最近はインターネットが身近になり、インターネットのない生活が考え難くなりつつありまます。

企業でもWebサイトの作成ニーズは高まる一方です。

そんな中Webディレクターという職業を耳にするようになってきました。

IT関係の専門家が集まり、チームを作って1つのWebサイトを作っていく仕事です。

そのチームを1つにまとめ上げるのがWebディレクターです。

仕事の需要は増えていますが、Webディレクターに未経験で転職できるでしょうか。

また、求められるスキルにはどのようなものがあるのかなども併せて掘り下げていきます。

本項ではどのような人がWebディレクターに向いているのか、未経験でどうやって転職すればいいのかなどについて解説します。

Contents

Webディレクターに未経験で転職する方法を解説

チャレンジ

「視野を広めてWeb全体の仕事に関わりたい」「チームで1つの仕事を成し遂げたい」そんな人におすすめなのがWebディレクターです。

Webディレクターは「リーダーシップ」や「マネージメント能力」など多様なスキルが求められる職種です。

そのためWebディレクターとしての経験がなくても、社会人としての経験が活かせる職種でもあります。

アシスタントや見習いから始めて1人前になる人も多いため、未経験での転職も可能といえるでしょう。

Webディレクターの求人例から仕事内容をチェック

就活生の足

まずは具体的にWebディレクターの仕事内容はどのようなものでしょうか。

実際の求人例から仕事内容をチェックしてみましょう。

求人例1

<主な業務内容>

  • 文章、デザインなどのチェック(校正に関する知識)
  • WordPressの操作
  • 外部制作会社や外部スタッフのディレクション
  • ライティング、セールスコピー作成

仕事内容はお客様とWeb制作会社の間に入り、さまざまな依頼や進捗管理をすることです。

自分の力を試したい方や成長したい方には最適な環境といえるようです。

求人例2

<主な業務内容>

  • Webサイト企画、仕様策定
  • ワイヤーフレーム作成
  • 進捗管理、制作物のクオリティコントロール
  • デザイナーやエンジニアへの制作指示
  • 課題のヒアリング
  • 提案書や設計資料の作成

いずれかでも経験があれば、適正や希望に合わせていただけるようです。

Web分野の技術力が強みでスキルアップ・キャリアアップ支援をしています。

金銭面を中心に好待遇であることもあげられています。

求める人材としては自走力のある人・リモート経験が豊富な人。

BtoC向けのエンタメ要素のあるサービスへの強い興味や志向のある人も好まれているようです。

求人例3

未経験OK

<主な業務内容>

  • 女性向けアプリやWebサービスを中心としたディレクション業務
  • アプリ、Web開発のディレクション業務
  • 企画、マーケティング、開発スケジュール管理、運用、検証、デザインなど

オフィス内は服装・髪型自由でフランクな雰囲気が強調されていて、下記のような特徴をあげています。

  • 自分にあったフィールドで活躍できる
  • 自分のペースに合わせて1から業務を教える
  • 希望に合わせて仕事を任せる

特に経験が浅い方、未経験でも歓迎している様子がうかがえます。

また、求める人材としてこのような方が示されています。

  • スキルアップしたい
  • ディレクション業務に興味がある
  • 初心者だけど挑戦してみたい
  • 正社員へステップUPしたい
  • IT業界に興味がある

Webディレクターに求められるスキルは?

コミュニケーション

実際の募集内容から見てもわかるように、Webディレクターに求められるのは知識や技術だけではありません。

  • 外部スタッフとのディレクション
  • Webサイト企画や仕様策定
  • 進捗管理、制作物のクオリティコントロール
  • 課題のヒアリング
  • 開発スケジュール管理

など多岐にわたります。

Webディレクターの仕事はサッカーや野球などのスポーツチームにおける監督の仕事に例えられます。

時にはコーチの役割も兼任します。

そう考えると主に次の3つのスキルが求められます。

コミュニケーション能力

第1に必要とされるのがコミュニケーション能力です。

この仕事はさまざまな職種の人たちの力で成り立つ仕事です。

実際の仕事に携わる人たちには次のような方々がいます。

  • Webプログラマー
  • Webデザイナー
  • ライター
  • フォトグラファー
  • イラストレーター
  • htmlコーダー
  • Webプロデューサーなど

さまざまな職種が集まるチーム全体の力を最大化するのがWebディレクターの仕事です。

常に相手の気持ちを考えつつ自分の考えも伝える、相互の理解力の高さが必要です。

また社内だけではなく、円滑な社外との人間関係を築くことも必要です。

クライアントは仕事内容について完成に近いイメージを持っている人ばかりではありません。

ふんわりとしたイメージしかない人もいます。

そのイメージをクライアントから引き出す能力も必要となります。

そしてそのクライアントのイメージをスタッフに確実に伝えるのです。

伝え方ひとつで誤解を招いたりモチベーションを下げたりすることもあります。

そのためコミュニケーション能力はとても大切です。

スケジュール管理能力

スケジュール

スケジュール管理に必要なのは、納品までの道のりを逆算思考で考えられることです。

締め切りはあらかじめ決まっています。決められた日数の中でプロジェクトを進行することが大切です。

この仕事は複数案件の掛け持ちも当たり前に行われ、指示や確認が繰り返されます。

クライアントからの突然の要件変更があることも珍しくありません。

作業発注の行き違いもあるでしょう。それらを交通整理するのも大切な仕事です。

納品日を遅らせると記事の公開日を遅らせることになります。

そのためスケジュール管理は細かい工程に区切って管理・調整することが大切です。

納期に間に合わないと管理能力が問われることになります。

臨機応変な行動ができる

クライアントからの突然の変更をはじめ、仕事の中では何が起きるかわかりません。

そんな時冷静に次のアクションを考えられること、そして腹をくくることが大切です。

どんなに準備しても大なり小なり問題は起きるものです。

予防対策も大事ですが、最も大切なのは問題をいち早く発見し解決することです。

解決するためには固定観念を捨て、臨機応変に行動することが大切です。

 

ワンポイント
・チーム全体の力を最大化するためのコミュニケーション能力が必要
・突然の案件変更や発注の行き違いなども交通整理する管理能力が必要
・問題は起きるものと考え問題をいち早く発見し臨機応変に解決する

Webディレクターに向いている女性の特徴

思いやり
求められるスキルを確認したところで、次にWebディレクターに向いている女性の特徴をみていきます。

  • チームでものづくりを楽しめる人
  • クライアントワークが好きな人
  • 企画や改善提案をするのが好きな人
  • リーダーシップのある人
  • 好奇心の旺盛な人
  • 情報感度のある人
  • 課題解決方法を考えるのが好きな人

このような人がWebディレクターに向いているといえます。

また、全体への目配り・気配りが得意な方に向いている仕事といえるでしょう。

 

ワンポイント
Webディレクターは目配り・気配りが得意な方に向いている仕事です。

Webディレクターの未経験転職のための応募書類のポイント

履歴書

未経験からの転職を考える場合、応募書類をどのように書くと担当者の目を引くことができるでしょうか。

高い評価を得るためのポイントを紹介します。

履歴書のポイント

履歴書のPRポイントを3つに分けて紹介します。

<基本事項>

  • 誤字脱字がないように正確に書く
  • 住所は省略しない
  • フリガナもきちんと書く
  • メールアドレスはきちんと届くように書く

<職歴>

単に職歴の羅列ではなく、どんな仕事内容でどんなことを身につけたのかを書きます。

具体性に欠けると相手に伝わりづらくなるのでご注意ください。

<自己PR・志望動機>

  • 転職の背景(前職の嫌なことなどネガティブなことを書かない)
  • 興味を持っていること・人より優れている能力
  • どんな仕事をしたいかという意欲

将来のビジョンを示して担当者に「会ってみたい」と思わせることができるような文章を心掛けましょう。

また、この仕事が未経験でも他業種での経験や意欲をアピールすると効果的です。

職務経歴書のポイント

実力

次に職務経歴書のPRポイントを4つに分けて紹介します。

<冒頭に職務経歴のサマリー(要約・概要)を入れる>

一番先に目につくところなので伝えたいことを冒頭で整理しておきます。

Webディレクターの仕事は全体を見通したコンテンツを作ることです。

全文を読まなくても書き出しで概要が伝わることが大切です。

職務経歴書の冒頭に何を書くかはWebディレクターとしての力量が試される要所でもあります。

<活かせる経験・知識・技術を書く>

求める人材は業務形態によって大きく違います。

どの分野に強みを持っているのかを明確にアピールすることが大切です。

前職でWebデザインの経験があればポートフォリオを添えると良いでしょう。

<自己PR>

  • チーム全体の力を最大化する施策
  • メンバーのモチベーションアップができるコミュニケーション能力
  • 常にスキルアップを目指す姿勢

などを書くといいでしょう。

<自己評価>

企業はあなたがどんな人柄なのかも知りたがっています。

自分自身をしっかり分析して性格や得意としていることを書きましょう。

転職の場合、企業は即戦力であることを求めるのが普通です。

そのため今まで「何をやってきたか」だけでなく、「今何ができるのか」をアピールするのが大事です。

企業のメリットに自分がどのような形で貢献ができるかを提案しましょう。

併せて企業が求めている人材に自分が合っていることをアピールするとなお良しです。

伝わりやすさを意識して書いてください。

最後に担当者目線になって必ず読み返しましょう。

 

ワンポイント
 企業のためにどのような形で貢献ができるのかを積極的にアピールしよう。

Webディレクターの転職前に準備しておきたいこと

WEBサイトを見る女性

転職前に準備するべきことを確認しておきましょう。

Webサイトのビジネスモデルを把握しておこう

Webサイトの世界でどのように収益を上げるのか、ビジネスモデルを把握しておきましょう。

ビジネスモデルとは収益化の仕組みです。ここがぶれていると思うように収益が上がりません。

最近のWebメディアにはさまざまなビジネスモデルがあります。

その中でもネット事業単独で収益を上げる方法は主に以下の4つがあるといわれています。

<広告収益モデル>

Webサイトにバナー広告やテキスト広告を掲載することで広告主から収益を得る。

<EC販売収益モデル>

コンテンツやサービス利用に課金しユーザーから収益を得る。

<コンテンツ/サービス課金モデル>

商品を販売しその販売収益を得る。

<マッチングサービスモデル>

サービス提供者とサービス利用者のマッチングを行い提供者または利用者から収益を得る。

以上のようにどのようなサービスを提供し、どこから収益を得るのかをはっきりさせておくことが必要です。

またWebサイトでは、成果を測定する方法が数多く存在しています。

これを利用してユーザーの購買率をいかに上げるかがビジネス成功のカギといえるでしょう。

さまざまなWebサイトを見ておこう

普段何気なく見ているかもしれないスマホやパソコンの画面ですが、意識してWebサイトを見てみましょう。

まずは検索窓に今自分の身の回りにある品物のメーカー名を入れてみてください。

電化製品や家具や車・洋服などのメーカーを検索すると、該当するWebサイトが出てきます。

ホームページといった方が馴染みがあるかもしれません。

大まかにはホームページとWebサイトは同じ意味です。

そのページには会社の紹介・商品の紹介・キャンペーンの案内などが書かれているはずです。

何社か見比べてみるとそれぞれの特徴が見えてくるでしょう。

するとWebサイトを作るときに何が必要かも見えてくるのではないでしょうか。

Webディレクターという仕事に興味を持つと、Webコンテンツの見方も今までとは違ってくると思います。

自分でもWebサイトを作ってみよう

サイトを見て考える女性

「Webサイトを作る」と聞いて「自分にできるかな?」と思った方がいるかもしれませんが、思ったよりも簡単にできます。

自分で作ったことのない人は1日でも早く作ることをおすすめします。

まずは無料ブログを使ってブログを作るところから始めてみましょう。

ブログを開設することで、Webサイト作成の基本を学ぶことができます。

慣れてきたらデザインなども勉強して、自分だけの素敵なサイトを作るのもいいですね。

好奇心を持って色々挑戦してみてください。

未経験で入れる業界でも、何も知らないと入ってから苦労することになります。

さまざまな経験をしておくと、Webディレクターの仕事のプラスになるでしょう。

 

ワンポイント
Webサイトを見る・作るなどたくさんWebサイトに触れてみましょう。

Webディレクターの未経験転職の注意点

サポート

未経験での転職にはどのような注意点があるのでしょうか。

未経験可といってもWebやインターネットの基礎知識は必要になります。

ですから多くのサイトに触れて感性を磨いておきましょう。

Webの世界は常に進歩しており、今日新しいものが明日には古い知識になっていることもあります。

そのため「好奇心」や「チャレンジ精神」などをもって、前向きに取り組むことが大切です。

またWeb製作は常に複数の案件が同時進行し、たくさんの人がかかわります。

それら全体を広い視野で考えられるようになる必要があります。

最初から第一戦で活躍するというよりも、アシスタントからのスキルアップを目指しましょう。

Webディレクターの未経験求人の探し方

検索する女性

Webディレクターへの転職を考える際、どのように求人を探したら良いでしょうか。

その方法を具体的に紹介します。

求人サイトをチェック

Webディレクターを目指している訳ですから、まずはWeb上の求人サイトをチェックしましょう。

求人サイトでは多数の情報収集ができ、自分のペースで就職活動ができます。

複数の企業を比較し、複数の企業に応募することも可能です。

しかし求人サイトに掲載されているランキングなどは、信憑性の低いものもあるので注意が必要です。

そして最も重要なのが自分に合った求人サイトを選ぶことです。

自分の条件に合わせてサイトを選ぶことで、自分の求める求人に出会える可能性が高くなります。

また複数のサイトに登録することで、希望の求人を見逃すリスクも減るでしょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントには、一般には公開されていない非公開求人もあります。

そして非公開求人の方が魅力的な求人が多いといわれているのです。

ではなぜ非公開にするのでしょうか。

その理由は

  • 求人が殺到する
  • 企業戦略や人事情報を漏らさないため

などです。これらの非公開求人情報を扱っているのが転職エージェントです。

転職エージェントの利用は、転職希望者にとっては必須ともいえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話をする女性

Webディレクターの仕事内容や定義は曖昧で、人や企業によってイメージが大きく異なります。

そこで出てくるのが、求人側と求職側の意識のミスマッチです。

企業が求めている人材と自分のスキルが一致しないこともあります。

そんな悩みを解決してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、自分で情報を探すサイトとはシステムが異なります。

就職支援のプロがマンツーマンでキャリアカウンセリングをし、仕事を探している人の能力や経験・性格などを的確に分析してくれるのです。

そして求職者にあった企業を紹介し、さまざまなサポートをしてくれます。

何故なら転職エージェントは企業の詳細を把握していているからです。

仕事の内容だけではなく職場の雰囲気なども把握しているため、転職後に人間関係などで悩むこともないでしょう。

未経験者の場合、ITの知識不足や能力の不安から転職に踏み切れない人も少なくありません。

そんな人こそ転職エージェントに相談してみてください。

きっとあなたの能力を必要とする企業に巡り会えるでしょう。

まとめ

青空に羽ばたくアイディア

いかがでしたか。

Webディレクターはスポーツチームに例えるなら監督・オーケストラなら指揮者の役割です。

Webの知識や技術よりも、チーム全体の力を最大化するための総合的能力が求められます。

また、トレンドなどの最新情報収集ができる好奇心と行動力のある人が求められています。

今の時代にマッチしたWebディレクターという仕事を通してスキルアップ・収入アップを目指しましょう。

このサイトがあなたの転職活動に少しでもお役に立てば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら