転職活動をするうえで大切なのが、業界について詳しく知ることです。

仕事内容や業界の特徴を把握することが、転職対策や就職後のギャップ防止につながります。

この記事では法律事務の仕事内容について解説します。

法律事務系のお仕事へ転職することを検討している人はぜひご覧ください。

法律事務の仕事内容を解説

指をさす女性

法律事務はその名の通り、法律系の事務業務を指します。法律系ということで特殊な仕事にあたります。

法律事務には他の事務系業務では見られない特徴が多いです。

まずは法律事務の役割や具体的な仕事内容などを解説します。

 

無料転職相談をして法律事務という仕事について知ろう

 

法律事務の役割

首をかしげる女性

まずは法律事務の役割について紹介します。

仕事の持つ役割を把握することは明確なイメージにつながるため、非常に効果的です。

弁護士のサポートをする仕事である

法律事務の主な役割は弁護士のサポートをすることです。

法律事務の仕事が募集されている職場の多くは法律事務所です。

そのため法律事務の仕事を担当する人は、法律事務所に所属する弁護士のサポートをします。

弁護士補佐というイメージをしていただけるとわかりやすいでしょう。

イレギュラーな仕事である

事務と名がついていますが、法律事務は一般事務とは違い専門的な内容が多い仕事です。

具体的な仕事内容については後述しますが、いわゆるイレギュラーな仕事といえます。

ただし専門的な内容が多いとはいえ、法律事務を担当する人自身には法律の専門知識はそれほど必要ありません。

法律事務の担当者はあくまでも弁護士のサポートが中心です。そのため弁護士の指示に従って仕事を進めることになります。

自身で法律的な判断をする必要はほとんどありませんので、現時点で法律知識がなくても転職視野に入れることは可能です。

 

ワンポイント
法律の専門家である弁護士のサポートをする補佐的な役割です。

具体的な仕事内容

まとめ

続いて法律事務の具体的な仕事内容を解説します。

どのような仕事をおこなうかがわかれば、仕事の特徴が掴めるでしょう。

転職前にある程度仕事内容を把握しておくことが、理想の転職に繋がります。

具体的な業務内容

法律事務は弁護士の補佐的業務が中心となります。

具体的な業務内容は以下の通りです。

  • 書類の作成
  • 必要資料の用意
  • 報告資料の用意
  • 裁判所への訪問
  • 依頼案件に関する調査
  • 依頼案件に関する簡単な聞き取り

法律事務所は当然ですが裁判や法務といった法律案件を取り扱う場所です。

そのため必要書類が多いうえにさまざまな調査や綿密な聞き込みが必要となります。

これら全てを弁護士一人でおこなうのは困難です。

そこで法律事務の担当者が弁護士の指示を受けてこれらの作業をおこないます。

1日の流れ

腕を組む女性

続いて法律事務の1日の流れを紹介します。

とはいえこちらはあくまでも一例です。その時に抱えている案件や進捗状態によって大きく変わります。

まず出社したらToDo(今日やるべきこと)やスケジュールのチェックをします。

法律事務所はさまざまな案件を並行しながら進めますのでスケジュールチェックが大切です。

やるべきことの確認や整理が済んだら業務に取りかかります。日によって内容はさまざまですが、先述したような仕事をします。

業務を進めながらも問い合わせや急ぎの対応が入ればそちらを優先させることが必要です。

抱えている案件を複数並行して進めながら、柔軟に対応することが求められます。

1日の業務が終わる頃には翌日以降の業務について整理し、綺麗になったら退勤です。

 

無料転職相談をして法律事務の仕事内容について詳しく知ろう

 

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


法律事務で働くメリット

ポイント

法律事務として働くメリットはいくつかあります。

大きなメリットとして挙げられるのが以下のようなものです。

  • 需要が高く就職・転職がしやすい
  • ライフスタイルの変化に強い
  • キャリアアップがしやすい

弁護士の業務は非常に忙しいです。そのため弁護士のサポートをする法律事務はとても需要があります。

法律事務の仕事は多く募集がかけられているため、就職や転職が比較的容易です。

また、法律事務の仕事はライフスタイルの変化に強いです。ライフスタイルの変化とは結婚や出産といったものを指します。

女性にとって大きなイベントであり、休職や退職が必要になることも多いです。

しかし法律事務はライフスタイルの変化に強く、復職しやすい仕事です。

専門知識や経験を生かせる仕事なため、ずっと続けることができます。

さらに法律事務の知識や経験を活かすことでキャリアアップも可能です。

法律事務で培ったものを活用し、より専門性の高い法務業務に移ることもできます。

法律事務の仕事は人によってはメリットの多い仕事です。

給料事情は?

悩み

法律事務で得られる給料は250万〜450万とかなり幅があります。

法律事務所の規模や場所はもちろん、多く取り扱っている業務分野によって大きく変わるためです。

自身の知識や経験、専門性の高さも給与に大きく影響します。

専門性が高い・大手の法律事務所であれば400万、いわゆる中小規模の法律事務所であれば300万前後です。

 

無料転職相談をして法律事務の給与事情を把握しよう

 

法律事務のやりがい

指示棒を持つ女性

法律事務は専門性が高い故にやりがいがある仕事です。

続いては法律事務で得られるやりがいを紹介します。

裁判で勝訴するとき

なによりも関わった案件の裁判で勝訴したときにやりがいを感じられます。

法律事務所で請け負う案件の多くは裁判です。

裁判のためにはたくさんの書類作成や事例調査、聞き込みや手続きが必要です。とても手間がかかる業務といえます。

だからこそ裁判で勝訴をし、クライアントの希望が叶った時には大きな喜びを得られます。

周囲の人からの相談を受けるとき

事務職

周囲の人から法律に関する相談を受ける瞬間も、やりがいを感じられる時です。

法律は専門性が高く難関な点が多いため、一般人にとっては手が届きにくい範囲です。

そのため多くの人は専門性のある人に相談します。

法律事務の担当者は、そうでない人にとって非常に頼りになる存在です。

自身の知識や経験が人のためになるというのは大きな喜びとなります。

法律事務の仕事をしていて良かったと、大きなやりがいを得られる瞬間です。

 

ワンポイント
数ある事務系職種の中でも特にやりがいのある仕事です。

向いている人のタイプは?

話す女性

法律事務の仕事がどのようなタイプの人に向いているかを紹介します。

自身にあった仕事を選ぶことが転職を成功させるポイントです。

効率的に処理できる人

法律事務の仕事は必要な多くの業務を、優先順位を立てて進める必要があります。

そのため効率的に処理できる人に向いています。

とにかく業務量が多いため、優先順位の判断やスピーディーな対応が必要です。

重要性や期日などを考慮したうえで的確に仕事を進めなければなりません。効率的に仕事をこなすことが大切です。

誠実な仕事をする人

法律事務は裁判や法務手続きといったデリケートな案件を扱います。

そのため誠実な仕事が求められます。

  • 案件について正しい情報を得るためにクライアントと面談をおこなう
  • 判断材料を集めるために判例をチェックする
  • 確実な成果を遂げるために書類作成や裁判準備を完璧に遂行する

いずれも誠実さが必要な業務です。法律事務をおこなうにあたって誠実さは欠かせない要素といえます。

逆に言えば、誠実な仕事をする人にはとても向いている仕事です。

 

スマホでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


法律事務になるためには

考える女性

法律事務として働くために必要な要素を紹介します。

仕事によっては資格やスキルが求められますが、法律事務においてもこちらは必要なのでしょうか。

法律事務への転職を検討しているのであれば、資格や経験・スキルの必要性について把握しておくと良いです。

就職するために

まず、法律事務として就職するためには法律事務の募集を探すことが何よりも大切です。

仕事の探し方は転職サイトでの検索や転職エージェントからの紹介というように、よくある方法で問題ありません。

法律事務と検索をかければ多くの募集が見つかりますので、条件に合ったものに応募します。

また、法律事務所の公式サイトで直接募集をかけていることもありますので、余裕があればそちらを見ても良いでしょう。

特定の法律事務所で働きたいという希望があるのであれば、その事務所へ直接連絡をするというのも一つの方法です。

とにかくまずは仕事を見つける必要がありますので、法律事務で働きたいと決めたのであればその仕事を探すようにします。

資格は必要なのか?

法律事務として働くために特別な資格は必要ありません。通常の事務員と同様、資格がなくても仕事ができるものです。

もちろん法律関係の資格があれば転職活動で有利には動きますが、必須ではないため資格がなくても応募できます。

弁護士のような専門家とは違いあくまで補佐的業務ですので、資格がなくても法律事務の仕事は可能です。

転職活動にあたって特定の資格に関する勉強をする必要はありませんので、比較的容易に転職活動ができます。

必要なスキルや経験について

Okサインを出す女性

法律事務として働くために必要なスキルや経験は特にありません

法律に関する専門知識が求められるとはいえ、就職時に必須のものではないです。

働いていく過程で身につければ問題ありませんので、特に法律関係のスキルがなくても応募することができます。

とはいえ、法律事務の就職に有利なスキルや経験というものはあります。

例えば法律関係の知識や事務職の経験は法律事務の仕事ですぐに生かせるものであり、転職活動時にアピールが可能です。

法学部出身である、分野は違っても何らかの事務職経験があるといった場合には有利となります。

もしこのようなスキルや経験があるのであれば、積極的にアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
特定の資格やスキル経験がなくても就職を目指せる仕事です。

法律事務の将来性やキャリアパス

カウンセリング風景

法律事務の将来性やキャリアパスについて紹介します。

転職活動をする際には現時点のことだけでなく、先のことを考える必要もあります。

そのため将来性やキャリアパスについて頭に入れておくことも重要です。

将来性

法律事務は将来性が強く見込まれており、長く働くことができる仕事です。

法律事務におけるルールや手続きは専門性が高く特殊なルールが求められるものが多いため、経験を積めば積むほど活躍の場が広がります。

また、業界問わずAI技術が発展していますが、法律事務は人を相手に法律を用いて進める仕事です。

感情の動きを考慮したうえでの綿密なケアや、複雑に絡まりあった事象が求められるため、AIでは対処しきれない部分があります。

その点でも仕事が消えるということは考えにくいです。

訴訟が増えてきている現状からも法律事務の仕事は増え続けており、需要はますます増加しているでしょう。

知識経験を生かして長い間働くことができる仕事といえます。

キャリアパス

キャリアパスとは、目標とする職務に向かって進むための道筋のことです。

法律事務として働くうえで可能性のあるキャリアパスを紹介します。以下のようなものが挙げられます。

  • 大手法律事務所への転職
  • より専門性の高い法律事務所への転職
  • 一般企業の法務部門への転職
  • 法律の専門家としての資格取得

いずれも法律関係の知識が必要なものです。

より大手の法律事務所への転職はもちろん、法律の中でも特定分野に特化した法律事務所への転職も考えられます。

法律を専門とする事務所ではなく、一般企業であっても法務分野などで法律事務の知識経験が生かせます。

また、法律事務の仕事をしていくうちに感化され、法律の専門家になりたいという気持ちが生まれる可能性もゼロではありません。

勉強をして法律の専門家となり自分が法律事務担当者に指示する立場になった場合にも、法律事務の経験を活かすことができます。

このように、法律分野におけるステップアップや方向転換といったキャリアパスが挙げられます。

 

ワンポイント
より高い次元で活躍することもできる、将来性のある仕事です。

まとめ

笑顔で話す女性

法律事務の仕事は事務職の中でも専門性が高いものです。

その分知識をつけやすくスキルや経験を生かしやすいため、長く働くに適した仕事といえます。

法律事務は法律という複雑で幅広いものを取り扱う仕事であり、困っている人のために真摯に対応することが必要です。

効率的かつ誠実な対応、一見相反する性質を両方とも兼ね備えることが求められます。

簡単な仕事ではありませんがその分やりがいや将来性があります。

興味がある人は、ぜひ法律事務の仕事を検討してはいかがでしょうか。

その際お困りのことがあれば転職エージェントにご相談ください。

転職の悩みを解決できるよう、全力でサポートをします。

スマホでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

面談時の服装は自由

服装は自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

面接
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

女性

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。

 

スマホでらくらく!
まずは気軽にLINEをしてみよう!