人材営業は人と企業を結び、多くの人の就職や転職をサポートする存在です。

誰かの人生の転機に立ち会うことにもなる、非常にやりがいのある仕事といえます。

人材営業に転職したいと考えた場合、まず考えたいのが志望動機です。

書類選考の段階でも特に注目される志望動機の書き方を解説します。

人材営業の志望動機の書き方を解説

ファイルを持つ女性

人材営業は人と企業を繋ぎ、雇用を生み出すことに貢献する仕事です。

仕事を求めている人・人手不足で悩んでいる企業に寄り添い、最適な人材を派遣することで雇用を生み出します。

人と企業を最適に繋ぐことができれば双方から直接感謝されることもあり、それがやりがいにもつながるでしょう。

その人材営業を目指す場合は、志望動機で営業に活かせるスキル経験をアピールすることが大切です。

さらに応募企業でなければならない理由も加え、仕事や企業への熱意や意欲を伝える必要があります。

自分の能力や熱意が伝える志望動機を目指しましょう。

人材営業の主な仕事内容

面接を受ける女性

派遣営業のまず一番大きな仕事は、派遣スタッフと企業を繋ぐことです。

派遣スタッフと企業の要望を聞き、企業にとって最適な人材を派遣します。

企業側からは必要な人数や勤務日数などの希望を聞き取ります。

派遣スタッフ側からは給与や勤務日数などの要望を聞き、それにあった企業を紹介するのです。

さらに、企業へ人材を紹介する他に、人事採用へのコンサルティングなども行います。

派遣スタッフの派遣先を豊富に確保するためには、新規の派遣先企業を獲得することも重要です。

そのために飛び込み営業や電話営業などの営業活動も行います。

 

ワンポイント
人材紹介だけでなく、派遣先の企業獲得も人材営業の重要な仕事の1つ。

人材営業で求められる人物像

面接

人材営業を目指すなら、まずは人材営業ではどんな人材が求められるのかを把握しておきましょう。

先述した通り、人材営業の仕事は大きく分けて2つあります。

1つは会社と派遣スタッフを繋ぐ仕事、もう1つは新規派遣先を獲得する営業の仕事です。

この2つは性質が全く異なっており、求められる人物像も大きく変わります。

前者の場合は、企業と派遣スタッフの橋渡し役となる仕事なので、人を適切に評価し、互いの要望をすり合わせて調整できる能力が必要です。

そのためチームリーダーとしての役割を決めた経験や、部下を評価する立場にあった人は適しているといえます。

新規派遣先を獲得する営業の仕事は、人材が不足している企業を見つける市場調査能力が必要です。

さらに、営業先の企業が相談しやすい環境作りを行えるヒアリング力が必要です。

こうした違いを把握した上で、自分の強みと企業の求める人物像がマッチすることを意識しましょう。

 

ワンポイント
常に人と接する仕事のため、コミュニケーション能力も求められる。

好印象を与える人材営業の志望動機のポイント

志望動機を書く際のポイントを解説します。

結論から書こう

働く女性

まず志望動機は書き出しから結論を書きましょう。

書類選考の場合、採用担当者が一つの応募書類にかけられる時間は限られています。

そのため、パッと見て興味を引かれない内容では読み飛ばされてしまう可能性があるのです。

書き出しが要領を得ない話から始まっていては、どのような内容か分からず困惑してしまいます。

こうした場合は採用担当者からの評価が落ちてしまうことも考えられるでしょう。

結論を先に書くことで何を伝えたいのかが一目で明確になります。

その後に具体的な理由を書くことでまとまりのよい志望動機になるでしょう。

結論に至った理由を書こう

結論を先に書いたら、その結論に至った理由を続けて書きましょう。

「その企業を志望した理由」や「人材営業を志望した理由」を具体的なエピソードも交えながら書きましょう。

応募した理由が分からなければ仕事への意欲や業界への知識がどの程度あるのかも分かりません。

業界への思いや応募企業を選んだ理由を明確に伝えることが大切です。

強みを具体的なエピソードと合わせてアピールしよう

履歴書

志望動機では自分の強みを伝えることも大切です。

しかしただ強みを書くだけでなく、それを裏付けるエピソードを交えて書きましょう。

エピソードを交えることで、その強みをどう活かしていたのかがイメージしやすくなります。

それにより実際に採用した場合の働く姿が想像できるため効果的にアピールすることができるでしょう。

人材営業の志望動機を書く時に意識すべきこと

志望動機を書く際には「なぜ志望しているのか」を明確にすることが大切です。

その中でも特に意識したいポイントを解説します。

なぜ人材業界なのかを明確にしよう

ポイント

志望動機を作成するために、その業界でなければならない理由を明確にしてアピールすることが大切です。

人材営業に就職したいのであれば、まずはなぜ人材業界でなければならないかを明記しておきましょう。

人材業界は人と関わる仕事であり、企業と人を繋げる仕事です。

「企業と人材を繋いで、双方に満足してもらいたい」

「雇用を生み出すことで、より多くの人の利益を生み、幸福を感じてもらいたい」

このようなさまざまな理由が考えられます。

人材業界だからこそできることを考え、業界を志望する理由を明確にしておきましょう。

その企業を選んだ理由を具体的にしよう

人材業界への志望理由を伝えるだけで終わってしまえば、この業界ならどの企業でも良いのかと思われてしまいます。

なぜその企業を志望したか、その理由を具体的に明記しましょう。

人材業界にもさまざまな企業があり、それぞれ異なる特徴や強みを持っています。

その企業ならでは理由を考えるには、企業のことを知ることが大切です。

そのため、事前に企業研究を徹底して行い、応募企業の強みや特徴を把握しましょう。

それらの情報を元にその企業でなければ実現できないことは何かを考え、志望動機に盛り込みましょう。

入社後どのように活躍したいか伝えよう

打ち合わせする女性

志望動機では、志望した理由だけでなく入社後にどう活躍したいかも必ず伝えましょう。

面接官は、応募者を採用した場合どのように働いてくれるのかという点に注目して採用者を選んでいます。

人材営業を志望する理由や自分のスキルだけを伝えてしまうと、入社後に働く姿がイメージできない場合もあります。

それらをどう活かして働くのかを採用担当者が分からなければ、採用をもらうことは難しいでしょう。

また、どの業界やどの企業でも当てはまるようなものでも十分なアピールとはいえません。

応募企業が求める人物像に合わせ、具体的にどのように活躍できるかを述べましょう。

人材営業の志望動機が思い浮かばない時は?

ノートパソコン、悩む女性

十分にアピールできる志望動機がなかなか思い浮かばないということもあるかもしれません。

その場合は自分の経験の棚卸しをしてみましょう。

前職での経験や人材営業を目指そうと思った理由など、些細なことでも全てノートに書き出してみてください。

書き出して文字にすることで頭の中で考えている時には気づかなかった関連性アピールポイントがみえてきます。

書き出した中から志望動機に使えそうな内容を選び、関連づけていくことで志望動機をまとめることができるでしょう。

 

ワンポイント
経験を棚卸しして自己分析を徹底しよう。

人材営業の志望動機の例文

続いて志望動機の例文を紹介します。

例文①

資料を見せる女性

私は人と企業を繋ぎ、誰もが自分らしく働くことを支える存在になりたいと考え、御社を志望しました。

働き方が多様化する中で、自分らしい働き方を求める人が多くなり、その選択肢の1つとして派遣スタッフとして働くことを選ぶ人もいます。

派遣スタッフとして自分らしく働くには、希望する業界や企業を適切に紹介できなければなりません。

御社は人材業界の中でも様々な企業や分野と提携しており、その分選択肢を多く提案できます。

私は前職でも営業職に従事し、相手の要望を聞き、最適な提案をすることを常に心がけていました。

そのスキルを活かし、継続的にご依頼いただけるリピート客を多く獲得しています。

貴社に入社した際には、派遣スタッフと企業双方から要望をしっかりと聞き、誰もが自分らしく働ける環境を支えたいと考えています。

例文②

私は新たな雇用を生みだすことで、豊かな社会の実現に繋げたいと考えています。

十分な収入がなければ消費活動は活発になりませんし、経済を活性化させることもできません。

経済が活性化しなければ新たな雇用が生まれず、さらに消費活動が縮小するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうならないようにするには安定した雇用を確保することが大切です。

ホームページなどを拝見し、貴社は人材紹介後のサポートが、業界で一番徹底して行われていると感じました。

企業と派遣スタッフ双方のサポートを充実させることで、双方が安心して働くことができる環境になっていると感じました。

私自身も数年前に派遣スタッフとして働いた経験があります。

派遣スタッフだった時にありがたかったサポートやもっとしっかり相談したいと思ったこともあります。

その時の経験を元に、派遣スタッフ、企業双方が求めているサービスを見極め、最適なサポートを行いたいと考えています。

例文③

相談

私は人の個性や得意分野を見極め、その人が最大限に活躍できるようにサポートする仕事がしたいと考えています。

人材を適材適所に配置することで効率良く仕事をこなすことができ、求職者と企業、どちらにも満足していただけると思います。

大学生の時にはボランティア部の部長を務めており、部全体をまとめていました。

特に心がけていたのは部員の得意分野の見極めです。

力のある部員には力仕事を任せたり、物腰の柔らかい部員に子どもの相手をしてもらうなど適材適所となるように分担していました。

その際のボランティア先の人や部員の笑顔と感謝がやりがいでした。

部活の際は限られた人数でしたが、さらに多くの人数に最適な仕事を振り分ける仕事をすることに興味を持ったのです。

貴社は全国的に展開している人材派遣会社であり、より多くの人のサポートができるのではないかと思い志望しました。

ボランティア部の経験を活かしながら、企業と求職者、双方の笑顔と感謝をいただけるようなサービスの提供に貢献したいと考えています。

例文④

私は相手の言葉にしない気持ちを汲み取る力を活かし、人と企業を最適な関係で繋ぐことに貢献したいと考えています。

私は前職ではバーでアルバイトをしていました。バーではお酒の味以外にも、お客様の気分をくみ取れるかが重要です。

お話をしながらどうしたら満足いただけるかを常に考え、ちょっとした機微の変化も見逃さないことを心がけていました。

それにより心地よく過ごせる時間を提供し、お客様にも良く気がつく人だと言われております。

派遣営業においても人と企業、それぞれ言葉にする要望と隠れた思いを持っているものです。

貴社は特に人と企業のマッチングの最適化に力を入れておられます。

そのために、双方とのコミュニケーションを重視されているとホームページで拝見しました。

アルバイトで身につけたコミュニケーション能力を活かし、人と企業双方の力になりたいと考えています。

人材営業の志望動機のNG例

続いて先ほど紹介した例文をもとにNG例文を紹介します。

NG例文①

オフィスで悩む女性

まずは先述の応募企業を志望した理由や自分のスキルがぬけているNG例文を紹介します。

「私は人と企業を繋ぎ、誰もが自分らしく働くことを支える存在になりたいと考え、貴社を志望しました。

働き方が多様化する中で、自分らしい働き方を求める人が多くいます。

好きな仕事をしたり、プライベートと仕事の両立を目指すなど、求めている働き方は人それぞれに異なるものです。

そして、その選択肢の1つとして派遣スタッフとして働くことを選ぶ人もいます。

派遣スタッフが自分らしい働き方を実現するには、人材派遣サービスの充実が欠かせません。

貴社に入社した際には、誰もが自分らしく働ける環境を支えたいと考えています」

この例文では人材業界への関心は伝わるかもしれませんが、応募企業でなくてはならない理由が分かりません。

さらに自分のスキルも書いていないため、強みが分からない文章になってしまっています。

NG例文②

悩む女性

続いて以前人材派遣サービスを経験した例文をNG例文で書いてみます。

「私は派遣スタッフとして働く人々を支える仕事がしたいと考えています。

私は以前別の人材派遣サービスで派遣スタッフ側で働いていました。

その時の担当者の方はこちらのヒアリングをとても詳細にしてくださいました。

しかし、いざ働いてみると契約にない仕事を任されたり、勤務時間が違ったりということがあったのです。

ホームページなどを拝見し、貴社は人材紹介後のサポートが、業界で一番徹底して行われていると感じました。

企業と派遣スタッフ双方のサポートを充実させることで、双方が安心して働くことができる環境になっていると思います。

自分が苦い経験をしたからこそ、同じ思いをする派遣スタッフの人を減らしたのです。

派遣スタッフ経験を元に、派遣スタッフ、企業双方が求めているサービスを見極め、最適なサポートを行いたいと考えています」

この例文の場合は自分が経験した人材派遣サービスを批判する内容になってしまっています。

志望動機では、実際はどのような理由であれ、ネガティブな印象のある内容は避けるべきです。

ネガティブな内容しか浮かばない、という場合でもできる限り前向きな印象となるようにしましょう。

NG例文③

続いて、ボランティア経験を書いた例文をNG例文に変えてみます。

「私は学生時代にボランティア部の部長を務めており、部全体をまとめていました。

ボランティアは困っている誰かを助けるものです。

自分達が向かったボランティア先の人が笑顔と感謝がやりがいでした。

貴社は全国的に展開している人材派遣会社であり、より多くの人のサポートができるのではないかと思い志望しました。

ボランティア部の経験を活かし、求職者が最大限に活躍できるようにサポートする仕事がしたいと考えています」

この例文の場合は、ボランティアで何を得て、何が応募者の強みなのか分からなくなっています。

また、冒頭部分で志望理由が書かれず、エピソードから始まるため、最初を読むだけでは何がいいたいのか掴めません

まずは最初に志望理由を書き、その後に具体的なエピソードを交えて強みや意欲をアピールしましょう。

 

ワンポイント
盛り込むべきポイントがぬけていないかしっかり確認しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

営業担当の女性

採用担当者の興味を引く志望理由を書くには企業研究や自己分析などを徹底的に行うことが大切です。

しかしそれらの情報を元に書いても、これで良いのか不安だという人もいることでしょう。

その場合は転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職に関わるあらゆる不安や悩みを相談できる存在です。

第三者の客観的な意見をもらうことでより良い志望動機にすることができるでしょう。

まとめ

ビジネスウーマン

今回は人材営業の志望動機の書き方を解説しました。

書類選考を通過するには志望動機をしっかりと書き、自分をアピールする必要があります。

書類の段階でしっかりと書くことで、その後の面接にも活かすことができます。

しかし書き出しや内容が薄くなってしまえば、面接に辿り着く前に落とされてしまうかもしれません。

人材営業を志望する理由とその企業でなければならない理由をしっかりと伝え、その上で自分の強みもアピールしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら