転職する決意を固めたものの、いざ転職活動を行うときに在職中から始めるか先に退職するか悩む方は多いです。

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、総合的に考えて自分に合った方法を選ぶのが効果的でしょう。

そこでこの記事では、在職中・退職後に始める転職活動のメリット・デメリットについてご紹介します。

合わせて、気になる企業側が感じる印象についても調査しました。

これから転職活動を始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動は在職中に行う?それとも退職後に行う?

悩む女性

転職活動は在職中に行うか退職後に行うかによって、時間の使い方が異なります。

それぞれに利点はありますが、同時に伴うリスクも把握しある程度の覚悟はしておかなければなりません。

転職活動を行ううえで大切なのは、転職するという明確な決意です。

決意がなければ在職中の忙しい時間の中で、または退職後のリズムが取りにくい状況で活動を継続するのは難しくなります。

自分の性格や現職の状況、そして転職に対する本気度など様々な要素を考慮して時期を選ぶのがおすすめです。

 

ワンポイント
転職活動の 在職中・退職後の違いは時間の使い方。

「在職中派」理由は「収入ゼロが不安」なこと

貯蓄イメージ

在職中に転職活動を始める人の理由は、大半が「収入ゼロになるのが不安だから」というものです。

転職前に退職してしまうと失業手当の受給にも時間がかかるため、どうしても収入ゼロの期間が生じます。

しかし転職活動では選考書類の購入・印刷費や面接時の交通費など、様々な費用が必要です。

退職後貯金を切り崩して節約しながら活動するよりは、収入が入る状態の方が精神的にもゆとりが持てるでしょう。

そのため多くの転職者が、忙しいなかでもなんとか時間をつくって在職中に転職活動を行っています。

在職中転職活動すべきなのはなぜか

オフィスにいる女性

転職を成功させた人の体験談によると、「転職活動は在職中に行うべき」という意見が多く上がっています。

在職中の転職活動を推奨している理由は、退職後だと離職期間が長期化した場合のリスクがあるためです。

主な例として、金銭面の問題や応募先企業からのイメージダウンは深刻なリスクといえるでしょう。

在職中であれば、これらのリスクは問題なく回避できます。

また気持ちの面でも余裕があるので、冷静な判断で転職先を探すことができるでしょう。

離職期間が長いと、お金が心配

電卓で計算する女性

転職活動が思いのほか長引き結果として離職期間が長期化すると、お金の心配が深刻になってきます。

不安を抱えている状態では、転職活動にも余裕がなくなり悪循環を生んでしまうリスクが高いです。

例えば転職先を選ぶ際も「早く転職しないと」という焦りが生じ、次第に条件を妥協するようになります。

その結果仕事内容や待遇面に多少疑問や不満があっても口に出さず、入社してから後悔するケースも少なくありません。

一方在職中であれば焦る必要がないので、条件に合う転職先をしっかり見極める余裕があります。

離職期間が長いとイメージダウンになる可能性がある

退職届

離職期間が長くなると、応募先企業からのイメージダウンにつながってしまうリスクがあります。

企業側からすると、「すぐに辞めてしまうのでは」「働く意欲が低いのでは」と不安に感じるからです。

転職のために離職したのだとしても、離職期間が長いと次第に説得力が薄れ書類選考の段階で落とされる可能性もあります。

その点在職中であれば、書類上で現職での成果と応募先企業に現職を上回る魅力を感じたとアピールできるでしょう。

仕事にはブランクがない方が、有利になりやすいのです。

 

ワンポイント
 在職中に転職すべきなのは離職期間のリスクがあるから。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

企業側の印象の違いは?

検索とコメント

転職活動の時期によって、企業側から受ける印象は異なります。

在職中の場合、面接で応募先会社に興味を持ったきっかけや今後の意欲を伝えると好印象に繋がりやすいです。

現在の仕事にも責任を持って取り組み、区切りをつけたうえで入社できることをアピールすると効果的でしょう。

一方退職後の場合、離職期間が数ヶ月程度であれば即戦力として期待されます。

しかし離職期間が長くなると、仕事にブランクが空いた原因やその間の行動について疑問を持たれることが多いでしょう。

退職後に転職活動すべき状況もある

パソコンを操作する女性

在職中の転職活動は有利なことが多い反面、状況によっては退職後に転職活動した方がよい場合もあります。

特に在職中の転職活動が困難になる理由として、活動する時間が作れないという方は多いです。

時間がないなかで無理を続けると、体や精神を壊してしまうリスクも考えられます。

自分の現在の状態や仕事の状況を考え、あまりに負担が大きいと感じるなら退職するという選択肢もひとつの方法です。

ちなみに転職活動は毎日1時間程度、面接時間なども考慮して3ヶ月を目安に転職を目指すのが理想といわれています。

体や精神を壊してしまう

悩みを抱える女性

転職活動には体力・気力が必要とされることから、無理を続けると体や精神が壊れやすくなってしまいます。

特に転職活動が上手くいかない時期は、面接回数が増えるうえに気持ちが落ち込んでしまいがちです。

さらに現職でも問題を抱えている場合は、自分を追い詰めてしまう結果になりかねません。

自分の状況を見ながら、限界を感じるようであれば早めに退職を考えましょう。

面接では離職期間中の行動を具体的に説明できれば、企業側の印象が悪くなるリスクを回避できます。

忙しすぎて時間が作れない

腕時計を見る女性

日常的に残業があるような勤務時間の長い仕事だと、忙しすぎて転職活動の時間が作れないという人も少なくありません。

求人サイトでの検索や応募先企業の情報収集であれば隙間時間にできますが、面接となると話は別です。

企業によっては面接時間を18時以降や土曜日などに配慮してくれることがあるものの、平日のみというケースもあります。

そのため少なからず有給休暇を取得する必要が出てくるでしょう。

休暇を自由に取得できないような状況であれば、退職するという選択肢も十分に考えられます。

 

ワンポイント
 現職の状況によっては退職後の方がいい場合もあり。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

パソコンの前でガッツポーズ

退職後に転職活動を行うメリットは、時間に余裕があることです。

転職活動に専念し、応募先企業の情報収集や選考書類の作成も自分が納得いくまでしっかりと取り組めます。

一方でデメリットは、期間が経過するにつれて使えるお金や心の余裕がすり減っていくことです。

離職期間を長期化させないためにも、具体的な活動スケジュールを立てて計画的に行動する必要があります。

メリットとデメリットを比較して、現職の状況や自分の性格的に向いているかどうか退職前に考えてみましょう。

メリット

ガッツポーズの女性

退職後から転職活動を始めるメリットは、仕事の影響を受けずに転職活動を進められることです。

特に現職では有給休暇が取得しにくい状況だった場合、面接のスケジュール調整といった課題が解決します。

自分にとって理想の転職先企業を見つかるまで、時間をかけて探すことができるでしょう。

在職中に仕事での疲労感と戦いながら転職活動をするよりは、気持ちにゆとりがある状態で行動できます。

より多くの企業へ応募し、同時に複数の面接を受けられるチャンスです。

デメリット

パソコンの前で悩む女性

退職後のデメリットとして考えられるのは、離職期間の長期化によって悪循環が生じやすいことです。

まず転職活動が上手くいかなくなってくると、活動のリズムが不規則になり長期化していきます。

長期化すると企業側からの印象がマイナスになる可能性があり、書類選考を通過するのが難しくなってくるでしょう。

その結果不安や焦りが生じ、「とりあえず転職しないと」と考え企業選びを妥結してしまうケースが多いです。

せっかく時間をかけて転職活動に取り組んだものの、行き着いた先は後悔の残る転職となってしまいます。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

オフィスにいる女性

在職中に転職活動するメリットは、収入面に不安がないことです。

転職活動では様々な費用がかかるので、安定した収入が入ると気持ちに余裕のある状態で行動できます。

一方デメリットは、時間的に制限があることです。

面接時間が平日だった場合、有給休暇や半日休暇などで対応する必要が出てきます。

決して楽ではないですが、転職への熱意をもってやり遂げれば企業側からの評価は高いでしょう。

メリット

オフィスにいる女性

在職中に転職活動をするメリットのひとつは、職歴にブランクが空かないことです。

仕事をしながら転職活動してきたことが、計画性のある人材として評価に繋がりやすいでしょう。

また転職が当たり前になっている今日でも、職歴にブランクがあるかどうかを気にする企業は少なくないのが現状です。

もう一つのメリットとして、不安や焦りを感じることなく活動できることがあげられます。

収入面をはじめ、万一転職活動が上手くいかなくても現職に留まるという選択肢があるだけで精神的に安定するでしょう。

デメリット

困るビジネスウーマン

在職中に転職活動を行うデメリットは、とにかく活動に割く時間が限られることです。

転職活動は求人企業に応募するまでに、企業の情報収集や応募書類の作成などにも時間がかかります。

さらに難関なのは、面接時間の確保です。

面接できるのが平日のみの企業であれば、基本的に有給休暇を取得するしかありません。

多くの場合求人企業への応募は複数受けることが想定されるので、面接が重ならないようなスケジュール調整も大変です。

 

ワンポイント
 在職中の転職はメリットが多い反面活動時間がない。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

在職中に転職活動するときの履歴書の書き方

履歴書とボールペン

在職中に転職活動を行うときは、履歴書にその旨を記載する必要があります。

企業側にとっていつ入社できるのかを把握する重要な部分なので、偽りなく正直に申告しましょう。

面接でも聞かれる内容ではありますが、あらかじめ履歴書に書いておいた方がその後のやり取りがスムーズです。

履歴書に記載する項目は、「職歴欄」と「本人希望欄」を活用します。

ちなみに履歴書ではなく職務経歴書に記載しても問題ありません。

職歴欄

履歴書・ボールペン

履歴書の職歴欄には、記載した職歴の最終行に「現在に至る」と記入します。

そしてさらに行を変えて「以上」で締めくくりましょう。

欄が足りない場合は同じ行に記入します。

「現在に至る」の一文がない場合、現職を離職したとみなされるので忘れないよう気をつけてください。

離職中だと期間によっては企業側の印象が変わってくるので、書類選考で落とされるリスクがあります。

本人希望欄

職探し

履歴書の本人希望欄には、退職予定日か入社可能日を記入します。

企業側にとってはいつ入社できるかどうかが気になるポイントなので、今の時点でわかっているなら伝えておくべきです。

記入例は「○○年〇月〇日 退職予定(より就業可能)」となります。

ただし退職する日がまだ決まっていない場合、無理に記入する必要はありません。

虚偽の申告をすると逆に企業からの信用を失ってしまうので、確実な内容のみを記入するようにしてください。

在職中に転職活動を行うときのポイント

オフィスにいる女性

在職中の転職活動は時間が限られるため、スムーズに活動するためのポイントに沿って行うのがおすすめです。

まず大切なのは、転職するうえでの目標や理想とする将来像を考えてみることです。

自分はどうして転職したいのか、今後どういった働き方をしたいのかなどあらためて振り返ってみましょう。

効率的に転職活動を進めるにあたって、自分自身と向き合うのはとても大切なファーストステップです。

途中で転職先を妥結しないためにも、優先すべき条件を決めておきましょう。

有給休暇を活用

外回りする女性

転職活動では、有給休暇を取得しなければならない場面が少なからずあります。

主なのは応募先企業との面接です。

面接時間は大体30分~1時間程度なので、一日有給を取得するのが難しければ半日でも対応できるでしょう。

また大抵の場合複数の企業を選んで応募するため、有給も複数回取得する必要が出てくることも想定されます。

企業によっては18時以降やWEB面接に対応している可能性があるので、適宜活用しましょう。

在職中の会社に配慮する

オフィスにいる女性

転職活動を始めるタイミングは、在職中の会社に配慮して行うことが大切です。

活動時間の確保や退職手続きなど現職にも少なからず影響が出るため、会社の繁忙期や年度末は避けた方がいいでしょう

退職する旨は遅くても1ヶ月前を目安に上司へ報告し、スムーズな引継ぎができるよう少しずつ準備を進めます。

そして退職日までは責任を持って、最後までしっかり働きましょう。

今後転職した際に現職の会社が取引先となることもあり得るので、繋がりは大事にしておくのがおすすめです。

転職エージェントを活用しよう

男女のビジネスパーソン

時間のない在職中の転職活動は、転職エージェントを活用すると効率度が一気に上がります。

転職エージェントは自分に合った求人を、豊富な情報の中からピックアップしてくれるので便利です。

また面接時間の調整や疑問点の確認など、転職者と企業の間に立ってサポートを行ってもらえます。

また応募先企業で必要なスキル・働き方に関する情報や応募書類のアドバイスも受け取れるので、心強い味方です。

理想の転職先を負担なく短期間で見つけるためにも、ぜひ活用してみてください。

まとめ

応援のポーズ

転職活動は在職中・退職後どちらの時期から始めるにしても、メリット・デメリットがあります。

自分に合った方法を選ぶのが大切ですが、どちらかというと在職中に転職する方の方が多いのが現状です。

まずは在職中に転職活動が続けられるかどうか、体力・精神の両面から考えてみましょう。

在職中に転職活動をするのであれば、転職エージェントを活用して効率よく計画的に進めるのがおすすめです。

理想の転職先を見つけて、納得のできる働き方を手に入れてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら