転職の採用担当者が見ているのは応募者の所有資格やスキルだけではありません。

企業は就職後も活躍できる人材を求めています。

一緒に働く社員同士うまくコミュニケーションをとることができなければ長く働くことは難しいでしょう。

そのため採用担当者は人間性を重視することが多いです。

自己PRではスキルの他に人間関係をアピールできると良いでしょう。

この記事では転職の自己PRで人間関係のアピールをする方法を解説します。

好印象を与える方法や自己PRの回答例・注意点も紹介しますので是非参考にしてください。

Contents

転職の自己PRで「人間関係」のアピールをする方法を解説

笑顔

転職の自己PRで人間関係をアピールすることは重要です。

企業で働くのは自分一人ではありません。

一緒に働く同僚はもちろんのこと、顧客や取り引き先とも関係を築いていかなければならないでしょう。

転職後も良い人間関係を築けることをアピールできると採用担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

面接でも言葉一つで印象は変わります。

人間関係をアピールする方法をチェックして転職活動に挑みましょう。

何か不明なことがありましたら転職エージェントにご相談ください。不安を解消して転職を成功させましょう。

人間関係が上手くいかず転職する人は多い

悩み

会社は一日のうち多くの時間を過ごす場所です。

いくら職種に関する知識や能力が高くても同僚と協力して仕事ができなければ毎日が楽しくありません。

人間関係が上手くいかずに転職する人は多いです。採用担当者もそのことを承知しています。

そのため採用担当者は人間関係をうまく築き長く勤めてくれるかどうかを見るのです。

資格やスキルは大切ですが、その能力を活かすためには人間関係を上手く築く必要があるでしょう。

人間関係は働く上でとても大切なものです。

転職で「人間関係」を自己PRするのは効果的

笑顔

転職で人間関係を自己PRすることは効果的です。

職場で上手く人間関係を築くことができれば同僚と助け合って仕事ができるでしょう。

取引先とのコミュニケーションも円滑に進むはずです。

そのため採用担当者は実際に勤務をはじめた時に円滑な人間関係を築ける人材を選びます。

人間関係をうまく自己PRするのは転職の採用にとても効果的といえるでしょう。

円滑な人間関係は仕事を効率的にする

話し合い

仲の良い友人関係とは異なり仕事では様々な人と一緒に行動しなければいけません。

職場には年齢や価値観が違ったり上下関係があったりする相手も多いものです。

仕事ではそんな相手ともコミュニケーションを取ることになります。

毎日の仕事を行う環境を快適にするためには職場で良好な人間関係を築くことが重要です。

円滑な人間関係を作ることができればコミュニケーションもスムーズになり仕事が効率的にできるでしょう。

人間関係の構築力はビジネスで重宝される

名刺交換

良好な人間関係を築くことができる力はビジネスでは重宝されます。

仕事で何か困ったことがあった時に助けてくれるのは同僚です。

良好な人間関係を築くことができればより多くの助力を得ることができるでしょう。

人との繋がりを大切にできる人は多くの人と良好な人間関係を築きます。

このような人間関係を活かすことで新しい発見やアイデアを得ることができるでしょう。

ビジネスに於いて人間関係はとても貴重なものです。

 

ワンポイント
円滑な人間関係はビジネスで重要。

「人間関係」でどんなことがアピールできる?

ポイント

自己PRで「人間関係」を話すことはどのようなアピールに繋がるのか見ていきます。

採用担当者は応募者の人間関係を知ることで何を感じるのか知っておきましょう。

人間関係でアピールできるポイントを踏まえてどのように面接に挑めばよいのか考えてみてください。

もし転職の面接で不安なことがあれば転職エージェントにご相談ください。

不安を解消して転職を成功させましょう。

コミュニケーション能力

仲間

良好な人間関係を築くことにコミュニケーション能力はとても重要です。

円滑にコミュニケーションを取ることにより良い人間関係が生まれます。

仕事をするということは多くの人と関わりを持つことです。

そのため様々な人とコミュニケーションを取れることはとても大切になるでしょう。

転職の面接ではコミュニケーション能力をアピールしてください。

良好な人間関係を築くことができる根拠としても十分に説得力のあるものになるでしょう。

協調性

仲間

職場では多くの人が仕事をしています。

その中で業務を行うわけですから協調性はとても大切です。

職場の人と一緒に働くための協調性があれば人間関係も良好なものになるでしょう。

転職の面接では協調性をアピールすることも大切です。

転職後も長く働いてもらうためにも採用担当者は協調性のある人柄を注視するでしょう。

 

ワンポイント
「人間関係」でコミュニケーション能力や協調性をアピールできる。

人間関係の自己PRで好印象を与えるポイント

ポイント

面接での自己PRの時間は自分を知ってもらうためのチャンスです。

資格やスキルに加えて採用担当者が欲しい人柄を伝えることができます。

採用担当者に自分のPRを正しく伝えて好印象を与えましょう。

そのためのポイントを解説していきます。

伝えたい自分のアピールポイント伝え方を両方大切にしてください。

何か分からないことがありましたら転職エージェントに頼るのも一つの手です。

客観的な視点からのエピソードを伝えよう

笑顔

人間関係の受け取り方は人それぞれになります。

自分が良いと思っていることも受け取り手の採用担当者は違う感じ方をするかもしれません。

人間関係をアピールする時に大切なことは客観的な視点からのエピソードになります。

人間関係について自分が行っていることとその結果どうなったかを一緒に語ることで良いアピールに繋がるでしょう。

「前の職場では楽しく仕事をしていました」というだけでは自分の視点だけのエピソードです。

お客様の反応や職場の同僚との営業実績などを添えてみてください。

客観的な事実を加えることで良好な人間関係を築けていることを伝えることができます。

入社後のイメージをしてもらいやすいようにしよう

女性

自己PRでは入社後自分がどのように働くことができるかをイメージしてもらうことも大切です。

入社後どのように人間関係を築けるのかイメージしてもらえるようなアピールを行いましょう。

職場で自分がどのように考えて対応するのかを意識して伝えてください。

採用担当者に納得してもらうことが重要です。

具体的なエピソードがあればイメージは伝わりやすくなります。

今までの職場で自分がコミュニケーションを発揮できた具体的なエピソードを思い出してみてください。

大事なことを簡潔に伝えよう

自己PRに力が入ると長い話になってしまうこともあります。しかしあまりに長い話は受け手にあまり伝わりません。

大事なことを伝えるためにも自己PRは簡潔に伝えることを意識しましょう。

限られた時間を考えて本当に伝えたいことをピックアップしてください。

過去の実績やエピソードをいくつも話すのではなく1つか2つに絞ってみましょう。

結局何が言いたいのか分からないと思われないためにも簡潔なPRを心がけます。

 

ワンポイント
好印象を与えるポイント
・客観的な視点のエピソードを準備する
・入社後のイメージを掴んでもらう
・大事なことは簡潔に

転職の自己PRで「人間関係」のアピールをする例文

見る

それでは実際に自己PRで「人間関係」のアピールをする例文を見ていきます。

例①コミュニケーション能力でアピール

「前職で特に意識していたことは相手に合わせたコミュニケーションを取ることです。

お客様の状況を考えて商品カタログを提示することで『〇〇さんはいつも良い提案をしてくれる』と好評を頂いていました。

お客様の状況を配慮したコミュニケーションを行ってきた経験は貴社でも十分に発揮できると考えています」

「顧客に合わせたコミュニケーションを行ったこと」と「顧客からの反応」をアピールしています。

自分が行ったことに加えて客観的な結果も提示することで伝えたいことを上手く伝えています。

例②協調性でアピール

仲間

「前職では5人のチームで営業に取り組んでいました。

仲間の状況を見ながらサポートを行いチームが良い雰囲気で仕事ができるよう心がけていました。

周囲と協力することで高い目標も達成することができました。

自分の役割を考えて行動する経験は事務職にも活かせると考えます」

仲間と協力することで目標を達成した経験をアピールしています。

どのような職場でも協調性があることはとても大切です。

採用担当者も採用後良い人間関係を築いてくれることを期待します。

またこの例文は前職の経験を新しい職種でも活かせるイメージも伝わるでしょう。

例③人見知りをしないことでコミュニケーション能力をアピール

チーム

「私は話し合うことで問題を解決しチームで何かを成し遂げることが得意です。

人見知りをしない性格なので新しいチームに配属された時も自然と仲間と打ち解けることができました。

チームの仲間からも『話しやすい』『何でも相談できて仕事が円滑に進んだ』と評価を頂いています。

貴社に入社後も職場でのコミュニケーションを円滑に行いながら業務に携わっていきたいです」

初対面でも人見知りせずにコミュニケーションを取ることができる強みをアピールしています。

客観的なチームの仲間からの評価がコミュニケーション能力の裏付けに感じられるでしょう。

 

ワンポイント
協調性やコミュニケーション能力でアピールしよう。

転職の自己PRで「人間関係」を伝える注意点

ポイント

転職の自己PRで「人間関係」を伝える注意点もいくつか挙げておきます。

  • ダラダラと話さない
  • 履歴書と異なる内容を話さない
  • 丸暗記をして話さない

伝える内容は簡潔にしましょう。ダラダラと長い話は良い印象を与えません。

新しいエピソードを用意するのではなく履歴書にある内容を踏まえたことを話してください。

面接は履歴書を見ながら行われますので、履歴書に書ききれなかった部分を話すと良いでしょう。

話すことを丸暗記してしまうと質問や雑談に上手く応じることが難しくなります。

文章を丸暗記するのではなく、エピソードや自分の強みをピックアップしておき臨機応変に対応しましょう。

転職の自己PRで「人間関係」を伝えるNG例

バツ

転職の自己PRで「人間関係」を伝えるNG例も紹介します。

せっかくの自己PRの場ですから上手く自分の能力が伝わるようにアピールしましょう。

自分の独りよがりな話にならないよう注意してアピールの時間を有効に使ってください。

例①協調性のアピールの失敗例

悩み

「私の強みは協調性です。

チームでの目標に届かず皆が落ち込んでいたので他の部署の人に解決方法を伺いました。

言われた通りにお客様への対応を行ったところ大変喜ばれました。

コミュニケーション能力を活かし、貴社でも活躍したいと考えます」

アピールしたい協調性が特にクローズアップされていないように感じます。

独断で他部署に頼ってしまったことも良い印象ではありません。

例②コミュニケーション能力のアピールの失敗例

「私はコミュニケーション能力に自信を持っています。

チーム内でトラブルがあったときには笑顔と笑い声を心がけました。

私が笑うことによりチーム内の雰囲気が良くなったと思います。

このようにチーム内のトラブルにも対処してチームに貢献していました。

貴社でもこの経験を活かし活躍できればと考えています」

会社でのトラブルの解決作として笑顔を絶やさないことは適切ではありません。

チーム内の雰囲気が良くなったと感じているのが自分だけの可能性も感じられます。

例③客観性に欠けるアピール失敗例

失敗

「私は物怖じせずに何でも切り出せることが強みです。

前職のアパレル販売では同じフロアでよく人間関係のイザコザがありました。

その時には私が揉めた同僚全員にガツンと言うことで場を収めてきました。

職場のトラブルを解決する能力を貴社でも活かしていきたいと考えています」

こちらも自分だけの情報になってしまっている例文です。

客観性に欠けるため本当にトラブルを解決できていたのかどうか分かりません。

何を自己PRするか悩んだら転職エージェントに相談しよう

笑顔

何を自己PRするか悩んだら一人で解決するのはとても難しいです。

問題を抱え込んでしまうとそれだけ転職活動が遅れてしまいます。

そんな時は転職エージェントにご相談ください。

転職のプロが悩みを聞いて様々なアドバイスを致します。

不安を解消して転職を成功させましょう。

まとめ

仲間

自己PRで「人間関係」のアピールをすることは大切です。

転職後、企業で良好な人間関係を築くことができる人材を採用担当者は求めています。

自己PRで好印象を与えてコミュニケーション能力や協調性をアピールしてください。

もしどのようにアピールしたら良いか悩んでしまったら転職エージェントにご相談ください。

悩みや疑問を解決して転職先の企業でも活躍しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら