転職理由の中でも多い会社への将来性について、どのように回答すると好印象を与えられるのかを解説します。

将来性を転職理由にする際のポイントや注意点を中心に、どのような回答が相応しいのかを探っていく特集です。

また、最適な回答例なども併せて紹介します。

転職理由が「将来性」の時の答え方を解説

 

スケジュール帳の画像

転職を考えるきっかけにはさまざまな事情があります。

個人差があり一概には言い切れません。

中には漠然とした理由ではなく、明確な事情や考え方があって転職を志す人もいます。

職場の業績不信による将来性のなさや、今の仕事では不十分でもっとチャレンジしたいという人もいることしょう。

そこで思い切って新しい環境を選ぼうとすることも珍しくありません。

ただし転職面接などではあからさまに話すべきではありません。

ネガティブな言葉を使いがちになり、面接官へ悪い印象を与えかねないからです。

もし転職理由が将来性だという場合の回答方法やポイントを解説していきます。

転職理由は本音で伝えるべき?

タブレットの画像

面接にて転職理由を聞かれた際、正直に自分の本音を伝えることは決して悪いことではありません。

しかし伝え方はあらかじめ考えておく必要があります。

転職をするというのは、より良い環境に身を置きたいという気持ちの表れです。

それと同時に、前職に対する不安や不満があったことも本音ではないでしょうか?

その不満をストレートにぶつけてしまってよいものかどうかを見極めてください。

ネガティブな理由はポジティブな理由に言い換えよう

面接にて評価される転職理由の回答は、仕事への意識の高さや根気があることを伝えるべきです。

ビジネスパーソンとして自分が最適な人間であることを強くアピールしなくてはなりません。

前職への不満などのネガティブな要素をぶつけてしまうと、面接官も聞いていて気分が悪いはずです。

ネガティブな本音でも、面接時には印象の良いポジティブな転職理由へと変換して説明できるようにしましょう。

志望動機に関連させよう

転職理由が将来性への不安でも、ストレートに話してしまうと愚痴や不満という見方をされてしまいかねません。

そこで志望動機とうまくからませてポジティブに発言することをおすすめします。

重視すべき点は、自分が仕事を通じて何をモットーとしているのか、そして、責任ある姿勢を持っているかです。

新しい仕事に対する意欲があることへと変換させて理由付けしましょう。

会社の将来性を確認するには?

イヤホンの画像

現在所属する会社について将来性を確認したいと思うのなら、いくつかの重要ポイントを押さえる必要があります。

まず1つ目は、会社の成長度合いを図ることです。優良企業は常に時代とともに刷新していく姿勢を見せます。

業務改革を積極的に行ない、スタッフの働きやすさも考慮して成長を目指すものです。

ところが、業務改善を一切行わず旧態を保持している会社では不安が募るでしょう。

ワンマンや一族経営で満足している企業だとしたら、きっと将来性は見込めません。

そしてもう1点は、経営理念やビジョンをスタッフ全員が共有しているかどうかです。

夢・未来・感謝といった曖昧な表現だけで終わっていませんか?

何を具体的に達成させようとしているのかが不明確ではスタッフ間の協力体制が崩壊しかねません。

具体的に何を目指している会社なのでしょうか?それを正しく説明できるかどうかがバロメーターとなります。

 

無料転職相談をして好きな仕事を見つけよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


将来性のある会社の特徴は?

ピンクの画像

将来性への期待ができる優良企業には、ある一定の特徴があります。

多少の誤差はあるとしても、ほぼ、どの企業も共通している項目があるのです。

まずは業務内容が具体的で、そこで必要とされるスキルも明らかになっています。

スタッフ各人もやるべきことを把握し、時折うまくいかないことが浮上したら改善をしながら運営している点です。

そしてもう1つは、長期的ビジョンを必ず掲げていて、そのことを質問した場合には喜んで説明してくれます。

その会社の一員であることに誇りと自信があり、スタッフ全員が同じ方角へ目を向けているのです。

 

ワンポイント
将来性のある会社は具体的でビジョンを持っている。

会社の将来性を転職理由として話すポイント

ノートの画像

会社の将来性を気にするということは先見の明があり、課題発見ができるスキルを備えている証拠です。

面接試験にてアピールポイントにすることができます。

では、転職面接にて将来性を理由にして話す場合のポイントを解説していきましょう。

将来性が不安なことの根拠を具体的に伝えよう

今の状態では将来性が不安だという、その根拠を明確に伝えることができるでしょうか?

例えば、会社の業績状況がどの程度なのかを把握していることが前提です。

自分の会社の分野はどこに該当し、業績がどのように悪いと感じるのでしょうか?

それらが自分たちにどう関係しているのかを、具体的な数字で説明するレベルにしましょう。

キャリアビジョンに合った内容か考えよう

思い浮かべる画像

今の会社の将来性について、どうして不安に思っているのでしょうか?

不安に感じる理由を、今後のキャリアビジョンと合った内容で説明できれば面接官も納得してくれます。

そのためには、自分が掲げている目標・目的を具体的にすることから始めましょう。

その上で、なぜ今の会社ではその目標を実現できそうにないと判断したのかを伝えることがポイントです。

不安要素が応募企業に当てはまらないか確認しよう

現在の会社の将来性に不安を感じていたら、応募先企業にも当てはまっていないかはチェックしておくべき点です。

よりよい転職をしたいのならば、現状が改善できなければ意味がありません。

せっかく転職できても、その会社とうまく合わないと知ったら早期退職してしまう恐れがあります。

そうならないためには、応募先企業の事業内容・会社理念・業績内容などをしっかりリサーチしておくことです。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

会社の将来性が理由で転職する時の回答例

バッグとコーヒーの画像

現在の会社の将来性を理由に転職する場合、どうしても志望動機にネガティブな要素が入り込みそうになります。

それを極力抑えながら、ポジティブな考えを持っての転職であることを強調する姿勢を見せるようにしましょう。

志望動機の回答方法にはいろいろな考え方があります。

できるだけたくさんの事例に触れることが大切ではないでしょうか?

ここでは、会社の将来性を理由にした転職での志望動機の回答例をいくつか紹介します。

現職では営業をしています。お客様の声をフィードバックしながら商品改善の提案をし続けています。

ところがコストの問題と根本的な商品へのこだわりを理由に全く先が見えないままです。

そこで他部署への異動願も出しましたが、要員補充の見込みがつかないといわれました。

このままでは将来性に不安を感じたことが本音です。

私は顧客ニーズに反映できる商品サービスに取り組みたいというビジョンを掲げています。

御社の経営理念を知り、同じ思いを共有できると感じました。商品企画部にて実現できればと考えております。

パソコンとノートの画像

私の仕事に対する姿勢は、1つの業界で専門性を磨きたいという思いです。

現職は出版編集の仕事で、できるだけ長く働きたいという当初からの考えで入社しました。

しかし、現在の会社では業績も規模も縮小傾向です。

ご承知のように、本が売れない時代というのは嘘ではなく、その風あたりを日々痛感してまいりました。

理由は、業界全体が話題性にばかり振り回されて著者選びをしている点です。

本当に価値のある本を書いてくれる著者との出会いを、自ら潰している懸念があると思っています。

しかし御社のような、本気で本を出したい著者を大切にして育て上げるというビジョンに感銘をしました。

もう一度原点に立って、この業界で長く仕事をしていきたいというのが志望動機です。

現在の会社は広告業なのですが、経営方針や業務内容が漠然としています。

ただ単に下請けの仕事を廻してしのいでいるだけの状況です。

長期的に働くためのビジョンや体制が整っていないため、将来性に不安を抱いたまま日々を過ごしてまいりました。

御社には、設立当初からの普遍的な経営理念と明確なビジョンがあると、公式サイトを拝見し知りました。

長期的に勤務しながら目標を掲げて成長をしたいというのが志望動機です。

現職では健康食品を取り扱う会社で、ブランドにこだわった事業展開をしています。

当初はポリシーを感じていたのですが、新しい考え方を受け入れる体制がないのがデメリットです。

以前、思い切って新しいセカンドラインのブランドを立ち上げたいと企画書を書いて提出しました。

ところが、直属の上司の手元で止まったまま進行していなかったのです。

1つの製品へのこだわりが強すぎるゆえに、新しい企画を上に通しにくいというのが理由でした。

会社としての将来性に不安を感じて転職を決めました。

その件でよかった点は、自分でも企画を作って提案する能力があることに気がついたことです。

御社では、ニーズに合った企画をしていきたい所存です。

 

ワンポイント
志望動機を考えるためにたくさんの事例を知ろう。

将来性を転職理由にする時の注意点

トールサイズの画像

将来性をテーマにした志望動機にするのであれば、常に結論は前向きしましょう。

ポジティブな締め方を心掛けることがポイントです。

その逆のことをすると大きなマイナスイメージを生み出してしまうため、細心の注意を払っておくべきでしょう。

では将来性を転職理由にする場合の主な注意点について解説します。

会社の愚痴を言う

将来性を転職理由とする場合に最も注意すべき点は、現職・前職への不満で話しを終わらせないということです。

不満を話されてしまうと、面接官のほとんどは評価を低くします。

想像すれば分かることです。

いつも愚痴ばかりこぼしている人物と一緒に働きたくないと思うのは、誰しも一緒ではないでしょうか?

きっと入社しても、同じような不満をずっと抱え続けるだろうと判断します。

本音では不満があって当然ですしそれを否定はできません。

しかし、あくまでも転職面接の場であることを心得て前向きな態度で臨むことが大切です。

自分に非がある場合

笑う女性の画像

会社に対する不満は分かりますが、本当なら自分にも責任があることかもしれません。

何でも会社への不満として片付けてしまうのではなく、自分に非があることについても気づく必要があります。

もしそこに気づいたとしたら、転職理由の中にうまく盛り込むことは問題ありません。

むしろ自分の非について触れて、改善してどう生かしたいかを将来性や期待値に変換させることです。

そのほうが面接官は前向きに判断してくれます。

 

無料転職相談をして内定を確実にしよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


会社の将来性が理由で転職する時のNG例

オフィスの画像

将来性を理由に転職する際は、否定的な内容をポジティブに変換して応募先企業の考え方に歩み寄ることです。

それとは逆に、やってはいけない将来性をテーマにした志望動機とはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、会社の将来性を理由に転職するさいの志望動機NG事例を紹介しましょう。

私の志望動機は、前職の企業が業績不振に陥ったことです。

そのためコスト削減や人員削減を理由にリストラにあってしまいました。そのため現在転職活動をしています。

やはり長く落ち着いて続けられる安定した仕事がしたいと考えております。

前職までは、派遣社員としてさまざまな職場で働いてきました。

しかしなかなか正社員登用の話がなく、現在まで派遣の仕事を続けています。

自分で新しく探すしかないと考え始めました。

そろそろ安定をして落ち着いたので、正社員として働くことを希望しています。

 

ワンポイント
前職の不備や不満を志望動機にしない。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

面接を受ける女性の画像

転職についての悩みや不安を抱えたままでは、安心して転職活動が展開できません。

1つでも悩みをクリアできるように計画することが大切です。

そこで、転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職に関する専門家です。

転職についての案件や情報を通じながら理想的な転職が実現できるようにアドバイスをしてくれます。

せっかくの転職のチャンスを逃さないよう転職エージェントに登録して活用してみてはいかがでしょうか?

 

ワンポイント
転職エージェントで志望動機についてのアドバイスをしてもらおう。

まとめ

電卓を持つ女性の画像

転職理由には個人差がありつつ、ポジティブとネガティブの両方が顕在するともいえます。

本音では前職に不満や不安があるのは仕方ありません。

しかし、面接の場では、決してネガティブな自分を表現しないよう努めることが重要です。

溌剌とした姿で働いているビジョンが描けるように、志望動機を考えておきましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!