転職後の初日は何かと緊張します。期待と不安が入り混じった気持ちになるでしょう。

できるだけ早く会社に溶け込むには初日の挨拶やあなたの第一印象がとても重要です。

では職場のメンバーに好印象を与えるにはどうすればいいのかこの記事で解説します。

Contents

転職後初日にすべき挨拶の条件

新入社員のイメージ

転職初日は固くなりがちで、不安を感じる場合もあるでしょう。

第一印象はとても大切ですから転職初日はいろいろな考えが頭を巡ると思います。

初めての職場にうまく溶け込むには最初が肝心です。

そのためには初日の挨拶を成功させることがポイントですが、実際どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

転職初日の挨拶がうまくいくよう2つのポイントをご紹介します。

挨拶に含める必須項目

転職初日の挨拶には自己紹介やこれまでの経歴を含めましょう。

職場のメンバーはあなたがどのような人物なのか関心が高まっています。

まずはあなたを知ってもらうため自己紹介は欠かせません。

また、これまでの職歴や経歴も気になる人が多いもの。

どのような仕事にどれくらいの期間携わってきたのかも簡潔に伝えてください。

自己紹介で伝えるべきこととは

チェックリスト

自己紹介はこれから職場で人間関係を構築するうえで大切な一歩となります。

名前や経歴、簡単な志望動機のほか、趣味や特技などプライベートな一面に触れるといいかもしれません。

転職初日ということもあり、どうしても緊張して挨拶の内容が固くなってしまいます。

緊張することは悪いことではありませんが、最初が肝心なのでできるだけ挨拶で好印象を与えたいところです。

話す態度も挨拶の内容も固ければ、職場で溶け込むのに時間がかかるかもしれません。

緊張することは仕方ないので、話す内容はプライベートの話も交えて柔らかい印象にするといいでしょう。

挨拶をするときに注意するポイント

重要

何事も最初が肝心と言われるので、転職初日の挨拶でしっかり好印象を与えたいところ。

しかし、難しく考えすぎて支離滅裂な挨拶になるのは避けたいものです。

そこで、挨拶をするときに注意すべきポイントを4つお伝えします。

1分以内で簡潔に

挨拶は1分以内にまとめて簡潔に伝えましょう。

話が長くなると聞いている方の集中力が欠けてしまい、だんだん話の内容が伝わりにくくなります。

せっかくあなたの魅力を伝えようといい話をしても、聞く耳を持ってもらえなければもったいないのです。

挨拶の時間が長くなればなるほど聞く側も飽きてしまいます。

したがって、話す内容はあらかじめ1分以内に収まるようまとめておいてください。

笑顔でハキハキと

相談する女性

挨拶をする際は笑顔が欠かせません。

聞く側としても仏頂面で話す人より笑顔で話す人の方が好感を持ちやすいでしょう。

また、聞きやすいようハキハキしゃべることもポイントです。

転職初日は緊張して声がこもったり声量が小さくなったりするでしょう。

意識して大きな声を出し、一言ずつはっきり発音することで聞きやすくなります。

話の途中で噛んでしまってもいいので、口角を上げハキハキしゃべることを意識してください。

謙虚さを忘れず

挨拶の内容は謙虚さを忘れてはいけません。

特にこれまでの経歴を伝えるとき「自分はすごい」というアピールは避けましょう。

経歴に嘘をつく必要はありませんが、場合によっては不信感を与えるきっかけになることがあります。

上から目線にならないよう、謙虚な気持ちを忘れないでください。

個別の挨拶も欠かさずに行う

職場全体での挨拶が済んだら個別の挨拶も欠かさず行いましょう。

特に同じ部署や同じ係など、あなたが深く関わることになる相手には挨拶してください。

必ず1人ずつ挨拶をしなければならない決まりはありません。

しかし、会社に馴染み円滑に仕事を進めていくうえで初日の挨拶は非常に重要です。

職場の規模が大きければ全員に挨拶するのは難しいでしょう。

したがって、深く関わることになる相手には個別に挨拶するようにしてください。

 

ワンポイント
初日の挨拶は1分以内で簡潔に!謙虚な気持ちを持って笑顔でハキハキと!

声をかけてもらいやすくなる自己紹介とは

人差し指を立てる女性

転職初日の自己紹介は会社に溶け込むうえで大切な時間です。

できれば相手から興味を持ってもらえるような自己紹介をしたいところ。

ではどのような自己紹介をすれば相手から話しかけてもらえるのか確認していきましょう。

話すとよいこと

自己紹介は職場の人にあなたを知ってもらうチャンスです。

名前や出身といった基本的な項目のほか、これまでの経歴や持っているスキルも伝えるといいでしょう。

また、趣味や特技、プライベートの過ごし方など砕けた内容を話すのも好印象を与えるポイントです。

人は自分と共通点があると興味を持ちやすくなります。

相手から話しかけてもらうには、短い自己紹介の中でできるだけ多くの情報を詰め込むことです。

ただし、伝えたいことが多すぎて話が長くなれば本末転倒ですから注意してください。

これだけは伝えたい!ということを1分以内にまとめましょう。

職歴に重点を置いた挨拶

初めまして。○○と申します。本日からお世話になります。

前職では○○を担当しており、その過程で○○という資格を取りました。

資格を取ったことで仕事の幅を広げたいと思い、この会社に転職できたことはとても嬉しい限りです。

現在は○○について勉強中で、さらに業務への理解を深めております。

慣れないこともありご迷惑をおかけするかもしれませんが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介を交えた挨拶

初めまして。○○出身の○○と申します。

前職で3年間○○業界で○○に携わっておりました。

土日が休みだったので毎週のように友人と旅行に出かけていたこともあり、各地の名スポットには詳しい方です。

これから旅行に行かれる際は、おすすめのお店や地元ならではの観光スポットをお伝えできればと思います。

○○業界で培った経験を活かし、1日でも早く力になれるよう邁進してまいります。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

出社時間は就業規則どおりで良いわけではない

OKとNGのプラカード

転職初日の出社時間はあらかじめ確認しておきましょう。

というのも、会社によっては出社時間イコール就業規則どおりではない場合があるからです。

社員全員そろう時間は始業の30分前というように、会社によって慣習があるかもしれません。

始業時間ギリギリに出社したらすでに全員そろっていて気まずい雰囲気になった、という事態は避けたいところ。

転職初日から遅刻するのはNGですが、あまりギリギリに行くのも印象が良くありません。

就業規則どおりに出社するのだからいいだろうと思われるかもしれませんが、会社の慣習には従いましょう。

第一印象を良くするためにも、出社時間はあらかじめ確認しておいてください。

 

ワンポイント
会社によって慣習があるので、出社時間はあらかじめ確認しておこう!

服装や身だしなみには注意

将来の自分

転職初日で大切なことはあなたの第一印象です。

どれだけ優秀な人材でも第一印象が悪ければその後も引きずってしまいます。

第一印象を決める大きな要因となるのは服装や身だしなみです。

まずは清潔感のある見た目から入ることがポイント。

ブラウスやシャツにシワはないか、靴に汚れは付いていないか、カバンは派手すぎないかなど確認しましょう。

服装で注意したいのは制服ではなく私服の場合です。

あまり派手な服装では浮いてしまいます。また、会社によって服装にもルールがあるかもしれません。

できれば服装についても事前に確認しておきましょう。

それが難しい場合は、初日で職場全体の服装を把握して次の出社日から雰囲気を合わせてください。

“半歩下がって”職場に溶け込む

面接

転職者にとって一番大切なことはできるだけ早く会社に溶け込むことです。

率先して仕事に取り組んだりいろいろな人へ挨拶したりと、自分から積極的に行動を起こす必要があります。

誰かから声をかけてもらうのを待とうなど、受け身の姿勢では早く会社に溶け込むことは難しいでしょう。

1つ注意したいのは、会社に溶け込みたい思いが先走って横柄な態度を取ってしまうこと。

初日からいきなり「前の職場ではこうだった」、「もっとこうした方がいいのではないか」という発言は控えましょう。

自分の意見を言うことは悪いことではありませんが、まずは会社に溶け込むことが先決です。

周りの人に不信感を与えないよう、自分の考えは「半歩下がって」伝えるようにしてください。

 

ワンポイント
半歩下がった謙虚な姿勢で会社に溶け込もう!

転職初日までにやるべきこと

1359339_m

新しい会社でできるだけ早く馴染むには初日が大切です。

失敗しないようあらかじめ確認しておきたいことを3つご紹介します。

身だしなみを整える

人間は中身が大事だと言われますが、内面と同じくらい見た目も大切です。

見た目の第一印象で今後のイメージを左右すると言っても過言ではありません。

ブラウスやシャツにシワはないか、靴やカバンは汚れていないかなどしっかり確認してください。

見た目の清潔感は非常に大切ですから、服装や身だしなみは誰が見てもいいように整えましょう。

持ち物を確認

Okサインを出す女性

忘れ物がないか入念にチェックしてください。

そんなこと当たり前だろうと思われるかもしれませんが、緊張すると忘れ物をしがちです。

自分では気をつけているつもりでも抜けていることがあるかもしれません。

筆記用具やメモ帳といった業務に使う物のほか、会社から指定された書類などがあれば必ず持っていってください。

2日前に持ち物の準備が終わっていれば、当日の朝慌てることはなくなるでしょう。

出社する場所と時間を再確認

転職初日は遅刻厳禁です。時間ギリギリにならないよう余裕を持って出社してください。

また、会社によっては転職者のみ集合場所が違う可能性があります。

いきなり職場に行くのではなくどこか別の場所に集まってから改めて職場に向かうこともあるのです。

これも当日になって慌てないよう、出社する場所と時間はしっかり確認しておきましょう。

転職初日までに準備するべきこと

笑顔

転職初日を迎える前に確認すべきことをお伝えしました。

続いては、転職初日まで準備すべきことを3つご紹介します。

挨拶や自己紹介を用意

転職初日最大のイベントは挨拶および自己紹介です。

あなたのイメージを決める大事な場面ですから、スラスラ話せるよう挨拶文や自己紹介は用意しておきましょう。

メモを見ながら話すのではなく職場のメンバーの顔を見ながら話すのが一般的です。

挨拶文を一言一句間違えず話すというより、大まかに話す内容を決め頭の中で整理しながら話すといいでしょう。

転職する会社に関する情報収集をしておく

あなたが転職する会社に関する情報を集めておきましょう。

たとえば業界での立ち位置や力を入れて取り組んでいることなどが考えられます。

自分がこれから働く会社ですから最低限の情報は知っておきたいところ。

会社の情報をどれだけ知っているかテストされるわけではありません。

しかし、あなたがこれからお世話になる会社のことについて何も知らないのは避けたいところです。

業務知識の予習をしておく

あなたが携わる予定の業務知識について予習しておきましょう。

経験があるにしろ未経験から挑戦するにしろ、業務に関する知識の予習は大切です。

初日が終わって次の日からスムーズに業務を進められるよう、分かる範囲でいいのであらかじめチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
当日の朝慌てないよう、挨拶文の準備は事前に済ませておこう!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

2人の女性

転職活動がうまくいかないとき、どのようにして乗り越えていますか?

基本的に1人行動することが多いので、なかなか人に悩みを打ち明けられないことがあるかもしれません。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはこれまで数多くの転職者と関わってきました。

言わば人と接するプロなので、あなたの悩みも上手に聞いてくれるでしょう。

また、エージェントはあなたの転職活動がうまくいくよう的確にアドバイスしてくれます。

エージェントと二人三脚で理想の未来を手に入れましょう。

まとめ

笑顔

転職初日の挨拶はあなたの印象を決める大切な場面です。

何事も最初が肝心と言われますから、職場のメンバーの心をつかむ挨拶をしたいところ。

固くなりすぎず長く話しすぎないことがポイントです。

また、自慢話にならないよう謙虚な気持ちで「半歩引いて」話すといいでしょう。

転職初日は何かと慌ただしくなりますから、挨拶を含め当日の準備は余裕を持って済ませておいてください。

転職の悩みはエージェントに相談することで解決に導いてくれます。

困ったことがあれば1人で悩まず、エージェントを頼って転職活動を乗り切りましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら