百貨店やアパレルショップ、専門店の販売職として働く女性は年々増加しています。

販売職は商品を直接顧客に販売することで、大きな利益とやりがいを得ることができる職種です。

今回は女性の販売職がどんなキャリアプランを立てられるのかを解説していきましょう。

女性の販売職のキャリアプランの考え方を解説

エプロンを着た店員

未経験からでも働ける販売職は女性に人気の職種です。

そんな販売職には様々な種類が存在します。

服飾雑貨に関わるアパレル販売や、スーパーやコンビニのような小売販売、他にも家電販売や携帯電話販売などもあります。

このように有形商材を取り扱う販売職もあれば、保険のように無形商材を扱う販売職もあるのです。

販売職は来店した顧客に対し、商品を売ることで利益やりがいを得ることができます。

販売職のキャリアプランの考え方としては、現場での実務経験を積んで管理職を目指すケースが多くなるでしょう。

商品知識や接客販売スキルを積み重ね、店舗の利益を生み出す人材となることで、次のステップへと繋がるのです。

具体的には一般販売員からリーダー、そこから店長という風に目指していく形になります。

アパレル販売員であれば、本社勤務で複数店舗を統括するエリアマネージャーになることも出来ます。

エリアマネージャーは店長よりも上の立場になり、より細かな数字の管理が必要となる仕事です。

本社勤務になれば、現場で得た経験やスキルを駆使して店舗を支える企画開発職に携わるケースもあるでしょう。

また、アパレルブランドであればデザイナーやバイヤーといったバックオフィス業務の選択肢もあります。

ある程度販売職での経験を積んでから、同業他社や営業職への転職を目指す場合もあります。

このように様々なキャリアプランを立てることが出来る販売職ですが、自動的にその道へ行けるわけではありません。

販売職は、将来的に自分がどのようになりたいかを想定しながら働く必要があるといえるでしょう。

同じ環境での販売職のキャリアプランを紹介

選択肢を持つ女性

では、現在働いている店舗に居続ける場合のキャリアプランはどんな風に立てていけば良いのでしょうか。

ここでは主に3つのプランを紹介します。

販売スペシャリスト

販売スペシャリストは実務経験を積み、販売に関わる知識やスキルを突き詰めた仕事です。

リーダーや店長といった管理職ではなく、大きな数字を作る販売員のエースとなる道です。

販売スペシャリストは店舗での個人売上が良いだけでなることはできません。

販売職の基礎と応用を理解したうえで、自ら研修参加や資格を獲得する必要があります。

資格であれば、「販売接客スペシャリスト」という日本教育実務協会が認定する資格を目指すと良いでしょう。

販売接客スペシャリストの講座では接客の心構えやお客様の攻略方法、クレーム対応の方法などを学ぶことができます。

これらを身につけ、更に高い個人目標を掲げて利益を生み出すことで、店舗を支える販売員として活躍が可能です。

店長

キャリアプランを立てる時に多くの方々が行きつくのが店長の座を目指すケースです。

店長に至るまでには、販売員のリーダーや副店長といった役職も存在します。

どれも店長の補佐として個人売上の管理や他の販売員のマネジメントを任される役職です。

販売職はシフト制勤務になることがほとんどなので、リーダーや副店長はシフト管理や業務管理を任されます。

ここで販売員の管理能力を身につけてから、店舗全体の売上や予算の管理を行う店長への道が拓かれます。

店長は店舗の管理責任者となるので、本社への報告も大事な仕事です。

ここで大きな利益をあげて本社に認められると、ゆくゆくは本社勤務になる可能性もあるでしょう。

次のキャリアステップ

店長になった後のキャリアステップとしては、本社勤務のエリアマネージャーが挙げられます。

エリアマネージャーは店長よりも上の立場で、与えられたエリア全体の店舗の管理をする仕事です。

本社からの指示を各店舗に伝えたり、店長を指導したりと様々な業務を通じてエリア全体の業績向上を目指します。

店長よりも細かな数字の分析力や、エリア内店舗の販売員とのコミュニケーション能力が求められます。

他にも、本社勤務としてバックオフィス系の業務も次のキャリアステップの視野に入れることができるでしょう。

販売企画や商品開発、各店舗のディスプレイ担当へ指示を出す本社VMDなど、その種類は多種多様です。

 

ワンポイント
 同じ環境での販売職のキャリアプランは主に3つに分けられます。

別の環境での販売職のキャリアプランを紹介

新緑の中で考える女性

次に、現在働いている店舗から別の環境を目指す販売職のキャリアプランを紹介していきます。

キャリアプランは大きく4つに分けられます。

同系列の別ブランドへの異動

まずはそれまでの経験を実務で活かせる同系列の別ブランドへの異動です。

異動と聞くとマイナスのイメージを持つ方もいらっしゃいますが、経験を積むことができる大きなメリットがあります。

店舗によってスタッフや風習、客層が違うので、異動をすることで様々な状況に対応できるようになるのです。

アパレル販売職は大型店と小型店、商業施設や百貨店といった店舗を異動することで客層による売れ行きの違いを知ることができます。

客層の違いを知れば、ディスプレイ方法や在庫数も変わります。

また、複数店舗を異動すれば人脈が広がるので、何かと便利になるケースも多いでしょう。

こういった異動を繰り返して経験を積むことで、その先に店長や本社勤務といった道が拓けることもあります。

本社勤務への異動

打ち合わせをするビジネスウーマン

こちらは前述した本社勤務のエリアマネージャーバックオフィス業務を目指すパターンです。

しかし、これらはただ目指してもたどり着ける場所ではありません。

前述したように、異動という経験を積むか、リーダーや店長といった管理職の道を歩みながら目指すものとなります。

本社勤務といっても様々な業務があるので、その中でもどんな業務に就きたいのかを明確にしておきましょう。

企画職を目指すのであれば、販売員として販促企画書の精度を上げられるよう努力し、本社に認められる必要があります。

自社の商品に対するマーケティングスキルも本社勤務を目指すのなら必要になるでしょう。

販売員として売上を達成するだけではなく、予算の組み立て方や売上の分析を勉強しながら経験を積んでいきます。

他のブランドへ転職

こちらは職場自体を変えていくキャリアプランです。

今までの経験を他ブランドの店舗で活かし、個人売上を伸ばしながら更なるキャリアアップを目指します。

販売員として管理職を目指すのは決して簡単なことではありません。

店舗のリーダーや店長の座が空いていなければ、目指していてもそのポジションに就けない場合があるのです。

そういった場合はやはり新たな環境で管理職を目指して新たなキャリアを積んでいくことになります。

異業種へ転職

深呼吸するビジネスウーマン

販売員としてキャリアプランを立てるのではなく、経験を活かして異業種へ転職するケースもあります。

販売職で得たコミュニケーション能力や接客スキルを活かし、営業職を目指す方も多いのです。

また、リーダーや副店長、店長といった管理職の経験があれば、売上管理の経験を経理に活かすこともできます。

更に、管理職は店舗の人事管理もしていますので、別企業の人事として経験を活かすことができるでしょう。

本社勤務の企画職を目指して働いていた場合は、その夢を異業種で叶えるべく目指すパターンもあります。

このように、販売職のキャリアプランは販売職に限らず、様々な業種に活かすことができます。

販売職と営業職の関連性

電球のマークと女性

販売職から異業種へ転職を目指す際に選ばれることが多いのが営業職です。

営業職は販売職で得たスキルを活かすことが出来るので選ばれやすい傾向があるようです。

販売職と営業職に共通するスキルには以下のようなものがあります。

  • 顧客とのコミュニケーション能力
  • 自社製品の提案力や販売力
  • チームで売上目標を達成する協調性や課題解決力

こういったスキルは営業職として働くときに大いに活用できるでしょう。

販売職と営業職はターゲットの違いはありますが、自社製品を顧客へ売り込むという仕事という点は共通しています。

販売職から営業職に転職すると、年収アップキャリアアップを目指すことができます。

営業職に限らず異業種への転職を目指しているのであれば、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

販売職はシフト制で働くことが多く、長時間店舗で過ごすことの多い仕事です。

転職活動をする時間がない、スキルを活かせる求人がないといった時に役立つのが転職エージェントです。

転職エージェントは販売職としての強みを活かせる求人の紹介をしてくれます。

また、紹介してくれる求人の中にはインターネットでは閲覧できない非公開求人もあります。

転職エージェントを利用することで、希望条件に合う求人が見つかるでしょう。

販売職はキャリアを重ねることができる職種

ガッツポーズをするウェイトレス

販売職という職種は異業種よりもキャリアアップを目指すことができないと思われがちですが、実際は違います。

店舗での販売経験を積みながら、顧客管理や売上目標の達成などをこなし、管理職を目指すことができる職種です。

ただ働いているだけではキャリアを積むことができないのはどの職種でも同じことです。

販売員として働いた先で、どのような職に就きたいのかを明確にイメージしながら経験を積む必要があります。

 

ワンポイント
 販売職は様々な職種で活かせるスキルを身につけながらキャリアを積み重ねることが出来ます。

身につくスキルは?

数字の三を示すウェイトレス

販売員として働くと、どのようなスキルが身につくのでしょうか。

ここでは主に身につき、様々な場面で活かせるスキルを紹介します。

接客スキル

販売職で必ず身につくのが接客スキルです。

接客スキルとは、ただ対面で顧客の相手をするスキルではありません。

顧客がどんな商品を求めているのか、そのニーズをしっかりと汲み取り、的確な商品を販売するスキルです。

ニーズを汲み取るためには、どういった場面で使いたいかなど必要な情報を収集するための質問力が必要になります。

また、汲み取ったニーズに見合う商品を勧めるためには提案力も必要となるでしょう。

ニーズを汲み取ることで、顧客の購買意欲を高めることができるので売上に繋がります。

最初は一つずつ質問をしてニーズを確認しますが、経験を積めば観察眼が鍛えられます。

観察眼が鍛えられることで、顧客の視線や仕草からおおよそのニーズを汲み取ることができるのです。

こういった一連の接客に必要な力をまとめて接客スキルと呼びます。

この接客スキルを身につけることで、店舗の売り上げを支える販売員として働くことができるのです。

コミュニケーション能力

販売職で身につくものの代表格として、コミュニケーション能力も挙げられます。

対面で顧客の話を聞き、その話や質問の意図を察する能力があるからこそ接客スキルも身につきます。

コミュニケーション能力は販売職として働くために何よりも必要な力といえるでしょう。

この能力は販売職を経験することで、異業種よりも飛躍的に身につきます。

顧客との対話を円滑に進められるこの能力は、どんな業種でも必要とされ、役立つスキルです。

臨機応変な対応力

顧客のニーズに応えるためには、様々な条件やトレンドに関する情報を得ておく必要があります。

アパレルは特にトレンドの入れ替わりが激しいため、常に最先端の情報を得ておかなければならないでしょう。

こういった情報を得ておくことで、どんなニーズにも臨機応変に対応できる力が身につきます。

この対応力を身につけることで、状況が変化しても環境にすぐ適応できる力も自然と得られるでしょう。

コミュニケーション能力と同様、これらの力は様々な職種で役立ちます。

 

ワンポイント
 販売職として身につくのは接客スキル・コミュニケーション能力・対応力が挙げられます。

販売職は様々な職種を目指せる

指をさす女性

このように、販売職は多くの職種で活かせるスキルが身につく仕事です。

販売職のまま店長やエリアマネージャーといった管理職を目指すこともできますが、別の職種を目指すことも可能です。

販売職から目指せる職種として、

  • 営業職
  • 事務職
  • 企画職
  • (人事管理経験がある場合)人事職
  • (売上や損益管理経験がある場合)経理職

などがあります。

販売職は女性に人気の職種ではありますが、体力を使う仕事でもあります。

また、拘束時間も長いため、年齢と共に続けることが難しいケースも多い職種です。

もし販売職から異業種への転職を目指している場合は、得たスキルを活かせる仕事を見つけましょう。

そういった仕事がなかなか見つからない、見つける時間がない時は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントであれば希望条件や持っている強みに合わせた求人を紹介してくれます。

さらに、選考用の書類添削や面接対策といった転職活動に必要なサポートを行ってくれるのです。

販売職の経験を活かした転職のポイント

笑顔で指をさす女性

販売職の経験を活かして転職をする際はどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。

ここではパターン別にそのポイントを解説していきます。

同業他社への転職

販売職で得たスキルをそのまま活かせるのが同業他社への転職です。

ここでは、これまでどのような努力をして売上達成に至ったのか、そのプロセスをアピールするようにしましょう。

しかし、同業他社への転職に関しては注意点があります。

現職の社内規定に「競業禁止規定」がある場合です。

競業禁止規定は、その会社の社内機密やノウハウが社外へ流出することを防ぐために、

  • 競合他社への転職
  • 同業種での起業

これらを禁止するものです。

この規定は雇用契約書や誓約書に記載されており、違反すると転職後に損害賠償請求の対象になる場合があります。

働きながら同業他社への転職を考えている場合は要注意です。

まずは社内の就業規則を確認してから転職活動を始めるようにしましょう。

また、同業他社へ転職したからといって、今までのノウハウやスキルがすべて役立つとは言い切れません。

その会社ごとの特殊や社風、販売ノウハウがあります。

もし転職する場合は、自分の経験やスキルだけに頼らず、新しい風習を受け入れる覚悟も必要です。

営業職への転職

販売職から営業職への転職をする場合に押さえておくべきポイントとして、まずは年収や待遇の問題があります。

販売員から営業職へ転職ができれば年収アップに繋がりますし、ワークライフバランスがとりやすくもなるでしょう。

しかし、年収が良い・土日休みといった条件だけを重視して転職してしまうと、仕事内容が合わないケースがあるのです。

また、賞与やインセンティブ制度といったワードにも注意が必要です。

営業職は販売職で得た接客スキルやコミュニケーション能力を活用しながら働いて多くの収入を得られるイメージがあります。

しかし、実際には対象となるターゲットが違うので、そのスキルだけでは売上に繋がらないこともあるのです。

実績による賞与やインセンティブ制度は数字に繋がらない限り報酬として支払われることはありません。

更に、残業代が最初から給与に含まれていることもあり、残業を強いられる営業職も中には存在します。

こういった転職失敗につながる営業職を選ばないよう、仕事内容条件をしっかり確認する必要があります。

事務職への転職

ノートパソコンと笑顔の女性

事務職は販売職と違い、デスクワークのことが多く、また土日祝が休みなので人気の職種です。

そんな事務職に転職する際、押さえておきたいのはパソコンの操作スキルです。

事務職は社内の様々なサポートを担当する仕事なので、コミュニケーション能力も求められます。

そのコミュニケーション能力は販売職を経験していれば既に備わっています。

それ以外に必要とされるのがパソコンの操作スキルなのです。

事務職ではデータ作成や書類作成用にワードやエクセルの操作スキルを求められる可能性が高くなります。

販売職であれば売上管理やシフト作成などでパソコンの操作をしているかもしれません。

しかし、事務職を目指すのであればもう少し踏み込んだパソコンの操作スキルが必要となるでしょう。

事務職を目指しているのなら、最低限のエクセル関数やワードの操作スキルを独学でも勉強するようにしましょう。

 

ワンポイント
 販売職を活かした異業種への転職では、様々なポイントを押さえておく必要があります。

転職の疑問は転職エージェントに相談しよう

スマホを使うビジネスウーマン

販売職から同業他社、もしくは異業種への転職をすることは簡単な道のりではありません。

うまくスキルや強みをアピールできず、希望職種の内定を貰えない時は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職活動の様々なサポートを行ってくれます。

まずは自分の希望条件とこれまでの経験やスキルを伝えてみることをおすすめします。

転職エージェントがその条件と強みに合う求人を探して紹介してくれるでしょう。

その後の応募書類の作成サポートや転職面接の対策も転職エージェントが力を貸してくれます。

まとめ

笑顔で上を向く女性

販売職は女性に人気であり、どんな職種でも役立つ経験やスキルを身につけることができる職種です。

同業でも異業種でも、その先に続くキャリアプランを立てることが可能です。

販売職からの転職を目指す場合は、様々なサポートを行ってくれる転職エージェントを利用してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら