職業訓練は正式には「公的職業訓練」といいます。厚生労働省が「ハロートレーニング」の愛称で施行する公的制度です。

望む仕事に就くのに必要なスキルや知識を基本的に無料で習得できる制度としてご存知の方も多いことでしょう。

この職業訓練を利用することが、実は転職に不利ではないかという意見があります。

今回の記事では職業訓練が転職に不利だといわれる理由や、通うことのメリットなどについて紹介します。

職業訓練から転職を成功させる方法にも触れますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

職業訓練が転職に不利だといわれる理由

受講

職業訓練に通うことが転職にあたって不利になる。そういわれるのには大きな理由があります。長期にわたる失業期間です。

3ヶ月~6ヶ月・1年~2年といくつかコースがある職業訓練ですが、確かに、長い失業を歓迎しない会社は少なくありません。

特に中途採用の場合はスキルと同時に高い経験を求められます。実務から長く離れた事実が不利に働く場合もあるでしょう。

また職業訓練のために引っ越しが必要になり、そのせいで転職のタイミングを逃す場合もあるので注意しなければなりません。

職業訓練に通うと転職に不利になるというのは本当?

悩む

実際のところ、職業訓練に通うと転職に不利になるというのは本当なのでしょうか?

もしもそれが事実なのであれば、利用者が少なくなって制度自体が破綻しそうなものです。

職業訓練に通うことが転職に不利に働く。実は、これは場合によるといえます。

職業訓練に通うことにはメリットもあればデメリットもあり、転職に間違いなく不利とまではいえないのです。

以下の項目でこの点について詳しく見てみましょう。

面接で職業訓練について聞かれることはない

OKサイン、作業服の女性

「離職期間が長いようですが、どのようなことをなさっていましたか?」

履歴書を見た面接官からこのような質問を投げかけられる場合があります。

履歴書にそのむね書いておかない限り、職業訓練に通っていた事実を面接官が知ることはありません。

こちらからのアピールなしに、面接官から職業訓練について聞かれることはないのです。

職業訓練に通っていたことを効果的にアピールしたい時は、そのことについて説明する準備をきちんとしておきましょう。

無意味に行くのはよくない

OKとNGのプラカード

職業訓練には3ヶ月~6ヶ月の一般的なコースや1年~2年の長期コースなどがあります。

学んでいたとはいえ労働から長い期間にわたって離れていた。そのことがマイナス評価を受ける場合も少なくありません。

次にやりたい仕事のために身に付けたいスキルがある場合は別ですが、無意味に職業訓練に通うことは避けましょう

職業訓練に通う時は、先の見通しをある程度立てて計画的に利用しようという意思が必要です。

 

ワンポイント
職業訓練に通うことのメリット・デメリットをきちんと把握しよう。

職業訓練を受講する前に知っておこう

ポイント

職業訓練は公的制度ですが、通うことが無条件に正しいわけでも良いわけでもありません。

大学や専門学校と同じように目的を持って入り、スキルや知識を身に付け、最後には就職するために通う場所です。

考えなしに受講しては、ただ時間を浪費するだけになってしまうのでくれぐれも注意しましょう。

そんな職業訓練を効率的かつ効果的に利用するためには、受講前に知っておくべきことがいくつかあります。

この項目では職業訓練を受講する前に知っておくべきポイントを3つ紹介しますので、参考にしてみてください。

受講する内容について事前に学ぶ

職業訓練で受講する内容は、必ずしもそこでしか教わることができないわけではありません。

市販されている本やウェブサイトの情報などを利用して、自ら事前に学習することが十分に可能です。

職業訓練での学習効果をより高めるためには、そんな受講内容の事前学習が非常に効果的です。

職業訓練に通う期間を無駄にしないためにも、より効果的で効率的な学習をするよう常に心がけておきましょう。

就職支援サポートは期待しない

職業訓練では、専門科目を学んでスキルや知識を身に付ける他に就職支援サポートを受けることもできます。

内容は大きく分けて2つ。職業能力基礎と就職指導です。

職業能力基礎ではビジネスマナーなど社会人として基礎的なことについて、就職指導では面接対策などの支援が受けられます。

ただ多くの場合、職業訓練の就職支援は短い訓練期間の中で形式的に行われるものなので注意しましょう。

職業訓練では時間的な余裕がなく、親身になって個別にバックアップしてもらうことはあまり期待できないのです。

就活を成功させるポイントとは

職業訓練に通う場合も、就活を成功させるためには転職エージェントに相談することが何よりの早道でしょう。

転職エージェントは、職業訓練に通っているというこちらの状況に合わせて柔軟に対応してくれます。

職業訓練のプランの中で受ける短期間の就職支援サポートとは比較にならないほど、サービスの面で充実しています。

職業訓練に通いながら、同時に転職エージェントも利用する。これが就活を成功させるポイントとなります。

職業訓練の特徴は?

