事務職の中には保険業界で働く保険事務という仕事があります。

生命保険や損害保険の加入にあたり接したことがある女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんな保険事務に未経験で転職を目指す方法についてご紹介します。

女性が未経験から保険事務を目指せるか解説

未経験

生命保険や損害保険を扱うのが保険事務の仕事です。

保険事務は主に保険会社や保険を扱う代理店で働いています。

営業と違うの?疑問に思う女性もいるのではないでしょうか。

保険事務は保険に関わる仕事のうち事務がメインの職種です。

営業のサポート役を担っているという特徴があることを知っておくといいでしょう。

そして、保険の仕事と聞くと「難しそう」「専門知識が必要」と思う女性も多いのではないでしょうか。

「保険」という言葉のイメージで難しそうと思われることが多いですが未経験でも転職を目指すことはできます。

もちろん生命保険や損害保険を扱うので必要な知識を身につけなければなりません。

だからといって未経験では転職できないというわけではないのです。

今回は保険事務に未経験で転職を目指す方法を詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読み進めて保険事務の転職を目指してくださいね。

保険事務の主な仕事内容

相談を受ける女性

難しそうなイメージがある保険事務はどのような仕事をしているのでしょうか。

保険事務には大きく分けて「生命保険事務」と「損害保険事務」の2種類があります。

それぞれの仕事内容について見ていきましょう。

「生命保険事務」

生命保険をメインで扱うのが生命保険事務で生保事務とも呼ばれます。

万が一の病気や怪我のための保険で入院や死亡に対して事前に約束した保険金がおりるのが生命保険です。

そんな生命保険に関わる生保事務の仕事内容をご紹介します。

  • 契約書類の作成・発行
  • 契約内容の変更
  • 顧客情報の入力
  • 保険金の支払額の算出
  • 保険金請求の書類作成・送付
  • 各種書類チェック
  • 問い合わせ対応

生命保険事務には書類チェックという重要な仕事があります。

顧客から保険金請求があれば間違いがないかしっかりと確認しなければなりません。

もし間違いがあれば顧客に連絡をするのも保険事務の仕事です。

また顧客からの電話やメールによる問い合わせ対応も保険事務が行います。

「損害保険事務」

損害保険といえば自動車保険を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

損害保険の中には自動車保険だけでなく火災保険や自動車保険など様々な内容があります。

そんな損害保険を扱う損害保険事務は営業部門と損害調査部門にわかれていることも。

まずは営業部門の保険事務の仕事をご紹介します。

  • 契約の手続き
  • 各種書類チェック
  • 顧客情報の入力
  • 書類の発行・送付
  • 問い合わせ対応

営業部門の仕事は生命保険事務と似ている部分もあるでしょう。

こちら書類に関する仕事をしながら問い合わせ対応をすることが多いです。

次に損害調査部門の仕事内容を見ていきましょう。

  • 事故の受付
  • 修理工場への連絡やレンタカーの手配
  • 事故相手への連絡や状況確認
  • 保険請求のための書類作成・送付
  • 診断書の確認や医療機関への照会
  • 保険金の支払額の算出や必要書類の作成

損害調査部門では万が一事故が起きた時の対応を行います。

保険金に関する書類作成だけでなく顧客や事故相手へのフォローが必要です。

 

ワンポイント
 保険事務の仕事は生命保険事務と損害保険事務に分けられることを知っておこう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

保険事務の1日のスケジュール

グーサインの女性

保険事務の仕事内容を見てみると業務が多くて大変そうというイメージをもつ女性もいるでしょう。

そんな保険事務の仕事はどのようなスケジュールでこなしているのでしょうか。

ここでは1日のスケジュールを生命保険事務と損害保険事務に分けてご紹介します。

「生命保険事務」の1日のスケジュール

先ほどお伝えした生命保険事務の仕事内容を踏まえて1日のスケジュールを見ていきましょう。

  • 9:00 出勤 1日のスケジュールや連絡事項の確認
  • 9:30 朝のミーティングで全体の情報共有を行う
  • 10:00 新規契約や契約更新に必要な書類を作成
  • 12:00 休憩
  • 13:00 契約者から届いた書類の確認(必要に応じて連絡をする)
  • 15:00 保険金支払いの算出
  • 16:00 外回りの営業とのミーティング(見積書作成や書類のファイリングなど)
  • 17:00 書類整理や翌日の仕事の確認
  • 18:00 退勤

こちらが生命保険事務の1日のスケジュールです。

もちろんスケジュール通りに進むわけではありませんし、会社の規模によって異なる部分もあるでしょう。

またこれらの仕事は顧客からのメールや電話による問い合わせ対応をしながらになります。

「損害保険事務」の1日のスケジュール

次に損害保険事務の1日のスケジュールをご紹介します。

生命保険事務との仕事内容の違いに着目しながら見てみてくださいね。

  • 9:00 出勤 連絡事項・メールや1日のスケジュールを確認
  • 9:30 全体ミーティングで情報共有
  • 10:00 事故後の対応のための連絡や手配など
  • 12:00 休憩
  • 13:00 契約書類や申込書の発行・送付
  • 15:00 事故後の対応(事故相手への連絡や医療機関への照会など)
  • 16:00 営業職とミーティング(見積書作成など)
  • 17:00 当日の業務の整理や書類のファイリング
  • 18:00 翌日の業務の確認をして退勤

ここでは営業部門と損害調査部門の仕事内容を合わせてスケジュールを紹介しています。

大きな保険会社では業務が分担されていることが多いです。

しかし必ずしもそうとは限らず両方の仕事を行う損害保険事務もいるのです。

また事故の連絡はいつくるかわかりません。

突然の事故連絡にも対応しながら通常業務を行わなけれなならないのが損害保険事務の特徴です。

保険事務に向いている人の特徴は?

マルとバツの札を持つ女性

保険事務の仕事は顧客と関わるだけでなく書類作成など様々な業務があります。

そんな保険事務にはどのような人が向いているのでしょうか。

保険事務に向いている人の特徴をご紹介します。

臨機応変に対応ができる

保険事務には臨機応変に対応できる人が向いているでしょう。

書類作成といった一般的な事務作業もありますが顧客の事故への対応も行わなければなりません。

事故は予定されるものではなく突発的なものです。

また事故内容もすべて同じではなくひとつひとつに違いがあるもの。

そのため個別に対応するだけの臨機応変さが必要です。

明るくハキハキと対応できる

明るい表情の女性

保険事務には明るくハキハキと対応できる人も向いているでしょう。

顧客や関係機関などコミュニケーションをとる機会が多くなります。

保険商品の契約は信頼関係が重要です。

対応が悪ければ解約を考える人も多いでしょう。

そのため信頼関係や関係性をしっかりと作らなければならないのです。

保険事務は対面だけでなく電話で相手とやり取りをすることも多いのが特徴です。

明るくハキハキと対応できる人の方が印象がいいですね。

向上心がある

向上心がある女性

保険商品の契約数や契約後の関係性などが評価されやすいのが保険事務です。

そのため保険事務の仕事は向上心がある人に向いているといえるでしょう。

本人の努力次第でしっかりと結果に現れてくるのです。

また自社の保険商品だけでなく他社商品についても理解しておかなければなりません。

他社の商品を理解してこそ、自社の保険商品を顧客に勧めることができるでしょう。

現状に満足せず学び続ける姿勢も保険事務には必要です。

事務処理が得意

保険事務は事務処理が得意な人が向いているでしょう。

契約書類の作成や顧客のデータ入力はスピーディーかつ正確さが求められます。

また事故が起きた時の保険金支払額の算出も迅速に対応しなければなりません。

保険という特殊な内容ではありますが、まずは一般的な事務処理能力が必要なのです。

 

ワンポイント
 保険事務には顧客への対応力や事務処理力が求められる。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

保険事務の未経験転職を有利にする資格やスキル

ひらめき、女性

保険事務の仕事は必ず保有しておかなければならない資格はありません。

そのため未経験でも転職しやすい仕事といえるでしょう。

しかし未経験で転職を目指すならアピールになるものが必要です。

未経験者の転職で有利になる資格はこちらです。

  • ファイナンシャルプランナー
  • マイクロ・オフィス・スペシャリスト資格(MOS資格)

保険はお金に関するものなので金融業の1つです。

そのためファイナンシャルプランナーの資格があれば転職のアピールポイントになるでしょう。

またPCスキルがあることを証明するMOS資格もおすすめです。

WordやExcelに関する知識・技術が十分あることに証明になります。

事務処理が必要な保険事務の業務に役立つでしょう。

保険会社に入社すると会社から研修参加や資格取得を勧められることが多いです。

そのため保険に関する資格は入社後に取得するつもりで大丈夫です。

保険事務の仕事で身につくスキル

ファイルを持つ女性

ここでは保険事務の仕事で身につくスキルをご紹介します。

最初からみんながスキルをもっているわけではありません。

未経験の方も保険事務の仕事をしながら身につけていけばいいのです。

保険業界の専門知識

保険事務はまず最初に自社で扱っている保険商品についての理解が必要です。

そして他社と比較するため他社商品についても熟知するようになるでしょう。

そうしていくうちに保険業界全般の知識が身につくようになります。

先ほどお伝えしたように入社後に研修や資格取得を勧められることも。

常に勉強が必要な仕事なので保険業界の専門知識が身につき資格取得を目指すことができるでしょう。

事務スキル

PCを操作する手

保険事務の仕事は事務というだけあって事務スキルが身につくでしょう。

日常的に行うパソコン作業があり一般的なExcelやWordを使う機会も多いです。

また保険会社では専用のアプリケーションを使うこともあります。

これらの作業を行ううちにパソコンの操作スキルが身につくでしょう。

そして保険事務はデスクワークの他にも顧客と接することも多いです。

対面だけでなく電話やメールといったツールを使ってコミュニケーションをとることになります。

そのため事務職として必要な対人スキルも備わってくるでしょう。

 

ワンポイント
 保険事務の仕事は専門的な知識や事務スキルが身につく。

保険事務で大変なこと

頭を抱える女性の画像

やりがいがあり専門的な知識が身につく保険事務の仕事ですが大変な面もあります。

ここでは保険事務で大変なことについてご紹介します。

常に勉強をしなければいけない

保険商品はその時代に合っているものでなければなりません。

そのため同じ保険会社が扱う商品でも変化していくのです。

保険事務はその保険の内容についてしっかりと理解しておく必要があります。

入社後は研修や自己学習で保険に関する知識を身につけることも大切です。

しかし扱う保険商品について理解できていなければ事務処理でミスをすることもあるでしょう。

顧客にとって万が一の時の保険は重要な存在です。

自分のキャリアアップのためだけでなく顧客のためにも常に勉強する必要があるでしょう。

イレギュラーな業務が発生する可能性がある

保険事務は一般事務のようなルーチン業務も多いです。

契約書類の作成や送付、書類のファイリングがこれにあたります。

しかし保険事務の特徴の1つにイレギュラーな業務の発生があることを知っておきましょう。

特に自動車保険のような損害保険は事故があれば迅速な対応が求められます。

いつ起こるかわからない事故なので時間外での対応をすることもあるでしょう。

クレーム対応が必要な場合もある

保険事務は営業ではありませんが顧客と接する機会が多い仕事です。

そのためクレーム対応が必要な場合もあります。

クレーム内容は保険商品に関することや社員の対応についてなど様々です。

契約時の説明が不十分だと契約後にクレームに発展することもあるでしょう。

また保険がおりなかった時に不満が生じることもあります。

これらのクレーム対応の基本はまず相手の気持ちを傾聴することです。

相手は興奮していたり怒っていたりして対応に困ることもあるでしょう。

クレーム対応は保険事務にとって大変な仕事の1つですね。

保険事務の未経験求人の探し方は?

ノートパソコン、悩む女性

未経験でも保険事務を目指すことは可能です。

そうはいってもどのように探せばいいかわからない人もいるのではないでしょうか。

保険事務の未経験求人を探す方法はこちらです。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 企業のホームページ
  • 転職エージェント

保険会社や代理店のホームページを見て求人を探し直接応募するという方法があります。

しかしこれでは1つ1つの会社をチェックしなければならず時間がかかるでしょう。

そんな時におすすめなのが転職サイトや転職エージェントです。

どちらもインターネット環境があれば求人検索ができます。

転職サイトは求人検索をして希望する企業を見つけたら自分で応募したりスケジュールを決めなければなりません。

その反面転職エージェントは希望にあった求人の紹介や転職に必要な段取りを組んでくれるのが特徴です。

 

ワンポイント
 保険事務の未経験求人を探すなら転職エージェントがおすすめ。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを見る女性

未経験でも保険事務に転職できますが不安な女性も多いのではないでしょうか。

どのようなことをアピールすればいいか、面接で何を聞かれるのかわからないこともあるでしょう。

そんな転職の悩みがある方は転職相談に登録することをおすすめします。

転職のプロである転職エージェントがあなたの転職をサポートします。

不安や悩みを解決しながら保険事務の転職を成功させましょう。

まとめ

笑顔の女性

今回は保険事務を未経験で目指す方法についてご紹介しました。

保険事務には大きく分けて生命保険事務と損害保険事務の2種類があります。

どちらも保険に関する知識が必要ですが未経験での転職は可能です。

しかし未経験で転職できるか不安という女性も多いでしょう。

保険事務の仕事内容や向いている人の特徴を参考にあなたのアピールポイントを見つけてください。

転職の悩みや不安は転職エージェントに相談することをおすすめします。

未経験でも転職できる保険事務の求人を紹介することもできます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら