まずは周囲の社員たちとコミュニケーションを取ってください。

資格そのものが実力ではないことを意識しておきましょう。

VBAの将来性があるといわれる理由

笑顔

VBAはOffice系ソフト上で使用するプログラミング言語です。

そのためOffice系のソフトウェアを使用している職場では重宝されます。

数値を扱う職種は特に表計算やデーターベースを利用する機会が増えるでしょう。

この作業を効率化できるVBAの将来性について解説します。

Office系ソフトがある限り必要とされる

ポイント

WordやExcel・Accessは多くの企業が利用するOffice系ソフトです。

VBAはOffice系ソフトウェアを便利にする機能を組み込めるプログラミング言語になります。

業務内容に合わせてソフトウェアをカスタマイズ場面も多いです。

そのため企業がOffice系ソフトを使い続ける限りVBAも必要とされ続けるでしょう。

システム開発が簡単

キーボード

VBAはWordやExcel・Access上で機能する言語です。そのため開発もOffice系ソフト上で可能になります。

単独で開発しなければならない他のプログラミング言語と比較すると敷居が低いといえるでしょう。

集計やコピーなど簡単な動作の命令ならすぐに動作させることもできます。

外部へ依頼せずに社内で開発を行えるのは重要なポイントです。

Office系ソフトでの作業効率化は重要

相談

日々の業務での作業を効率化することは重要です。

特にデータ入力などの作業を自動化すれば入力ミス操作ミスを防ぐことも可能になるでしょう。

人為的なミスを減らし作業を効率化することで利益につながると考える企業は多いです。

そのためOffice系ソフトウェアをカスタマイズできるVBAは重要になります。

VBAの将来性が不安視される理由

困る

VBAの将来性について解説してきましたがそれとは逆の意見もあるようです。

この章ではVBAの将来性が不安視される理由を解説していきます。

大量のデータ処理には弱い

パソコン

VBAを使ったプログラムはExcelやAccess上で機能します。

そのため大規模なデータベースを支えるようなプログラムをVBAだけで開発することは難しい場合があります。

複数の使用者が同時にデータにアクセスしてしまうとOffice系ソフトの処理が追いつかない可能性もあるでしょう。

特にExcelでは行数・列数が限られているため大量のデータを扱うには不向きです。

Excelで扱うデータは各自のパソコン上で処理する内容のものが良いでしょう。

各自で扱えるデータを効率的に処理するようなプログラムについてはVBAが有効です。

用途が限られてしまう

キーボード

単独で動作するツールとは違いVBAはOffice系ソフトウェアに依存します。

あくまでOffice系ソフトウェアを効率的に使用するためのプログラミング言語ですのでその他の開発には不向きです。

ゲーム開発や単独で動作するアプリ開発をしたいと考えた時にVBAが選ばれることはほとんどありません。

他のプログラミング言語と比べるとVBAは用途が限られてしまいます。

長年アップデートされていない

VBAは事実上約20年の間アップデートされていません。

安定しているといえば聞こえは良いのですが、新たに発生する需要に対応できていない可能性があります。

言語性能の限界を感じて他の言語開発へ移動するという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ワンポイント
VBAはOffice系ソフトウェアに特化したプログラミング言語。

自分の目的に合わせてVBAエキスパートが必要か決めよう

パソコン

VBAエキスパートは仕事に活かせる資格です。

一方でデメリットや将来性に不安を感じる意見もありました。

資格を取るかどうか迷っているときの大切な判断基準は、自分の目的にVBAエキスパートが合っているかどうかです。

事務職の業務を効率したい・事務職で活躍したいと考えるのであればVBAエキスパートの資格勉強は有効でしょう。

アプリ開発エンジニアとして活躍したいのであればこの資格に固執する必要性はありません。

資格の取得には費用も必要ですので自分が必要としている資格かどうかを最初に考えてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔

転職に役立つ資格の情報を一人で集めるのは大変です。

せっかく情報を集めたとしてもそれが自分の目的に合った資格なのかどうかを判断することも難しいでしょう。

そんな時は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロが一人一人にあった情報を提供します。

転職エージェントに相談して悩みを解消し転職を成功させましょう。

まとめ

パソコン

VBAエキスパートは事務職や経理の業務に役立つ資格です。

Office系ソフトウェアの作業を効率化することのできるVBAやマクロを活用できる場面は多いでしょう。

資格の勉強をすることで自分の知識として蓄積されることも多いです。

ただしOffice系ソフトウェアを必要としない職種にはあまり有益ではない資格でもあります。

目的がはっきりしている資格ですので自分に必要かどうか見極めて選びましょう。

もし転職に必要かどうか不安でしたら転職エージェントにご相談ください。

自分に必要な資格を勉強して転職に役立てましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する