受講

職業訓練は大きく2つの制度に分けることができます。公共職業訓練求職者支援訓練です。

前者は国や各都道府県・民間(大学・NPO法人など)で運営されていますが、後者は民間のものしかありません。

またこれらとはやや対象の異なる学卒者訓練と呼ばれるものもあります。

この項目では、公共職業訓練・求職者支援訓練・学卒者訓練についてそれぞれ特徴を詳しく解説します。

公共職業訓練

公共職業訓練は国・都道府県・民間が主体となって運営する職業訓練です。

高齢者・障害者・求職者と主な対象別に様々な施設があり、中には養成施設として機能しているものもあります。

ただし利用できるのは失業保険を受けている人に限られるので注意しなければなりません。

国が運営する施設の特徴は主にセーフティネットとしての訓練を実施している点でしょう。先導的で高度な訓練も期待できます。

都道府県は民間と連携しながら活動しており、地域に根差した雇用の創出や安定に向けた取り組みをしています。

利用にあたっては、どちらがより自分の求めるものに近いかを考えて決める必要があるでしょう。

求職者支援訓練

求職者支援訓練は厚生労働大臣が認可した民間の教育訓練施設で実施されます。

公共職業訓練との大きな違いは失業保険を受給できない求職者が対象であることでしょう。

一定の要件を満たすことによって、受講手当や通所手当、宿泊手当などを受け取ることができます。

職業訓練を受講できる上にある程度の収入まで得られるというわけです。

本人の月の収入・世帯の収入・資産の額など、要件が細かく定められているので興味がある方は確認してみてください。

学卒者訓練

国や都道府県が、専門的かつ応用的な知識や技能の習得のために学卒者を対象に実施している職業訓練が学卒者訓練です。

国は高卒者を主な対象に2年程度の長期の訓練を、都道府県は高卒・中卒者を対象にやはり長期の訓練を実施しています。

ハロートレーニングの愛称でご存知の方もいるのではないでしょうか。

こちらも職業訓練を無料で受講できる上、要件を満たせば手当てを受け取ることもできます。

 

ワンポイント
公共職業訓練・求職者支援訓練・学卒者訓練の違いをきちんと把握しよう。

職業訓練のメリットとデメリット

迷う女性

無料で高度な職業訓練を受講することができる。のみならず一定の要件を満たせば手当を受け取ることもできる。

そんな職業訓練ですが、メリットデメリットの両方があるのが実情です。

この項目では職業訓練のメリットとデメリットをそれぞれ掘り下げて確認します。

メリット

OK

職業訓練を受けることの何よりのメリットは、失業保険を受給しながら無料で高度な訓練を受講できることでしょう。

たとえ失業保険を受給できない場合も、求職者支援訓練を受けることで制度の恩恵にあずかることができます。

受講することによって失業保険の受給期間を延長することも可能です。

失業保険の受給期間を延長した場合、合計でもらえる失業保険の額が増加するので、気になると方はチェックしてみましょう。

デメリット

悩む女性

職業訓練を受講するためには選考を通過しなければなりません。申し込めば誰でも受けられるわけではないのです。

選考を通過して合格の通知を受け取るまでに、長い場合で数ヶ月かかることもあります。

この時間の浪費という点が、必要なスキルをすぐに身に付けたい人には大きなデメリットになると言えるでしょう。

また、職業訓練は施設によって受けられる科目に違いがあります。場所によっては必要なスキルを身に付けられません。

職業訓練を受けようと思うなら、目的のスキルを間違いなく学べるかどうかきちんと下調べをしましょう。

職業訓練から就職を成功させるには

講義

職業訓練を受けた後で望み通りの就職をしようと思うなら、転職エージェントを利用することが何よりの早道です。

職業訓練施設でも転職ための支援を受けることはできますが、転職エージェントによる支援の方がずっと充実しています。

職業訓練経由での就職の前例などを参考に、求職者一人ひとりに合ったアドバイスをしてくれることでしょう。

時期を見て職業訓練と転職エージェントを併用する形を取ることも、転職成功のための一つの手段だといえます。

 

