面接で緊張のあまり頭が真っ白になってしまい、言葉を失ったりパニックになったりすることはよくある事です。

しかしせっかく適正や能力があっても上手く自分をアピールできなければ採用されません。

緊張しやすい人は頭が真っ白になってしまった時の対策をしっかりしておくことが大切です。

今回は面接で頭が真っ白になった時の対処法を紹介します。

Contents

女性が面接で頭が真っ白になった時の対処法を解説

悩む女性

面接で緊張するあまり頭が真っ白になってしまった経験のある方は多いと思います。

能力もやる気もあるのに面接で自分の魅力を上手く伝えられず内定を逃す人は多いです。

緊張しやすい人は事前に面接の練習をして面接慣れしておくようにしましょう。

また頭が真っ白になる状況まで想定して面接官に聞かれそうな質問回答は事前に準備しておくことをおすすめします。

人は想定外の質問を出されると頭が真っ白になったりパニックになったりするものです。

準備をしっかりすることでパニックに陥る確率を無くしましょう。

 

ワンポイント

実際に面接で頭が真っ白になった時は、緊張していることや考える時間が欲しい旨を正直に伝えることも大切です。

深呼吸をして最後まで諦めない姿勢を面接官に示しましょう。

面接で頭が真っ白になった時はどうする?

どんなに事前に面接の練習をしていたとしても、面接で予想外の質問や場面に遭遇するのはある程度仕方のないことです。

以下の項目では想定外の状況に直面した時に落ち着いて対応するための方法を3つ紹介します。

素直に「わかりません」と言おう

人差し指を立てる女性

面接では細かい事業内容や時事問題についてなど、自分の想定していなかったたことを聞かれる機会も多くあります。

その場凌ぎで無理をして答えても面接官には簡単に見抜かれてしまうものです。

そんな時は素直に分からない旨を申し出る方が懸命です。

「大変恐縮ですが、〇〇については勉強不足でわかりません」などと丁寧に伝えるようにしましょう。

落ち着く時間や考える時間をもらおう

心を落ち着かせる女性

言葉に詰まって無言になってしまうのは決して悪いことではありません。

その場合は面接官に考える時間が必要な旨を伝えましょう。

面接ではシンプルでも何らかの返事をすることが大切です。

発言に困った時ほど面接官にコミュニケーション力を試されていると意識しましょう。

面接官の質問には黙り込んだままにならないよう何かしら発言するようにして下さい。

アドリブに切り替えて回答しよう

ガッツポーズの女性

万全の準備をして面接に臨んだとしても、すべての質問に対応することは不可能です。

質問回答を忘れたり予想外の質問をされたりした時は思い切ってアドリブに切り替えて対応してみましょう。

面接官は特別な回答を求めているわけではありません。

ありきたりの回答でもスムーズにコミュニケーションをとることが重要です。

面接で頭が真っ白にならないための対策

面接にスムーズに対応したいのなら、しっかり事前の準備を行うことが重要です。

ここでは面接で頭が真っ白にならないための対策をまとめて説明します。

応募企業の情報を徹底的に調べよう

キャリアウーマン

面接では応募先企業の理念や方向性を問われることがあります。

応募企業の研究は事前にしっかりと行い頭に入れておくことが大切です。

企業のホームページがあれば隅から隅まで必ず目を通しましょう。

企業の歴史や事業内容を細かく知ることは、面接時も質問への回答に具体性が増すため非常に効果的です。

面接で企業についての質問があっても自信を持って答えられるようにしましょう。

面接での質問を予想し対策しておこう

面談をするキャリアウーマン

面接で頭が真っ白になった時の対策として、面接間に聞かれる質問を予想して対策しておくことが効果的です。

特に志望動機や自己アピールといった定番の質問は声に出して何度も練習しておきましょう。

準備をしっかり行うことで面接への自信がつき緊張しづらくなる効果もあります。

面接前にリラックスできる行動をしよう

スーツ女性

面接前にリラックスすることも緊張をほぐすことにつながります。

前日は十分な睡眠をとって体調を万全にし、当日は時間に余裕をもってリラックスすることを心がけましょう。

面接に落ち着いた気持ちで臨むことが成功の秘訣です。

面接当日はストレッチや深呼吸をしたりコーヒーを飲んだりして緊張をやわらげる工夫をしましょう。

普段リラックスできる行動をすることで気持ちを落ち着かせて面接に臨めます。

 

ワンポイント

面接対策を十分に行いリラックスした状態で面接に臨むことが大切です。

自分に自信を持って堂々と面接官とコミュニケーションをとれるよう意識しましょう。

面接で緊張してしまう原因は?

いままでいろいろな対策法を紹介しましたが、そもそも面接で必要以上に緊張してしまう原因は何でしょうか。

実は面接で緊張してしまう人にはいくつかの共通する傾向があります。

ここでは緊張しやすい人の大きな特徴をご紹介します。

「見られる側」だと思っているから

泣く女性

人に見られることを意識しすぎる人は緊張しやすい傾向があります。

面接では自分が相手にどう見られるかを意識しすぎて心に余裕が持てないのです。

周りの視線を気にしすぎて自己PRに集中できないため、面接が上手くいかない人もたくさんいます。

緊張しやすい人は面接での態度も受け身なため面接官に良い印象を残すことが難しいのも特徴です。

「よく思われたい」というプレッシャー

面接を受ける求職者

面接で自分をより良く見せようと背伸びするのも緊張する原因の1つです。

自分をよく見せる仮面をつけているため、失敗した場合の恐怖と失敗してはいけないプレッシャーから緊張してしまいます。

特に過去の面接で大きな失敗をした人や自分に強い劣等感をもっている人は緊張しやすい人が多いです。

自分に自信が持てないまま面接で面接官に良く思われるようとするため、心に余裕が持てない傾向にあります。

自信がないから不安

不安な女性

多くの人は面接対策が十分にできていないと成功する未来を想像できず悪い結果ばかり想像してしまいます。

特に普段から劣等感を持っている人やネガティブな人は面接でもネガティブになりがちです。

面接に失敗するイメージが強いことで、自ら面接で緊張する環境を作ってしまいます。

面接官で緊張しないようにするには気持ちをポジティブに切り替えることが大切です。

緊張しやすい女性の特徴は?

考える女性

ではどんな女性が緊張しやすいのでしょうか。

女性の傾向としては責任感が強く几帳面な人ほど緊張しやすいといわれています。

本来は責任感がつよいことは自己PRにつながるはずですが、絶対に失敗出来ないという気持ちが緊張を生み出すのです。

また自分に自信がない女性人見知りな女性も緊張しやすい傾向にあります。

自分のコンプレックスが邪魔して面接で堂々と立ち振る舞うことができないからです。

緊張しやすい女性は面接慣れするよう努力するようにしましょう。

面接で頭が真っ白になった人の体験談

ここでは実際に面接本番で頭が真っ白になった人の体験談をご紹介します。

緊張で頭が真っ白になってしまうことは、どんなに人にも起こりえることです。

頭が真っ白になっても落ち着いて対応できるよう以下の項目を参考にしてみてください。

体験談① 想定外の質問をされてしまった

白紙のボードを指さす女性

家電メーカーの面接で面接官が「弊社の製品の使い勝手の良さはどんな所にありますか?」という質問をしました。

想定していた質問だったので、私は1つの製品について自分の体験談を交えた上でしっかりと使い勝手の良さを回答しました。

しかしその後続けて他の製品についても聞かれてしまいました。

私は1つの製品に対してしか回答を用意していなかったため頭が真っ白になってしまいました。

困った私は正直にまだ他の製品は使ったことがないと打ち明けました。

しかしアドリブで「今後はこんな製品を使って使い勝手を体験してみたい」という説明をして内定を得ることができました。

下手に嘘をつかずに正直に前向きな説明を心がけて良かったです。

体験談② 暗記した回答がテンプレートと言われた

面接を受ける女性

私は人材派遣会社の事務職に応募しました。

志望動機を丸暗記して面接に望んだら面接官から自分の口調がテンプレートのように感じると突っ込まれてしまいました。

「自分なりの言葉で志望動機を話してください」と言われた時は頭が真っ白になり思わずパニックに陥ったのを覚えています。

しかし動揺したもののその場で応募までの経緯をしっかりと自分なりの言葉で伝えられたので本当に良かったと思います。

何も発言できなくなることは一番駄目だと思ったので、私はなんとかその場を切り抜けることができました。

面接の緊張をほぐす考え方

面接の緊張をほぐすためには、面接を行う意味をしっかりと把握することが重要です。

面接は企業が欲しい人材を選ぶだけでなく応募者が企業との相性を確認する場でもあります。

受け身で面接に臨むのではなく、積極的に自分が働きたい会社を選ぶ気持ちで臨むことも大切です。

ここでは面接の緊張をほぐす考え方を紹介します。

面接は「会話をしに行く」という考えを持とう

笑顔

面接官は応募者がどういう人なのか知りたいと思っています。

面接は応募者と企業の相性を測る話し合いと確認の場です。

面接官は応募者を緊張させたいのではなく、応募者と会話がしたいということを忘れないようにしましょう。

面接官も人ですから、初対面の人に自己紹介をするような気持ちで臨むことをおすすめします。

面接官も緊張している

書類を持つ面接官

初対面の人と話すというのは誰でも緊張するものです。

実は面接官の中にも緊張している人がいます。

面接に不慣れなうちは面接官もとても緊張しているのです。

面接官と応募者どうしが緊張していてはスムーズな面接を行えません。

面接官の緊張をほぐしてあげる位の気持ちをもって面接に望むのが成功の秘訣です。

 

ワンポイント

面接で緊張するのは自分だけではありません。他の応募者も同じように緊張しているはずです。

自分ばかりに焦点を当てるのではなく周りをみる余裕を持つことが大切です。

面接で頭が真っ白になっても諦めず冷静に対処しよう

ポイント

緊張で頭が真っ白になってしまいうまく話ができなくても最後まで諦めずに対応することが重要です。

面接官は応募者が実際に会社で活躍できる人物かを見極めようとしています。

面接で想定外の質問してくるのは応募者が会社でも機転の利いた行動がとれるのかを見極めようとしているのです。

思わぬ事態で頭が真っ白になってしまっても、パニック状態にならないよう冷静に対処しなければいけません。

少なくともそのまま黙り込んでしまうのだけは避けましょう。

もし準備してきた通りに上手く答えられなかったとしても最後まで諦めずに自分をアピールしてください。

 

ワンポイント

面接で頭が真っ白になってもネガティブに考えないことが大切です。

失敗は誰にでもあることですから最後まで諦めずに最善をつくすよう心掛けましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスウーマン

転職活動で多くの人が悩んでいることは相談相手が少ないことです。

転職は少しデリケートな話題なため家族など身近な人でも打ち明けにくいという事情があります。

転職の悩みや相談は転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは非公開も含めた多くの求人と、転職事例を豊富に持っているからです。

企業との仲介役となって面接のスケジュール調整も行っているため、普段から忙しい人には非常に便利でもあります。

そもそも転職活動をどう進めていけばいいのか分からないという人にもおすすめです。

キャリアアドバイザーによる自己分析や、面接指導などのサポートも受けられるメリットがあります。

転職を考えている人はまずこの機会に転職サイトに登録してみるとよいでしょう。

まとめ

丸を描く女性

面接で頭が真っ白になった時の対処法は分かりましたか。

就職したいと強く希望している会社の面接ほど、どうしても緊張してしまうものです。

初対面の面接官との会話に不安になってしまうのは良くわかります。

ですが緊張してしまうのは自分だけではないと客観的に周りを観察できる余裕を持ちましょう。

緊張しやすい人は事前の準備で対策が可能です。

今回紹介した対処法を参考にして最期まで決して諦めず、希望する内定を勝ち取ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら