事務職というと、「単純作業を繰り返す退屈な仕事」というイメージがあるでしょうか。

会社全体の業務を円滑にする潤滑剤である事務職は、人と気持ち良く話をする能力など販売職の経験を活かして活躍出来る職種です。

本記事では、幅広い業務をこなす事務職の種類や仕事内容・転職にあたって必要なスキルを解説していきます。

未経験でも挑戦しやすい事務職の人気の秘密をお教えしましょう。

Contents

販売職から事務職への転職を成功させるコツを解説

考える女性

専門的なスキルを必要としないため、未経験でも転職しやすいのが事務職の魅力です。

特に、前職で販売職の仕事に就いておりオフィスでの仕事を経験したことが無い人の第一歩目として選びやすい職種といえます。

販売職のスキルを活かしつつ事務職への転職を成功させるためには、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。

女性人気の高い事務職の仕事の特徴や、応募する際のコツを一緒に考えていきましょう。

販売職から事務職への転職をする前に

電話を取る女性

どの会社にとっても必要不可欠な事務職は「会社全体を支援する仕事」といえます。

会社の業績に直接貢献する職種ではありませんが、他の社員が仕事をしやすい環境を整える重要なポジションです。

事務職への転職を検討する前に、事務職の仕事内容と種類を確認しておきましょう。

事務職の仕事内容を知ろう

書類の作成や整理・ファイリング・データの入力・電話応対などが事務職の主な仕事です。

数字目標も持たず毎日パソコンと向き合い、単純作業を地道にさばいていくのが事務職員の1日です。

その他にも、会社に届く郵便物や宅配荷物の仕分け・会社備品の補充・会議室の準備など多岐にわたる業務をこなします。

事務職の種類を知ろう

一口に事務職といっても、様々な種類があるのをご存じでしょうか。

会社の事業内容や規模感・配属される部署によっても業務範囲が変わってきます。

その中でも最も代表的なものが「一般事務」です。

OA事務と呼ばれることもありますが、書類の管理や来客応対など幅広く業務をこなします。

また営業職の仕事を補助する「営業事務」は、発注書や見積書といった営業部門ならではの必要書類を扱う特徴があります。

その他にも社員の退職の手続き・給与の手配などを行う「人事事務」や、契約書の管理を中心に行う「法務事務」なども事務職の種類です。

規模の小さい会社では明確な業務の線引きが無いこともあるので、志望する企業の業務内容はチェックすると良いでしょう。

 

ワンポイント
事務職にはたくさんの種類があり、業務内容も多岐にわたるのが特徴です。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

販売職から事務職になるために求められる特徴や資格は?

書類を読む女性

幅広い業務を地道にこなす事務職ですが、販売職から転職するのは難易度が高いのでしょうか。

ご安心下さい。販売職で得られた知識やスキルは事務職で活かせるものも多いので、転職で有利になる場合もあります。

ここでは事務職に求められる特徴や、持っていると有利に進められる資格をご紹介しましょう。

求められる人材の特徴

笑顔の女性

事務職において特に役に立つスキルは、コミュニケーション能力です。

他の社員のサポートをメインに行う事務職では、相手の意図を汲み取って正しく理解することが大切です。

また事務職の仕事は、社内の様々な人に対して時には不備を指摘したり「いいたくないこと」を伝えなくてはいけません。

相手に嫌な気持ちを与えずに円滑に業務を進めるコミュニケーション能力は、事務職に必要なスキルといえます。

転職に有利な資格

事務職への転職においてPCに関するスキルは特に重宝されます。

WordやExcel・PowerPointなどのOfficeのスキルを証明する「MOS」の資格は、認知度も非常に高いので転職では有利に働くでしょう。

その他の資格では、日商簿記検定を持っていると武器になります。

これは会社の経営状態を分析・整理して明らかにするスキルで、経理に必要な会計に関する知識があることをアピールできます。

販売職から事務職に転職するために必要なスキル

笑顔の女性

上述の通り持っていると有利になる資格があるのは事実ですが、これらの専門知識は必須というわけではありません。

では具体的にどのような特性を持っていれば事務職に向いているといえるでしょうか。

特に重要なスキルは作業を効率良く・正確に行える集中力です。

事務職の種類は豊富ですが、「情報を正しく整理して正確に伝達する作業」はそのすべてに共通しています。

書類の不備を探したり、データを正しく並べ替えたり…と常に正確さを求められるのが事務職の仕事です。

また時に部署を越えて幅広く業務をこなす事務職は、時間への意識も必要です。

限られた時間の中で無駄を省き、スピーディに業務を消化するスキルは必要不可欠でしょう。

 

ワンポイント
事務職で活かせるスキル
①円滑にコミュニケーションを交わす能力
②効率良く正確に作業を行う集中力

事務へ転職するために確認したいこと

ノートパソコンを持った女性

営業職のように目標を掲げたり、アグレッシブな仕事を求められないのが事務職の特徴です。

さらに一般的に残業時間も少なく帰宅時間を調整しやすいのも特徴で、女性を中心に長年にわたり人気の高い職種です。

そんな魅力の多い事務職ですが、転職を検討する前にもう少し情報を集めておきましょう。

ここからは事務職に転職する前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

未経験が転職しやすい業界

上述の通り、一口に事務職といっても会社によって様々な種類があります。

販売職からの転職を考える時に大事なのが、未経験でも転職しやすい業界を選ぶということでしょう。

一般事務や営業事務・人事事務においては業務に専門性が求められないため、未経験でも接客のスキルなどを活かして働けます。

しかし業界によっては、病院の受付などの「医療事務」や輸入業務のスキルが必要な「貿易事務」といった種類の事務職が存在します。

これらは場合によって、専門的な知識やスキルが必要で未経験での転職が難しいことがありますので注意が必要です。

求人を探す際には、業界の選び方も意識したいところです。

事務になるための自己PR例

ここでは、事務職を志望する時の自己PR例を先取りしましょう。

アピールするべきポイントは「コミュニケーション能力」「正確な作業スキル」です。

<自己PR例文>

「私は集中力を必要とする作業で正確に仕事こなすのが得意です。

前職ではアパレルショップにて販売職を経験しましたが、書類に目を通す際は細かい違和感を見逃さないようダブルチェックを徹底しました。

そのため、売上金の検数など数字に関する仕事を一手に任され、社内でも評価を得ておりました。

御社の事務作業においても正確な作業を心がけ、さらに業務効率の改善も考えていきたいです。」

事務へ転職する時の注意点

困った女性

事務職の人気の秘密や特徴をご紹介してきましたが、転職する時に注意すべきことはあるのでしょうか。

大きな注意点の一つは、自分の功績や努力が目に見える結果として現れないことでしょう。

業務の内容が直接的な数字などの会社利益に結びつかないため、会社から評価を得づらい現状があります。

極端な話では、努力が報われないと感じてしまう瞬間もあるかもしれません。

ビジネスパーソンとしてのステップアップを考える場合は、さらに業務の幅を広げる必要があるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職を考える前にまずは事務職のイメージを掴むこと

マルバツを考える女性

事務職には様々な業務領域があり、会社の特徴によってもその仕事内容は異なってくることが分かりました。

そうはいっても、まだ事務職とはどのようなものか把握しきれていないのが正直なところでしょうか。

転職を考える際には、事務職について様々な側面からおおよそのイメージを掴んでおくことが重要です。

なんとなく理解せずに選考に進んでしまった場合、面接官にはその曖昧さは「志望度の低さ」と捉えられてしまうこともあります。

以下で、事務職のイメージを掴むうえで重要なポイントを確認しましょう。

事務職の種類を大ざっぱに理解しておく

前述の通り、事務職にはいくつかの種類が存在します。

志望するにあたっては、事務職のおおよその種類は頭に入れておきましょう。

特に自分が志望する企業の仕事内容は、どの種類の事務職に該当するのか理解しておく必要があります。

テレワークの有無を調べる

屋外で笑顔の女性

テレワークで働ける仕事かということも、事務職選びにおいて重要な要素です。

ただ一般に、事務職においてはテレワークでの仕事は難しいとされています。

事務職の仕事では書類の作成や整理といった「紙」を介した仕事が多いことがその理由の一つです。

契約書などで紙媒体を使用せず、ペーパーレスを採用している会社ではデータ上でやり取りを行うためオフィスに縛られる必要はありません。

しかし、世の中の会社にはまだまだオフィスにいる前提の事務職は多く存在します。

志望する会社の業務内容ではテレワークで対応出来るものなのか、自分の働き方の希望と照らし合わせながら調べると良いでしょう。

 

ワンポイント
事務職を志望する前に、志望する企業の仕事内容や働き方を把握しておきましょう。

販売職から事務職への転職を成功させるために

指を立てる笑顔の女性

販売職から未経験でも転職しやすい事務職ですが、成功させるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