ワンポイント
職業訓練と転職エージェントを併用しても問題はない。

職業訓練に通うと転職に不利になる場合

頭を抱える女性

基本的に無料でスキルを習得でき、条件を満たせば手当も受けられる職業訓練ですが、場合によっては就職に不利になります。

そのため、職業訓練の制度を利用したい時は間違いなく自分にとって有利かどうかを確認して応募しなければなりません。

この項目では、職業訓練に通うことが求職者にとってどのような場合に不利になるか、2つのパターンを挙げて説明します。

専門性の高い仕事に同業種から転職する場合は職業訓練が不利に

専門性の高い仕事に同業種から転職しようとする場合、職業訓練に通うことが不利に働く可能性があります。

中途採用で求められるのは即戦力に他なりません。高いスキルと豊富な経験が重要視されるのです。

この時、職業訓練に通っていた時間を、単に実務から離れていた期間とみなされる場合が少なくありません。

そうしたブランクを理由に落とされることや他者に競り負けることもあるので、業種によっては注意が必要です。

引っ越しが必要になり、転職活動のタイミングを逃す場合も

職業訓練はすべての施設で同じ科目を受講できるわけではありません。場所によって違いがあります。

もしも目的のスキルを身に付けられる施設が遠方にしかなければ、場合によっては引っ越しをしなければならないでしょう。

こうした引越しによって、転職活動のための最適なタイミングを逸してしまうことがあります。

転職を希望する業種の採用が最も盛んな時期を、職業訓練に通おうとしたがために逃してしまうのです。

このような事態に陥らないよう、希望職種の採用の時期については事前によく確認しておく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
職業訓練の大きなデメリットは長期間のブランクの発生。

仕事辞めて職業訓練後に再就職はリスクも高い

悩み

仕事を辞めて職業訓練を受講し、後に再就職を目指す。

順当に思えますがリスクが高い場合もあるので注意しなければなりません。

問題となるのは、職業訓練に通っている間は実務から離れた状態が続くという点です。

この間、転職を希望する業界や会社に何か思いがけない変化が起らないとも限りません。

景気の動向や社会情勢が企業の採用活動に与える影響は非常に大きなものなのです。

こうしたリスクに関係する注意点を2つピックアップして紹介します。

足りないキャリアは次の職場で身に付ける

職業訓練を受講するという回り道を経由せず、必要なキャリアは転職先で身に付けるというのも1つの手段でしょう。

職業訓練に通っている間はどうしても実務から離れてしまう。それなら離れずに次に飛び込もう、というわけです。

職業訓練に通うことと職歴にブランクができることのリスクを天秤にかけてみることも時には必要です。

失業保険目当てで転職先伸ばしするとリスクが大きい

失業中、ハローワークに申請することで失業保険から所定の額の手当が支給されます。

働かなくても収入が得られるわけですが、ここでも職歴のブランクが問題となるので注意しなければなりません。

一般に、前の仕事との空白期間が短いほど転職には有利とされています。

失業保険を目当てに転職を先延ばしすると、転職の成功率はそれに応じてどんどん下がっていくことでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

笑顔

職業訓練に通うことにはメリットもデメリットもある。自分の場合はどちらなのかよく分からないという方も多いでしょう。

そんな場合は転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロです。求職者にとって何がベストかを考え、親身になってサポートしてくれることでしょう。

職業訓練を受けながら同時に転職エージェントを利用することも可能です。

必要であれば両方を有効活用して理想の転職を果たしましょう。

まとめ

学習

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、職業訓練が転職に不利だといわれる理由や職業訓練のメリット・デメリットなどについて紹介してきました。

職業訓練には様々なコースがあり、手当が支給されることを思えば通うメリットは大きいようにも思えます。

ただ職歴に長い空白期間が空くことも事実です。よくよく考えて利用する必要があるでしょう。

困ったときは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントなら、過去の事例に照らすなどして、求職者それぞれにとってのベストを割り出してくれることでしょう。

今回の記事がより良い転職のための一助になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する