事務職にはさまざまな種類があります。

介護事務もそのなかのひとつです。

この記事では介護事務に転職するための方法について解説します。

未経験からの転職に関する情報についても紹介しますので参考にしてください。

介護事務に未経験で転職する方法

パソコン作業をする女性

高齢化社会が進むなか、介護の現場で人材が求められています。

直接高齢者と関わる介護職員はもとより介護に関連した手続きなどをサポートする介護事務も必要とされています。

未経験から介護事務に転職する人も増えているのが現状です。

介護事務では未経験でも転職可能な職種です。

未経験の場合には事前に業界研究をしておくことをおすすめします。

業界研究や企業研究を行うにはそれなりの知識が必要です。

自分だけで進めていくことが難しい場合には転職エージェントを活用して転職活動を進めることもひとつの方法です。

介護事務の主な仕事内容

パソコン作業をする女性

介護事務の仕事のメインは介護報酬請求業務になります。

介護保険サービスを取り扱う事業所は、介護サービスの種類に応じて利用料を利用者と国に請求しています。

介護報酬請求業務はこれらのなかで国が負担するサービス利用料を介護報酬として請求するために必要な業務です。

あわせて利用者に提供した介護サービスの実績を記載した介護給付費明細の作成も行います。

介護給付明細をレセプトと呼ぶこともあります。

介護保険サービスの利用料の1割は利用者負担、残額は市町村が負担するのが通常です。

レセプトは月に1度、前月に提供したサービス分を請求します。

期限に間に合うように作成する必要があるため月末や月初が忙しくなる点は覚えておくとよいでしょう。

さらに電話対応、来客対応や勤怠管理なども介護事務の仕事です。

来客者は窓口で対応可能なケースと応接室などに通すケースがあります。

そのためお茶出しなども業務の一環として求められる可能性があるでしょう。

加えてケアマネージャーのサポート業務が求められる職場もあります。

柔軟にさまざまなことに対応できるスキルが求められるのも介護事務の仕事の特徴です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

未経験で介護事務になるために求められる知識

ハートを持つ女性

未経験で介護事務を目指している人もいるでしょう。

介護士事務として働くために必ず必要な資格はありません。

そのため未経験からでも挑戦しやすい職種といえるでしょう。

資格は必要ないもののある程度の知識は求められます。

とくに介護保険に関する知識は必要です。

介護保険の仕組みや介護報酬算定要件などは転職前に独学であっても身につけておくとよいでしょう。

介護事務を目指す人に必要な特徴

手をつなぐ高齢者と介護士

これから介護事務を目指す人に求められるものはなんでしょうか。

資格や知識以外に求められる特徴について解説します。

コミュニケーションが得意

介護事務は介護サービス利用者と接する機会が多くある仕事です。

相談に期待人の対応をすることもあるでしょう。

そのためコミュニケーション能力の高さは重要なポイントになります。

笑顔で柔軟な対応ができるという点は転職の面接で好印象を与えるでしょう。

人と接することが好きでトラブルにも冷静に対応できるメンタルの強さも求められる特徴です。

パソコンの操作スキルがある

介護事務の仕事はデスクワークも多くあります。

長時間、座ってパソコンと向き合う仕事が苦にならないことも求められる特徴です。

介護報酬請求業務は基本的にはパソコンで行います。

請求金額に間違いがないようにひとつひとつ丁寧に作業することも求められるスキルです。

パソコンの資格やスキルを持っている場合には転職の面接でアピールできるポイントになります。

人に思いやりを持って接することができる

手のひらの中のハート

介護サービスを利用する本人も家族ははじめての場合には不安を抱えているケースが大半です。

また利用していくなかで悩みや不安を感じる人もいるでしょう。

介護事務ではこうした利用者に対して思いやりを持って接することができるスキルが求められます。

相談に来た人に対して、相手の思いになって話を聞くことができるスキルも必要です。

家族に対しても経済的な負担の相談についてさまざまな提案をしながらサポートできることも重要になります。

誰かの役に立ちたいという気持ちで仕事に向き合うことができるかどうかが介護事務には必要な特徴です。

 

ワンポイント
介護事務を目指すならコミュニケーションスキルやパソコンスキルを磨いておくことをおすすめします。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

介護事務を目指す人におすすめの資格

書類を書く女性

介護事務に転職するために必ず必要な資格はありません。

ただし、ある程度の知識を持っていることは転職においては有利です。

そこで介護事務を目指す人におすすめの資格を3つ紹介します。

転職前に取得しておくことができれば面接でアピールすることもできるでしょう。

介護事務管理士

介護事務管理士の資格は、介護サービス事業所の受付や会計、レセプト業務などを行うスキルを証明できる資格です。

認定はJSMA技能認定振興協会が行っています。

介護事務管理士技能認定試験に合格することで取得できる資格です。

受験資格はなく、誰でも受験することができます。

試験問題は介護保険制度、介護請求事務の知識を問うものです。

マークシート形式の学科試験10問、レセプト点検・作成の実技試験が行われます。

合否判定は学科試験70点以上、実技試験は点検・作成問題ごとに50%以上が必要です。

試験は年間6回、1月・3月・5月・7月・9月・11月です。

試験会場は全国主要都市に設置されるため最寄りの試験会場で受験可能です。

指定の通信講座を受講すれば在宅で試験を受けることも可能になります。

ケアクラーク

ケアクラークは、介護に必要とされる知識や技能、介護におけるコミュニケーションスキルなどについて評価する資格です。

加えて、老人・障害者心理、医学一般の知識も問われます。

受験資格はとくにないため誰でも受験することが可能です。

認定は一般財団日本医療教育財団となっています。

ケアクラーク技能認定試験に合格することで取得できる資格です。

合否判定は学科試験と実技試験のそれぞれで70%以上の得点が必要となります。

試験は年間3回、1月、5月、9月です。

試験会場は各都道府県内の公共施設などで受験可能です。

介護報酬請求事務能力認定試験

介護報酬請求事務能力認定試験は、介護事業所での請求事務業務に必要な知識と技能レベルについて評価する資格です。

受験資格は次のとおりです。

  • 日本医療事務協会が認定する介護事務講座を修了
  • 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学など
  • 受験申請のあった一般受験申し込み者

認定は日本医療事務協会となっています。

介護報酬請求事務技能能力認定試験の合格率は8割を超えています。

そのため難易度は比較的低めといえるでしょう。

 

ワンポイント
介護事務として働くなかで求められるスキルを証明するために取得できる資格は複数あります。

資格を取得するメリット

話を聞く女性

介護事務として働くために必須の資格はありません。

とはいえ資格を保有していることで得られるメリットはたくさんあります。

資格を取得することで得られるメリットについて解説します。

介護保険や介護報酬に関する知識を習得

介護事務に関連した民間資格は複数あります。

それぞれに難易度が異なりますが、保有することで介護保険や介護報酬に関する知識を習得することが可能です。

介護事務の仕事のメインは介護報酬請求業務になります。

もちろんほかにも多くの業務がありますが、どの業務を取っても介護保険や介護報酬の知識が求められることは間違いありません。

そのため資格を取得することでしっかりとした知識を保有していることを証明できることはメリットです。

また資格試験は学科だけでなく実技試験も同時に行われるものが大半になります。

知識とスキルの両方を保有していることが明確に証明できる点も大きなメリットといえます。

就職や転職の際に有利

ハートマーク

どのような仕事に就く場合でも資格を保有していることはメリットになります。

就職や転職活動では面接を受けることが大半です。

この場合には面接で資格についてアピールすることでほかの受験者と比較して有利であることもメリットになります。

資格は自分のスキルを明確に証明する武器です。

言葉でこのようなことができますと説明するよりも資格を提示することで第三者による認定を受けていることが明示できます。

企業側も少しでも即戦力になりスキルの高い人材を求めています。

とくに転職では急募であることも多いため就職してからすぐに業務に当たれる人は有利です。

働き方の幅が広範囲になる

転職の求人のなかには資格保有者優遇というものもあります。

資格を保有していないと応募できないわけではありませんが、資格があるほうが採用率がアップすることは確かです。

資格を保有して知識やスキルを広げることでこれまで検討していなかった職種にチャレンジすることもできるでしょう。

未経験の分野であっても事前に資格を取得しておくことで採用率をあげることができます。

どのような仕事でもある程度の業界知識とスキルは求められます。

未経験だから就職してから全部教えてもらえばよいという姿勢では企業側も応募者に魅力を感じない可能性が高くなるでしょう。

未経験でも意欲的に学ぼうという姿勢が垣間見えれば就職後の就業イメージを持ってもらいやすくなります。

経験者でも未経験者でも資格を保有しておくことは働き方の幅を広げることにつながります。

 

ワンポイント
介護事務として働く上で資格を保有していることはさまざまな点でメリットとなります。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

介護事務の未経験求人の探し方は?

資料を持つ女性

未経験から介護事務に転職したい場合にはどのように求人を探せばよいのでしょうか。

未経験歓迎の求人をみつける方法について解説します。

求人サイトを見てみよう

まずは自分で求人サイトを検索してみる方法です。

介護事務、未経験などの検索ワードで検索してみましょう。

いくつかの求人がヒットするはずです。

そのなかからさらに自分の条件にあった求人を絞り込みます。

興味のある求人がみつかった場合には企業研究を行い、応募するかどうかを検討しましょう。

転職エージェントを活用しよう

指先にハート

自分で検索をかけて探す方法では限界があるケースも多くあります。

自分の希望の条件にあった求人がみつからずなかなか転職活動が前に進まないというケースもあるでしょう。

このような場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロです。

個人では検索できない求人を保有している可能性も高いでしょう。

企業と直接やりとりをしているため企業情報や業界情報についても豊富な知識を保有しています。

気になる求人がみつからない場合やプロのアドバイスがほしい場合には転職エージェントを活用しましょう。

介護事務の将来性やキャリアパス

指を指す女性

介護事務に転職したいけれど将来やキャリアについてわからず迷っているという人もいるでしょう。

介護を必要とする人は年々増加しています。

業界全体をみれば介護事務の需要は高まっているようにみえます。

介護事務の将来性やキャリアパスについて解説します。

将来性

介護保険制度が2000年にスタートして20年以上が経過しました。

介護保険制度によりたくさんの事業者が介護業界に参入できるようになりました。

国や各自治体がバックアップ体制を整えたことで介護サービスも充実しています。

超高齢化社会を迎えるといわれている日本において介護事務の需要はますます増えているのが現状です。

とくに人手不足といわれている介護業界において介護事務の存在は貴重になります。

将来を考えても介護事務は社会から必要とされる仕事といえるでしょう。

キャリアパス

クローバーと病院

介護事務としてのキャリアを積みたい場合には介護以外のスキルを身につけることもおすすめです。

基本的には介護報酬の請求や介護利用者への請求書発行がメイン業務となります。

ただし介護職員が不足するなかで介護事務が直接介護に携わる場面も増えてきているのが現状です。

キャリアアップを目指すなら介護ヘルパーや介護福祉士などの資格も保有しているとよいでしょう。

企業によっては資格手当が付与されることもあります。

給与に頑張りが反映されることでモチベーションのアップにもつながるでしょう。

家族や人生の節目などで働き方をチェンジする必要が出てきた場合も介護事務なら安心です。

正社員だけでなくパートや派遣として働くこともできるためタイミングにあわせて働き方を変化させることもできます。

キャリア形成していく上で形を変えながらでも仕事を継続していけることは大きなメリットです。

 

ワンポイント
介護業界では人手不足であるため介護事務の需要も増えています。キャリアアップ形成もしやすい職業です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ハートと聴診器

転職活動を進めていくとさまざまな悩みや不安に行き当たることもあるでしょう。

そのようなときは誰かに相談することがおすすめです。

転職経験者に相談してもよいでしょう。

本格的なアドバイスがほしい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは業界の情報を豊富に保有しています。

企業研究、業界研究を行う上でも転職エージェントの保有している知識は役立ちます。

面接対策や面接の練習もしてもらえる点は利用のメリットです。

転職活動をスムーズに進めたい場合には転職エージェントを活用してみましょう。

まとめ

笑顔の女性

介護事務に転職するために必ず保有していなければならない資格はありません。

ただ資格を保有しておくことで未経験からでも転職しやすくなる点は覚えておきましょう。

介護事務に求められる基本的なスキルを証明してくれる資格はおさえておくと有利です。

資格保有者優遇という求人もあれば未経験者歓迎という求人もあります。

転職エージェントに相談することで求人内容をしっかりと見極めることが可能です。

転職活動について悩んだら転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら