「転職したい」とは思っているものの、だからといって他にやりたいことがあるわけではない…そんなケースもよく耳にします。

なにがしたいかわからない場合は、転職するのは難しいのでしょうか。

また、やりたいことが分からない原因は何なのでしょう。

今回は、やりたい仕事を見つけられるコツについて詳しく説明していきます。

Contents

女性が転職でなにがしたいか分からない時の対処法を解説

顔を覆う女性

転職したいと考えていても、なにがしたいか分からなければ、転職先を決めることはできません。

やりたいことを見つけるためには、まずは何から始めたらよいのでしょうか。

また、やりたいことの他にどのようなことを重視したらよいのでしょう。

ここでは、転職したいけれど、やりたいことが分からないという場合の対処法をご紹介します。

転職を考える上でとても重要な部分になりますので、ぜひじっくりと自分と照らし合わせながら読んでみてください。

やりたいことが分からない原因は?

ハテナマーク

自分のやりたいことが分からない、決められないという場合は、どこに原因があるのでしょう。

それぞれのケースを詳しく見ていきましょう。

自分の強みを把握できていない

そこそこ器用で、なんでもそれなりにできてしまうという人は、自分の強みを正確に把握できていないことが多いようです。

またこういったタイプの人は、ある程度のレベルに行くと満足してしまい、それ以上の上達を目指さなくなるのも特徴的です。

自分がこのタイプに当てはまると感じたら、何か一つを極める意識を持ってみるとよいでしょう。

得意なことが多数ある中でも、これなら楽しんで取り組める、誰よりも上を目指せるという分野を探してみましょう。

別の仕事ならできると考えている

電話をかける女性

今の仕事が向いていない、別の仕事ならできると感じているが、その別の何かを見つけられていないという人もいます。

こういったタイプは、今関わっている仕事で手ごたえを感じられず、自分に自信がないという人が多いです。

まずは目の前の仕事に対して全力で向き合ってみましょう。

その中で、なぜ向いていないと感じるかを深掘りして分析していくと、そこにやりたいことのヒントが隠れているものです。

失敗したくないと慎重になっている

計画的で危機管理能力の高い人に多いのが、いざ転職しても失敗するのではないかと不安を感じて慎重になっているパターンです。

様々な失敗のパターンを予測する癖がついているので、やりたいことがあっても、ついつい悪い面ばかり見てしまうのです。

こういったタイプの人は、まずは事前に集められるだけの情報を集めてみるといいでしょう。

その過程で不安が解消されていくことで、やりたいことに対する失敗のイメージを払拭することができるのです。

 

ワンポイント
自分の強みや弱み、転職に関する情報をしっかりと分析することで、やりたいことが見つかる可能性が高まります。

やりたいことを見つけるためにやるべきこと

自分がやりたいことはどうやって見つけたらよいのでしょうか。

考え方のコツやヒントを集めてみました。

「楽しかったこと」を書いてみよう

華やかな女性

過去に合った楽しい思い出や嬉しかった出来事を書き出してみましょう。

楽しかったことは、何がしたいかという部分につながっていることが多いです。

褒められた経験でもいいでしょう。重要なのは、「なぜ楽しいと思ったのか」を良く分析することです。

実際にやったことがなくても、昔やってみたかったことでもいいでしょう。

ワクワクする気持ちを思い出すことで、自分の中の「やりたい」という気持ちを引き出すことができます。

「やりたくないこと」を書いてみよう

逆に、やりたくないことをとことん洗い出してみるのも一つの方法です。

やりたくないことの逆を考えていけば、それがやりたいことにつながっていることもあります。

例えば、長時間労働や残業はあまりしたくない、人前に出る仕事はしたくない、といった具合です。

それらの条件から、逆にどんな仕事ならそれを避けられるかを考えることができます。

もちろん、やりたくないことの全てを避けるのは難しいので、絶対に嫌だというものから順に挙げていくといいでしょう。

身につけたいスキルは何か考えよう

電話対応

今までの自分とは切り離して、これから身につけたいスキルという観点から考えてみるのもいいでしょう。

将来の自分がどうなっていたいかを考えたときに、身につけていたいスキルはないでしょうか。

例えば事務職には事務スキル、営業には営業スキルというように、それぞれの仕事で特に求められるスキルがあります。

あるいは仕事に関わる専門的なスキルだけではなく、どんな仕事や会社でも通用する普遍的なスキルでもよいでしょう。

日常生活に役立つようなスキルもたくさんあります。

幅広いスキルを身につければ、それが直接的に自分の武器となり、選択肢の幅も広がります。

自分のスキルが活き必要とされる仕事を考えよう

過去や未来にとらわれず、今現在の自分に何ができるかを考えるのも有効です。

等身大の自分にできることを見つけ、そこから仕事に結び付けていく方法です。

特殊なスキルではなくても、人と話すことや整理整頓など細かいことでもいいので、自分の得意なことを挙げてみましょう。

そして、その自分の得意なことがどのような場で必要とされているかを考えてみるのです。

今まで業種や職種で絞って考えていた場合は、この方法で思いもよらない選択肢が見えてくることもあります。

 

ワンポイント
やりたいことを見つけるために、自分の本当の気持ちと正面からしっかりと向き合いましょう。

やりたいことと向いてることどちらを優先すべき?

2つのハート、選択、悩む

やりたいことと向いていることが異なる場合もあります。

向いている仕事というのは、仕事内容が自分の特性に合っており、特に大きなストレスを受けずにできる仕事のことです。

やりたいことを優先する場合は、仕事でつまずく可能性は高いですが、興味や関心を仕事に生かすことができます。

難しい問題に直面し、大きなストレスを抱えようと、自分のやりたいことを貫けるという人には向いているでしょう。

向いていることを優先する場合は、仕事の成果が出やすく、周囲に評価されやすいという利点があります。

人から評価されることを原動力として頑張り続けられる人にはこちらが向いているでしょう。

なにがしたいかだけでなく重視したいことは?

ポイントを指す女性

なにがしたいかということは、やりたい仕事を見つける上で特に重要なポイントです。

しかし、その他にはどのようなことを重視して仕事を探せばよいのでしょうか。

順に見ていきましょう。

やりたいことと給与のバランス

自分のやりたいことでどれくらいの収入を得られるかというバランスは、非常に重要です。

年収はどれくらいか、生活できるだけの給与がもらえるのかどうかはしっかりと調べておく必要があります。

転職の一番大きな理由になるのが給与への不満ということからも、あまりにも収入が低ければ生活することすら困難になります。

やりたいことを仕事にするためには、それで十分な給与が得られるのかを必ず確認しましょう。

職場の人間関係はどうか

話し合い

職場の人間関係も転職の大きな理由になります。

仕事を長く続けていくためには職場の人間関係は重要といえます。

しかし、知り合いでもいない限り、実際の職場の人間関係まで知ることは難しいでしょう。

そういった場合は、転職エージェントに内部事情を聞いてみることをお勧めします。

転職エージェントは社内の人ともやりとりがあり、職場の雰囲気なども把握していることが多いです。

過去に人間関係で嫌な思いをしたことがある人なら特に、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

福利厚生をチェックしよう

仕事内容だけではなく、福利厚生も長く続けていけるかどうかの重要なポイントです。

交通費や住宅補助などの制度が整っているかなど、企業情報の中で細かく確認しておきましょう。

休暇が取りやすいかどうかも重要です。有給消化率などのデータがあれば参考にしましょう。

 

ワンポイント
やりたいことだけでなく、給与や職場環境とのバランスも考えて転職先を探しましょう。

なにがしたいか分からない時の転職の注意点

疑問

なにがしたいか分からない状態で転職を考えるとき、どんなことに注意したらよいでしょうか。

行動する前にまず意識しておくべき注意点をまとめました。

自分のスキルや経験を活かせる転職先を見つけよう

なにがしたいか具体的には分からなくても、自分のスキルや経験を生かせる仕事や職場は必ずあります。

今までに積み上げてきたスキルや経験にはどんなものがあるか、しっかりと見つめ直しましょう。

具体的に分からなければ、今までに仕事で成功した体験を思い出してみてください。

その成功は自分のどのような働きによって達成できたのか詳しく分析することで、自分の持つスキルを明確化できます。

そのように自分のスキルを洗い出せたら、それを生かせる業務や職場を考えてみましょう。

転職先が決まる前に退職しない

バツ

なにがしたいか分からない状態での転職活動は長期化しやすい傾向にあります。

転職先が決まる前に退職してしまうと、安定した収入のない状態が長く続いてしまう可能性もあるでしょう。

安定した収入がなければ「すぐできる仕事」を選ぶほかはなく、結局やりたくない仕事をしなければいけないことになります。

それを避けるためにも、何か特別な事情がない限り、転職先が決まる前に退職しないことをお勧めします。

将来のことも考えよう

転職する場合には、近い未来のことだけでなく、長い目で見た将来のことも考えておく必要があります。

家庭を持つことや老後のための貯蓄のことも含めてキャリアプランを考えなければなりません。

平均年収や、昇進・昇給が期待できるかどうかも含め、実際に行動に移す前に細かくシミュレーションしておきましょう。

 

ワンポイント
安易に勢いで行動せず、自分にできることや将来のことを考えて慎重に行動しましょう。

なにがしたいか分からない時は1人で悩み過ぎないことが大切

 

転職相談

なにがしたいか分からない場合、人に相談できず自分一人で考え込むことも多いでしょう。

しかし、自分のことだから一人で考えなければいけないというわけではありません。

第三者からの客観的な意見が参考になる場合もあるからです。

親や友人など身近な人に相談してみることで、自分をよく知っている人の目線からアドバイスをもらうことができます。

また、プロである転職エージェントに相談してみるのも有効です。

経験豊かなキャリアアドバイザーから見た自分の状況を把握することで、世の中での自分の立ち位置を知ることができます。

やりたいことを見つけて転職を成功させるには?

ファイルを持つ女性

ここまで述べてきたように、やりたいことを見つけて転職を成功させるには、まずは自分の気持ちとしっかり向き合いましょう。

やりたいことが見つからない原因は、自分の強みや、転職についての情報が不足していることが原因です。

そこで、自分のやりたいこと・やりたくないこと・得意なこと・できることをまずはっきりさせましょう。

その上で、自分の良さや特性を生かせる仕事はどんなものがあるか探していくのが良いでしょう。

また、転職を成功させるためには、収入や福利厚生などの面でも応募先企業をしっかりと吟味することも同じくらい重要です。

職場の人間関係やどれくらい昇進・昇給が期待できるかなど、直接聞きづらいことは転職エージェントに相談してみましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

打ち合わせを行う女性

ここまで度々述べてきたように、転職エージェントは転職の際にとても頼りになる存在です。

自分のこれまでの経歴や今持っているスキルを含めて、将来を見越したキャリアプランのアドバイスをしてくれます。

また、非公開求人や企業の内情も含めて条件に合った求人を提示してくれることもあります。

一人で転職活動を進める場合と比べて、活用できる情報量に大きく差が出るため、転職活動を成功に導いてくれるでしょう。

まとめ

ファイルを持つ女性

やりたい仕事が見つからない原因の多くは、考えるための情報が不足していることにあります。

自分についての情報と業種・職種や企業についての情報をできる限り集め、そこから条件を絞ってみましょう。

転職は将来を左右する重要な局面です。

勢いで行動せずに、信頼できる人やプロに相談しながらしっかりと段取りを整えて転職活動を進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら