自分の将来について考えるキャリアプランは、転職の際の面接で聞かれることが多くなっています。

しかし、どのようなキャリアプランを用意しておけばいいのか分からない人も多いでしょう。

今回は、女性のキャリアプランの考え方を解説していきます。ぜひご覧ください。

Contents

女性がキャリアプランを面接で聞かれた時の答え方を解説

キャリアプラン

転職の際の面接でキャリアプランについて聞かれることがあります。

あらかじめキャリアプランを考えていれば、面接の時に困ることもないですがどのような答え方をすればいいか分からない人は多いです。

また、将来結婚することなども考えると余計になんて答えるべきか分からなくなってしまうことでしょう。

では、女性のキャリアプランについて詳しく解説していきます。

キャリアプランの重要性を知ろう

子育て

女性にとってキャリアプランはとても重要です。なぜなら、女性はライフイベントによってキャリアに大きな影響を与えるからです。

結婚をして出産する場合は、必ず休まなくてはなりません。

子供を持つ女性が働きやすい環境が作られるようになりましたが、まだまだ社会制度が整っていない部分もあるでしょう。

そういった状況で自分のキャリアを諦めなくていいように、キャリアプランを立てて実行していくのです。

 

ワンポイント
女性はライフイベントによってキャリアに影響がある。

面接でキャリアプランを聞かれる理由

考える女性

転職面接で質問されることのあるキャリアプランですが、全ての面接で聞かれるわけではありません。

面接対策きちんとしていないと、突然の質問に困ってしまうこともあるでしょう。

では、なぜ面接官はキャリアプランについて質問するのでしょうか?

転職面接で質問されることなので、採用に影響する理由がありはずです。ここでは、その理由を3つ紹介していきます。

ミスマッチがないか確認したい

キャリアプランを聞かずに採用を決めてしまうと、ミスマッチが起こる可能性があります。

企業の目指す方向性と同じような志を持っている人であれば、企業と一緒に成長していけることでしょう。

しかし、全く違ったキャリアプランを持った人を採用してしまうと、採用者は働きにくさを感じることでしょう。

そうなると、退職する可能性も高くなり企業側は再度人員を募集しなければなりません。

そういったミスマッチを防ぐために、企業はキャリアプランを確認します。

目標を設定する力があるか知りたい

キャリアウーマン

キャリアプランを持っている人は、目標を設定できる人です。そして、目標を設定できる人は努力しようとしている人です。

頑張ろうという意欲のある人は、企業から歓迎される存在となります。また、多くの企業は売上げなどの目標を設定しそれを達成しようとします。

目標を明確にすることによって、それに向けての行動が見えてくるのです。

企業が求めていることを最初からできている人は、企業にとって有力な人材だと判断されるでしょう。

目標に対する行動力があるか知りたい

キャリアプランは、過去・現在・未来の3つで構成されています。こういったキャリアプランを持って今まで仕事をしてきました。

また、現在はこういった状況です。そして、今後はこのようなキャリアプランを立てています。

行動力があるかどうか知るために、企業は3つの中の過去と現在の部分に注目します。

過去のキャリアプランが現在実行されているのかどうか。また、実行できている場合は今後も期待できるといった判断をするでしょう。

 

ワンポイント
キャリアプランを聞かれる理由
・ミスマッチを防ぎたい
・目標を設定する力があるか知りたい
・行動力があるか知りたい

キャリアプランでアピールできること

自己PR

キャリアプランを考えておけば、転職面接で質問した時にスムーズに答えることができます。

また、もし聞かれなかった場合でも自己PRで語ることができるため、面接ではとても役立ちます。

では、キャリアプランではどのようなことをアピールできるのでしょうか?

2つ紹介していきます。転職を考えている人も面接を控えている人もぜひチェックしてみてください。

成長意欲があること

まず、キャリアプランを話すことによって成長意欲があることをアピールできます。

キャリアプランを立てるときに、自分が将来どのようになっているかを考えることでしょう。

キャリアプランを立てるのに、今よりも成長していない自分をイメージする人はいません。

なぜなら、自分が今後どのように成長して、どういったキャリアを積むか計画することがキャリアプランを立てることだからです。

そのため、キャリアプランを立てている人は成長意欲があると判断されます。

計画性があること

丸を持つ女性

計画性があることも、キャリアプランによってアピールすることができます。

キャリアプランを立てるためには、自己分析をしなければなりません。

自己分析が十分にできている人は、明確な目標を定めることができ、入社後もモチベーションを高く持てるでしょう。

キャリアプランでは、自分が長期的に活躍できることをアピールすることができるのです。

 

ワンポイント
キャリアプランでアピールできること
・成長意欲があること
・計画性があること

キャリアプランを聞かれた時の回答のポイント

ポイント

キャリアプランを聞かれた場合、企業はあなたが入社後活躍できる人かどうかを確認しようとしています。

そのため、どう回答するかによって採用が決まることでしょう。それくらいキャリアプランは転職面接で大切な質問です。

ここでは、採用のポイントにもなるキャリアプランを聞かれたときの回答のポイントを紹介するのでチェックしてみてください。

キャリアプランを具体的に答えよう

キャリアプランは具体的に答えましょう。面接を受けた企業でどのような仕事をしていくかは、実際に入社して仕事をしてみなければ分かりません。

しかし、キャリアプランが曖昧だと企業からのイメージは悪くなってしまいます。

決定事項でなくてもその企業で、どんな仕事をしてどう成長していくのかを答えていきましょう。

キャリアプランを達成させるために取り組んでいることを伝えよう

行動力

どんなに魅力的なキャリアプランを持っていたとしても、それが達成できないような内容では意味がありません。

例えば、「世界に通用する営業マンになりたい」というキャリアプランは素晴らしいです。

しかし、英語が全く話せず努力を何もしていなければその人のやる気は伝わりません。

キャリアプランを達成するために、自分がどんな努力をしているのかをきちんと伝えていきましょう。

具体的な数字を活用すると好印象

キャリアプランを話すときは具体的な数字を活用していきましょう。

「いつかこうなりたい」ではなく、「1年後に自分はこんなことをしている」

「3年後にはこうなっている」「10年後にはここまで成長している」といったように具体的に答えていきましょう。

また、英語力を高めるために「○月までにTOEICで何点以上を取る」といった目標を持つことも面接での好印象に繋がります。

 

ワンポイント
キャリアプランを聞かれたときは、具体的な数字で表現しよう

キャリアプランを聞かれた時の回答例をチェック

考える

キャリアプランを立てた方がいいと分かっていても、一から考えるのは大変です。

また、どのように表現すればいいか分からない人も多いでしょう。そんなときに役に立つのが、実際のキャリアプランの実例です。

職種別に3つのキャリアプランの例を紹介していきます。文章の構成やどういったポイントをアピールするべきなのか参考にしてみてください。

例①事務のキャリアプラン

前職での事務職経験を活かしつつ、入社3年以内により専門的な知識を身につけたいと考えています。

また、会社の運営を裏から支えることのような人材となれるよう、コミュニケーション能力を高めていく所存です。

現在、MOSのスペシャリストの資格を持っていますが、業務をより効率化していくためにエキスパートの勉強をしています。

資格取得後は、スキルを活かして効率的な事務業務ができるよう努力してまいります。

例②販売員のキャリアプラン

販売員

私の理想とする販売員は、お客様から「あなたに紹介してもらった商品はどれも素敵」だと言われるような人材になることです。

そのためには、お客様がどのような商品を求めているのかを、会話によって引き出していく必要があると思います。

そこで、前職で身に着けたコミュニケーション能力を活かし、お客様の要望に応えて売上実績を作ります。

5年後には店長としてお客様の満足のいく接客をし、会社に貢献していきたいと考えています。

例③営業のキャリアプラン

私の営業職としての目標は、世界に通用するような営業マンとなることです。

3年後には貴社の海外向け営業部門の主力となる人材になりたいと考えています。

そのために、現在、実際の商談で使えるような英語力を身につけます。

既にTOEICでは800点以上を獲得しているため、英会話スクールで実用的な英語力を磨いているところです。

10年後には、貴社の海外部門のリーダーとなり、売上に貢献していきたいと考えています。

キャリアプランを答える時の注意点

注意ポイント

キャリアプランが転職の際に重要なことは分かっていただけたでしょうか?

しかし、キャリアプランは魅力的であればいいというわけではありません。

採用者に自分の良いところをアピールするためには、気を付けなければならないことがあります。

ここでは、キャリアプランを答える時の注意点について紹介していきます。キャリアプランを作成するときの参考にしてみてください。

現実的なキャリアプランにしよう

キャリアプランは現実的なものにしましょう。

「1年以内に社内でトップの営業成績を取る」という目標で、仕事に対する意欲をアピールすることは可能です。

しかし、それを実現することは本当に可能なのでしょうか?「トップを取る努力」をすることは可能かもしれません。

しかし、どれだけ優秀な社員がいるか分からない状況でトップを取るとは言い切れないでしょう。

もし、その目標が1年以内ではなく3年以内であれば現実的であり、キャリアプランを話すことで自己アピールをすることができます。

応募企業に関連する内容を意識しよう

キャリアウーマン

キャリアプランを考える時は、その内容が応募している企業の業務内容と関わりがあるかどうか意識しておきましょう。

例えば、広告代理店の面接を受けるのに、プログラマーとして活躍していきたいというキャリアプランを立てても何のアピールにもなりません。

「プログラマーになりたいのであれば、他の会社が本命なのかな」と採用者は感じてしまうことでしょう。

キャリアプランで大切なのは、応募企業にとって自分が必要な人材であることを知ってもらうことです。

キャリアプランには関わりを持たせましょう。

女性が考えるべきキャリアプランのポイント

就活

女性が自分自身のキャリアプランを立てる時に思い浮かぶのが、将来ライフスタイルが変わったときのことでしょう。

結婚をして寿退社をする人は昔と比べて減りましたが、出産や子育てで退職を決意する人は多いです。

パートナーからの協力が得られたとしても、女性は必ず出産の際に休まなければなりません。

そういったライフスタイルの変化にどう対応していくかも、キャリアプランを立てるときには考えておきましょう。

女性ならではの変化に対応できるようにしておくことが、キャリアプランには必要です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

キャリア

キャリアプランを考えていても中々思い浮かばないという人は多いでしょう。

また、やりたいことや目標は決まっているけれど、それに対してどう掘り下げていくべきなのか迷ってしまうこともあります。

そんなときは、転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。

キャリアプランを決める時に大切な自己分析へのアドバイスをもらうこともできます。

また、応募企業に合わせてどういったキャリアプランを立てていけばいいか、相談することもできます。

客観的な意見を取り入れることができるため、より素晴らしいキャリアプランを立てることができるでしょう。

まとめ

進む

キャリアプランを作成するのは想像以上に大変です。また、内容に悩むことも多いでしょう。

しかし、キャリアプランを立てることによって自分の進む道を明確にすることができます。

目標がない道を進むよりも、目標があった方が仕事に対するモチベーションも上がっていくことでしょう。

迷ったら転職エージェントに相談しつつ自分のキャリアプランを立ててみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら