転職活動において大事なのは事前準備をどれだけ用意周到に行ったか?にあります。

それは面接対策のみならず大枠での戦略を組み立てる段階から既に始まっているのです。

中途採用で決まる人と決まらない人の決定的な差は何よりもそこにあるのではないでしょうか。

そこで今回は改めて転職面接で受かる人と受からない人の特徴をそれぞれ解説します。

企業の面接官は果たして応募者のどういったところで合否を判断しているのかを見ていきましょう。

また女性が転職面接で受かるためのポイントも併せて紹介しますので参考にしてください。

Contents

転職面接で受かる人の特徴を解説

まずは転職面接で合格しやすい人の特徴を詳細に解説します。

転職理由が明確になっていて説得力がある

まず1つ目に転職理由が明確で説得力があるという特徴が挙げられます。

それでは面接で好印象を持たれやすい転職理由とはどんなものでしょうか?

色々ありますがいくつか並べてみると以下の通りです。

  • 将来への目標が具体的である
  • スキルアップ・ステップアップといった前向きな理由である
  • マニュアル本などにはないその人独自の回答である

こういった転職理由は面接官に好印象を持ってもらえます。

特に大事なのは3つ目であり、その人の回答に独自性があるかは大事です。

マニュアル本にあるようなありきたりな回答を作らないようにしましょう。

転職者の個性や人間性がその転職理由に伺えるかどうかがポイントです。

自己PRが企業の求める人材と合っている

企業に合う人材

2つ目に自己PRが企業の求める人材人物像と合っていることです。

それは単なる内容云々ではなく、そこから面接官が感じ取るフィーリングになります。

例えば「協調性がある人」を求めている会社に「独立して動ける人」は必要ありません。

それは逆も然りであり、「独立して動ける人」を求める会社に「協調性がある人」は不要です。

どちらが正解かという問題ではなく、どちらがその企業に向いているかという適性の問題になります。

だからこそ自分はどの企業に向いているのかをきちんと自己分析で見極めてください。

志望動機で企業への熱意が伝わっている

そして3つ目に志望動機で企業への熱意がきちんと伝わっていることです。

これは内容ではなくその人の「想い」がどれだけ込められているかによります。

はっきりいえば、面接官は応募者が主張する内容なんて細かく見ていません。

数多応募してくる転職者の志望動機など大同小異、どれも似た内容です。

だからこそ決め手となるのが応募者の熱意・意欲ではないでしょうか。

多少なり不器用な回答であっても、熱意があれば十分に評価してもらえます。

逆にどれだけ上手な回答をしても、そこに熱意がなければ一緒に働こうとは思いません。

企業が最も大切にしているのは「一緒に働きたい」と思えるかどうかです。

 

ワンポイント
・独自性のある明確な転職理由が大切である
・自己PRがその企業の求める人物像と合っているかどうかが大切である
・志望動機は内容よりも「想い」が大切である

転職面接で受からない人の特徴

それでは逆に転職面接で受からない人の特徴を挙げてみましょう。

どのような人が転職面接において不合格になりやすいのでしょうか?

失敗しやすい転職理由

ミスマッチ

まず1つ目が明らかに失敗しやすいと思われる転職理由です。

いくつか挙げられますが、大まかに分けると以下の要素になります。

  • 人間関係の摩擦という転職後も直面するであろう理由
  • 前職の仕事への不満・愚痴を述べるような後ろ向きの理由
  • ステップアップの為ではなく「ここでいいや」という妥協した理由

総じて後ろ向きな理由の場合は企業から採用してもらえません。

特に前職への不満・愚痴は面接における御法度ですからやめてください。

また「どこでもよかった」といわんばかりの曖昧な理由もNGです。

いい加減な転職理由で応募者を採用してくれる企業はどこにもありません。

失敗しやすい自己PR

押し売り

2つ目に失敗しやすい自己PRをしてしまっている人です。

失敗しやすい自己PRとは企業の求める人物像に合っていないアピールになります。

自己PRはあくまでも自分という商品を企業に売り込む営業活動です。

その商品を買ってもらうためには面接官に買いたいと思わせなければなりません。

面接官の思惑や意図を無視して一方的なアピールをしても単なる押し売りです。

押し売りにならないためには自分の強みと企業の求めるものを合致させましょう。

このチューニングがきちんとできていない人はどの企業を受けても失敗します。

失敗しやすい志望動機

そして3つ目に失敗しやすい志望動機を自分で作ってしまっている人です。

失敗しやすい志望動機とは「熱意」が感じられない志望動機になります。

上記したように、面接官は志望動機の細かいところまで見ていません。

多数応募してくる場合は大体似通った内容の志望動機になるからです。

だからこそ企業側が最も重視して見ているのは意欲と熱意でしょう。

企業側が最も知りたいのは「なぜその会社でなければならないのか?」です。

そこに応募者の個性や独自性が感じられない回答は評価してもらえません。

どの企業でも使えるありきたりな志望動機を作らないようにしてください。

 

ワンポイント
・後ろ向きな転職理由で採用してくれる企業はどこにもない
・自己PRとは自分という商品を企業に買ってもらう営業活動である
・どの企業でも通用するような志望動機を作らないこと

転職面接で面接官は何を見ている?

このように転職面接で成功する人と失敗する人には大きな違いがあるとわかりました。

それでは転職面接で面接官が具体的に見ているポイントを解説しましょう。

企業が求めるスキルを持っているか

スキル

まずは企業が求めるスキルや経験をきちんと持っているかどうかです。

第2新卒や若手の既卒採用のようなポテンシャル採用の場合はこの限りではありません。

しかし、多くの企業が中途採用で転職者に対して求めるものは即戦力です。

会社が求める個性やスキル・経験を持っているかどうかをきちんと見ています。

若手であってもキャリア次第では企業が求めるスキルや経験を得ることは可能です。

だからこそ転職活動前にどれだけの結果を残しているのかは大事になります。

ビジネスマナーが身についているか

第一印象

2つ目にきちんとしたビジネスマナーが身についているかどうかです。

実は面接で1番大事なのは「第一印象」であり、最初の数秒で合否の7割が決まります。

すなわち入室の際の話し方・動き方・挨拶の仕方といった立ち居振る舞いです。

ここで躓いてしまうと、企業側はその人を採用しようとは思いません。

だからこそまずは入室の段階から正しいビジネスマナーで対処してください。

面接における質問はあくまでも残り3割を決める確認事項です。

ビジネスマナーを制する者は転職を制するといっても過言ではありません。

コミュニケーション能力

そして3つ目に転職者のコミュニケーション能力をしっかりと見ています。

そのコミュニケーション能力とは具体的に以下のポイントです。

  • 面接官の質問の意図を理解しているかどうか
  • 適度な身振り手振りがあるかどうか
  • きちんと笑顔で話ができているかどうか

特に2つ目と3つ目は上記のビジネスマナーと関連する最重要ポイントになります。

面接官は回答の内容よりも転職者の反応の仕方を評価しているのです。

だからこそ体の動きや顔の表情・声のトーンなどで総合的に判断します。

これを「メラビアンの法則」といい、目に見える部分が9割を占めるのです。

特に営業職を目指す場合は非言語的な要素が物をいいます。

 

ワンポイント
面接官は最初の第一印象で合否の7割を決定している。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職面接で受かるためのポイントをチェック

それでは転職面接で合格するためのポイントをチェックしましょう。

自己分析をして強みや転職の目的を明確にしよう

強み

まず1つ目に自己分析をして強みや転職の目的を明確にしてください。

この際に大事なのは「何が好きか?」ではなく「何ができるか?」で考えることです。

仕事の目的は「利益を生み出すこと」であって、決して仲良くなることではありません。

今の時代よくいわれるのが「好きを仕事にする」ですが、これには大きな落とし穴があります。

それは多くの場合「好き」が「才能」「資質」と強く関係しているということです。

どんなに好きであったとしても、結果に反映されないものは「趣味」にしかなりません。

あくまでも結果をきちんと出せるものに対して人は自信を持ち「好き」になるのです。

だからこそまず人には負けない自分の強みを客観的に分析して知ることから始めましょう。

企業研究をして求められる人材を把握しよう

企業に合う人材

2つ目に企業研究を重ねて求められる人材を的確に把握してください。

この際に大事なのは自己分析で抽出した自分の強みと企業の人物像を合致させることです。

このチューニングが最も大事であり、ここをミスしてしまうと何度も失敗します。

自分の強みがわかっていれば、自ずと目指すべき企業の適性も見えてくるでしょう。

逆に自分の強みと重ならない人物像を求める企業は除外してください。

そうすることによって自分が目指すべき成功の姿が見えてくるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・「好き」ではなく「才能」「資質」で自分の強みを作ろう
・その強みと重ならない企業を除外することで転職は自ずと成功に近づく

転職面接で好印象を与える受け答えのポイント

対面

転職面接で好印象を与えるための受け答えにはいくつかのポイントがあります。

その中でも特に大事なのは「逆質問」を積極的に活用することです。

面接官から応募者への質問は圧迫面接や無茶振り質問を含めほぼ予定調和でしょう。

だからこそ決め手になるのは応募者から面接官への逆質問になります。

企業研究をしていて疑問に感じたことや入社後の意欲を見せる質問をたくさんしてください。

そういう質問をするだけでも企業は「この人は見所がある」と思うのではないでしょうか。

面接練習のやり方は?

就活のワンポイント

転職面接を合格するためには面接練習が大事ですが、ここではその方法を説明します。

  1. 面接練習では本番を想定して120%の緊張感で臨む
  2. 圧迫面接から無茶振り質問まで考えうる質問を行う
  3. 練習終了後はしっかりフィードバックする
  4. 1〜3を何度も反復練習する

とにかく大事なのは練習を本番のように、そして本番を練習のように行うことです。

たとえば舞台でも役者は日々の稽古を120%の緊張感で徹底して行います。

だからこそ本番では高いクオリティーの舞台を提供することができるのです。

そして終了後のフィードバックをしっかり反映して次へつなげていきましょう。

転職面接に受からない場合の改善方法を知ろう

不合格

転職面接に受からないという人のために改善方法を解説します。

いくつかありますが、中でも大事なのは「第一印象」を強化することです。

面接官は入室した際の第一印象で合否の7割を決めていることは上記しました。

面接に受からない人の多くは第一印象の段階で除外されてしまっているのです。

身なりがきちんとしている人とそうでない人、企業が選ぶのは間違いなく前者です

だからこそどこに出ても恥ずかしくない身なりとビジネスマナーを身につけましょう。

第一印象をクリアできて初めて具体的な面接のノウハウに辿り着けます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職面接でのNG行動は?

転職面接において「これをやってはいけない」というNG行動を紹介します。

企業や仕事内容をきちんと理解していない

仕事内容

まず1つ目に企業研究が甘い、すなわち仕事内容をきちんと理解していないことです。

企業研究が甘いということは入社後のイメージを具体的に描けていない人という印象になります。

そのような入社後のイメージをきちんと持てない人を企業は採用しません。

新卒と違い中途採用は即戦力が求められるので、指示待ち人間でいてはならないのです。

学校とは違い自分から率先して仕事をこなし、会社に貢献する姿勢が求められます。

仕事内容をきちんと理解していなくて困るのは他の誰でもない転職者自身です。

声が小さいなどコミュニケーションが取れない

グッド

2つ目に面接官とのコミュニケーションがきちんと取れていないような言動・行動です。

具体的に以下のような行動が挙げられます。

  • 面接官の質問の意図をきちんと理解していない
  • 声が小さく何を話しているのか分からない
  • 面接官の目をきちんと見て話していない
  • ビジネスマナーの基本である挨拶ができていない

共通していえるのは会話が一方通行であるということです。

転職面接は自分を売り込む営業活動ですが、自慢話をするべき場ではありません。

明らかに場の空気を読み違えた振る舞いや粗相があってはならないのです。

面接練習の際にも本番中も常に謙虚さと感謝の心を持って臨んでください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

このように転職面接にはきちんと合格する人とそうでない人の特徴があります。

自分はどうなのかと不安な方は是非転職エージェントに相談してください。

自己分析・企業分析はもちろん面接練習やフィードバックもしてくれます。

また表に出回っていない非公開求人も紹介してくれるので成功率も上がるでしょう。

是非とも転職のプロの力を借りて理想のキャリアを実現してください。

まとめ

合格

いかがでしたか?

今回は転職面接で受かる人と受からない人の特徴を解説してきました。

勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし」とはよくいったものです。

転職面接に合格するためにはまず受からない人の特徴を知りましょう。

そしてその受からない人の特徴を徹底的に回避するようにしてください。

転職の成功率を上げるためには失敗要素を減らすのが最短ルートです。

そうすれば自ずと内定への道のりは近づくのではないでしょうか。

本稿が少しでも転職面接のお役に立てば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら