自分の‟天職”といえる職業についてやり甲斐のある仕事をしたい!

それは社会人なら誰もが憧れることではないでしょうか。

しかし、実際は自分にぴったりと合う仕事を探すのはそんなに簡単なことではありません。

また「仕事が合わないから辞める」と即決するのは実はとてもリスクが高いのです!

そこですぐ辞めることの危険性や迷った時の判断基準についても解説しましょう。

「仕事が合わない!」と思ってすぐ辞めることの危険性

職場で悩む女性

仕事や職場の人間関係などで上手くいかないことは誰にでもあります。

あまりにもそれが続くと「もしや仕事が合わないのでは?」と不安に思うでしょう。

もしも本当にミスマッチなら早めに転職した方がストレスも軽減されます。

しかし「仕事が合わない!」と決めつけてすぐに辞めるのはそれなりの‟危険”もあるのです。

たとえば未経験の仕事なら一人前として「やり甲斐」を実感できるまで時間がかかります。

早々に見切りをつければ本当に「自分に合っている」かわからずスキルアップもできないでしょう。

またすぐに辞めたいからと焦って更に悪条件の転職先を選ぶなどのリスクもあるのです。

今後のキャリアを考えるなら辞める前にそれら危険性を踏まえて判断するのがベストでしょう。

仕事が合わないで辞めるべきかどうかの基準は?

女性,A,B,選択肢,考え中

自分に合わない仕事を無理して続けても望むような成果はなかなか出せないでしょう。

またそのような状態はストレスを抱え込むなど精神的なリスクにもつながります。

仕事をこのまま続けるべきか、それとも辞めるべきかを見極めるのは簡単なことではありません。

しかし、迷った時に役立つ「判断基準」が2つあります。

1つ目は上記でも触れた「今後のキャリア」です。

もしかしたら仕事が合わないのかも…と漠然とした不安があるかもしれません。

しかし、あなたの今後のキャリアに‟必要なこと”だと思うならもう少し様子を見ましょう。

2つ目は漠然とした不安を「自分の力で解決」できるかどうかです。

業務的なことや人間関係でも自分の考え方や行動を改めることで改善されることがあります。

しかし、自分の力だけで解決できない原因のときは無理をせずに転職した方が良いでしょう。

 

ワンポイント
判断基準は自分のキャリアにプラスになるか、自分の力で解決できるかがポイントです。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

仕事をすぐ辞める人の特徴は

退職届

仕事があまりに続かないようなら原因は仕事ではなくもっと別のことかもしれません。

たとえば仕事をすぐ辞める人の主な特徴には以下のものがあります。

  • 自分のやりたいことがわからない
  • 仕事を「楽しむ」ことができない
  • プライドや上昇志向が強い
  • 忍耐力が低くすぐ飽きてしまう
  • コミュニケーションが苦手
  • 面倒と感じたら逃げるクセがある

上記のような内面的な原因によって仕事が続かないのかもしれません。

また心の病である「うつ」の場合、物事の捉え方が極端に狭くネガティブなものになってしまいます。

集中力を欠き物忘れも増えるため普通の業務をこなすことが困難になってしまうのです。

このように心因性の原因にも様々なものがあります。

根本的な原因を解決しないといくら勤め先を変えても「仕事が合わない」と感じてしまうでしょう。

仕事を長く続けられる人の特徴とは

逆に仕事を長く続けられる人には一体どんな秘訣があるのでしょうか?

主な特徴5つを詳しくご紹介しましょう。

仕事の目的をはっきりもっている

仕事を長く続けられる人は自分のキャリアパスをしっかりと考えている人がほとんどです。

つまり仕事の目的がはっきりしているため業務に集中して成果を上げることができます。

明確な目的を目指し余所見をしないので「仕事が合わない」と考えることが少ないのかもしれません。

仕事に対して現実的

まるを出す女性

仕事に対して「現実的」な人も長続きする人の特徴です。

たとえば業務上わからないことが発生したとしましょう。

すぐに辞める人の多くが1人で何とか頑張ろうとします。

しかし、その結果致命的なミスにつながり叱られるなどの余計なストレスを招くのです。

一方長続きする人は自分が「できること」と「できないこと」を現実的に受け止めています。

お金のために働いていると割り切っているため無理と感じたらすぐに周囲にヘルプを求めます。

周囲の目を気にして精神的に追い詰められることも少ないので仕事も長く続けられるのです。

人間関係が得意

握手をする人々

日頃から挨拶に気をつけるなど円滑な人間関係を築くのが得意という人は仕事も長続きします。

上司や同僚など職場だけでなく取引先など外部の人にも笑顔で接することができるような人です。

自分を取り巻く人々と良好な人間関係を築くことで仕事の頼みごともしやすくなります。

互いを思いやり同じ目的を目指すことで信頼も増して仕事の達成感や充実感も得られるでしょう。

前向きな姿勢

ピースサインの女性

仕事で失敗をした時というのは誰でも落ち込み嫌になるものです。

しかし、これはどんな職種や業界だろうと起こりえることでしょう。

そのため深く悩みすぎて自身を追い詰めてしまうのはよくありません。

ある意味割り切って自分の失敗も次の仕事で挽回しよう!とポジティブに捉えることが必要です。

このように前向きな姿勢の人はどんな仕事でも長続きしやすいといえます。

成功体験を持っている

ガッツポーズの女性

今の仕事が自分に合わないのかも…と不安になる人の多くは自信が持てない人です。

「今まで長く続いたことが無いから」「またダメになるに決まっている」とつい考えてしまいます。

思い通りにいかないことが長く続くとこのような考えに陥りやすくなるため注意が必要です。

逆に何かをやり遂げた「成功体験」を持っている人は仕事も長く続ける人が多いといえます。

 

ワンポイント
目的を持ち自分の力を把握している人、前向きでヒューマンスキルが高い人は仕事も長続きする。

仕事が合わないとはどういう状況?

「仕事が合わない」と思うのは、はっきりと認識するよりも漠然と感じることがほとんどです。

では、どんな時に人は「仕事が合わない」と感じるのでしょうか?

その状況について以下で解説しましょう。

成果が出そうにない

人手不足,防ぐ

頑張っても「成果」が出そうにない時ほど仕事が合わないと感じやすいでしょう。

特に同じ仕事をしている同期や後輩の方が評価されているのを目の当たりにすれば尚更です。

このような状況では「成果が出せる人=仕事に適性がある」と考えてしまうのも無理はありません。

一生懸命頑張っているのに評価されないのは社会人にとって辛いものがあります。

また正当に評価されないという不満は離職理由の上位にも入るのです。

しかし、その一方で成果には自分が努力できる余地があることを忘れてはいけません。

労働環境が不満

大変

今の職場の労働環境が不満な人も仕事が合っていないと感じるでしょう。

たとえば当然のように次々と業務を押し付けられいつも長時間労働になってしまう。

また人手不足だからとなかなか有給を取らせてもらえない。

あるいは長時間労働になる人がいる反面、定時で帰る人がいて不平等に感じる環境などです。

社風に適応するのが困難

面接

当然ですが企業に所属するということはその集団の一員として働くことになります。

しかし組織の機能上、個人の意向全てが企業に受け入れられ反映されるわけではありません。

また実際に働いてみないと本当の意味でその会社の「社風」を知ることはできないでしょう。

体感した社風に適応するのが困難に感じた時やはり仕事が合わないという結論に至ります。

またこのように困難に感じるものの多くが利益重視などの極端な社風といえるでしょう。

人間関係が悪い

会社,居づらい

会社に規模にもよりますがどんな仕事であってもチームで動くことがほとんどです。

また職場ではそれら不特定多数の人たちと長時間を共に過ごすことになります。

そのため職場の人間関係が悪いと、とても居心地が悪く出勤するのも憂鬱になることでしょう。

確かに苦手なタイプの1人くらいは誰にでもありえます。

しかし、職場全体の雰囲気が悪い状況では「自分が合わない」からだと思ってしまうのです。

他のことに興味がある

考える女性

日本型のメンバーシップ雇用ではその企業のスペシャリストを目的とした人材育成が基本です。

そのため異動や転勤などで様々な経験を積ませます。

このため入社した時の希望と異なる仕事をすることも多くなるでしょう。

その際、別の職種を志望していた人はやっぱり自分には合わないと感じてしまいます。

もともと他のことに興味があるため今の仕事への意義がなかなか見いだせないのです。

しかし、様々な業務を通して‟やり甲斐”を見出すケースも多いため残留の余地は十分あります。

自分の「やりたいこと」とキャリアパスを考慮してよく検討しましょう。

 

ワンポイント
成果がなかなか出せなくて本来の志望と異なる場合は状況が改善できることもあり!

仕事が合わない時にすぐに辞めるべき例

無計画に仕事を辞めるのはリスクが高すぎるのでおすすめしません。

しかし、仕事が合わないのに無理に働き続けることで悪い結果を招くこともあります。

そこで「すぐに辞めるべき」と判断できるケース3例をご紹介しましょう。

体調不良や「うつ」になった

座って落ち込む女性

自分に合わない仕事を我慢し続けた結果、体調不良や「うつ」になった場合はすぐに辞めるべきです。

始めは仕事や職場のことを考えたり出勤時間が近づくと体調不良になることが多いでしょう。

人によってその症状は異なりますが下痢や吐き気のほか、じんましんや熱が出ることもあります。

さらに悪化すると食欲不振で体重が落ちたり睡眠障害を引き起こすこともあるため危険です。

このような症状があるのなら一刻も早く辞めるべきでしょう。

また真面目な人ほどギリギリまで我慢してしまうため注意してください。

パワハラ

叱られる女性

女性が仕事が合わないと感じる原因の1つが「パワハラ(パワーハラスメント)」です。

パワハラとは立場の優位性を利用した嫌がらせで‟職場内虐待”といわれています。

厚生労働省の定める主なパワハラ例は以下の通りです。

  • 身体への攻撃行為
  • 精神的な攻撃行為
  • 孤立させる行為
  • 業務範囲を超えた過大要求
  • 過小な仕事しか与えない
  • プライバシーの侵害行為

パワハラも多様化しており必ずしも上司が加害者になるとは限りません。

また加害者はもちろん企業がパワハラを知りながら放置した場合も不法行為に問われます。

このようなパワハラの横行する職場環境ならすぐにでも辞めるべきです。

労働条件が悪い

女性,スーツ,オフィス,ビジネス,仕事,苦悩,頭痛

「労働条件」が悪い場合もすぐに辞めるべき仕事だといえます。

たとえば過度の業務量で長時間残業や休日出勤が当たり前で有給を取らせてもらえないなどです。

このように職場の労働環境が悪いと仕事のモチベーションが下がります。

そうなれば思うように成果を出せないばかりかスキルを磨くことも叶わないでしょう。

また心身共に消耗しやすく長く働くほど健康被害が出る危険性もあります。

「10年後もイキイキと働いている自分」を想像できないならすぐに辞めるべきでしょう。

 

ワンポイント
体調不良やうつの症状、パワハラや労働条件などの職場環境が悪い時は転職にシフトする。

仕事を辞める前に考えるべきこと

メモを書く女性

先でも述べた通り無計画にすぐ辞めてしまうのは大きなリスクを伴います。

そこでまずは‟自己分析”をして今の仕事が合わないと思う原因を明確にすることから始めましょう。

誰にでもできる簡単な自己分析として「紙に書き出す」という方法があります。

会社で不満に思うことや合わないと感じた瞬間を思い出しながらどんどん書き出していきましょう。

この時の自己分析の書き方はあなたの自由です。

漠然とした考えも文字にすることで整理しやすくなります。

自己分析で原因がわかったら「自分の力で解決できるか」を基準に辞めるかどうかを考えましょう。

自分に合った仕事と会社を見つけることに集中しよう

ノートPCで作業する女性

もしも自分の力ではどうしようもない原因なら「転職」も視野に入れましょう。

またキャリア自体を見直すなら思い切って別分野の職種に挑戦するのも良いかもしれません。

仕事が合わないと感じる理由が何であれ、自分に合った仕事と会社を見つけることに集中してください。

そうして見つけた新たな転職先はあなたがやり甲斐をもって働ける素敵な職場になります。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

人差し指を指す女性2

労働条件やパワハラが理由で仕事が合わないと悩んでいませんか?

‟法的な知識”を求められることも多く退職時や転職時の不安も大きいことでしょう。

そんな時はぜひ専門家の「転職エージェント」に相談してください。

転職に関するあらゆる不安や悩みも解決し、あなたに合った仕事や会社探しをサポートします。

 
マイナビエージェント
登録はこちら(無料)
 

まとめ

新緑、女性、自然公園、

自分にピッタリの仕事や会社を探すのはとても大変です。

しかし、あなたにはいつでもサポートしてくれる人が周りにいることを忘れないでください。

あなたが輝ける仕事に出会えることを心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら