保険業界はその安定性から人気のある転職先の1つです。

その保険業界で活躍する保険事務は未経験でも転職を目指すことができます。

今回はそんな保険事務の志望動機の書き方について詳しくご紹介します。

保険事務の志望動機の書き方を解説

ポイント

転職活動ではまず希望する企業に履歴書・職務経歴書を提出します。

そして書類選考を通過すると面接など次のステップに進むことができるでしょう。

そのためこの履歴書・職務経歴書の書き方が大切になります。

中でも採用担当者は「志望動機」をしっかりとチェックしていることを知っておきましょう。

保険事務の仕事は人気の職種であり、未経験でも転職を目指すことができます。

つまり競争率が高い可能性があるということになります。

高い競争率の中で書類選考を通過するためには採用担当者の目を引く履歴書・職務経歴書が必要になるでしょう。

魅力的な応募書類を作成するためにも保険事務の志望動機でしっかりアピールすることが大切です。

ぜひ最後まで読み進めて採用担当者に興味をもってもらえる志望動機を書いてくださいね。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

保険事務の主な仕事内容

デスクワークの女性

保険事務は保険会社や保険を扱う代理店で働く事務職です。

生命保険と損害保険では内容が異なるので保険事務も「生命保険事務」「損害保険事務」にわかれます。

志望動機の書き方を解説する前に、まずはそれぞれの仕事内容について見ていきましょう。

生命保険事務

生命保険は万が一の怪我や病気に対応する保険です。

生保事務とも呼ばれる生命保険事務の仕事内容はこちらです。

  • 新規契約の書類作成・送付
  • 契約内容の変更
  • 書類のチェック
  • 保険金請求の支払い額の試算
  • 見積書の作成
  • 問い合わせ対応

保険事務の仕事は主にデスクワークです。

新規・既存の契約者に関する書類確認や顧客情報の入力を行います。

保険金の請求があれば支払額の試算を行い書類の発行や送付をします。

また外回り営業の依頼で見積書を作成することもあるでしょう。

保険事務は多くの書類を抱えることになるので書類整理も仕事の1つです。

これらの業務を行いながらメールや電話による問い合わせ対応もしなければなりません。

損害保険事務

自動車保険や火災保険のような損害保険は緊急の対応も求められるものです。

そんな損害保険事務の仕事内容はこちらです。

  • 新規契約の書類確認
  • 契約の見直しや更新
  • 事故後の対応(修理工場の手配や事故相手への状況確認)
  • 保険金請求の支払額の試算
  • 医療機関への照会
  • 見積書の作成
  • 問い合わせ対応

生命保険事務と同じく損害保険事務もデスクワークが基本です。

多くの書類作成やチェックを行いながら問い合わせ対応もします。

そして損害保険事務は突発的な業務が生じるという特徴があることを押さえておきましょう。

事故や火災は思いもよらず突然起こるものです。

事故の連絡があればそれに対応するのが損害保険事務の仕事なのです。

契約者は事故で冷静さを失っていることも。

そんな時に保険事務には迅速かつ丁寧な対応が求められるでしょう。

保険事務志望動機を書くポイント

履歴書

保険事務の志望動機を書く時にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

転職の志望動機では「志望度」のアピールが大切です。

保険事務の志望動機を書くポイントを確認していきましょう。

  • なぜその企業なのか
  • なぜ保険事務なのか
  • 企業でどのような活躍をしたいのか

どの職種の転職でもなぜ数ある企業の中でその企業を選んだのかを伝えるのがポイントです。

そして「保険営業」でもなく「一般事務」でもなく「保険事務」を志望した理由が伝わるようにしてください。

入社したらどのような活躍をしたいのかをアピールすることで採用担当者のイメージも変わってくるでしょう。

書類選考の段階で入社後のイメージがわくと「この応募者に会ってみたい」と思われる可能性が高まるのです。

ポイントを押させて志望度が伝わり興味をもってもらえる志望動機を書いてくださいね。

 

ワンポイント
 保険事務の志望動機を書く時はなぜその企業がいいのか・なぜ保険事務なのかを伝えよう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


生命保険事務の志望動機の例文

OKサインを出す女性

志望動機を書くポイントを踏まえて例文を見ていきましょう。

ここでは生命保険事務の志望動機の例文をご紹介します。

なぜその企業を志望するのか

保険事務が働くのは保険会社や保険を扱う代理店がメインです。

まずはその会社を志望した理由について書きましょう。

「私が御社を志望した理由は企業理念に共感しているからです。

顧客のニーズに合わせた保険商品の提供とサポート体制の充実に力を入れているところに魅力を感じます。

また御社の保険商品は他社にはない〇〇という特徴があり、このような生命保険を扱う企業で働きたいと思いました」

企業への志望動機を書く時のポイントは具体的な内容を盛り込むことです。

経営理念や保険商品などを具体的にあげることで企業について調べていることが伝わるでしょう。

そのためには企業研究が大切になります。

なぜ生命保険事務なのか

志望動機はその企業だけでなく職種を選んだ理由も伝える必要があります。

企業への志望動機と合わせて、なぜ生命保険事務なのかを書いていきましょう。

「保険営業は多くの方に保険商品を知っていただき、保険事務はそれを形にする仕事だと考えます。

保険業界は未経験ですが前職では事務職として電話対応や書類作成を経験しています。

私のこれまでの事務経験を活かして顧客に安心のサービスができるのではないかと思い志望しました」

志望動機を書く時に未経験者こそ「なぜ保険事務になりたいのか?」というアピールが必要となるでしょう。

これまでの経験を踏まえて説明すると相手に伝わりやすいです。

入社後の活躍について

ビジネスウーマン

志望動機の中で入社後の活躍について書くと採用担当者がイメージしやすくなります。

例文を見ていきましょう。

「生命保険事務の仕事は迅速かつ正確な作業が求められると思っています。

前職では決められた期間で多くの書類作成を行ってきました。

Word・Excel・PowerPointは問題なく使うことができます。

そのため御社に入社しましたらまずは書類作成のスピードや正確性という面で貢献できると思います。

また保険業界は未経験なので御社で行っている研修に積極的に参加して学んでいく所存です」

具体的な経験をあげると説得力が出できます。

自分の強みをここでアピールしていきましょう。

 

ワンポイント
 企業研究をしっかりと行い志望動機の中でアピールしよう。

生命保険事務の志望動機のNG例

悩む女性

先ほどは生命保険事務の志望動機の例をご紹介しました。

ここでは志望動機のNG例をチェックしてみましょう。

どの企業でもいいと思われる

「御社の保険商品に魅力を感じ志望しました。

入社したら御社の生命保険を多くの方に知っていただけるように頑張ります」

採用担当者がこの志望動機を読んだらどう思うでしょうか。

「他の企業でもいいのでは?」「他でも同じこと書いている?」と思われる可能性が高いです。

このようにどの企業でもいいと思われる志望動機は避けましょう。

企業研究をしてその企業の特徴をあげてみることをおすすめします。

具体性がない

「万が一の入院や怪我に対応する保険業界で働きたいと思い志望しました。

前職では事務を行っていたので一通りのことはできると思います」

こちらもどの企業でもいいのでは?と思われやすい志望動機ですね。

そして内容に具体性がないのもNGポイントです。

事務の仕事でもどのようなスキルがあるのかを具体的に伝えましょう。

入社後のイメージがわかない

「これまでの経験を活かして興味のあった保険業界で活躍したいです。

また多くのことを学んでいきたいと思っています」

やる気はありますが具体的にどのようなことをしたいのか伝わりにくいです。

これまでの経験をどのように活かして企業に貢献できるのかを書くといいでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

損害保険事務の志望動機の例文

木の車を手にする女性

生命保険事務に続いて損害保険事務の志望動機の例文を見ていきましょう。

同じ保険事務でも生保事務と損保事務では仕事内容が異なる部分があります。

損害保険事務はどのように志望動機を書けばいいのでしょうか。

なぜその企業がいいのか

「私が御社の保険商品の内容だけでなくサポート体制にも魅力を感じています。

万が一の事故では誰でも冷静さを失ってしまうものです。

御社の自動車保険の内容を見るとそんな顧客の万が一に寄り添ったものだということがわかります。

また御社は社員教育にも力を入れていると伺いました。

顧客のために社員のスキルアップを目指すといいう教育方針に共感し志望しました」

損害保険事務の志望動機もなぜその企業がいいのかを具体的に説明しましょう。

保険商品の内容や教育方針、経営理念といったことを調べておくことをおすすめします。

なぜ損害保険事務がいいのか

「損害保険はお守りのような存在だと思っています。

普段の生活では常に必要なものではないからこそ、いざという時に頼りになるものです。

私自身も交通事故で保険会社に連絡をしたことがあります。

その時の対応がとても丁寧でその後の連絡や書類のやり取りがスムーズで安心したことは決して忘れられません。

そんな損害保険をお守りにする顧客のサポートをしたいと思い損害保険事務を志望しました」

自分自身の損害保険に対する思いを含めて保険事務への志望動機を書いた例文です。

生命保険事務と損害保険事務は扱う保険商品の内容が違います。

それぞれの保険について触れるとより志望度が伝わりやすくなるでしょう。

入社後にどのように企業に貢献できるか

仕事で活躍する女性

「私は保険事務は未経験ですが前職では一般事務の仕事や電話対応を行ってきました。

まず事務職としてWord・Excel・PowerPointを問題なく使うことができます。

電話対応ではクレーム対応も多く経験してきました。

事務作業と電話対応という面で前職の経験を活かして御社に貢献できると思います」

志望動機の中では自分の経験や強みを伝えましょう。

どのように企業に貢献できるかをアピールすると採用担当者に印象付けることができます。

損害保険事務の志望動機のNG例

手でバツをつくる女性

ここでは損害保険事務の志望動機のNG例をご紹介します。

先ほどお伝えした例文と比較してチェックしてくださいね。

内容が薄い

頭を抱える女性

「私が御社を希望したのは損害保険に興味があるからです。

未経験でも教育体制が整っていると伺い応募させていただきました」

志望動機が損害保険への興味からくるものなら内容を掘り下げて書いていきましょう。

またどのような教育体制に魅力を感じたのか触れるといいですね。

自分の中で志望動機がしっかりとあるのにそれを採用担当者に伝えられないのはもったいないです。

経験やスキルがわからない

「これまでに損害保険に関わる仕事を経験しています。

そのため経験を活かすことができると思い御社を志望しました」

この志望動機だと経験はありそうでも具体的な内容が見えてきません。

転職成功のカギになるような経験やスキルをもっているとしても相手に伝わらなければ意味がないのです。

経験やスキルは具体的にアピールして志望動機につなげていきましょう。

将来のビジョンがわからない

「損害保険事務として経験を積みキャリアアップを目指したいです。

そのために積極的に研修に参加したり資格取得のために勉強していく所存です」

やる気はありそうですが具体的にどうなりたいのかがわかりにくいですね。

入社後のイメージがわくような志望動機は採用担当者の興味を引くでしょう。

しかしこちらの例文のような将来のビジョンがわからない内容は避けた方がいいです。

 

ワンポイント
 採用担当者に伝わるように具体性をもった志望動機を書こう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


保険事務の志望動機の書き方のポイントをチェックして選考を有利にしょう

ノートパソコンの前でガッツポーズする女性

生命保険事務と損害保険事務のそれぞれの志望動機の例文・NG例をご紹介しました。

例文・NG例を振り返って志望動機を書く時のポイントを振り返ってみましょう。

  • 内容は具体的に書く
  • 経験やスキルをアピールする
  • 入社後のイメージがわくように伝える
  • 企業研究をしておく

これらのポイントを押させて採用担当者の目を引く志望動機を書いてください。

採用担当者に「この応募者に会ってみたい」と思ってもらうことが転職成功につながります。

まずは伝わる志望動機を書いて書類選考を通過しましょう。

 

ワンポイント
 ポイントを押さえた志望動機を書いて書類選考を通過しよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

はてなマークをもつ女性

志望動機は何を書けばいいかわからず悩む女性もいるでしょう。

また書いてみたものの「これで大丈夫?」と不安になる人もいるのではないでしょうか。

そんな時は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントがあなたの転職の悩みを伺いアドバイスします。

悩みがちな転職活動も転職エージェントに相談して解決していきましょう。

 

無料転職相談をして効率よく転職活動をしよう

 

まとめ

やる気に満ち溢れた女性

今回は保険事務の志望動機の書き方についてご紹介しました。

転職活動では志望動機が成功のカギになることも多いでしょう。

採用担当者に興味をもたれるような志望動機を書いて書類選考を通過してください。

そのためには志望動機を書くポイントを知っておくことが大切です。

なぜその企業がいいのか?なぜ保険事務なのか?ということをしっかりと伝えましょう。

また自分の強みを知り経験やスキルとともにアピールすることも必要です。

志望動機の書き方など転職で悩むことがあれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!