営業職を目指そうと考えている女性の中には、興味があっても未経験のコンサルティング営業に応募する勇気がない人もいそうです。

実際には未経験でもコンサルティング営業に転職は可能で、やりがいをもった仕事に取り組めるチャンスがあります。

そこで今回は未経験の女性がコンサルティング営業を目指す方法について、仕事のやりがいや有利になるスキルも交えて解説します。

Contents

コンサルティング営業を未経験で目指す方法を解説

ポイントを知らせる女性

コンサルティング営業と聞くと企業の経営課題を解決する仕事を連想する女性が多いと思いますが、実は多岐にわたります

個人客に対して金融や保険・人材・教育・不動産などを販売する仕事もコンサルティング営業の一環です。

これは企業であっても個人であっても顧客の課題を解決する方法を探し、プランを提案することに変わりはないからです。

そう考えるとコンサルティング営業に配する心理的なハードルも下がり、未経験でも応募できる求人が見つかりそうです。

 

ワンポイント

コンサルティング営業の仕事は顧客の課題を発見し、その解決方法を提案して商品やサービスを販売することである

コンサルティング営業の未経験の求人例から仕事内容をチェック

提案する女性

転職サイトでコンサルティング営業と検索すると、様々な業界の求人がヒットします。

ここでは未経験者も応募しやすいコンサルティング営業の求人例を紹介します。

保険

女性が未経験でも応募しやすいコンサルティング営業職といえば、やはり生命保険傷害保険の営業です。

女性の応募が多い中途採用の保険営業は、個人の見込み客に対して生命保険や傷害保険を提案し、自社のプランを契約してもらうことです。

扱う保険の内容によって必要な専門知識に違いはありますが、個人のお客さまの生活に関わるものでやりがいがあります。

無形商品を販売することになるので、お客さまと信頼関係を構築することから始まります。

採用

説明を聞きながらメモをとる女性

人材採用に関わる仕事もコンサルティング営業の一つで、求人広告派遣採用の支援アウトソーシングなど多彩です。

企業の採用に関する課題に関わる点は共通していますが、そのアプローチ方法が異なるので求められるスキルも違います。

かつては企業の人事部が採用活動を行っていましたが、採用ニーズの多様化に伴い専門業者が代行するのが一般的になりました。

採用したい企業と仕事を探している応募者の調整役を担うため業務は多岐にわたりますが、未経験者にも門戸が開かれた職種です。

Web

企業のリモートワークが推進されたことで注目を集めているのが、Webコンサルティング営業です。

企業が効果的にWebサイトを活用できるように、その開発並びに制作、運営のコンサルティングを担当します。

2020年の緊急事態宣言以降、ECサイトやネットショップの需要が高まり、いち早く対応した企業は売り上げを伸ばしています。

そうした背景があることでWebサイトによるサービス展開を実施する企業が増加し、Webコンサルティング営業が求められているのです。

近年はコンサルティングファームでもITコンサルタントと呼ばれる、Webコンサルティング営業の採用が積極的に行われています。

 

ワンポイント

■その他の求人例

・ハウスビルダー

・金融法人営業

・建設コンサルタント

・ソリューション営業

コンサルティング営業が注目される理由

パッドを持って説明する女性

コンサルティング営業は従来のソリューション営業が進化したものといわれています。

ソリューション営業とは顧客が持つ課題を解決するプランを提案する際に、自社の商材を含んで営業する仕事です。

一方のコンサルティング営業は自社の商材にこだわることなく、課題解決に必要であれば他社の製品やサービスも導入します。

コンサルティング営業にとって製品やサービスの販売は、顧客の課題解決の手法の一つです。

業界や企業、個人が抱えるニーズが細分化した現代において、マニュアル通りでは対応できないことが増えています。

顧客が抱える課題を可視化して解決策を提案し、プランが採用された後のフォローも受けられることは大きなメリットです。

そのため様々な業界でコンサルティング営業が注目されるようになったのです。

コンサルティング営業の転職市場については、転職エージェントに教えてもらうのが早道です。

 
無料キャリア相談はこちら  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

 コンサルティング営業のやりがい

外回りをする女性

未経験でもコンサルティング営業に応募したいと考える女性が多いのは、やりがいがある仕事だと思えるからでしょう。

またやりがいがあるだけでなく、成果に比例して報酬が上がる点も魅力の一つといえます。

ここではコンサルティング営業の2つのやりがいについて説明します。

顧客からの信頼を得られる

コンサルティング営業は企業や個人の顧客に対し、持っている課題を解決する方法を提案するのが仕事です。

自社の商材やサービスを売り込むのではなく、顧客に寄り添い最適な方法を探し必要なものを提案します。

そのためには徹底したヒアリングとデータの分析、提案に対する論理的な説明を行う必要があるため対話を重ねます。

その過程で顧客からの信頼を得てパートナーとして関わっていけるのは、大きなやりがいといえます。

業界全体の知識を深められる

資料を広げたデスク

特に企業に対するコンサルティング営業を行う際には、業界や同業他社についての理解を深めなければなりません。

必要に応じて調査を行いデータ分析することで、顧客である企業だけでなく業界全体の知識を深めることが可能です。

熟知した業界が一つでもあればその専門性を生かして、違う顧客の開拓もしやすくなります。

自分の知見が増えることで仕事も広がる点にも、やりがいを感じられるはずです。

 

ワンポイント

■コンサルティング営業のやりがい

・顧客と信頼関係を築きながら仕事ができる

・顧客が関わる業界全体について理解が深まる

コンサルティング営業へ未経験で転職するための応募書類

履歴書と職務経歴書

未経験者がコンサルティング営業として転職を果たしたいなら、まず書類選考を突破できる応募書類を作成しなければなりません。

ここでは未経験者がコンサルティング営業に応募する際に、履歴書と職務経歴書の書き方で気をつけたいポイントを紹介します。

履歴書を書くポイント

コンサルティング営業の経験がない女性が履歴書を書く際には、志望動機の内容に配慮することをおすすめします。

志望動機には未経験であるコンサルティング営業に興味を持った理由を、より具体的に書きましょう。

コンサルティング営業といっても業界や職種は多種多様なので、応募する企業と職種に対する内容であることが基本です。

さらに応募した企業に入社した後、どのように貢献していきたいと考えているかも記載します。

説得力のある志望動機を書くためには業界や企業の研究が不可欠で、そこに具体性があれば意欲的と受け止められます。

合わせてコンサルティング営業の仕事が、自分の資質や経歴とマッチしている部分もアピールしましょう。

職務経歴書を書くポイント

職務経歴書とペン

未経験者がコンサルティング営業に応募するにあたり、職務に直結する経歴を職務経歴書に書けないと悩む女性もいそうです。

しかしコンサルティング営業への適性があれば、未経験者であっても中途採用される可能性は十分にあります。

そのため職務経歴書の自己PRでは、コンサルティング営業に役立つ自分の資質具体的なエピソードと共に書きましょう。

自己分析を通して営業経験がなくても、携わった業務の中で自分の資質や適性を表すエピソードを探すのです。

コンサルティング営業に求められる資質については後述します。

 

ワンポイント

■未経験者が応募書類で気をつけるポイント

・履歴書の志望動機にコンサルティング営業を目指す理由となぜ応募企業なのか、入社後のビジョンを書く

・職務経歴書の自己PRでコンサルティング営業に必要な資質が自分にあり、意欲が高いことをアピールする

コンサルティング営業への転職に必要な知識

PCに向かう女性

未経験者がコンサルティング営業に転職するにあたり、身につけておかなければ仕事にならない知識があるのも事実です。

ここでは未経験者がコンサルティング営業に異業種転職する際に、必要とされる知識を2つ説明します。

顧客との関係構築の知識

顧客の課題を明らかにするためには現象として起こっていることだけでなく、潜在的な問題を可視化することも大事です。

顧客から課題を引き出すためには、まずコンサルティング営業である自分が相手との信頼関係を構築する必要があります。

コンサルティング営業に必要な資質にコミュニケーション能力がありますが、中でもヒアリング力を求められる場面が多いです。

相手の話を促せるヒアリング力を持っていると、顧客との距離を縮めやすくなると予想できます。

自社や業界への情報量を身につける

調べ物をする女性

コンサルティング営業は見込み客を顧客にできなければ、製品やサービスなどを販売できません。

そのため顧客との信頼関係を構築するための知識が必要です。

顧客が企業の場合はその業界と動向市場の状況などに対する深い理解も求められます。さらに根拠となるデータやロジックも不可欠です。

転職エージェントを活用すると応募する求人に合わせた業界動向を知ることができるので、わからないことは聞いてみましょう。

コンサルティング営業への転職を有利にするスキルや資格は?

ポイントを知らせる女性

未経験者がコンサルティング営業を目指すうえで、仕事に生かせるスキル資格を持っていることはアドバンテージになります。

コンサルティング営業への転職を中長期的に目指す場合は、必要とされるスキルや資格を身につけてから応募するのも方法の一つです。

ここではコンサルティング営業への転職を有利にするスキルや資格を、具体的に紹介します。

転職が有利になるスキル

コンサルティング営業への転職を有利にするスキルとして、コミュニケーション能力があり、中でもヒアリング力が重視されます。

またコンサルティング営業の仕事は顧客の課題を解決することなので、業界や製品・サービスなどの情報収集能力も欠かせません。

提案する際には根拠となるデータの提示などが求められるので、調査能力データ分析力も求められます。

さらに自分の提案を顧客に受け入れてもらうためのプレゼンテーション能力もあると、未経験者であっても有利に働くはずです。

転職が有利になる資格

書籍とノートとペン

未経験者がコンサルティング営業を目指すうえで有利になる資格は応募企業によって異なりますが、以下はどこでも役立つものです。

中小企業診断士

ファイナンシャルプランナー

応募する前に資格取得を検討している場合は、転職エージェントに相談して最適なものを探すことをおすすめします。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

コンサルティング営業の未経験求人の探し方

求人誌と履歴書

コンサルティング営業の中途採用の中には、営業経験があることを条件にする求人も少なくありません。

営業経験がない女性がコンサルティング営業を目指す場合には、未経験者可の求人を効率よく探す必要があります。

ここではコンサルティング営業の中でも、未経験者可の求人を探す方法を2つ紹介します。

求人サイトをチェック

まず転職サイトと呼ばれる中途採用者専用の求人サイトをチェックすることです。コンサルティング営業で検索すると相当数がヒットします。

未経験者でも採用することが多いのが、保険採用のコンサルティング営業です。

また営業経験がなくても業界経験があれば採用を行う企業も少なくありません。

コンサルティング営業の仕事内容は変わらなくても業界によって必要となる知識は異なるので、応募先を絞り込むことから始めましょう。

転職エージェントを活用しよう

面談する女性

自分の適性や志向性を理解したうえでミスマッチのない企業に応募したいと考えているなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは企業からマッチする人材の採用を任されているため、業界やその会社の実情にも精通しています。

また企業と応募者の相性を検討したうえで求人を紹介してくれるので、内定に近づく有益な情報を提供してもらえます。

応募書類の添削や面接指導も行ってくれるので、不安を感じることなく転職活動が進められるので、必ず登録しましょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

談笑する女性たち

コンサルティング営業は成果が報酬に表れる仕事でもあるので、ノルマを設定されることも珍しくありません。

やりがいはあるものの自分に適性があるのか、未経験でも一人前になれるのかなど、悩みを抱える女性もいることでしょう。

そうした不安を解消する意味でも、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

求人の紹介の前にキャリアカウンセリングを行うことで、自己分析キャリアの棚卸しもサポートしてもらえます。

退職準備や入社日の調整など転職活動に関わる悩みの相談にのってくれるので、一人で悩まずに質問してみましょう。

 
無料キャリア相談はこちら  

まとめ

プレゼンしようとする女性

今回は未経験の女性がコンサルティング営業を目指す方法について、仕事のやりがいや有利になるスキルも交えて解説しました。

顧客に寄り添うコンサルティング営業は成果が見えやすく、それが報酬にも反映されるやりがいのある仕事です。

未経験でも応募できる求人も多いので、キャリアアップを目指す女性はチャレンジしてみることをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら