転職面接で聞かれる「あなたの性格は?」という質問には、自分の性格をありのままで答えても大丈夫なのでしょうか。

表現の仕方を間違えると、面接官に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

本記事では自分の長所と短所について自己分析する方法と、良い回答・悪い回答の具体例をご紹介します。

秀逸な回答で面接官にしっかりアピールできるように、一緒に準備しましょう。

Contents

転職面接で「あなたの性格は?」への答え方を解説

就活のワンポイント

単純な自己PRと違い「性格は?」という質問は答え方の範囲が不明確で、どのように答えれば良いのか悩むところです。

長所だけを聞きたい自己PRと違って、短所も含めた「人となり」の部分が重要視されます。

自分の経験の中でどこをどのように切り取って答えれば良いのか、解説していきます。

面接官の質問意図は?

面接する女性

性格について質問することは一見仕事と関係無いと思われますが、面接官はどんな意図を持って問いかけてくるのでしょうか。

面接官の目的を考えずに回答してしまうと、マイナスポイントになってしまう可能性もあります。

具体的にどんなことが知りたくて質問するのか、まずは面接官の考えを理解しておきましょう。

人柄を知りたい

面接官が知りたいことの一つ目は、「人柄」が会社とマッチするかということです。

長所や強みと違い性格を答えようとすると、良い面だけではなく悪い面も答えの中に含まれてきます。

面接官は良い面・悪い面の両方の側面からあなたのことを理解して、会社の社風や募集職種に合っているかを確認したいのです。

また性格を語る際のエピソードを通して、あなたがどんな経験をしてどんな価値観を持っているのかを知ることができます。

短い面接時間の中で、あなたの「人となり」を感じとれる貴重な質問なのです。

自分を客観的に分析できているか知りたい

虫眼鏡と電球

面接官の質問意図の二つ目は、客観的な自己分析ができているのかを評価することです。

仕事の現場では自分に何ができて何ができないかを正しく理解した上で、できないことをどう改善するかを常に求められます。

自分の性格を自分の口で語るというこの質問は、自分のことをしっかり理解していないと答えることができません。

長所や癖・傾向を把握して、短所に対してはどのようなことに気を付けて対策しているのかを冷静に答えられるのかが重要です。

企業が求める人材か知りたい

企業の社風や募集している職種への適性があるかを判断することが、面接官の目的の三つ目です。

例えば「アグレッシブで芯が強い」という性格は、積極性を求められる「営業」では良い結果を出せる要素かもしれません。

しかしそれが「事務系」の職種であれば、不必要に芯が強いと社内での衝突の原因となり良くないと判断されてしまう可能性もあります。

このように企業が必要としている人物像に対し適性があるのかを、技術的な面以外の方向から知ろうという意図があるのです。

企業研究をじっくり行い、企業が求める要素を正しくアピールできるように準備が必要でしょう。

転職面接で好印象な性格は?

クエスチョンマーク 女性

上述の通り面接官から性格を聞かれた際には、企業が望ましいと感じる表現方法でアピールしなければなりません。

では具体的にどんな性格なら面接官に好印象を与えられるでしょうか。

企業によって求める人物像は異なりますが、共通しているポイントは仕事の現場で活かせる性格を選ぶことです。

例えば「食べるのが大好きで、大食いには自信があります」「音楽をよく聴きます」など仕事に関連性が無いものはNGです。

面接官は常に仕事現場でのあなたを想像しながら相性や適性を判断しますので、しっかりと質問意図を意識した回答を選びましょう。

 

ワンポイント
面接官が仕事現場での姿を想像しやすいエピソードを選びましょう。

自分の性格を客観的に把握するには?

女性 頬杖 パソコン

ここからは、自分の性格を客観的に理解する方法をお教えしましょう。

「アピールできる長所が何も無い…」という人も、問題ありません。

表現の仕方や答え方を工夫すれば、面接官に好印象を与えられる場合があります。

できるだけ引き出しが多い方が良いので、企業に合わせて変えられるように2・3個エピソードを用意しておくと良いでしょう。

過去の出来事を書き出してみよう

書類に目を通す女性

性格を面接官にアピールするためには、それを裏付けるエピソードを必ずセットにする必要があります。

なぜそのように思ったのか、その性格が活きたのはどのような場面だったのかを一緒に話すことで説得力が生まれるのです。

まずは過去の出来事で、自分の性格ならではのエピソードを思い出して自己分析してみましょう。

思い浮かんだら一つ一つ書き出して並べてみます。些細なことでも長所に関連付けられることがありますので、気楽に考えて問題ありません。

異なる業界に転職する場合も、前職の経験で活かせる部分が必ずありますので振り返りながら探してみましょう。

家族や友人に自分の性格を聞いてみよう

自分の性格を把握するためには、家族や友人・知人に意見を聞いてみるのも大事です。

自覚は無くても、「自分の思う自分」と「他人から見えている自分」というのは意外にもずれが生まれているものです。

面接で自信満々に話したつもりでも、面接官が客観的に見ているあなたと話の内容にずれを感じ取ってしまうことも考えられます。

このような場合、「自分を客観的に見れていない」という悪い印象を与えてしまう可能性がありますので注意が必要でしょう。

また他人からの意見を聞くことで、違った視点・角度から考えることができます。

自分でも気が付かなかった長所や短所が発見できることもあるので、客観的な意見はとても重要です。

 

ワンポイント
他人からの意見を聞くことで、自分の性格を客観的に把握できます。

転職面接で「あなたの性格は?」への回答ポイント

ポイント

自分の性格を把握する過程で、短所と思われるものをどう扱うかという問題にぶつかることがあります。

このような場合は、長所として感じられるようにいい換えましょう。

例えば「注意力散漫で集中力が続かない」という性格は、面接官にネガティブな印象を与えます。

これを「好奇心旺盛で色々なことに興味が湧く」と言い換えれば、面接官が感じるのは前向きな印象です。

そもそも、人の性格というものには明確な良し悪しは存在しません。

答え方だけで印象はがらっと変わるので、自分の性格を色々な側面から分析してみることが大切です。

 

ワンポイント
短所は長所に感じられるようにいい換えましょう。

転職面接で「あなたの性格は?」を答える時の注意点

未経験で困る女性

質問の答えとして、逆にNGの回答はどのようなものでしょうか。

面接官に悪い印象を与えないために、答え方の注意点を確認しましょう。

性格でアピールする長所と短所に統一性を持たせよう

よくやってしまうNG回答は、アピールする長所と短所に統一感が無くなってしまうことです。

例えば長所として「人をまとめるリーダーシップがある」と話したのに、短所で「話すのが苦手」などとしてしまう場合があるとします。

内容的に長所と短所が逆行してしまっており、一貫性がありません。

もし何十分も時間があれば「話が苦手でも人をまとめる方法」が説明できるのかもしれませんが、面接の時間内では足りないでしょう。

このような矛盾している回答は、論理的な思考ができないという悪い印象を面接官に与えてしまいます。

回答に矛盾が生じないように表現の仕方に十分注意しましょう。

企業が求める人材に寄せた無理のある発言に注意

悩み

面接を前にして、企業の求める人物像をしっかり調べることはとても重要なことです。

しかしどんなに志望度が高い企業だとしても、無理に理想とされる人物に寄せた回答をするのはやめておきましょう。

自分の性格を分析した上で、求められる人材に合わせて表現を変えるのは確かに必要です。

ただしあくまでもアピールするのは自分自身のことです。

明らかに取り繕われたエピソードは意外と面接官に見破られてしまうもので、逆に評価を下げてしまうリスクがあります。

さらには、ここで偽の自分を作ってしまうと入社後にミスマッチングで苦労する可能性も高いです。

表現を工夫することはあっても、無理に取り繕うことは避けておくのが無難でしょう。

 

ワンポイント
良く見せるのは重要ですが、無理に取り繕わないようにしましょう。

転職面接で「あなたの性格は?」への回答例をチェック

笑顔の女性

上述の回答のポイントを押さえて、ここからは具体的な回答の例文を見ていきましょう。

①最初に結論を述べ、②次にそれを裏付けるエピソード、③最後にその性格をどのように仕事で活かすかという順序が最も作りやすいです。

自分の場合はどのように記述すれば効果的か、考えながら確認するのをおすすめします。

例  コミュニケーション能力

①結論:私は人と話すのが好きで、分け隔てなく関係を作れる性格です。

②エピソード:前職では営業を担当しており、年齢・性別問わずどんなお客様にも素直な応対を心がけました。

その結果、三十歳ほど年の離れたお客様にも担当の指名を頂くことができました。

③どう活かすか:御社の営業部門において社内社外問わず好かれる人物を目指します。

例  忍耐力

①結論:忍耐力があり、一つのことを貫く性格です。

②エピソード:前職では営業部で成果が上がらない時期が長く続きましたが、部署移動の希望は決して出しませんでした。

結果、蓄積していた勉強が身を結び昨年度は目標売り上げの140%を達成できました。

③どう活かすか:御社に入社後も、どんな仕事であっても任された仕事で諦めずに継続して結果を出します。

例  几帳面

①結論:小さいころから半端なことが嫌いで、細かいことが気になる性格です。

②エピソード:前職では事務を担当しておりましたが、少しでも違和感があれば必ず確認するように心がけておりました。

そのため見落としのケアレスミスがほとんど発生せず、書類のダブルチェック作業などを頻繁に任されました。

③どう活かすか:入社後は事務職において、書類チェックの最終セーフティとして活躍したいです。

転職面接で「あなたの性格は?」へのNG回答例

NGを出す女性

ここからは逆に、NG回答の例文をご紹介しましょう。

注意するポイントは①構成の順序と、②長所と短所に統一感を持たせること、③裏付けるエピソードに客観性を持たせることです。

例  構成の順序が分かりづらい

前職では営業を担当しており、年齢・性別問わずどんなお客様にも素直な応対を心がけました。

その結果、三十歳ほど年の離れたお客様から担当の指名を受けることができました。

特に意識したのが、幅広い年齢層の雑談ネタを普段から仕入れて準備することです。

御社の営業部門においても、社内外から好かれる人物を目指します。

そのように人と話すのが好きで、分け隔てなく関係を作れる性格です。

解説

結論が後ろに来てしまい、主張が分かりづらく間延びしたような印象を受けてしまいます。

例  長所と短所に統一感が無い

私は慎重な性格で物事をじっくり考えて正しい答えを導くことができます。

前職では慌てて判断をしない心がけで、昨年度のトラブル件数は社内で最も低い数字を記録しました。

御社の業務においても冷静な判断でチーム全体のトラブルを防ぐことに貢献したいです。

また、短所としては頭に血が上りやすいことです。

咄嗟の勢いで口論をしてしまうこともあるので、普段から注意しています。

解説

:「慎重」という長所と、「頭に血が上りやすい」という短所が逆行して矛盾が生じています。

例  裏付けるエピソードに客観性が無い

アグレッシブな性格で、みんなをまとめるリーダーシップがあります。

前職では営業を経験しましたが、積極的に行動することが好きで毎日お客さんを訪問しておりました。

受け身にならずに意見を出すことを心がけており、リーダーシップがあると自負しています。

解説

:具体的な数字や成果に関するエピソードが抜けており、客観性・説得力が無いです。

転職の面接対策は転職エージェントを活用しよう

カウンセリング風景

ここまでで自分の性格に関して回答する際のポイントを解説してきました。

注意するべきポイントは共通していても、一人一人の性格は異なりますので当然正しい回答も違うものになります。

さらに時間を掛けて自己分析を行っても、他人から見えている評価を正しく理解するのはとても難しいです。

しっかり面接官にアピールするには自分の価値を正しく客観的に把握することが必要になります。

そこでおすすめなのが、転職エージェントに相談することです。

自己分析のやり方や客観的なアドバイスをもらうことができる上に、本番さながらの模擬面接を受けられます。

的確なフィードバッグを受けられる模擬面接は、無料で実施されているものが多く存在しますので登録だけしておいて損はありません。

まとめ

笑顔の女性

時間の限られた面接の中で、「あなたの性格は?」という質問には面接官の色々な狙いがあることをご紹介して来ました。

そんな面接官の意図をくみ取り、少しの注意点を押さえれば好印象を与えられる回答を作れることでしょう。

ただ転職面接においては準備も重要ですが、本番中は自然体でいることをおすすめします。

取り繕ってきれいな自分を用意してしまうとその分期待値が上がってしまい、入社後に大変な思いをすることもあるでしょう。

本来の自分の姿を見せて、その上で一緒に働きたいと言ってくれる企業を探したいものですね。

エージェントと共にしっかり準備したら、本番中は自然に出る自分の言葉を頼りにしましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら