店舗などでの商品の販売をする販売業の仕事内容についての特集です。

販売業とはどのような仕事なのかを具体的に紹介しながら、そのやりがいや魅力に迫っていきます。

また、女性の販売業についての将来性、転職に活かせる経験についても併せて解説していきましょう。

販売職の仕事内容を解説

店舗の画像

販売職とは、店舗を中心に商品を売る仕事です。

店舗に来客した顧客への接客から始まり、商品購入へのサポートを促すこともあります。

そのためには、店舗にある商品の詳細や接客などへの理解を深めておく努力が必須です。

今回は、販売職についての仕事内容を紹介しながら、そのやりがいや魅力などを解説していきましょう。

基本は商品を販売する仕事

販売職の具体的な業務は、接客・レジ打ち・商品の品出し・在庫管理・店内レイアウトなどです。

基本的には、実店舗に訪れた顧客への対応をします。

商品購入の意思決定は顧客側にあるため、あまり仰々しいアピールはできません。

ただし、不明点や知りたい情報などを聞かれた際には、適切な対応をしながら商品購入への意思決定へと促す役目があります。

いかにして、店舗にある商品・サービスを納得してもらい、購入に繋げていくかが問われる職種といえるでしょう。

運営や経営に携われることも

販売職は経験を積んでいく中で、チーフや店長・支店長といったキャリアアップが期待できます。

運営や管理に関連した職務に就けば、スタッフのシフト管理・売上管理、本社への報告業務など仕事が多義にわたります。

通常なら現場経験を積みながら、運営や経営業務にシフトしていく流れになるでしょう。

中には、その企業を離職して、自分の力で個人営業の道に踏み出す人も目立ちます。

いずれにしても、経験値を積んで実践的な経営を学びながら、自分らしいキャリアパスを描けるのが利点です。

販売職と営業職の関連性

ケーキやの画像

販売職の仕事内容や魅力を理解するためには、営業職との違いについても認識しておく必要があります。

販売職と営業職のどちらも、顧客への商品・サービスの価値を提案して売る仕事としては変わりがありません。

しかしこの両者には、どのような決定的な違いがあるのでしょうか?

販売職の特徴

シャツの画像

販売職と営業職の決定的な違いは、顧客側の商品・サービスへの興味関心度に温度差がある点です。

その顧客が最初の時点より商品への関心がある人物なのか、それとも無関心な状態なのかで大きな差があります。

販売職の場合、顧客が販売する商品・サービスへ一定の興味を持っていることがほとんどです。

目的意識を持って実店舗に来店してくれるパターンはとても多く、接客によって条件が整えば購入してくれます。

仮に、さほど目的がないまま来店した顧客でも、もしかすると衝動的に購入してくれることもあり得るのがメリットです。

営業職の特徴

一方、営業職の場合、販売したい商品・サービスについて、顧客側はあまり関心を持っていないことがほとんどです。

その商品・サービスについては初めて知ったという人も珍しくありません。

商品・サービスへの理解が乏しい顧客を相手にしながら、全くゼロベースから商品PRをし販売促進を担うのが役割です。

そのため、最初から意思のない人物を説得する能力が問われます。

精神的には辛いこともありますが、もしも1つの商品・サービスの販売が確定した際の喜びはとても大きいといえます。

販売職の仕事のやりがい

メモをする店員の画像

販売職の仕事やりがいとは、商品によって売上を伸ばすという分かりやすさにあります。

売上向上のために考えて行動し、数値として成果を出すというやりがいがあるからです。

さらに、販売職にはどのようなやりがいのポイントがあるのかを解説しましょう。

販売に関する知識が身に付く

販売職になると、自分で商品を販売することにより、実戦的な販売知識やスキルを学ぶことができます。

身についていく販売スキルには、商品知識の他にも顧客へ魅力的に伝わる店舗内のレイアウトづくりなども含まれていきます。

マニュアルにある通りに、ものごとが動くとは限らないことも生じる場合があるでしょう。

そのため、理屈では分からない販売の奥深さも体験できるので、販売職に適した人物は生涯その方向でやり続ける傾向があります。

接客を通してコミュニケーション能力が向上する

販売職は、商品・サービスの販売実務を経験しながらコミュニケーション能力が身につきます

販売職といえば接客が必須です。顧客の要求にこたえる提案をし、会話を通じながら適切な商品を紹介するスキルが必要となります。

単に会話するというのではなく、要求へ明確に応える実践的コミュニケーション能力を自然と身につけることができます。

経営者目線で仕事ができる

販売職の基本業務を経験しながら、状況によっては管理職の仕事を学んでいく機会を与えられる場合があります。

店舗運営に関わる業務全般に携わるための知識が得られるのです。

例えば商品の仕入れと発注・売上管理などを任され、数値を通じた経営者目線での仕事をこなすようになるでしょう。

その上で、実店舗ではなく支社や本社などへ異動になり、実質的な管理職や取締役などに昇進することも考えられます。

 

ワンポイント
販売職は商品やサービスを通じた顧客とのコミュニケーションでやりがいが築ける。

販売職の魅力は?

ショッピングバッグの画像

販売職の最大の魅力は、個人に対して信頼関係が築けることです。

ある販売員を信頼したことがきっかけで、後々まで顧客として長く付き合ってくれる人も出てくる可能性があります。

例えば営業職を含めた一般的企業となれば、顧客はその会社のネームブランドに惹かれていることが理由かもしれません。

ブランド意識を最優先にして、商品やサービス購入している場合があります。

一方、販売職では、接客の質によっては、ブランドや権威に関係なく販売員個人に対して信頼を寄せてくれることがあり得るのです。

顧客とも対等に長く付き合えるので、その後に独立した場合にも自分の顧客として店舗に訪れてくれることがあります。

顧客が自分のファンと化してくれてその後長く付き合えれば、販売職としてのやりがいになることでしょう。

販売職の仕事の大変なところは?

ショーウィンドウの画像

販売職は顧客から直接感謝の言葉をかけてもらえる喜びを実感できる仕事です。

しかし、時折クレームを受けることがあるなど辛く厳しい一面も同時に抱えています。

では、販売職の仕事の中でも、とくに大変だと思われている内容について解説していきましょう。

休日が不定期

靴の画像

販売職を含めた接客業全般で共通なことは、休日がどうしても不定期になることです。

しかも土日祝日は営業日となる店舗が多く、それが普通といえるでしょう。

一般的な企業のように、週末に休むことができず、家族や友人・知人との予定が合わせづらいというデメリットがあります。

他にも、店舗によっては営業時間の決まりにより早番・中番・遅番といったシフト制が導入されているケースもあり得るでしょう。

そのため、生活が不規則になりがちです。自身で生活リズムを整えながら勤務するように、独自に習慣化しなくてはなりません。

ノルマ達成のプレッシャー

販売職は接客を通じながら売上アップに貢献するのが業務です。

中にはスタッフごとにノルマが設定されている店舗もあります。

売上目標や数字を意識しながら毎日の業務に励まなくてはならないことがデメリットと感じる場合もあるのです。

それは現場で働く販売員だけに限ったことではありません。

やがてチーフリーダー・マネージャー・店長へと昇進すればするほど、管理職としての評価にも関係していきます。

プレッシャーはますます大きくなっていく傾向があるのです。

接客をしながら楽しく会話しているつもりでも、数字と結果を意識しながら考えて行動する必要性があります。

 

ワンポイント
販売職の大変な側面は不定休とノルマ制があること

販売職への転職に活かせる経験やスキル

商品ディスプレイの画像

販売職は、自分だけの力というより、顧客を通じながら成長していく業種といえます。

販売職として今後の転職活動を展開したいという場合、あらかじめどのようなスキルを備えていればよいのでしょうか?

ここでは、転職活動の際に役立ってくれる販売職の経験やスキルについて解説していきましょう。

接客経験

販売職は接客を通じながら人と会うことが多い業種です。顧客との接し方で売り上げに大きく関係することもあります。

顧客との会話力・ニーズを読み取るコミュニケーション能力などが自然と身についていくはずです。

販売職で培われていった接客経験での能力やスキルは、転職活動で大いに生かせることでしょう。

また、正しい言葉遣いやマナーといった立ち居振る舞い方も、面接の際に役立ってくれます。

転職活動自体に今までのスキルを生かして展開できるのがメリットといえます。

販売商材の知識

OL女性の画像

販売職は顧客を相手に商品・サービスを売る仕事です。

いくらコミュニケーションが円滑にできても、商品の購買につながらなければ意味がありません。

商品・サービスを売るための技法や心得・手段についても身につけておく必要があります。

そのためにまず求められるのは、正確な販売商材の知識です。

店舗で扱う商品そのものだけに限っていません。

一般的に受け入れられている最新トレンドも含めた、商材全般に関係する知識を高めていく努力するようにしましょう。

必要な商財への知識を持っていることで、同じ業種への転職をする際にも、経験値の高さを評価してもらえます。

販売職の将来性やキャリアパス

本屋の画像

販売職が自分の仕事として相応しいと思うようになれば、さまざまなキャリアパスが広がっていきます。

現役として継続することもあれば、管理職としてキャリアアップを目指すなど、いくつかの方向性が見えてくるのです。

では具体的に、販売職の将来性やキャリアパスについて解説していきましょう。

将来性

かつての販売職といえば、比較的に若い世代が中心の業種というイメージがありました。

年齢を重ねていくと離職をするか現場を離れてしまうといったパターンが定番です。

しかし最近では、老齢化社会が謳われるようになり、年齢を重ねながらも現役を通している人も増え始めています。

キャリアの選択肢が多義にわたる傾向が見えているのです。

有名な企業ほど工夫を凝らしながら、販売職の将来の方向性を模索しています。

キャリアパス

一般的な販売職のキャリアパスとしては、主任・店長・マネージャー・スーパーバイザーなどの役職に就くことになります。

現場での活躍によっては本社勤務へと移動になり、商品企画・店舗開発・広報の業務を担当することもあるでしょう。

他にも、組織から離れて個人営業として独立を目指す人も珍しくはありません。

販売職で得たスキルを活用することで、さまざまな職種に転換していくことが可能です。

 

ワンポイント
販売職にはさまざまなキャリアパスと将来性の広がりがある。

販売職は未経験でも目指せる?

スーパーの画像

販売職を目指すのに、専門知識や特殊技能・資格はあまり必要がありません。

そのため、求人数も他業種よりも常に多い傾向があります。未経験から目指せる職種といえるでしょう。

面接試験の際には、志望する企業の製品知識、ブランドコンセプトなどを理解しておきましょう。

できるだけ志望動機の中に盛り込むよう工夫をしてみることです。

あるいは、商品への愛着をアピールすると効果的なこともあり得ます。

できれば実店舗に足を運んで研究しておくほうがよいでしょう。実際の面接時にも聞かれる可能性があります。

 

ワンポイント
販売職は未経験者への求人が多い職種である。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔の女性の画像

転職活動をする際は、思い通りな結果が得られず採用内定が出ない可能性も考えられます。

そこでおすすめなのが転職エージェントへの登録です。

転職エージェントに登録した場合、非公開求人を紹介してくれる可能性があります。

転職エージェントを通じた紹介だけの限定案件です。求人サイトよりも競争率が低く内定率が高い特徴があります。

詳細については担当アドバイザーが相談にのってくれるので、案件探しがスムーズに進行することでしょう。

まとめ

笑顔の女性

ネットの拡大によって、通販サイトの市場が強くなっている傾向です。そのため実店舗が減少傾向にあるともいわれています。

ただしネットの情報だけではなく、実物を確認して商品購入の決定をしたいと考える人も存在します。

販売職が将来的にニーズを完全になくすことはあり得ません。

販売職は現場で顧客と向き合うための姿勢が重要です。

顧客とのやり取りでしか味わえないやりがいや喜びも多く、将来性もあり安定している業種です。

人と接することが好きな人は、転職候補として検討してみてはいかがでしょうか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する