あなたの特技は?という決まり切った質問事項についての特集です。

女性の転職面接にて特技を質問される場合の回答方法について解説します。

面接官が応募者の特技を聞き出そうとする意図についてと、もし特技が分からない時の対処法なども併せて紹介します。

女性が面接で特技を聞かれた時の答え方を解説

コーヒーの画像

転職面接の質問の中には、特技が何かを聞くパターンがあります。しかもそれは頻繁に使われているポピュラーな質問です。

おそらく面接試験に行けば聞かれるだろうと分かってはいながら、しっかり回答できなかったという人も結構多いと聞きます。

そもそもなぜ特技を聞き出そうとするのでしょうか?その意図も含めた、面接時での特技への回答について解説していきます。

面接官の質問意図は?

アップルの画像

個人の持つ特技とその会社の業務の間には、何か大きな関係性があるのでしょうか?

面接の場で、応募者の特技を質問する理由・意図はいくつかあります。とくに以下の3点に注目していることがほとんどです。

では具体的に、面接官の質問意図について解説していきましょう。

応募者の人間性を見たい

応募者の特技を聞き出す理由には、その人物の価値観を探っていることがあげられます。

もし武道が特技という女性だとしたら、いざとなると頼れる女性かもしれないと仮説を立てながら面接を進行できるからです。

そして個人の特技と性格や人柄は、意外と共通項が多く見当たることがあります。

自社の業務内容や特色と折り合いがつきそうかという判断基準にもなるでしょう。

もちろんこの質問だけを信じて合否を決めるのは安直なことです。

あくまでも、応募者の素の部分や人柄を把握する上での参考としています。

コミュニケーション能力があるか

コミュニケーションをする女性の画像

仕事は個人が単独で行う部分もありながら、スタッフ同士が連携して作り上げる部分もあります。

つまり個人の能力も必要ですが、社員同士の協力やサポートがあってこそ実現するものばかりです。

協調性を持って行動できる人物かどうかを確かめるのに、特技を聞き出すのが最も簡単で分かりやすいからです。

コツコツと寡黙に仕事をこなすだけではなく、コミュニケーションスキルがある人物が望ましいでしょう。

特技を聞いてイメージできることはかなりあるのです。

応募者の緊張をほぐすため

特技を聞くこと自体には意味がない場合も考えられます。どうしても面接は緊張をしてしまう空間になりがちです。

緊張感が極限に達してしまうとお互いに良い成果は得られません。

そこで面接官がアイスブレイクのつもりで聞く質問が特技という場合もあるのです。

応募者の特技を聞き出したとしても、それが直接採用の合否を判断するわけではありません。

何となく緊張を和らげるための配慮としています。

特技を選ぶポイント

写真とパソコンの画像

特技は転職面接の際に必ずといっていいほど聞かれそうな質問項目です。

できれば面接官の印象がよい回答をしたいと思うのは自然なことではないでしょうか?

どのような点に注意しながら、自分の特技を伝えると良いのかを解説しましょう。

転職面接で好印象を与える、特技を選ぶ時のポイントを紹介します。

少しでもアピールできること

面接をする女性の画像

特技を魅力的に見せることで、人物として興味を持ってもらえるように考えて応えることが望ましいでしょう。

採用面接は自分をプレゼンする場所です。

採用担当者へ自分という人間を印象的に植え付けさせるため、特技に強いインパクトを持たせるのです。

採用担当者は選考の決め手として、印象に残った応募者を選ぶ傾向があります。

趣味や特技がありきたり過ぎては、せっかくのアピールのチャンスを逃してしまうでしょう。

もちろんあまりにも偏執的な特技はよくありません。心から自信が持てて大好きな特技を明るくPRすることが大切です。

仕事に繋がりそうなこと

自分の特技と応募企業が取り組んでいる業務に関連性があると好印象を与えます。

企業である以前に、同じ方向性があって共感し合える人物だと判断されたほうが好かれるはずです。

ただし、自分の特技と業務内容が関連していないものでも、熱意を持って取り組んでいる姿勢を見せるようにしましょう。

面接官との距離間が縮まっていきます。

仕事ですから、心の奥に熱いものがなく、ただ楽をしてのんびりしようとする人物に共感することは少ないはずです。

 

ワンポイント
転職面接では自分をアピールすることに専念する

面接で好印象を与える特技の答え方

スマホを見る画像

例え人に自慢できる特技があるとしても、それを分かりやすく明確に伝える術を知らなければ面接官の心を動かせません。

面接官に好印象を与えるためには、特技の回答方法にもコツが必要なのです。

では、転職面接での好印象を与える特技の回答方法について解説しましょう。

特技を通して得た経験を伝えよう

面接で特技を話す時には、できるだけ具体的な経験に基づいたエピソードを盛り込むとよいでしょう。

仮にサッカーが特技だとしたら、子供時代のきっかけなどを思い出すことから始めます。

得意なポジション・戦歴や成果・最も印象的な出来事などを盛り込んで話してみることです。

第三者からも想像しやすい光景があれば、その人の特技を正しく理解できます。

具体的な経験を盛り込んだ内容をあらかじめ考えておくことです。

特技を仕事にどう活かせるか伝えよう

もしも、業務上で役立ちそうな趣味や特技があれば、それは最優先で説明していきましょう。

仮にバレーボールが得意だとしたら、チームワークの脆さや大切さを経験に基づいて回答すると真実味が増していきます。

実際に役立ったエピソードがあれば、率直に話すことで相手に伝わるはずです。

ただし実績がないものを無理やり仕事に結びつけてまで回答する必要はありません。

面接での特技の回答例をチェック

メモ用紙の画像

自分の特技を分かりやすく納得してもらえるレベルで話すことは意外と難しいものです。

普段から伝える技術や工夫を考え研究することで少しずつコツがつかめます。

そのためには、できるだけ事例に触れて自分流にアレンジするようにしましょう。

では、転職面接時での特技についての回答例を紹介します。

私の特技はギターです。最初のきっかけは小学6年生のころで、テレビの洋楽番組を初めて視たからです。

華麗にギターを弾くアーティストの恍惚とした姿に憧れ、自分の将来は世の中に通用するギタリストになりたいと考えました。

やがて、誕生日にガットギターを買ってもらいました。

その後中学から大学時代まで友人とバンドを組んで、作詞・作曲・ライブの企画をし続けてきたのです。

バンドはギターだけで成立するものではなく、各メンバーのアサンブルを通じて調和を図ります。

これは実生活や過去の仕事の中でも協調性として役立っています。

手帳に書く画像

私の特技は情報収集です。

インターネット・テレビ・雑誌での流行りのアイテムや話題になっているニュースを集めるのが好きです。

中でも今読まれている本の話題はとくに好きで気にしています。

ベストセラーになるビジネス書は必ず読むことにしているほどです。

そのおかげで年間200冊は読破する習慣が身につきました。他にも最先端ファッションを知るのも好きです。

ほとんどの情報源は雑誌かSNSからですが、毎年の人気の傾向を研究するようになりました。

その成果もあってよく友人から服選びやコーディネートを頼まれます。情報そのものには罪はありません。

間違った情報を提供する悪意のある人物と、常に正当な判断で情報を伝えたい良識のある人物に分かれるのだといえます。

もちろん私は後者のほうで取り組んでいきたい所存です。

私は整理整頓が得意です。自宅や職場を効率よく使える方法はないかといつも考えています。

それが整理整頓をするきっかけとなったのです。整理整頓の方法は状況判断からスタートします。

気になる箇所をいかに合理的に変化させるのかを見極める気持ちが大切です。

乱雑な書類棚をきれいにしたら、どのように業務へ影響を与えるのかといった考え方をします。

その結果、ファイリングやものの位置が決まっていれば円滑に仕事ができると、同僚からも感謝されたことがありました。

整理整頓の技術を生かしながら、御社での効率の良い仕事を実現させたく思います。

 

ワンポイント
あらゆる特技についての事例に触れてアレンジすること

面接で特技を答える時の注意点やNG特技

ノートの書く画像

心の底から自分が夢中になっている対象は特技に成長しやすい素材です。

しかし中には、面接上で取り上げることは避けておきたいこともあります。

面接官に敬遠される可能性のある、面接時での特技を答える際の注意点・NGを紹介しましょう。。

「特技はありません」はNG

他人に自慢できるような特技がないという人も多いと耳にします。

真剣に考えてみたものの、まったく取り柄がないという結論を出してしまいがちです。

しかし特技がないからと、「特技はなしです」という回答はNGだと思っておきましょう。

特技を大げさに捉えていませんか?結果や成績として出せなければ特技ではないと思い込んでいます。

例えば、掃除・整理整頓・ものまね・歌唱力・図画工作など些細なことでいいのです。

特技がないと言い切ってしまうと、意欲の低い人物というマイナスイメージになってしまう可能性があります。

ウソをつく

とくに趣味や特技が分からない人にある傾向で、本当は全く興味もないのに嘘でごまかそうとすることはNGです。

面接で話題になる機会が多い特技についての質問ですから、必要以上に深く聞かれる場合もあるでしょう。

全く知識がないのに嘘をついて特技だといってしまうとボロが出やすくなります。

もしそのことに対して面接官が詳しい人物だとしたら、簡単に見破られてしまい面接での評価は低くなるかもしれません。

常に正直な気持ちで特技と向かい合っていきましょう。

ネガティブな印象の特技

常識的なことですが、いくら特技だとしてもネガティブな印象の特技や趣味はNGと見なしておきましょう。

例えば、パチンコや麻雀・競馬などのギャンブルがその代表例です。もちろんこれらを好きな人はたくさんいます。

しかしギャンブルはマイナス印象でしかありません。給料をギャンブルにつぎ込む人物という印象を与えてしまうのです。

少なくとも転職面接時に話す内容ではありません。

面接で特技を答えるNG例

イアホンの画像

転職面接にて特技を回答する際には、本心であることが最重要です。

よくありがちなNGは、奇をてらって目立とうとすること・奇抜な内容の特技でしょう。

例えば、一発芸や超能力があるといった事例をあげてしまうと間違いなくNG扱いにされます。

一般企業の面接でウケを狙ってしまうのは、何かのドラマの見過ぎです。失敗することは目に見えています。

後から恥をかくような幼稚な特技は話さないことです。

 

ワンポイント
無理をして奇抜なことをするのはNG

特技が思いつかない時の対処法

白い用具の画像

世の中には自分の特技が見つけられないという人も大勢います。

取り立てて自分には人にいえる才能がないとまで言い切っているほどです。

しかし特技とは必ずしも他人と比べて秀でたことでなくてもよいのです。

自分が得意だと感じている対象が何かをじっくり考えてみれば思いつくのではないでしょうか?

そのためには、過去の自分を洗い出しておきましょう。自己分析をすることで本来の特技が発見できることがあります。

幼少期や子供時代にどのようなことで褒められたのかを洗い出して整理するとよいでしょう。

それが認められた背景や理由は何にあったのでしょうか?

あの時の自分は何を信じてどのような努力を重ねたのかを、少しずつ思い返せば得意なものが見えてきます。

 

ワンポイント
特技が分からなければ自己分析をしてみること

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ファイルを持つ女性の画像

転職についての悩みや不安が浮上した場合には、転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家です。

毎日のように転職についての案件や情報が入るので、最先端の転職案内が実現できるでしょう。

些細なことで悩んで転職のチャンスを逃さないためにも、ぜひ転職エージェントで悩みを解消しましょう。

まとめ

営業女性の画像

誰にでも趣味や特技の1つは持っているはずです。

自分には何もないと決めつけるのは、自分の良さに気づいていない証拠です。いつも他人と自分を比べてばかりいませんか?

言い換えれば、転職活動とは自分のことです。

ライバルや競争相手がいるとしても、面接本番では自分自身の言動が決め手になるだけです。

だからこそ自分のことは自分が知るしかありません。

自分の気づかなかった自分の特技をみつければ、必ず自信につながります。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら