これから転職をしようと考えた時に、どの職種に転職するのか1つの指針になるのが持っている資格です。

「資格があると転職が有利になる。」と考えて、資格取得を目指されている方も多いのではないでしょうか。

面接の時に自分自身のアピールポイントとして、面接官に良い印象を残すことができます。

一口に資格と言っても、転職する業種や年齢などによって取得する資格の難易度はさまざまです。

どんな業種にどんな資格が生かせるのか、転職に有利な資格と持っていると評価される資格を紹介します。

転職で有利な資格を解説

スーツ、女性

転職に有利な資格と考えた時に、どんな資格を思い浮かべるでしょうか。

業種によって、転職に有利な資格は異なります。

どんな資格が転職に有利なのか、業種別に紹介します。

有利になるポイント・理由もあわせて解説するので、これから転職を考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

資格が転職に有利に働く理由

ガッツポーズ、女性

資格が転職に、有利に働く理由はいくつかあります。

どういった理由で、資格が転職に有利に働くのか理由を解説します。

熱意のアピールになる

資格を持っていると、その仕事に対する熱意のアピールに繋がります。

なぜなら、資格があれば希望の職種に対する知識を保有しているという証拠となるからです。

入社後に、自分は企業に対してどのように貢献できるかを面接官にイメージさせることができます。

資格を持っていれば仕事に対する興味・本気度を面接官にアピールすることが可能です。

そのため、他の求職者よりも面接官に対して良い印象を残せます。

集中力・計画性が評価される

面接、女性

資格を持っていると、集中力・計画性が評価されます。

資格取得の難易度が高ければ高いほど、必要な勉強時間は長くなります。

特に、国家資格は難易度が高いものがほとんどで取得まで多くの時間を必要とするのです。

資格取得に向けて、どのように勉強をしていくか試験日から逆算して計画を立てる必要があります。

働きながら資格を取得するとなると、限られた時間の中合格に向けて計画を立てて勉強をしなければなりません。

そういった集中力・計画性をアピールすることができるのです。

資格なしでも転職できる?

「履歴書に書く資格がない。」

「転職に有利に働く資格を持っていない。」

と、不安に思う方もいるかもしれません。

資格はあくまでも、あなたにどういった能力があるのかを知る目安です。

転職に必ずしも資格が必要で、面接で不利になるわけではありません。

しかし、応募条件に「〇〇の資格保有必須」などの記載がある場合があります。

そういった場合は、当然その資格が必要です。

資格保有が入社の必須条件でない限り、必要以上に不安になることはありません。

今までの実務経験や培ってきたスキルを面接官にアピールできれば、資格なしでも転職することができます。

しかし資格を持っていれば、自分自身を面接官にアピールすることができるので損することはありません。

転職したい業種や企業が決まっている場合は、どういった資格が有利に働くのか必須の資格はないのか一度確認してみると良いでしょう。

 

ワンポイント
 資格を保有していると、熱意のアピールや集中力・計画性を評価される。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

どんな資格が転職で有利になる?

外回り、女性

転職する時に、資格が有利に働く理由は熱意のアピールや集中力・計画性を評価されることが分かりました。

続いて、どんな資格が転職で有利になるのかを業種ごとに紹介します。

企業からニーズがある資格

資格の中には、業務独占資格というものがあります。

資格を所有している人だけが業務を行うことができる国家資格で、資格取得が必須になっています。

そのため、企業からのニーズが高い資格と言えるでしょう。

知識や能力が必要なものが多く、資格取得は難しいことが特徴です。

業務独占資格には、

  • 司法書士
  • 税理士
  • 医師
  • 薬剤師
  • 行政書士

などがあります。

建築・住宅関連で役立つ資格

パソコン、女性

建築・住宅関連で役立つ資格は、

  • 建築士
  • 宅地建物取引士
  • マンション管理士
  • インテリアコーディネーター

などです。

建築士は、建物の設計・工事監督を行う職業で、1級建築士・2級建築士・木造建築士の3種類があります。

宅地建物取引士は、土地・建物の売買を行う職業で賃貸物件の紹介を行う業務です。

マンション管理士は、管理組合運営・修繕工事などマンションに関するコンサルティング業務を行います。

インテリアコーディネーターは、住宅の家具・照明などインテリアについてアドバイスをし空間をコーディネートする業務です。

医療・福祉関連で役立つ資格

医療・福祉関連で役立つ資格は、

  • 介護福祉士
  • 登録販売者
  • 公認心理師
  • ケアマネージャー

などです。

介護福祉士は、身体介護・生活援助や介護者の家族に対してアドバイス・指導を行うことができる資格です。

登録販売者は、医薬品の販売をすることができます。

第2医薬品・第3医薬品を販売し、アドバイスや効能の説明などを行います。

公認心理士は、心の問題の相談・解決に向けてアドバイスができる資格です。

ケアマネージャーは、介護保険サービスを受けるためのケアプランの作成などを行い事業者と調整を行う仕事です。

そのほか役立つ資格

喜ぶ、女性

そのほか転職に役立つ資格として代表的なものは、

  • 日商簿記検定
  • TOEIC
  • 秘書検定

などがあげられます。

日商簿記検定は、経理や事務の業務へ転職する際に役立つ資格です。

簿記は、会社のお金の取引でお金の増減を記録するための方法を学ぶことができます。

TOEICは、英語を聞きどれだけ読み解くことができるのかを点数で示します。

点数が高ければ高いほど、英語能力が高いと言えるでしょう。

英語力が活かせる、グローバルな職場への転職に役立つ資格と言えます。

秘書検定は、電話対応・文書作成・スケジュール管理などの能力が身についていることが証明できる資格です。

社会人に欠かせない能力を身につけることができるので、秘書を目指す人だけではなくビジネスマナーを学びたい人にも役立つ資格です。

取得しやすい資格

転職をする際に、働きながら次の転職に向けて資格取得を目指す方も多いのではないでしょうか。

働きながら資格取得を目指すとなると、勉強する時間も限られてしまいます。

勉強時間が限られていても、比較的取得しやすい資格は、

  • 看護助手
  • 医療事務
  • 歯科助手
  • 調理師
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

などがあげられます。

看護助手は、看護師のサポートや患者さんの身の回りのお世話をする仕事です。

看護師のように、注射を打つなど医療行為はできません。

医療事務は、医療機関で医療費の計算を行ったり、患者さんの対応をする仕事です。

歯科助手は、医師や歯科衛生士のアシスタントを行う仕事です。

受付業務や、カルテ作成・治療のアシスタントが主な業務内容になります。

看護助手同様、患者さんに医療行為を行うことはできません。

調理師は、飲食店などで調理を行う仕事です。

調理の他には食材を仕入れたり、衛生管理をするのが主な業務内容になります。

マイクロソフトオフィススペシャリストは、WordやExcelなどの使用スキルを証明する資格です。

特に事務業務では必須スキルのため転職する時には保有していることを企業にアピールできます。

これらの資格を、自分の転職したい業種と照らし合わせてみて下さい。

 

ワンポイント
 転職を目指している業種は、どういった資格を保有していれば有利なのかを確認しておきましょう。

資格取得と年収アップのからくり

なるほど、女性

なぜ資格を保有していると、年収がアップするのでしょうか。

職業によっては、資格を保有していないと仕事をすることができない業務があります。

資格取得の難易度が高いと必然的に、従事する人が少なく需要と供給のバランスが崩れている場合が考えられます。

こういった理由で、取得するのに難易度が高い資格を保有していれば年収がアップするというからくりになっています。

女性が稼げるおすすめの資格3選

横ロブ、女性

資格にはたくさんの種類があります。

たくさんありすぎて、どんな資格を取得すればいいのか分からなくなってしまいます。

女性が転職して、実際に稼ぐことができる資格にはどういったものがあるのでしょうか。

おすすめの資格を3つご紹介します。

1. ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、お金に関する知識が豊富なお金のスペシャリストである証明になる資格です。

資格を保有していると、お客さんからの信頼を得やすくなります。

ファイナンシャルプランナーは、個人の資産運用やお金に関するアドバイスをする仕事です。

証券営業・保険営業・不動産営業などへの転職の際に、おすすめです。

2. 社会保険労務士

社会保険労務士は、社会保険・人事労務などの専門家です。

労働保険や社会保険の書類作成を行います。

社会保険労務士は、国家資格で必要とする知識は複雑なものです。

多くの企業でニーズがあり資格を持っていると、転職を有利に進めることができます。

3. 中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営コンサルティングを行うことができる国家資格です。

中小企業の経営相談から、企業の問題や改善点を提案し課題を解決するためのコンサルティングを行います。

日本は、中小企業の数が多く中小企業診断士のニーズは高いです。

そのため、多くの企業から重宝される資格と言えるでしょう。

資格を持っていると評価されるポイント

ガッツポーズ、女性

転職する業務に関する資格・仕事に関する興味・知識の保有は良い印象を与えられる場合があります。

仕事に対する熱意をアピールできたり、資格取得が難関なほど計画性や集中力があるという評価に繋がります。

資格をたくさん保有しているからといって、履歴書に保有している資格を全て書き出そうとしてはいけません。

本来評価に繋がる資格を、目立たせることができない危険性があります。

履歴書に資格を書く場合は、転職する職種に関するものを優先的に書くように注意しましょう。

 

ワンポイント
 履歴書に書く資格は、転職する業種に関するものを書きましょう。

資格を活かせる求人の探し方

ファイル、女性

まずは、自分の持っている資格がどんな職種に活かせるのかを調べてみましょう。

学生の頃や、社会人になって働きながら取得した資格を活かせる職場が見つかる可能性があります。

インターネットで検索すると、たくさんの情報がでてきます。

情報がたくさんありすぎて、どうすればいいか迷ってしまうという方も多いかもしれません。

そんな時は、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロが、あなたのスキルや能力を考慮して二人三脚で求人を探し提案をしてくれます。

資格取得を目指すうえで注意したいこと

会議、女性

資格があると、転職に有利に働く場合があるということが分かりました。

しかし、ただ漠然と資格を取得しても活かすことができなければ意味がありません。

資格取得には、お金と時間という労力が必要です。

その労力を無駄にしないためには、どういったことに注意すればいいのかを解説します。

志望している職種と関連した資格なのか

資格を持っていても、志望している職種と関連した資格でなければ評価に繋がりません。

業務内容や、どんなスキルを持っている人材が求められているのかをしっかり確認しておきましょう。

そして、関連している資格取得を目指す姿があなたの評価へと繋がります。

ポイントを押さえて効率的に取得を目指す

スポーツを始めて上達を目指すのには、ポイントを押さえて練習することが上達への近道です。

資格取得も同じように、ポイントを押さえて効率的に勉強を行う必要があります。

特に働きながら勉強をして、限られた時間の中で資格取得を目指すのは大変です。

しかし、そういった姿勢が将来的にあなたの評価へと繋がる可能性があります。

転職のための資格取得ということを頭の中に入れて、限られた時間の中でも効率的に勉強しましょう。

 

ワンポイント
 志望している職種の資格を、ポイントを押さえて効率的に取得を目指しましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコン、女性

「資格を取得したけれど、どういった職種に活かせるのか分からない。」

「本当に、自分に合っている転職先を見つけられるのか不安だ。」

といった悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

転職で悩んだ時は、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロが、あなたのスキルや資格を活かせる職場を紹介してくれます。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

パソコン、女性

転職する時に資格が必須である職種でなければ、必ずしも資格を保有していなければならないということはありません。

しかし、資格を保有していれば仕事に対しての熱意・資格取得に向けての集中力・計画性をアピールできます。

女性が稼げる資格には、

  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士

がありました。

転職で悩みや疑問がある場合は、転職エージェントを上手に活用して転職を有利に進めて収入アップを目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら