未経験から歯科事務に転職することはできるのでしょうか。

歯科事務の仕事内容や仕事のやりがいについても詳しく調べてみました。

また、向いている女性の特徴や取っておくべき資格についてもご紹介します。

すでに歯科事務を目指している方も、そうでない方も、ぜひ参考になさってください。

歯科事務に未経験で転職する方法

歯ブラシを持つ女性

歯科事務に転職したいと考えた場合、未経験でも転職できるのでしょうか。

あるいは取っておいた方が良い資格などがあるのでしょうか。

ここでは歯科事務の仕事について深く掘り下げてご紹介します。

仕事内容ややりがい、求められる資質や資格を知っておくことで、歯科事務への転職をぜひとも成功させましょう。

歯科事務の主な仕事内容

看護師

歯科事務とは具体的にどのような仕事をする役割があるのでしょうか。

歯科事務は受付対応や歯科医師・歯科衛生士のサポートが業務の中心となります。

また、様々な業務に携わることで自分の能力を幅広く活かすことができます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

何をするお仕事?

歯科事務は、歯科医院での診療報酬計算をし、請求業務を行う役割があります。

具体的には受付対応・会計業務・サポート業務・レセプト業務といった内容です。

受付対応では患者さんとのやりとりをし、保険証や診察券の確認・カルテの作成などを行います。

会計業務は患者さんの自己負担額を計算して会計をし、必要があれば次回の予約をとるなどの仕事です。

サポート業務は治療に必要な器具や薬品の準備、片付けなどを行います。

また、その他にも歯科医師や歯科衛生士の仕事をサポートする業務全般が含まれます。

レセプト業務は月ごとのレセプト集計を行い、各支払機関に分けて手続きを行う業務です。

このように、歯科事務の業務は幅広く、内容は多岐にわたります。

歯科事務になるメリット

歯の模型を持つ女性

今や歯科医はコンビニの数より多いという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

歯科事務になるメリットは、働き先が豊富にあり、事情があって退職することになっても次の職場が探しやすいことです。

また、病院などに比べると規模が小さく、アットホームな雰囲気の職場であることも多いようです。

歯科事務のやりがい

通常の医療事務は会計業務やレセプト業務に特化していますが、歯科事務の業務は前述の通り幅広く、多岐にわたります。

事務作業の他に治療の準備や片付け・医師や衛生士のサポートなど、自分の力を幅広く生かすことができます。

一つのことを長時間やるのは飽きてしまうという方にも向いているでしょう。

また、直接患者さんとも接する機会が多く、直接人の役に立ちたいという人も大きなやりがいを感じることができるでしょう。

 

ワンポイント
歯科事務は事務に限らず幅広い業務に携わることができます。働き先が豊富にあるのも大きなメリットです。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

歯科事務と歯科助手の関連性は?

歯科医師と歯科衛生士

歯科事務と歯科助手はどのように違うのでしょうか。

基本的にはその医院ごとに仕事内容は変わりますが、似たような仕事をする場合もあれば、明確に分けられている場合もあります。

歯科事務の特徴

歯科事務は一般的に受付や会計を中心に行いますが、場合によっては歯科助手を兼務することもあります。

明確にここまでが歯科事務の仕事と決まっているわけではなく、その職場の内情によるところが大きいといえます。

あえて「歯科事務」という名称で求人を募集している医院は、レセプト業務などの事務作業を中心に任される可能性が高いでしょう。

歯科助手の特徴

歯科助手は歯科医師の業務のサポートを行いますが、歯科衛生士とは違い、直接患者さんへの治療行為はできません。

職場によっては、歯科事務は診療の補助をしないが歯科助手はするといった違いもあるようですが、特に決まりはありません。

歯科事務のことを歯科助手と呼んでいる歯科医院もあり、はっきりと明確に分けられている場合の方が少ないようです。

 

ワンポイント
歯科事務と歯科助手の仕事内容は職場によって変わります。求人情報で事前に確認しましょう。

歯科事務に資格取得は必須?

歯科助手

歯科事務には特別な資格は必要なく、転職先として目指しやすい仕事といえます。

ただし、レセプトの作成業務を担当する場合は専門的な知識が求められます。

そのため、レセプト業務については歯科医療事務管理士などの有資格者が担当することが多いようです。

必須ではありませんが、少しでも転職を有利にしたい場合は取得を目指してみるといいでしょう。

向いている人の特徴や転職に有利な資格とは

考える

歯科事務という仕事に向いている人の特徴は何かあるのでしょうか。

歯科事務は人と接する仕事であるため、人と接するのが好きである人は向いているでしょう。

また、様々な民間資格もあるため、取得しておけば転職に有利になります。

それぞれ詳しく説明していきます。

歯科事務に求められる人柄は?

歯科事務は患者さんと歯科医師・歯科衛生士の橋渡しのような存在です。

患者さんとのやりとりでは安心感や信頼感を求められるため、明るく笑顔で人と接することができる人が向いています。

「人と話すのが楽しい」「人に喜んでもらうのがうれしい」という人も向いているでしょう。

また、治療内容の把握や対応能力が求められるため、治療に関する知識をある程度持っていることも必要です。

特に医療の現場は常に進歩しているため、新しいことを学び続ける姿勢が重要になってきます。

以上のことから、知的向上心があり、明るくコミュニケーション能力の高い人柄が求められているといえます。

民間資格が多数ある

指し棒

歯科衛生士には国家資格が必要ですが、歯科事務には特に資格が必要というわけではありません。

しかし、転職を考える上ではある程度の知識があることを証明するために、資格を取っておくことをお勧めします。

未経験であればなおさら、知識だけでも事前に学んでいるということは意欲のアピールにもなります。

歯科医療事務管理士の資格を持っていれば、レセプト業務を担当する際に役に立つでしょう。

その他にも歯科医療事務検定や、歯科助手向けの資格としても日本歯科医師会の歯科助手資格認定制度などがあります。

 

ワンポイント
歯科事務には明るく知的でコミュニケーション能力の高い人が向いており、転職に役立つ民間資格も多数あります。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

歯科事務の転職に活かせるスキル

手を差し出す女性

歯科事務としての視覚以外に、歯科事務への転職に活かせるスキルはあるのでしょうか。

特に、これまでの仕事で身につけたスキルを活かせたら、これまでの経験も無駄にはなりません。

歯科事務の仕事では特に接客経験のスキルがあれば、受付対応や治療のサポートの際に活かせるでしょう。

また、業務にパソコンを使用するため、パソコンのスキルも活かすことができます。

接客経験

歯科事務の仕事は人と接する仕事ですから、接客の経験があれば仕事に生かすことができます。

特に、お客さんに喜んでもらったという経験が多ければ、人との接し方にとても長けていると言えます。

そのような人であれば歯科事務の仕事でも、患者さんに対して適切な関わりができるでしょう。

人の気持ちに寄り添い、患者さんの不安な気持ちに共感できるというのは歯科事務への転職を目指す上で大きな利点となります。

接客経験のある人は、ぜひその点をアピールに利用しましょう。

パソコンスキル

ノートパソコンを持った女性

歯科事務の仕事ではパソコンを使用します。

レセプト業務にはレセプトを作成するための専門のソフトを使用するなど、業務の様々な場面でパソコンを触る機会があります。

その他にも様々な専門のソフトがあるため、入社してからその使用方法に慣れていく必要があるのです。

そういった時に、すでにパソコンのスキルが身についた人であれば、比較的容易に業務に慣れることができます。

使ったことがないソフトであっても仕組みを理解するのに役立ちますし、文字入力が早くできるというのも武器になるでしょう。

歯科事務の将来性やキャリアパス

キャリアアップ

歯科事務の仕事に就いた場合、将来性やキャリアパスはどのようになっているのでしょうか。

歯科事務は基本的に長く続けられる仕事とされています。

また、歯科事務から歯科衛生士になるというキャリアアップの道もあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

将来性

歯科事務の仕事が長く続けられるという理由として、需要が安定していることが挙げられます。

基本的には歯科医院が存在し続ける限り、歯科事務の仕事はなくなることはありません。

今後AIの発達により、受付や会計・治療補助の一部などがAIに任されることはあるでしょう。

しかし、現状ではやはり人が担う部分が多く、需要はなくなることはないといえます。

特に近年では、歯科衛生士の資格を持った人の就業率が低くなっており、歯科衛生士が不足している現状です。

そのため、歯科衛生士の不足を補うために歯科助手や歯科事務を増やすという医院も少なくないようです。

したがって、子育てなどでブランクができてしまっても、資格を持っていたり実務経験があれば、復職は比較的容易でしょう。

キャリアパス

歯科事務や歯科助手は、患者さんの口の中を触ることはできないと歯科医師法で定められています。

そのため、歯科衛生士の仕事を間近で見ていて、自分もできるようになりたいと歯科衛生士を目指す人も多いようです。

歯科衛生士になるためには専門の養成校に入って勉強し、国家資格を取得する必要があります。

中には夜間部のある専門学校などもあるので、働きながら歯科衛生士の資格を取る人もいるようです。

歯科衛生士の資格を取っておけばなおさら、ブランクが空いた後の復職も容易になるでしょう。

 

ワンポイント
歯科事務の仕事は需要があり、長く続けることができます。歯科衛生士の資格を取得すればさらに可能性が広がります。

歯科事務の未経験求人の探し方

引っ越し

歯科事務の求人を探す場合、未経験でも求人が見つかるのでしょうか。

また、そのような求人はどのように探したらよいのでしょう。

まずできることは求人サイトを確認することですが、それ以外にも転職エージェントを活用するのもおすすめです。

求人サイトをチェック

求人サイトで求人を探す際には、様々な詳細検索ができることが多いです。

未経験の求人を見つけたい場合は「未経験可」「経験不問」などの項目にチェックを入れれば絞り込みができます。

「歯科事務」という名称よりは、「歯科助手」で検索する方が圧倒的に多いようです。

その中から事務の作業をメインとする求人に絞っていく方が効率がいいでしょう。

転職エージェントを活用しよう

未経験可の求人を探すには、転職エージェントを活用するのも有効な手段です。

求人情報の出し方は職場によってばらつきがあり、本当は未経験可である場合でも求人票に記載されていない場合もあるからです。

また、求人サイトで絞り込み機能を使ったとしても、地域によっては山ほど求人が出てきて比較検討できない場合もあるでしょう。

そのような時は転職エージェントの方が自分の希望に合った求人を見つけてくれるので、探す手間を大幅に省くことができます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接する女性

転職を考えているときには、調べてもわからないことがたくさん出てきます。

そんな時には転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは転職に関する様々なノウハウを持っているため、わからないことはどんなことでも相談することができます。

また、キャリアアドバイザーに相談することで、自分の希望に合わせたキャリアプランを組み立てることもできます。

インターネットには出回っていない非公開求人を紹介してくれることもあるので、ぜひ気軽に相談してみましょう。

まとめ

笑顔の看護師

歯科事務という仕事は決まった資格がなくても就くことのできる仕事です。

しかし、未経験での転職を目指すなら、資格の取得を目指した方が良いでしょう。

歯科事務は直接患者さんに接する仕事であり、また治療内容も把握する必要があり、明るく知的な人材が求められます。

また、接客経験やパソコンのスキルがあれば歯科事務の仕事に活かすことができるでしょう。

そして、歯科事務の仕事は需要があり、長く続けることも可能です。

そこから歯科衛生士の資格を取ってキャリアアップする道もあります。

事前にしっかりと準備して、ぜひ歯科事務への転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら