カラーコーディネーター検定は色彩の知識が問われる検定試験です。

この検定に合格し資格を取得することで、色彩の知識を持っているということを証明することができます。

しかしこの記事を見ている方の中にはこの資格をどのように転職に活かせばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けてこの資格の活かし方や取得することのメリット、検定を活かせる求人の探し方などを解説していきまましょう。

この記事を転職活動の参考にしていただければ嬉しいです。

Contents

販売職でカラーコーディネーター検定を活かせる仕事を解説

パソコン

カラーコーディネーター検定は、色彩の性質や特性などの知識を持っていることを証明できる資格です。

この資格の取得に向けて勉強をすれば、その過程で仕事にも使える実践的な色彩の知識を学ぶことができます。

色彩に関して勉強すれば、どういった色にすればその物の魅力を最大限引き出せるのかといった視点で考えることも可能となるのです。

私たちの身の回りの全てのものに色が付いており、知らず知らずのうちに私たちはその色の影響を受けています。

そのため色彩に関する知識というのは、幅広い職種で役立てることができるのです。

今回はその中から販売職に絞って、カラーコーディネーター検定を活かせる職種をご紹介していきます。

カラーコーディネーター検定の特徴

考える女性

まずはカラーコーディネーター検定という資格にどのような特徴があるのかを解説していきます。

試験内容や合格率を知ることで、この資格で求められる具体的な知識や勉強量などが分かることでしょう。

3級から1級までどういった知識が求められるのかも併せてご紹介します。

試験内容や合格率は?

カラーコーディネーター検定は色彩に関する知識を学ぶことによってビジネスでその知識を活かすことが目的の検定試験です。

そのため試験も色の性質や色の心理などの基本的なところから、実際にビジネスシーンで活かせるような応用知識まで幅広く出題されます。

今後カラーコーディネートの知識を仕事に活かしていきたいという方にはうってつけの資格だといえるでしょう。

合格率は3級が約70%、2級が約45%、1級が31%程度となっています。

3級は比較的簡単であるということが合格率からも分かるでしょう。

しかしながら2級からは合格率が5割を切り、難易度が上がっていることが分かります。

2級と1級は十分な対策が必要となるでしょう。

3級の特徴

人差し指を指す女性2

カラーコーディネーター3級では実践的な問題よりも色に関する基礎的な知識が求められます。

基礎的な知識というのは主に色の性質や色の心理などです。

これらは基礎的な知識のためそこまで対策も必要ではなくテキストなどを見ながら勉強することで比較的簡単に合格することができます。

色彩の基礎を学びたいという方はこの3級取得を目指して勉強をすると良いでしょう。

2級の特徴

2級は、色彩に関する基礎的な知識を活かして実際に色をコーディネートしていくことを学びます。

色彩の組み合わせやそれによって生まれる効果を、どのように仕事に活かしていくのかを知ることができるのが2級の特徴です。

実際のビジネスシーンでも通用するような実践的な知識を学ぶことができるでしょう。

2級まで取得すると色彩の知識を実際に仕事に活かしていくことが可能になります。

1級の特徴

1級では2級までとは違い、試験内容が3つの分野に分かれておりいずれかの分野を選択して受験する形となっています。

分野は「ファッション色彩」「商品色彩」「環境色彩」の3つです。

この3つの中から自分が選択した分野に関する専門的な知識を問われるのが1級の特徴となっています。

難易度が高いためセミナーに通ったり過去問を解いたりするなど、十分な対策が必要となるでしょう。

販売職の求人例からカラーコーディネーター検定を活かせる仕事をチェック

人差し指を立てる

次は販売職の求人例から、カラーコーディネーター検定を活かせる仕事についてご紹介していきます。

以下に記載するのがこの資格を活かしやすいと考えられる職種です。

色彩に関する知識を身に付けて、転職を有利に進めていきましょう。

アパレル販売スタッフ

アパレル販売では接客・ディスプレイ・電話対応・DMの送付などの業務を行います。

この中でカラーコーディネーター検定を活かせるのが接客やディスプレイといった業務です。

これらは服を組み合わせたり、顧客にコーディネートを提案したりといった能力が必要となります。

その際にカラーコーディネーター検定で培った色彩能力を活かすことができるでしょう。

また、求人によっては特技手当が出るケースもあり、カラーコーディネーター検定が手当の対象となることもあります。

美容部員

美容部員は顧客に対してメイクをしたりスキンケアをしたりして、希望に合った化粧品を販売することが主な業務となります。

特にメイクにおいては色彩が重要で、それぞれの肌の色などに合わせて似合うメイクをする技術が必要となるでしょう。

その際カラーコーディネーター検定を取得しておけば、色彩に関する能力を身に付けてそれを業務に活かすことができます。

マネージャー・店長

書類をチェック

マネージャーや店長というのは店舗を管理・運営する立場の職種です。

そのため商品の販売計画や売上管理・店舗の清掃・陳列などの業務を行うことになるでしょう。

また、店舗スタッフの指導や教育なども同時に行うこととなり、店舗を円滑に運営できるような状況を目指すこととなります。

この職種では商品を販売したり陳列したりといった業務でカラーコーディネーター検定で得た知識を活かすことができるでしょう。

どうすれば顧客にもっと商品を手に取ってもらえるのかを考える際に色彩の知識が役立つのです。

店内の色を商品が魅力的に見える色にしたり、商品が色彩的に映える陳列の仕方を考えたりなどといったことが可能になります。

 

ワンポイント
販売職では幅広い業務で色彩に関する知識を活かすことができます。

販売職以外で資格を活かせる仕事は?

丸を持つ女性

次は販売職以外でカラーコーディネーター検定が活かせる職種をご紹介していきます。

この資格を活かせる転職先を探している方は、販売職以外にも以下のような職種への転職も検討してみてはいかがでしょうか。

営業

営業職というのは自社製品を顧客に対してプレゼンして買ってもらうことが仕事です。

そのため自社製品の色彩を理解して、どの製品がその顧客に合うのかということを考えると更に成績を伸ばせるのではないでしょうか。

他にも、商談を成立させやすいような色味の空間を選んだり、小物を身に付けたりといった形で応用することもできます。

このように、営業職でもカラーコーディネーター検定を仕事に活かすことができるのです。

企画や広報

企画・広報は企業のロゴや商品のパッケージといったものを手掛け、どのように売るかを考える仕事です。

そのため、どうすれば人々の目に留まるかということを色彩の観点から考えることも必要となります。

より自社の製品やサービスに人々が興味を持ってくれるようにするために色彩に関する知識が役立つことでしょう。

このようにカラーコーディネーター検定で培った知識は幅広い職種で役立つのです。

カラーコーディネーター検定の資格だけでは意味がない

悩む女性

カラーコーディネーター検定の資格を取得しても、転職で大きく有利になるということはないと思われます。

資格によって自身の色彩に対しての知識を証明することはできます。

しかし資格それ自体が転職で効果を発揮するということは少ないでしょう。

そのため未経験の職種へ転職しようと考えている方は注意が必要です。

この資格だけで転職が決まるわけではないため、職種や志望する企業に対しての研究は通常通り欠かせません。

もし資格の取得を考えているという方はそれを念頭に置いて勉強をしていきましょう。

しかし、完全に意味がないというわけではありません。

資格を取得するまでの学習によって色彩に対しての専門知識を身に付けられるためです。

カラーコーディネーター検定は資格それ自体よりもその過程で身に付けられる知識に価値があるものだといえるでしょう。

転職でもプラスアルファの能力として色彩に関する専門知識を評価してもらうことは可能です。

自身の付加価値としてアピールすると良いでしょう。

 

ワンポイント
転職が大きく有利になることはありませんが色彩の知識の証明にはなります。

女性の転職への活かし方

事務職の女性

次は女性の転職へカラーコーディネーター検定を活かすための方法をご紹介します。

この資格を取得することで転職が大きく有利になるということはありませんが、以下のような方法で資格を活かすことが可能です。

自分の転職市場での価値を高めるために資格を活用していきましょう。

実務経験や他の資格と併せてアピールしよう

カラーコーディネーター検定はそれ1つだけでは大きなアピールポイントにはなり得ません。

しかしながら自身のこれまでの実務経験や、他の資格と併せることによってあなたの人材としての個性となります。

アピールの仕方次第では他の応募者にはない能力を持っているのだということを人事担当者に印象付けることもできるでしょう。

1つではアピールポイントとしては弱いですが、組み合わせることで自分の強みをプレゼンしていくことができます。

もし色彩に関する知識も求められるような職種であれば、付加価値として認めてもらうことができるでしょう。

3級でも履歴書に記載しアピールしよう

笑顔

3級は色彩に関する基礎知識が求められるものであり、ビジネスの現場で利用できるほどの専門的な知識は必要とされません。

ビジネスの現場で活用できないのであれば履歴書に記載してもしょうがないと思う方もいるかもしれません。

しかし3級であっても履歴書に記載しておけば、色彩に関しての基礎的な知識を持っていることの証明にはなります。

そのため取得しているのであれば履歴書に必ず記載するようにしましょう。

色彩に関する知識が必要とされる職種であれば基礎知識であっても持っていないよりは評価してもらうことができます。

 

ワンポイント
・実務経験や他の資格と併せてアピールすることで評価に繋がる
・3級でも色に関しての基礎知識の証明にはなるため履歴書に必ず記載する

カラーコーディネーター検定取得のメリット

ガッツポーズする女性

カラーコーディネーター検定を取得すると、資格によって色彩に関しての専門知識を持っていることを証明することができます。

色彩に関する知識は幅広い職種で必要とされる知識であるため未経験の職種に転職した場合でも活かしやすいのが特徴です。

転職活動では大きく役立つことはありませんが、転職後の業務では色彩に関する知識を活用できる場も多いことでしょう。

もし色彩に関しての知識を仕事に活かしていきたいのであれば、カラーコーディネーター検定の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格取得までの過程で学んだ知識は幅広い業務で役立つことでしょう。

 

ワンポイント
色彩の専門知識は幅広い職種で必要となるためその知識が活躍する場も多いと考えられます。

カラーコーディネーターが活かせる求人の探し方

オフィスにいる女性

次はカラーコーディネーター検定を活かすことのできる求人を探す方法について解説していきます。

以下の方法を活用することでカラーコーディネーター検定で培った能力を仕事に活かせる求人を見つけましょう。

求人サイトをチェック

求人サイトは多くの求人が掲載されているため、その中からカラーコーディネーター検定を活かせる仕事を見つけることも可能です。

その際、求人の中には「取得していると望ましい資格」などという欄が設けられている場合があります。

その中にカラーコーディネーター検定の名前があれば、それは色彩に関する知識が必要とされる職種であると理解して良いでしょう。

そうした求人を出している企業に転職できれば、資格の勉強で身につけた色彩の知識を活かすことができると思われます。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを活用すればあなたに合った求人の紹介も行ってくれます。

そのため、もし求人選びに難航している場合には転職エージェントに求人の紹介をお願いしてみてはいかがでしょうか。

あなたのスキルや経験などを考えた上で、条件に合うような仕事を見つけてくれるはずです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ファイルを持つ女性

転職エージェントは前述した求人探し以外にも、様々な形で転職活動をサポートしてくれます。

もし転職に関して悩みを抱えている場合にはエージェントへ相談してみると良いでしょう。

転職活動というのは書類選考から面接選考まで、その選考内容に応じて様々な対策が必要となります。

人事担当者から見て自分がどのように見えるかも冷静に分析をしなくてはなりません。

自分だけでは限界のある対策も転職エージェントを利用すれば、的確なアドバイスを行ってくれることでしょう。

転職活動をスムーズに進めていくためにも、エージェントの利用を検討してみてください。

まとめ

まとめ

今回はカラーコーディネーター検定を活かせる仕事について解説してきました。

販売職を始めとした、様々な職種で色彩に関する知識は役立ちます。

もし色彩の知識が求められるような職種への転職を検討している方はカラーコーディネーター検定の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

この資格取得までの過程で手に入る色に関する知識は、幅広い職種で役立つことでしょう。

自身に付加価値をつけるという意味でも最適です。

また、転職活動で悩みを抱えている方は転職エージェントを利用することでその悩みを解消することができるでしょう。

この機会に是非、転職エージェントを活用してみていただければと思います。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら