建設業界で働くことができる現場事務は女性におすすめの事務職です。

今回はそんな現場事務を目指す場合におすすめの志望動機の書き方やアピールポイントを紹介します。

Contents

現場事務の志望動機の書き方を解説

家の模型と定規、ペン

現場事務は男社会と思われがちな建設業界で女性が活躍できる事務職です。

建設業界での現場事務は一般事務に比べて給与が高く設定されているのが嬉しい点です。

しかし、その分業務や求められるスキルも多くなります。

業界研究に加え、応募企業が現場事務としてどんなことを求めているのかを把握する必要があります。

また、現場事務の仕事において自分はどんなポイントで即戦力となれるのかという自己分析をすることも大切です。

そのためにはまず、現場事務の仕事がどんなものなのかを知らなければなりません。

「給料がいいからなんとなく応募した」という軽い気持ちでは採用されないでしょう。

現場事務の仕事内容を知ることで、なぜ女性が現場事務で重宝されるのかがわかります。

現場事務の主な仕事内容

斜め上を見て書類を持つ作業着の女性

現場事務の主な仕事内容をひとつずつ解説していきます。

どんな仕事を任されるのかを理解することで、志望動機が作りやすくなります。

来客対応・備品管理や発注などの庶務

電話をする女性、ノートパソコン

一般事務と同じような庶務に見えますが、ここに作業員のお弁当の手配や地域住民への工事の説明なども含まれます。

備品にも建設業界特有のヘルメットや作業着、場合によってはカラーコーンや看板などがあります。

また、地鎮祭や上棟式、完成後の竣工式など工事の安全祈願に関する手配も現場事務の庶務になるのです。

工事には多くの企業や人間が関わりますから、電話応対来客対応も一般事務より多くすることになるでしょう。

技術職の社員が工事を滞りなく進められるように様々なサポートをするのが現場事務の仕事です。

事務所内だけでなく、工事現場全体の庶務を一括で担うのが現場事務の庶務と考えた方がいいでしょう。

工事に関わる経理業務

電卓を持つ作業着の女性

現場事務は上記のような庶務に加え、その現場全体の経理業務も請け負います。

  • 工事費用(水道代・光熱費・作業員の給与など)の見積もりや支払い
  • 上記の請求書の作成や確認
  • 事務所の小口現金の管理
  • 事務所全体の経費精算
  • 帳簿管理

経理経験があれば歓迎される傾向があるのは、この経理業務の多さに起因しています。

使う勘定科目が建設業界特有の科目なので、簿記の知識がないと覚えるのが難しいと思われているようです。

工事に関わる書類作成

マンションの間取りと図面、色鉛筆

現場事務は施工体制台帳や施工体系図などの建設業界特有の書類を多く作成します。

また、諸官庁への届け出や顧客との契約書などの作成も現場事務の仕事です。

工事現場には多くの協力企業が出入りするので、そこへ向けた労務安全書類を作ることもあるでしょう。

基本的に書類作成には建設業界の知識が必須となります。

言われた仕事だけをこなすのではなく、積極的に知識を学ばなければスムーズな書類作成はできません。

また、期限内に多くの書類を作ることが多いので、パソコンの操作にある程度のスピードが求められます。

 

ワンポイント
 現場事務の仕事には備品管理などの庶務に加え、経理業務と書類作成業務があります。

女性が現場事務でアピールすべきポイントは?

案内をする作業着の女性

紹介したように、現場事務は任される業務が多い事務職です。

そんな現場事務に応募する女性がアピールすべきポイントをまとめました。

コミュニケーションスキル

現場事務の女性に一番求められるのはコミュニケーションスキルです。

現場事務は人の出入りが多い工事現場での仕事になるので、多くの社内外の人間と関わる必要があります。

社内の人間関係を取り持つことも社外の協力企業や顧客への対応も、現場事務の大切な仕事です。

コミュニケーションスキルを活かしたこれまでの実務経験やスキルをアピールしましょう。

また、工事現場の作業員には男性が多いので、女性特有の気配りは大変喜ばれる傾向があります。

コミュニケーションスキルに加え、こういった気配りに関するエピソードを盛り込むと更に好印象を与えられるでしょう。

経験やエピソードをアピールする時には必ず具体的な内容を伝えるようにします。

誰にでも言えるような漠然としたアピールでは、採用担当者の印象に残りません。

自分だけの具体的な経験やエピソードをアピールし、他者との差別化を図りましょう。

パソコンの操作スキル

現場事務は経理業務や書類作成などパソコンを使う機会が大変多い職種です。

書類作成においてはタイピングのスピード、経理業務に関してはその企業独自のシステムの理解が求められます。

ある程度のパソコンの操作スキルがあることを実務経験やスキルを交えてアピールしましょう。

MOS日商PC検定などのパソコンの操作に関する資格を取得していれば、その点も積極的にアピールします。

また、CADソフトの知識や資格、操作経験があれば更に優遇されるケースもあります。

現場事務は場合によってはCADを使用した簡単な図面修正なども任されることがあるからです。

求人情報にCADについて記載がなくてもアピールすることで幅広い業務をこなせるという印象を与えることができます。

 

ワンポイント
 現場事務に応募する際はコミュニケーションスキルとパソコンの操作スキルをアピールしましょう。

好印象を与える志望動機のポイント

ガッツポーズをする作業着の女性

現場事務は様々な業務を兼任することで多くの経験を得られる人気の職種です。

志望動機を考える際は、しっかりと細部まで作りこまなければ書類選考で落とされてしまいます。

採用担当者に好印象を与える志望動機の書き方のポイントを押さえておきましょう。

なぜ現場事務なのかを明確にしよう

まず採用担当者が聞きたいと考えているのは、なぜ一般事務ではなく現場事務なのかという点です。

総務事務や経理事務を組み合わせたような現場事務を選んだ自分なりの理由を明確にしておきましょう。

ただ「事務職に就きたかった」では、現場事務である必要がありません。

「建設業界での事務職に就きたかった」という結論を出した理由を洗い出すのです。

志望動機を作るには、なぜ建設業界なのか・なぜ事務職なのかの2点についての理由を明確にする必要があります。

志望動機は業界に対する理解度を示すものでもあるのです。

建設業界に対する興味や関心がなければ、たとえ現場事務に採用されたとしても長続きしません。

建設業界のどこに魅力を感じ、その中でも現場事務を希望する理由を自分自身の言葉で表現します。

経験やスキルを活かし現場事務としてどんなポイントで即戦力になれるかも具体的に盛り込むと好印象を与えられます。

その企業を選んだ理由を具体的に説明しよう

なぜ建設業界を選んだのか・なぜ現場事務を希望するのかを説明しただけでは採用には至りません。

それだけではどの企業でもいいと思われてしまうので「なぜその企業を選んだのか」という具体的な理由を付け加えます。

業界研究と企業研究をすることで、その企業が建設業界でどのような立ち位置なのかを知ることが出来ます。

その立ち位置と応募企業独自の取り組みや魅力を絡めて、選んだ理由を説明しましょう。

入社後自分がどう活躍したいかをアピールしよう

上記に加え、入社後の自分のアピールも必要です。

企業が求めるのは即戦力となる人材です。入社がゴールではありません。

入社後にどのような活躍をして企業に貢献できるかを経験やスキルを踏まえて具体的にアピールしましょう。

自分を採用することで企業にどんなメリットがあるのかをプレゼンするようなイメージです。

入社後のキャリアプランが曖昧だと、企業も採用するメリットを感じられません。

 

ワンポイント
 現場事務の志望動機を作るときは、業界研究と企業研究に加えて自己分析が必要です。

現場事務の志望動機の例文

ポイントを指示棒で指す女性

現場事務に応募する際、参考となる志望動機の例文をパターン別に紹介します。

CADの経験や知識がある場合

設計図、鉛筆、定規

CADの勉強(もしくは資格)を活かしながら事務職として働けることに魅力を感じ、貴社を志望しました。

建設に関する知識を活かし、書類作成や来客対応といった点でも即戦力として業務に貢献したいと考えております」

ここではCADの知識やスキルがあることと、建設業界の知識を持っていることを伝えているのがポイントです。

これらを活かして働くというアピールをすることで、即戦力として活躍できるイメージを採用担当者に与えることができます。

簿記の知識やスキルがある場合

電卓を持つビジネスウーマン

「前職では経理業務を担当しており、請求書の作成や決算業務も経験しています。

また、日商簿記2級を取得しており、工業簿記の知識も持ち合わせております。

建設業界を志したタイミングで建設業経理の勉強も始めました

得た知識を実務経験で活かせるよう、建設業経理士の資格取得も視野に入れて勉強しています」

この場合、経理経験がなくても日商簿記2級の知識があることをアピールしても良いでしょう。

大切なのは、簿記の知識や資格があることと、建設業界特有の経理について勉強している点です。

建設業経理士の資格取得は建設業界で推奨されていることです。

入社後に指示されて取得するのではなく、自ら興味を持って勉強を進めていることは大きなアピールポイントになります。

もし簿記の知識や資格を持っている場合は、応募前にまず建設業経理士試験の参考書を買って読んでみましょう。

勉強を進めながら志望動機を作成することで、より具体的な入社後のイメージを伝えることが出来るでしょう。

事務職の経験を活かす場合

「前職では他の社員が気持ちよく仕事できるように事務所内の清掃や整理整頓を心がけていました。

また、営業補佐としてエクセルを使用したデータ入力や集計を頻繁に行っていたので、パソコンの操作は得意です。

営業担当者とは細かくコミュニケーションをとりながら、ミスのないデータ作成を遂行してきました。

こういったパソコンの操作スキルやコミュニケーション能力は貴社の業務で活かせると考えております」

ここでは事務職の経験として、

  • コミュニケーションスキル
  • 正確な事務処理能力
  • パソコンの操作スキル
  • 事務所内での気配り

といった点をアピールしています。

現場事務に必須とされるコミュニケーションスキルパソコンの操作スキルを盛り込んでいます。

そこへ事務員としての気配り事務処理能力を加えることで、即戦力として活躍できるイメージを与えることができるのです。

 

ワンポイント
 現場事務の志望動機は経験やスキルに合わせて即戦力として活躍できるポイントをアピールします。

現場事務の志望動機を書く時の注意点

ストップのジェスチャーをする作業着の女性

現場事務の志望動機の書き方には多くの説得力が必要とされます。

  • なぜ建設業界なのか
  • なぜ現場事務なのか
  • なぜその企業なのか

この問いに対する答えがひとつでも曖昧だと書類選考で不採用になるでしょう。

業界研究企業研究に加え、自己分析も深めていかなければならないのが現場事務の志望動機なのです。

しかし、これらは決して簡単なことではありません。

業界研究と企業研究にばかり重点を置いてしまい、自己分析があやふやになってしまう場合も多いでしょう。

そうならない為に、応募する前にまず転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは志望動機の作り方からポイントをおさえた添削サポートまでしてくれます。

特に自己分析を怠ってしまうと、せっかく業界研究と企業研究をしても書類選考で通過できません。

転職エージェントであればそんな自己分析についても客観的な視点からアドバイスをしてくれるのです。

現場事務は人気の仕事であるため、生半可な志望動機では採用されない職種です。

しっかりと対策するためにも、転職エージェントの利用はおすすめの手段といえます。

現場事務の志望動機のNG例

NGの文字、吹き出し

現場事務に応募する際の志望動機にはNGパターンもあります。

そんなNGポイントを盛り込んだ例文を確認してみましょう。

企業研究を怠っているNGパターン

「貴社は建設業界を代表する企業であり、そんな貴社で働くことで自分のキャリアアップを目指せると考えました」

大企業で働くことでキャリアアップが出来る、という点がNGポイントです。

大企業であればどこでもいい、という志望動機に聞こえてしまいます。

キャリアアップを入社の目的にするのも、入社後の具体的な活躍イメージがなく、大企業の看板を利用するように聞こえます。

なぜその企業なのか、大企業であっても独自の取り組みや魅力があるはずです。

また、キャリアアップに関しては具体的なキャリアプランを盛り込まなければアピールポイントとして使えません。

どういったキャリアプランを組んで、どのような活躍を経てキャリアアップを目指すのかを伝えましょう。

即戦力として働けるイメージが与えられないNGパターン

「異業種から事務職への転職を希望しており、貴社の長年安定して働けるという点に惹かれ応募しました。

未経験ではありますが、どんな知識も吸収する力は人一倍あります。

入社後は必要な知識と資格の取得を目指して働きたいと考えております」

なぜ建設業界なのか・なぜ現場事務なのか・なぜその企業なのかという理由が一切見当たりません。

未経験で入社後に会社に必要とされるがままに学ぶ姿勢では、利益を上げる人材ではないと思われてしまいます。

会社は学校とは違います。自ら学ぶ姿勢がなければ、事業に貢献はできません。

異業種からの転職でも、その業界や企業で求められる人物像と共通する経験やスキルはあるはずです。

まずは自己分析から始め、そこから業界と企業の研究に移りましょう。

ネガティブな転職理由と受け身な姿勢のNGパターン

「前職は忙しいだけで給与も低く、環境を変える為に転職活動を始めました。

貴社であれば、業務内容に相応しい待遇があることを知り、ぜひ働いてみたいと思いました。

現場事務の仕事は大変だと思いますが、言われたことは何でもやります」

まず転職理由がネガティブであることがNGポイントです。

その理由を軸に志望動機を作ってしまうと、待遇が良いのならどの企業でも良いということになってしまいます。

更に「言われたことは何でもやる」という姿勢は主体性が欠けていると捉えられてしまうのでNGです。

企業が求めるのは、自社のビジョンにマッチングした即戦力となる人材です。

もう一度求人情報をよく読み込んで、応募企業が求める人物像を把握することから始めます。

求人情報から求められている人物像が読み取れない場合は、転職エージェントを利用してみましょう。

その人物像と自分の強みの共通点が見つからない時も転職エージェントへ相談することで答えが見つかるでしょう。

現場事務の転職面接でよく聞かれる質問

クエスチョンマークを持つ女性

現場事務の転職面接ではどのような質問がされるのでしょうか。

よく聞かれる質問をチェックしてみましょう。

なぜ建設業界の事務職なのですか

これはどんな企業においても必ず聞かれる質問です。

事務職としても特殊な現場事務を目指すには、それなりの理由があるはずです。

採用担当者はその理由を聞きたいと考えています。

これに対しては前述したように、なぜ建設業界なのか・なぜ現場事務なのかという点を踏まえて回答します。

建設業界に対して感じた魅力や興味、そして現場事務の仕事に対する理解度や活かせる強みをアピールしましょう。

これまでの経験を現場事務でどのように活かせますか

こちらも採用担当者が知りたい情報のひとつです。

企業が求めているのは、即戦力として活躍できる人材です。

簿記の知識や資格があるのなら、その経験を経理業務で活かすことができます。

CADの知識や資格を持っている場合は、その建設業界の知識を様々な面で活かせるでしょう。

自分の強みや経験を具体的にどういった点で現場事務において活かせるのかをアピールします。

未経験の場合も、それまでの経験とこれから希望している仕事の共通点を見つけてアピールしましょう。

 

ワンポイント
 現場事務の転職面接でよく聞かれる質問に対する回答は具体的に考えましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

電話をするビジネスウーマン

現場事務は事務職の中でも特殊な内容ですが、その分待遇が良いことで人気の職種です。

志望動機で他者との差別化ができなければ、書類選考で不採用となってしまう可能性が高くなります。

自分なりの強みを活かした志望動機を作りたいのであれば、転職エージェントにサポートを頼んでみましょう。

転職エージェントからの客観的なアドバイスを貰うことで、的確な自己分析を行うことができます。

転職エージェントは転職サポートのプロです。

業界研究や企業研究のやり方やポイントについても役立つ助言をくれます。

書類選考通過後の面接についても対策サポートを行っているので、利用することで内定率を上げることができます。

まとめ

ファイトの文字、女性のシルエット

建設業界の事務職である現場事務は人気の職種です。

女性が建設業界で活躍できる珍しい仕事でもあります。

現場事務に応募する際は、業界研究と企業研究に加えて的確な自己分析が必要です。

志望動機の作り方に迷ったときは、転職エージェントの力を借りて内定を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら