転職活動をする中で店長候補の求人も多くあります。

店長候補に挑戦したいけれど志望動機はどう書くべきか、自己PRのポイントは何か分からない方もいると思います。

知識がないまま望んでは、面接に通らない可能性が上がるのは否めません。

この記事では志望動機の書き方やポイントをご紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

店長候補求人の志望動機の書き方を解説

履歴書

店長候補に限ったことではありませんが、志望動機は採用の結果を左右する重要なポイントです。

採用する側は、店長候補になってもらうためにそれ相応の人材を求めています。

そのため、志望動機から読み取れる情報をもとにその人が適任なのか、やる気があるのかを見極めているのです。

さらに、志望動機の中に自己PRを含めると好印象に繋がります。

そのため店長候補求人の志望動機を書くコツや、効果的にアピールする方法を押さえることが重要になるのです。

経験やそのお店を選んだ理由、将来どうなっていきたいかを深堀りして書きましょう。

店長候補の主な仕事内容

店長

店長候補として働きたいけれど、具体的な仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。

店長候補と言っても飲食店やスーパー、アパレルショップなど色々な業種があります。

どの業種にも当てはまりますが、店長候補というのはそのお店の責任者となる立場です。

そのため店長と同じ様な仕事内容となることが多いでしょう。

責任者となるからにはスタッフの教育をする立場になり、部下ができる場合もあります。

そして発注管理や予算・売り上げ管理も行ったり、ときにはお客様のクレーム対応をしなくてはなりません。

このように店長候補になるということは、重責を担う覚悟が必要です。

店長候補の求人がある理由やメリットは?

女性店員

なぜ店側はわざわざ店長候補を募集しているのでしょうか。

今いるスタッフの中から店長候補を見つければよいのではないかという疑問も湧きます。

それでは、お店側が店長候補を募集している理由について考えてみましょう。

店長候補の求人がある理由は

店長候補を募集している理由には、大きく分けて3つあります。

1つ目は、応募者を多く確保したいという店側の理由です。

ただ単にスタッフ募集だけでは、多くの収入を得たい人にとっては魅力が半減してしまうかもしれません。

そうなると応募者は少なくなってしまうでしょう。

しかし店長候補と記載すると、後に店長に昇格し給与アップの可能性があることをアピールできます。

よって、より多くの応募者が集まる仕組みをつくっているといえるでしょう。

2つ目は、責任感が強い人材が欲しいという理由です。

いずれ店長を担ってみたいと思う応募者には、責任感が強い人が多いと予想されます。

店長候補を募集することで、より責任感の強い人を採用したいという店側の意図があるといえるでしょう。

3つ目は、現スタッフの中から店長候補を出すのが難しいという理由です。

アルバイトやパートなどが多い職場では、重責を担う人材を抽出するのが難しい場合もあります。

多くの応募者に来てもらい、責任感が強い人材を求めているという意図に加え、切実な人材不足が理由です。

店長候補の求人のメリット

努力次第では、求人票通りに昇格して給与の安定した店長になれる可能性があります。

店長になると多忙になると予想できますが、憧れていた業種であれば乗り越えられる方もいるでしょう。

責任ある仕事を求め、やりがいのある仕事をしたい方にとっては店長候補の求人は魅力的な求人です。

 

ワンポイント
店長候補の求人であっても、かならず店長になれるわけではありません。それを理解する必要があります。

店長候補求人での自己PRのポイントは?

笑顔の女性

次は、採用されるかどうかの判断基準として非常に重要な自己PRについて解説していきます。

自己PRは店側が、応募者の仕事に対する考え方や価値観を見るポイントです。

そのため、店長候補の求人に応募する場合の自己PRの準備は入念に行いましょう。

管理能力の高さ

店長候補の求人では、後に店長になる可能性をもった人材が求められています。

そのため管理能力の高さをアピールしましょう。

具体的には、店の売り上げ管理やスタッフの配置管理などがポイントとして挙げられます。

さらには売り上げアップのための戦略を打ち出し、それに向けてスタッフに協力を仰ぐスキルも必要です。

また、オーナーや本社などへ経営状況を報告することもありますので、一般的なビジネスマナーは必須になります。

仕事に対する熱意

頑張る女性

仕事に対する熱意もアピールポイントです。

店長候補ともなると指示されてから動いていては遅く、逆に他のスタッフの見本になるべき人材です。

どのようなシーンでも自らが率先して動き、常に向上心をもって学ぼうとする姿勢が大切です。

そのため仕事に対し熱意をもってやり遂げられ人材だとアピールしましょう。

人を育てる力

人材育成の経験も非常に良いアピールポイントです。

店長候補や店長は、スタッフ全員のサービスの質を向上させる能力が求められます。

新人からベテランまで常に人材を育てていかなくてはなりません。

そのため、リーダーシップ能力やコミュニケーション能力が必要で、人材育成の経験もアピールポイントです。

 

ワンポイント
売り上げの管理やシフト作成、教育担当を経験した場合には積極的にアピールしていきましょう。

店長候補求人の志望動機を書くコツ

履歴書

志望動機も自己PR同様に直接採用に関わる非常に重要な部分です。

この項目では、志望動機を書くコツをご紹介していきます。

これまでの経験をアピール

志望動機では、これまでの経験をアピールしましょう。

例えば、アパレル系のお店で店長を務めてきたとなれば、店長経験者であるため即戦力として働くことができます。

これは、店長候補を探している店側としては非常に注目したい人材です。

自身の店の顧客層が若いため、今後を見据え転職しようと考えているという理由も立派な志望動機になります。

店長経験がなくても、人材育成の経験や売り上げの管理の経験などもアピールできるポイントです。

企業を選んだ理由を具体的に伝えよう

教える女性

企業を選んだ理由は具体的に伝えましょう。

店長候補になれれば、どこの会社でもいいのではないかと採用担当者に思われるのは、マイナスイメージです。

責任感が本当にあるか、大変な場面でも最後までやり遂げられるかをアピールする必要があります。

そのためには具体的に説明することが効果的です。

応募するお店の雰囲気や顧客層などを事前に調べ、自分の経験や今後の目標を総合的に交えて話しましょう。

将来のビジョンを明確にしよう

店長候補として求人を出しているお店に応募するには、将来のビジョンを明確にしておくことも大切です。

お店側は1から教え込むというより、一般的なビジネスマナーを既に身に着けている人を求めています。

そして店長候補を募集しているのは、今後の活躍を期待している表れです。

よって将来性がある人材が欲しいため、自分が今後どのように活躍できるかを想像してもらうことが有効になります。

そのためにも、志望動機には明確な将来のビジョンを盛り込みましょう。

店長候補求人の志望動機で「管理力」をアピールする例文

OK

ここからは、店長候補求人の志望動機について例文を交えてご説明していきます。

まずはポイントとなる「管理力」をアピールする例文です。

こちらを志望動機に盛り込むなど、是非参考に使用していただければと思います。

管理力のアピール例

私は前職で培った管理能力の高さに自信があります。

毎日の売り上げ金の管理や、売り上げを途切れさせないための在庫管理業務を経験しています。

そこで私は季節によって売り上げに変化のある商品は、季節ごとに管理するように工夫しました。

その結果、年間を通した売り上げ見込みの予測に成功しています。

また季節ごとに売り上げを管理し、在庫管理に失敗しにくい仕組みをつくりました。

スタッフのシフト作成も担当した経験があり、作業量に対して必要な人員を管理することもできます。

例文の解説

人差し指を指す女性2

店長候補という職はさまざまなものに対して管理していくポジションです。

そのためお金や商品、人員の管理が可能だとアピールする必要があります。

例文では、お金や在庫の管理の成功談を話すことで、管理能力のアピールに繋がっています。

また、シフトの作成など人員の管理にも携わっていると伝えおり、まんべんなく管理できる印象を与えています。

 

ワンポイント
管理能力の高さをアピールし、店長候補に向いている人材であると採用担当者に伝わるようにしましょう。

店長候補求人の志望動機で「熱意」をアピールする例文

やる気を見せる女性

次は、志望動機で「熱意」をアピールする際の例文です。

私はアパレル関係の仕事を経験してきましたが、この仕事に非常にやりがいを感じています。

そのため、同じアパレル業界の御社を選びました。

お客様と直接関わる機会の少ない経営に携わるというよりは、お店でお客様の前に立ち続けたいと考えています。

入社したあかつきには、お客様のために他のスタッフと協力し合って雰囲気の良いお店をつくることが夢です。

そのためには、自分自身が常に向上心をもち続け、接客スキルを磨く必要があります。

そこで得たスキルは他のスタッフと共有し合い、仲間と互いに高め合える関係でいたいと考えます。

例文の解説

店長候補は、他のスタッフよりも忙しく業務時間も長くなりがちで、ストレスとの戦いになる場合も考えられます。

そのため、この仕事に対する熱意を知ることが重要になるのです。

採用担当者は応募者の熱意を確認し、ストレスや期待に耐えられるかを確認しています。

例文では将来のビジョンを盛り込むんでいるため、さらに熱意が伝わる内容となっています。

店長候補求人の志望動機で「育成力」をアピールする例文

頑張る女性たち

次は、志望動機で「育成力」をアピールする際の例文です。

こちらも志望動機と組み合わせるなどして活用してみていただければと思います。

私は前職では教育係を担っていました。そこで培った育成力には自信があります。

お店の経営を維持するにも、常に必要となるのが人材育成です。

私が工夫した点は、既存のマニュアルの中にお客様より頂いたご指摘やお褒めの言葉を盛り込んだことです。

それをもとに、新しい教育マニュアルを作成しスタッフの教育に励みました。

その結果、お客様からのお褒めの言葉を頂く機会が以前より2倍も多くなりました。

教育の結果が質の良い接客スキルに繋がり、成果を出せため自信に繋がっています。

例文の解説

スタッフの教育が行き届いているか否かが、お店の顧客確保や経営にも関わります

そのためスタッフへの教育は非常に重要で、店長候補には高い育成力が求められているのです。

具体的な教育方法を紹介し、成功した例を話すことで育成力の高さをアピールできます。

 

ワンポイント
教育をした経験を具体的に伝えることで、育成力の高さをアピールできます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職活動をしていると、ちょっとしたところでつまずいてしまう方もいるのではないでしょうか。

1人で転職活動をしていると時間もなく焦ってしまい、正常な判断ができないという悪循環に陥る可能性もあります。

そのような時に是非頼って欲しいのが、転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントはさまざまな企業に詳しく、非公開求人も扱っています。

そのため転職エージェントに相談することで、とても効率的に転職活動を行えるのです。

転職活動に充てる時間があまりない方にはとてもおすすめです。

時間は無限ではありませんので、不安や分からない点があれば1人で悩まないでください。

自分に合う企業はどのような企業か、面接での対応はどうすれば良いのかなど、さまざまな悩みを相談しましょう。

まとめ

ノートと花

店長候補の求人は気になるけれど、仕事内容やアピールするポイントについて不安な点も多くあると思います。

履歴書の志望動機でも、何を書けばいいのか分からなくなってしまう場合もあるでしょう。

そのような時は、今まで自分が経験したことを1つずつ思い出してみるのも大切な作業です。

店長候補として役立つ経験は意外と多くあります

今回ご紹介したポイントやコツを是非参考にして転職活動を進めていただければと思います。

もし不安なことがあれば、転職エージェントにご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら