事務職はオフィスワークが主な業務であり、事務作業を通して社内全体のサポートをすることとなる職種です。

そのため、そうした裏方として周囲を支えることが好きな方にはうってつけの仕事といえるでしょう。

今回は事務職への転職を考えている方に向けて、事務職の残業事情について解説していきます。

事務職というのは残業が少ないとされていますが、実際はどうなのでしょうか。

Contents

事務職の残業事情を解説

ガッツポーズ

事務職というのは残業が少ないといわれることの多い職種です。

しかしながら実際に事務職に就いていないことはそれが事実なのか不安に思っている方もいることでしょう。

残業が多い職種であった場合、自身のプライベートの時間を取れないということもあり得ます。

自身のライフスタイルに合った職種に転職したい方にとって、残業事情というのも重要なポイントの1つです。

今回は事務職の残業事情について詳しく解説していきますので、転職活動の参考にしていただければと思います。

残業が少ないという噂の真相や、そういわれる理由についてご紹介しましょう。

 

無料転職相談をして自分に合った職場を見つけよう

 

残業が少ない噂は本当?

考える女性

事務職は一般的に残業が少ないといわれる職種の中の1つです。

しかしながらそれはただの噂に過ぎず、転職してみたところ実態はかけ離れていたということもあり得ます。

事務職は残業が少ないというのは本当なのか、噂の真偽を確かめていきましょう。

事務職の平均残業時間

事務職の中でも、一般事務の平均残業時間は8時間程度とされており全職種の中でもかなり残業が少ない部類に入ります。

医療事務なども残業が少なく、事務職全体で見て残業が少ないというのは本当だと思って良いでしょう。

プライベートの比重を大きくしたいという方には最適な職種です。

しかし事務職は年間休日数が少ない傾向にあるため、残業は少ないですが年間の出勤日数は多くなることが多いようです。

もし出勤日の少ない職種に就きたいと思っているのであれば注意した方が良いでしょう。

残業代はもらえる?

事務職は残業が少ない職種ながら、それでも月平均8時間程度は残業をすることとなります。

そこで気になるのが残業代が支払われるかどうかです。

多くの企業では残業をした場合には残業代が支払われるため、心配することはないでしょう。

しかし企業によっては残業代がもらえないケースがあるようです。

このような場合、企業は社員に時間外労働をさせた場合に残業代を支払う必要があるため労働基準法違反となります。

サービス残業が当たり前というような会社に転職してしまわないように、転職先の企業の環境をよく確認する必要があるでしょう。

残業が少ないといわれる理由は?

考える女性

先述したように事務職は残業が少なく、プライベートが確保できる職種だといわれています。

しかしそこで気になるのが、何故この職種で残業が少ないのかということです。

次は事務職で残業が少ないといわれる理由について解説していきます。

自分のペースで仕事ができるから

事務職というのはルーティンワークが多いため、仕事の内容に変化があまりありません。

そのため毎日自分のペースで仕事をこなしていくことが可能です。

イレギュラーな業務が発生しないため、ペースも掴みやすく慣れてくると仕事を終わらせるのにかかる時間も減っていくことでしょう。

もし誰かに突発的な仕事を頼まれた場合、残業となるケースもあると考えられますが先述したようにそれほど多くはありません。

また、残業となった場合でも自分の仕事を早めに終わらせていれば、そこまで時間がかからずに済むでしょう。

自分のペースでルーティンワークをこなせるため、残業時間も少ない傾向にあるのだと考えられます。

社内の人と仕事しているから

カウンセリング風景

事務職が顧客と関わることは少なく、基本的に社内の人のサポートに徹することとなります。

そのため社外の人の予定に合わせて仕事をする必要がないため、納期なども存在しません。

納期が存在する場合には、その納期に間に合わせるために残業などもしなければいけない場面が出てくることでしょう。

しかし事務職は社内の人々が快適に働ける環境を提供するのが主な仕事であるため、締め切りに追われるような場面はあまりありません。

これも残業が少ないことの理由の1つであると言えるのではないでしょうか。

PCスキル次第で効率的に仕事が進められるから

事務職というのはデスクワークが主な仕事であり、PCによる書類・データ作成などが主な業務となります。

そのためPCスキルを磨いていくことで、業務も効率化することが可能です。

業務を効率化すると、ルーティンワークを終わらせるまでにかかる時間も短縮することができます。

そうなると必然的に仕事を時間内に終わらせることができるようになっていくことでしょう。

自分の担当する仕事が終わっていれば、残業をする必要もなくなります。

効率的に仕事を進められれば、残業もそれだけ少なくなることでしょう。

 

ワンポイント
・ルーティンワークが多いため仕事を効率化しやすい
・社内の人のサポートが主な業務であるため、時間の融通がきく
・PCスキルを磨けば仕事にかかる時間の短縮が行える
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


女性が残業の少ない事務職で働くメリット

人差し指を立てる

次は女性が残業の少ない事務職で働くことのメリットを解説していきます。

多様な働き方が認められる現代において、残業の少ない事務職を選択することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的にご紹介していきましょう。

ワークライフバランスが取りやすい

ワークライフバランスというのは、仕事とそれ以外の時間の割合・バランスを指す言葉です。

事務職は残業が少ないため、自分にとって理想的なワークライフバランスを取りやすいというメリットがあります。

もし子育てをしていたり家庭を優先したりしたい場合には、事務職であれば多くの場合残業せず定時に帰ることができるでしょう。

このメリットは女性にとってとても大きなもので、時間の融通がきくことはプライベートを充実されるために必要不可欠な条件だといえます。

もし自分の理想のワークライフバランスが明確にある場合には事務職へ転職すると、良い生活の形を築くことができるのではないでしょうか。

ストレスが少なく長く働くことができる

残業が少ないことで、プライベートの時間をきちんと確保できるためストレス解消する時間が作りやすいのもメリットの1つです。

心身のバランスを保つことができなければ疲労が溜まり、生活を維持できなくなる可能性があります。

また、クライアントと関わる機会が少ないためプレッシャーを感じる場面も少なくなるでしょう。

プレッシャーを感じることの多い職種ではそれだけ普段感じるストレスが多くなってしまいます。

もしストレスを少なく、心身を健康に保って仕事をしていきたいのであれば事務職というのは最適な職種だといえるでしょう。

ストレスが少ない状態で働くことで長く仕事を続けていくことができます。

 

ワンポイント
・ワークライフバランスが取りやすいため、家庭やプライベートの比重を大きくできる
・ストレスやプレッシャーが少なく、健康を保ちながら長く働くことができる

残業の少ない事務職で働くデメリットはある?

悩む女性

残業が少ないことはデメリットにもなり得るのです。

ここではそのデメリットとは具体的にどのようなものなのかをご紹介していきましょう。

基本給のみでは年収が低いことも

残業が少ないということは時間外労働による収入がないということを意味します。

時間外労働は割増賃金が支払われるため、1時間あたりの給料が高い傾向にありますが、それがなくなればそれだけ年収も低くなるでしょう。

残業が全くない場合には基本給のみということになるため、年収もそれだけ少なくなります。

もし年収を気にする場合にはこれは明確なデメリットとなるでしょう。

生活を優先するのか、年収を優先するのかなど、自身の生活スタイルと相談しながら決定する必要があります。

若くして出世が難しい

悩み

営業職や技術職はクライアントと関わる機会が多くスキルや能力が評価される場面が多いため、比較的出世がしやすいといえるでしょう。

しかしながら事務職というのはルーティンワークが多いため自身の能力を評価してもらう場が少なく出世が難しい傾向にあります。

実績を挙げて会社から評価してもらうことが難しいため、キャリアアップを考えている人には厳しい職種だといえるでしょう。

勤続年数が伸びていけば、会社からも評価され待遇が向上するかもしれませんが、若いうちは出世は難しいと考えられます。

これからキャリアアップしていきたいと考えている方は事務職へ転職すると出世が難しいため、避けたほうが無難でしょう。

 

ワンポイント
・残業がないと基本給のみとなるため年収が低くなりがち
・実績を評価してもらいにくいため若いうちの出世は難しい

事務職でも残業をするケースをチェック

電話をする女性

次は事務職で残業をすることとなるケースについて解説していきます。

事務職は残業が少ないといっても、全く残業をしないというわけではありません。

以下のようなケースでは事務職であっても残業をすることとなります。

転職を考えている方は今のうちに確認しておくと良いでしょう。

社員が少なく作業量が多い場合

会社の社員数が少ない場合には事務職であっても1人あたりの作業量が多くなり、残業も多くなる傾向にあるようです。

もし社員数が少ない企業に転職する場合には、残業が多くなると考えたほうが良いでしょう。

残業をなるべく避けたいのであれば社員数の少ない企業への転職は避けたほうが無難です。

1人あたりの作業量が多いと、それだけ求められるPCスキルも高くなるでしょう。

繁忙期で追加業務が発生することも

仕事の繁忙期にはどのような職種であっても、追加業務が発生することが予想されます。

普段は残業が少なくても繁忙期には残業が求められることもあるでしょう。

こちらのケースでは残業を行うことになっても繁忙期を過ぎれば落ち着くため、過度に心配する必要はありません。

もし業務を効率的に行えるように慣れば繁忙期であっても時間内に仕事を終わらせることができる可能性があります。

自身のスキルを高めていくことで残業時間を減らすことができるでしょう。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

残業の少ない事務職に転職するために

事務処理をする女性

次は事務職に転職したい方に向けて、どうすれば残業の少ない職場を見つけることができるのかを解説していきます。

残業を減らしてプライベートを充実させたい方は、以下のことに気をつけて転職先を選んでいきましょう。

企業選びは慎重に

先述したように社員数の少ない企業に転職した場合、事務職であっても多忙となるケースがあります。

そのため企業選びというのは残業の少ない事務職に転職する上で大変重要なポイントです。

残業が少ないかどうかというのは企業によって大きな違いがあります。

自分が転職したいと考える企業はどういったものなのかを明確にして、求人でもそうした部分を重点的にチェックするようにしましょう。

事務職に有利な資格を取得しよう

パソコンを見る女性

事務職では仕事を効率的にミスなく行うことが求められます。

そのため資格を取得していれば、仕事をこなせるだけのスキルがあることを証明できるのです。

事務職に有利な資格の中には、経理事務への転職に必須の日商簿記や事務職全般に有効なMOSなどがあります。

どちらも事務職として働けるだけの能力・スキルがあることを証明できる資格です。

これから転職しようと考えている方は転職活動に合わせてこれらの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
・企業選びでは求人をよく確認する必要がある
・日商簿記やMOSといった資格を取得することで転職を有利に進められる
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


残業の少ない事務職への転職を成功させるために意識すべきこと

悩む

ここまで解説してきたように、事務職というのは残業が少ないためプライベートを充実させたい人には最適な職種の1つです。

しかしながら、この職種は求人数が少ないため必然的に倍率が高くなります。

もし残業の少ない事務職に転職したいと思っているのであれば、更に転職の難易度は高くなるでしょう。

そのため転職を成功させるためには自身の強みを企業の人事担当者に上手に伝える必要があります。

自分について分かりやすく伝えるためには、今までに培ってきたスキルや経験を振り返る自己分析を徹底的に行うと良いでしょう。

事務職未経験であっても、今までの経験から事務職に通用するスキルや能力を見つけ出せるはずです。

自分のことを相手に分かりやすく伝えることを意識して有利に転職を進めていきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

新入社員のイメージ

転職活動では企業の人事担当者と話をする中で自分の強みや価値観を適切にアピールしなければなりません。

そのため自分だけでは主観的になってしまい、相手から見た自分の姿を明確に知ることは難しいでしょう。

そんな時におすすめなのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職のプロフェッショナルとして、客観的な視点からあなたのことをサポートしてくれます。

自分だけでは気がつけないようなこともアドバイスしてもらうことができるため、転職活動をより効率的に進めていくことができるでしょう。

もし現在悩みを抱えているという方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談をして自分のスキルを活かせる職場を探そう

 

まとめ

ファイルを持つ女性

今回は事務職の残業事情について解説してきました。

残業の量というのは自分にとって理想のワークライフバランスを考える上で大変重要なポイントです。

事務職へ転職を考えている方は今回の記事を参考にしていただければと思います。

また、転職で悩んでいるという方は転職エージェントへ相談すると悩みの解消に繋がることでしょう。

この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。