前述の通り、販売職で得たスキルを上手く伝えることが出来れば、転職を有利に進めることも可能です。

販売職での経験を活かして、今度は「自分の売り込み方」を考えていきましょう。

販売職で培った経験とスキルをアピール

販売職での経験で得た力を改めて理解するために、売り場に立っている自分を思い出してみましょう。

販売職では、入れ替わり立ち代わりに現れるお客さんに対応する「接客力」が磨かれます。

この経験を通して人と話すことに恐怖心が無くなり、さらに相手を思いやるホスピタリティが身に付いたのではないでしょうか。

これらは、れっきとしたスキルです。様々な性格の社員とのコミュニケーションが必要な事務職の仕事において、日々役に立つことでしょう。

他にも、作業の正確さやスピードも重要なアピールポイントです。特に忙しい店舗などでは、常に効率的な仕事を求められます。

出来るだけ時間をかけず確実に合格点の仕事をこなすといった働き方は、そのまま事務職の仕事で活かすことが出来るスキルです。

転職エージェントを活用しよう

自分の経験を洗い出せたら、次に重要なのは効果的なアピール方法を考えることです。

伝えたいことがあるのに、面接で上手く話せずもどかしい経験をしたこともあることでしょう。

どんなに話の材料が良くても、表現の仕方や話し方によっては評価が変わってしまうこともあります。

そうはいっても、自分自身を効果的にアピールする表現方法を準備するのは簡単ではありません。

出来るだけ短時間で効率良く準備をするには、転職エージェントを活用することをおすすめします。

自分の良さを最大限に活かす話し方を一緒に考えてくれるだけでなく、一人では気付かないような客観的なアドバイスをもらえます。

無料で模擬面接など受講できるサービスも展開していますので、一度登録しておくのは賢い選択でしょう。

販売職から事務職へ転職するための応募書類

書類を記入する女性

事務職への志望度が高まったら、選考において避けては通れない応募書類の準備をしましょう。

選考に通る書類を作成するには、ただ情報を詰め込むだけでなく企業に対してのアピール要素を上手く入れ込むことが重要です。

履歴書や職務経歴書を書く際に、どのようなポイントに気を付ける必要があるかご紹介します。

履歴書を書くポイント

前述の、事務職の転職で有利になる資格を持っていたら必ず履歴書に記載しましょう。

特にWordやExcel・PowerPointの操作ができることは歓迎されますので、忘れずにアピールすることをおすすめします。

また全体においていえることですが、誤字や脱字は絶対にNGです。

事務職では常に文章や数字と向き合い、書類の中から細かい不備を探すのも重要な仕事です。

字の大きさに統一感を持たせ、全体としてバランス良く整った印象を与えられるように意識しましょう。

職務経歴書を書くポイント

職務経歴書は履歴書とは違い、前職におけるより具体的な業務の内容を記述することが求められます。

アピールするべきポイントは、上述のような接客を通して身に付いたコミュニケーション能力や、効率良く業務を進めた経験などです。

ここで特に注意することは、自分の販売職での経験を分かりやすく、具体的に記載することです。

「ベストスマイル賞を受賞した」「書類のチェック業務を任されていた」など明確な実績があるとさらに好印象になります。

読み手の気持ちになって、事務職で働いている姿を想像させるような具体性の高い書き方を意識しましょう。

 

ワンポイント
事務職の応募書類は、バランス良く整った印象を与えられるように注意して記載しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔で相談する女性

転職が、新卒の採用試験と比べて大きく異なる点をご存じでしょうか。

特に際立っている違いは、同じ企業を志望するライバルの幅が広いことです。

新卒の試験ではライバルといっても自分と同じ学生がほとんどで、面接官の評価基準も「地頭の良さ」「元気さ」など抽象的でした。

それが転職においては社会人歴の少ない人から多い人まで幅広い年齢の相手がライバルとなり、知識や資格の数も比較されます。

特に難しいのは、仕事現場にて業務をこなす具体的な能力を重視されることでしょう。

未経験で転職しやすい事務職においても、「資格を持っている人」と比較されると「そうでない人」はやはり不利になってしまいます。

そんな難しさのある転職で成功させるためには、転職のプロに相談することが一番の近道です。

あなただけの適切なアドバイスをくれる転職エージェントと一緒に戦略を立てて、理想の転職を実現させましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

応援のポーズをするビジネスチーム

私生活との両立がしやすく魅力的な職種である事務職は、調べていくと意外と奥が深いことが分かりましたでしょうか。

特殊なスキルを重視されないため、販売職から思い切って転職するにはハードルが低めで適している職種といえるでしょう。

業界や企業のことをしっかりと調べたうえで、具体的にどんな業務を行うのか正しく理解して志望できるようにしたいですね。

自分に合った事務職への転職を成功させて、理想的な生活を手に入れましょう!

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら